41話「死者のメッセージ」

Try and Catch Me / 1977

人気女流ミステリー作家の「アビゲイル・ミッチェル」が「ヨットの事故で亡くなった姪」の夫エドモンドを殺害。今回は金銭的な利害ではなく、姪が死んだ責任はエドモンドにあると推理したアビゲイルが、その復讐を企んだもの。

ゲストスター のルース・ゴードンが素敵!

この作品も過去に見たときの印象がとても強かったです。まずゲストスターのアビゲイル・ミッチェル役:「ルース・ゴードン」が、素晴らしかったです。小柄な女性ですが、その小柄さと独特の仕草があいまってとても可愛らしく描かれていたと思います。

作家・アビゲイル・ミッチェル

アビゲイル・ミッチェルはミステリーの女王「アガサ・クリスティ」がそのモデルになっているという説があります。
コロンボ警部が講演会のスピーチでも語っていますが「時には殺人犯を尊敬し、好意を抱くこともある」とは、まさにこの話のアビゲイル・ミッチェルを指しているのではと思われる程、お互いに敬意を表しながらストーリーは進みます。どこか19話「別れのワイン」に共通する雰囲気を持っている作品だと思いました。飛行機での旅行や、窒息死などの類似点もあります。

マリエット・ハートレイも魅力的

22話「第三の終章」にも出演のマリエット・ハートレイが演じた秘書のベロニカもとても良かったと思います。ゲストスターの犯行を見抜いて恐喝する脇役はたくさんいますが、「殺されなかった」ことも、この作品を美しく感じさせる要因となっています。この点も「別れのワイン」に通じますね。

計画殺人モノとしての醍醐味

シリーズ中最も人気の高い「別れのワイン」は計画殺人ではありません。その点、この作品ならではの楽しめる点も多いのです。冒頭のベロニカとの会話のシーンでは、エドモンドが金庫から大声を出しても外に聞こえないテスト。そして、ストップウォッチを覗き見する時の表情も見逃せません。

弁護士のマーチンは鋭い

また、遺書にサインした直後に「不審な死をとげた」エドモンドですが、抜群のタイミングで起きたこの事件に対し、弁護士のマーチンは「最初からアビゲイルが怪しい」と睨んでいたと思われます。旅立つ直前(犯行直後)に、金庫の前に立っている彼女と遭遇していますし…。船で口走った意味深な言葉はダメ押し的でしょう。

エドモンドの車のキー

ベロニカが「エドモンドの車のキー」の入手後、しばらくはアビゲイルの様子を伺っているのも、上手いな〜と思います。そして自ら恐喝に打って出ました。予期せぬ出来事「エドモンドの車のキー」の処理について、アビゲイルは2回キーを捨てるチャンスがありました。最初は犯行直後、2回目は警部の犬の散歩で出会った埠頭。推理小説の巨匠でも、生身の人間の行動においては、冷血な判断ができなかったのでしょう。キーは捨ててしまった方が良かったのです。

コロンボ警部の刑事哲学を感じました。

事件解決のエピソードはここでは語りませんが、ラストシーンで「特別扱いしてもらうわけではないが、この年だし、害のない人間だし…」と、見逃して欲しい…とすがるような態度を示すアビゲイルでした。ここでコロンボ警部が「先生も私も立派なプロですから」と諭した場面は、深く心に残るものです。コロンボにしてみれば、その動機から考えても同情したい気持ちは大きいのだが、「プロとして見逃すことはできない」ということでしょう。それはまた「殺人を扱う作家の完全殺人計画」が失敗に終わったことを認めた今、責任から逃避しないことを彼女に求めたのだと思われます。

ナイチンゲールはサヨナキドリ。

犯行の準備をするシーンで「何か聞こえる?ナイチンゲール?」のくだりがありますが、ナイチンゲールはサヨナキドリで鳴き声が美しい小鳥。「墓場鳥」とも呼ばれるそうで、コロンボ警部と初対面の日「警部がピアノでThis Old Man」を弾いた後、バーク刑事がドアを開けたシーンなどで庭から聞こえてくる鳥の鳴き声が、そのナイチンゲールなのでしょうか。
 

アビゲイル・ミッチェル邸。

ネットで調べたら「アビゲイル・ミッチェル邸」らしき場所の地図が見つかった。おぉ、ベロニカから恐喝をほのめかされた庭らしき形状がわかります。本当だろうか…。個人宅かもしれないので、いたずら行為等は厳禁です。
 

バーク刑事B

バーク刑事Bは「ジェローム・グアルディノ」。この他の刑事コロンボ作品に多数出演しています。他にも「バーク刑事A」が存在!

