50話「殺意のキャンバス」

Murder, a Self-Portrait
1989[第9シーズン 50話]

美しい作品ではあると思いますが…

画家マックス・バーシーニ(パトリック・ボーショー)が隣に住む前妻ルイーズを殺害。犯人の存在感、浜辺の豪邸付近で繰り広げられるシーンは、とても美しく描かれています。が、コロンボ作品としてはちょっと不満な面も…。

心理描写のシーンはコロンボ的でないよね

犯人である画家がコロンボの絵を描いてあげることと、自分の犯行がこの被写体の男に暴かれようとしていることの関連性が、あまりに希薄です。また犯行のきっかけである前妻と心理学者の再婚というエピソードは良いのですが、心理描写(夢)のモノクロシーンはコロンボ作品としては不要に感じられるものでした。夢を何度にもわけて説明するのも、引っかかりました。

冒頭の犬コンテストは…

本題とはほぼ無関係と思われる、冒頭の犬コンテストのシーン、名犬「キング・アーチボルド」の飼い主との会話。以前のコロンボ作品にはこのような無意味な仕掛けは少なかった気がします。「アーチボルド」の名は、34話「仮面の男」でネルソン・ブレナーの口からも出ています。アーチボルド・コックスと何か関連性はあるのでしょうか。
と、文句ばっかり言ってますね。すみません。

シェラ・デニスが久々の登場

バーシーニの二番目の妻ベネッサは、ビーターフォークの奥様としても有名な「シェラ・デニス」。42話「美食の報酬」で、料理評論家のポール・ジェラードの秘書を演じてから約10年ぶりの再登場でした。この後にも数回新・刑事コロンボに登場しますが、今回が一番髪の色が黒かったです。

名優ヴィトー・スコッティが最後の出演

また舞台となるレストランのオーナー「ヴィトの店」の店主は旧作・刑事コロンボシリーズで数回出演している名脇役の「ヴィトー・スコッティ」です。これまでは「ちょい役」が多かったのですが、今回は満を持しての登場で、かなり重要な役割でした。

久々の大物登場

バーシーニ役のパトリック・ボーショーは流石。むちゃくちゃ存在感ありました。35話「闘牛士の栄光」リカルド・モンタルバンに匹敵する迫力でした。

 
監督:ジム・フローリー
脚本:ロバート・シャーマン
マックス・バーシーニ:パトリック・ボーショー
ルイーズ:フィオヌラ・フラナガン
バネッサ:シェラ・デニス
ヴィト:ヴィトー・スコッティ
 
加筆:2015年10月2日
 
 

“50話「殺意のキャンバス」” への11件の返信

  1. 脇役ヴィト・スコッティ。いいですよね。
    ところで、彼はキャブ・キャロウェイ(1930年代に活躍)というミュージシャンのそっくりさんなのです。ぼくはキャロウェイのレコードを所有していますが、youtubeなどで古い動画を見ることができます。
    映画『ブルースブラザース』にも出ていて、ヒット曲『ミニー・ザ・ムーチャ』を熱演しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.