▼関連記事
– 美しい音楽とともに展開する「死者のメッセージ」

監督:ジェームズ・フローリー
脚本:ジーン・トンプソン、ポール・タッカホー
アビゲイル・ミッチェル:ルース・ゴードン
秘書ベロニカ:マリエット・ハートレイ
エドモンド:チャールズ・フランク
マーチン弁護士:G・D・スプラッドリン

加筆:2017年12月22日
 

“41話「死者のメッセージ」” への61件の返信

  1. (実は今まで)私はこの作品を観るたびに上手く形容出来ぬ不満を持っておりました。
    殺人小説の大御所であるはずのアビゲイルが極めて無様な隠蔽工作しか出来なかったことと
    高齢等を理由に逮捕の見逃しを請うからです。
    〜コロンボのシリーズ中、犯人の往生際が悪いのはこの作品だけのような気がしています。

    先日、やっと解釈を変えることが出来まして
    「アビゲイルは殺人をネタにした、ただのお茶目なエンターティナー作家」であり、
    コロンボが諭したことで初めて「現実を受け止める本当のプロ」となった・・・・と。
    彼女の財力からしてすぐに保釈金を用意するのでしょうが、
    今後は獄中からもっと慈愛に満ちたストーリーを生み出すことを期待して止みません。

    余談ではありますが、弁護士役の
    G・D・スプラドリンはゴッドファーザーⅡの
    ギーリー上院議員として印象に残っています。
    チョッと腹黒さが滲むところが共通項ですね。
    実際にも弁護士の経歴があるようなので
    それが役に立っているのかもです。

    1. 往生際については、確かにそうです。
      でも、鍵の指紋とか、ベロニカ、弁護士との関係なども含め、
      「アビゲイルの可愛さに吸収される」気がします。
      ゴッドファーザーⅡ=情報、ありがとうございます。

      1. 往生際が悪かったのは、相手がコロンボだからですよね。

        アビゲイルが、港でコロンボにバッタリ出会うシーンで、姪を亡くした残念なお気持ちお察ししますと言ったコロンボに対して、「わたし、貴方が大変好きになってきましたよ、コロンボさん。優しい方なのね。」と彼女は言っています。

        人の苦しみを理解してくれるコロンボだから、見逃してくれるかもしれない、と。
        コロンボは全てを受け入れてくれるのではないかと思わせる包容力があります。

        しかし、コロンボはプロとしてそれは出来ませんとはっきり断りました。その辺のメリハリがまたコロンボの魅力だと思います。

        1. まさこ さま
          コメントありがとうございます。
          ご指摘のシークエンスを再見してみました。

          確かにコロンボが「若い人をなくすのは心中お察しします」と言っているのは本当に心がこもっていました。
          あえて申し上げてますと、アビゲイルの「優しい方なのね。」という台詞に対してコロンボが「アテにはなりませんよ」と言っているのは単なる照れではなく結末を暗示していると感じております。

        2. まさこさま

          ぼろんこさん宛の返信コメント(ヨレヨレコートはハードボイルド小説のオマージュ?)をまさこさんの返信欄にアップしてしまいました。申し訳ございません。

          1. あささん

            そうなんですよね。コロンボはお察ししますと言いながら、同時にアビゲイルに犯行の動機あり(姪の事故のことでエドモンドを恨んでいる)確信していたのでしょう。
            なので自分を優しい人間だというのは「当てになりません。」と言って、彼女に牽制をかけてきたということなんでしょうね。

            あささんのおっしゃる通り、アガサ・クリスティをモデルにしたと思われるミステリー作家の割に、車の鍵についてすぐにバレるような嘘をついたり、最後の往生際が悪かったり、間抜けな行動が見られますね。
            でもコロンボに出てくる犯人たちって、完璧な完全犯罪をしている人はごく僅かな感じがします。コロンボが、ボロを発見してくれるので分かるんですけど(笑)

            1. まさこ さま
              重ねての返信コメントたいへん嬉しく思います。

              お返事に味をしめてではありますが、本作での感想を追加しましたのでご披露させて頂きます。

              コロンボはフランスものに弱い~エドモンドの靴を気に入ってフランス製と決めつけてしまう。プジョーを長年乗っているのもそのせいと思っています。

              また、本作冒頭・海岸でのアビゲイルとエドモンドの会話シーンでは2人の対峙を馬を使いながらきれいな左右対称で表現しています。トリッキーな表現ではありませんが、昔に見たフランス製の某化粧品のコマーシャルフィルムのようで印象に残っています。

      2. ぼろんこさん
        お返事ありがとうございました。
        私も憎まれくちは叩きましたがアビゲイルの可愛さには共感しています。

        この作品の結末には
        いつになくハードボイルド小説のようなコロンボのストイックさを感じております。
        もしかしたら、ハードボイルド小説のトレードマークであるトレンチコート(笑)に対するオマージュがヨレヨレのレインコートではないでしょうか。

        1. 40作を過ぎたあたりで、ささっと良い数作品が並びます。私はこの時期の作風もけっこう好きですね。

      3. ぼろんこさん

        ぼろんこさん宛の返信コメント(ヨレヨレコートはハードボイルド小説のオマージュ?)をまさこさんの返信欄にアップしてしまいました。申し訳ございません。

        1. いえいえ、気にされないでください。コメントを自分で取り消したり・編集したりできない仕組みですので、申し訳ありません。

  2. 「もし、あなたが姪の事件を捜査してくれてたら、こんな事にはならなかったでしょうね」
    ロス市警の管轄外だったのか?
    それとも、クレイマーかウィルソンが担当して「明らかに事故ですね」で解決させてたのか?

    1. コロンボはメキシコ旅行中だったのでは?事件発生年表を作らないとわかりませんが、時期的には可能性があります。

  3. ぼろんこさんが傑作に選んでいたので、心待ちにしていた作品でした。ルース・ゴードン演じたアビゲイルがユニークで味のあるキャラクターでした。当時ルースは80過ぎでしょうから、犯人役では最高齢でしょうか?すばらしい演技でした。本作での見所のひとつは、コロンボの即興スピーチではないでしょうか。彼のプロとしての仕事へのアプローチが短いスピーチに表現されていたと思います。ベロニカも弁護士もアビゲイルが犯人だろうと知っていたのでしょうが、二人ともそれを露骨には出さなかったのが興味深いです。

    1. コロンボのスピーチは「間がいい」です。
      ベロニカと弁護士の対応は、アビゲイルを愛しているからだと感じます。

  4. 意味深いコメントが多く、軽々しくお返事できずすみません。正月休みに、もう一回見てお返事しますね〜。

  5. 犯人アビゲイルさんのお茶目なキャラクター、海辺の大邸宅、庭園、美しい音楽…観ているだけで、夢のような気分にさせてくれます。
    ベリーダンス教室に聞き取りに行ったコロンボのはにかんだ笑顔も、とてもキュート。

    コロンボは犯人と仲良くなりながらも、時々、牽制するような発言をする場面があり、プロ意識を感じさせます。

    コロンボと犯人との心の交流、殺害方法などは「別れのワイン」と似ていますが、個人的には前述の理由で、こちらの方に軍配をあげたいと思います。

  6. 現在放映されているNHKBSベスト20を観た後に、必ずこちらのブログを拝見しています。とても素晴らしいブログで、楽しさ2倍3倍になります。一言お礼が言いたくてこちらに書き込んでしまいました。ところで、この「死者のメッセージ」では舞台となった邸宅が素晴らしく、事件そっちのけで、花柄のソファーやカーテンなどに目が釘付けになってしまいました。

    1. 嬉しいコメント、ありがとうございます。私もこのお屋敷が気になりまして、調べたことがあるのです。記事本編の「アビゲイル・ミッチェル邸」というリンクをクリックしてご覧ください。例の庭も確認できます。

  7. 疑問点。エドモンドは窒息死との事ですが
    犯人のミッチェルはヴェロニカに翌朝金庫に原稿をしまう指示をしてるとのこと。
    ミッチェルはいくら防音金庫で密閉度が高かったとはいえ割と広い金庫ですし何故確実に長くても半日程度で窒息死すると確信出来たのでしょうか?
    もしエドモンドが翌朝死んでなかったらどうするつもりだったのでしょうか?
    警察でも死因に関しては語られた様子は無かったです。
    確かに電気をつかなくして、中で何かを燃やすことで窒息死を狙うのは分かります。
    エドモンドがタバコ吸うシーンありましたっけ?
    ミッチェルはコロンボにマッチをつけて酸素を消費してとか、いつも葉巻を吸うコロンボが金庫内で防音テストをする際には葉巻を吸っていませんでしたので窒息又は中毒を匂わせていたのはわかりますが。
    あと机の上の車のカギは弁護士気づいて
    たんですかね。
    車のキーに敏感になって花瓶?の砂に隠して家政婦やらヴェロニカやら知られたのは大きな失敗でしたね。
    ただ、後で車のカギをコロンボが弁護士に見せて確認していた可能性はありますよね。このカギに見覚えはと。だから最後、弁護士はミッチェルに皮肉めいた事を言っていたのだと思います。やっぱり机のカギに気づいてたのかな。

    1. ヴェロニカに翌朝金庫に原稿をしまう指示>確かにね。ミッチェルはミステリー作家ですので、確実に窒息する計算が成り立っていたと考えましょう。
      私は弁護士は「机のカギ」気づかれていなかった気がしています。弁護士は、ミッチェルが海外逃亡らしき行動に出て、警察を追っ払う相談をされたので、怪しみ、皮肉を言ったように感じました。

  8. とても楽しめた作品なのですが、ちょっとだけ気になってしまった点がひとつ。
    被害者のエドモンドは奥さんを殺害していたのでしょうか。 彼は確かに演出の節目でニヤリと笑うシーンが二度あり、金庫室の扉が閉じられる際にアビゲイルが発した言葉に驚愕して絶句するのですが、それだけだと弱い感じがします。
    殺人をテーマにした小説を書き続けてきた作家ならではの思考律で愛する者の死を受け入れようとした時、アビゲイルはその背景に、存在しない(かもしれない)殺意や真相を付加してしまった可能性も、わずかながらあるのでは ?
    ドラマ的には、実は奥さんの死は本当に事故で、復讐をするという動機の前提そのものが間違った思い込みによるものだった…… という展開もアリかな、と考えてしまいました。

    1. 私にはエドモンドがそれほどの悪人とは思えませんが、アビゲイルが「彼が殺した」と断定していることが、このエピソードの面白さのひとつとも感じます。

    2. それは殺してるんじゃないですか?
      そう思うのが普通かと。
      コロンボがエドモンドの部屋に行った時、「あれ彼女の写真が一枚もない。
      愛してなかった」というような旨の話をしてたと思いますが。エドモンドが殺した動機の状況証拠にはなりますよね。
      それよりエドモンドは働かず道楽して暮らしてる事に疑問を持ちました。
      なんとなくアビゲイルの遺産の話にあまり乗り気じゃないように見えたので。
      金持ってるからこれ以上要らないよとね。なんかアビゲイルの一方的でしたから。

    3. 私も初め、エドモンドはアビゲイルの姪を殺害していなかったのでは?と思いました。

      真実を知っているのはエドモンドだけです。彼が殺害していたとして、アビゲイルが問い詰めたとしても、本当のことは言わなかったでしょう。エドモンドが死んでしまった今、永遠の謎なのです。

      はっきりとしているのは、エドモンドが部屋に妻の写真を1枚も置いていなかったということだけです。
      欧米の方々は、自分の家族、恋人の写真をよく部屋に飾っているのを映画などで見られます。なので、私たち日本人が考える以上に、これはかなり異常な状況と思われます。しかしこれも彼が殺害したという決定的な証拠ではないです。

      結局、アビゲイルが知る以上のことを私たち観客にヒントを与えない、想像の余地をあえて残すことによって、作品に深みを持たせる制作者側の意図なのだろうと今は解釈しています。

      1. フィリスの写真がエドモンドの部屋に飾っていないことは、現在の女性関係のこととか…も考えられるし、フィリスとの不仲を決定づけるまでではないかも…と感じていました。だとしてもアビゲイルは、姪を死なせた(殺したではなくとも)エドモンドを、憎んでいたのでしょう。

  9. ガキの頃から繰り返し観ている「コロンボ」ですが、このエピソードの魅力はガキの頃には分からなかった(笑)皆さんおっしゃるアビゲイル・ミッチェル役ルース・ゴードンのチャーミングさ。その意味で大人の作品ですね。ダンスのステップのような楽しい動き、ウィットに富んだ(富み過ぎ?)しゃべり良し、対照的な犯罪行為に見せる暗部の緊迫感の演技良し。これはいつもならピーター・フォークのコロンボが犯人役のカッコ良さと対照的に見せる部分ではなかったか。しかしピーター・フォークは今回ばかりは彼女の魅力を引き立てた方が得策と判断して「コロンボ」を抑え気味にしたのではないでしょうか。

  10.  BS-TBSの連日放送が終了しましたが、全エピソードを2周観て記憶に刻まれたり、記憶違いに気付いたり様々楽しめました。スーパー!ドラマTVでも放送されていますし、BS-TBSでは毎週土曜に残りを放送して行くようです。
     そんな中、倒叙形式を採用するなど『コロンボ』愛に溢れたドラマ『古畑任三郎』が4/29からBSフジで放送されます。
     平日夕方5時から2話ずつ=2時間枠というBS-TBSの『コロンボ』と同じ時間帯に一挙放送。作者の傾倒ぶりと元ネタとの比較でまた楽しめそうです。もう半年早く始めたらもっと良かったのに(苦笑)

  11. みなさん、楽しい書き込みありがとうございます。
    スピーチ!私も大好きです。
    音楽は、パトリック・キャシディですね、素敵です!
    アビゲイル・ミッチェル、
    最後に、見逃して欲しい…ような言葉も可愛い。
    「靴の甲を反対側の脚のふくらはぎのあたりでゴシゴシ」
    気づきませんでした!見直しておきます。
    本作品に2票加えます。

  12. こんにちは、いつも楽しく拝読しています。
    本筋とは関係ないのですが、コロンボがアビゲイルが講演をする建物に入っていくときに、靴の甲を反対側の脚のふくらはぎのあたりでゴシゴシとこすっているのがなんか面白くて。立派な建物に汚れたくつで入るのはまずいとでも思ったのでしょうか?いかにもコロンボがやりそうな仕草だなーと笑ってしまいました。
    ああいう動きは、演出なのか、それともP.フォークのアドリブなんでしょうかね。

    1. 細かい観察、ありがとうございます。ヘアースタイルのチェックもしているので、ズボンで靴を磨いているつもりなのでしょうか(笑)女性が集まる会場なので、身だしなみを整えたのでしょう。演出のような気もしますね。

  13. BSで「刑事コロンボ」を見た後、楽しく拝見させて頂いています。
    この「死者のメッセージ」(邦題)のエピソードは、名スピーチの場面を通じてむしろ刑事コロンボのメッセージのように思えてきました。
    「どんな人(凶悪な殺人容疑者)でもよいところはある。」というくだりは、このシリーズは推理ものを超えた人情味あふれたドラマであると総括したように聞こえるのです。
     またこの言葉を裏を返すと、傍から見て誰もが羨む社会的地位、名声、富を得たセレブたちが、心は決して満ち足らず、殺人という非常手段により転落していく姿に対し「足るを知る。」を弁えよ、と発しているように思えるのです。
     「白鳥の歌」「愛情の計算」「秒読みの殺人」などは人間コロンボが全開で涙なしでは見られませんでした。
     ぼろんこさん、これからもちょくちょく拝見させて頂きます。

  14. コロンボがスピーチをする場面がありますが、僕はあのスピーチ、結構好きです。
    コロンボがああいう話をすること自体も珍しいと思いますが、「あたしは人間が好きだ」という台詞が学生ながらに、印象深く残りました。

  15. アビゲイル・ミッチェルのキャラクターがいいですね。とにかくチャーミングなおばあちゃんで、かつ知性もにじみ出ています。コロンボの連れたドッグを見て「どこか悪いんですか?おなかが地面にくっつきそうですよ」なんてセリフも笑えます。
    証拠はかなり弱いともとれそうです。しかしハッキリ犯人を名指ししているため、複数の解釈ができてしまうというダイイング・メッセージの弱点をクリアしています。また、犯人が偽造したという可能性も、メッセージをわざわざ見つけにくい場所に隠すメリットがないため否定できます。というわけで、実は意外と説得力のある解決ではないでしょうか?
    恨むべくは邦題です。証拠がダイイング・メッセージであることをばらしてしまったのも同然で、そういう意味で「溶ける糸」や「黄金のバックル」と同じ損をしたエピソードだと思います。

  16. 娘はこれが一番スキ!といってます。
    パトリック・キャシディの音楽が素晴らしい!
    バッハ風のハープが絶品ですね。
    キャシディはホントにセンスありますね。
    映画「ハンニバル」でのオペラも素敵です。
    新・刑事コロンボでも担当されてますが、音楽指示?があったのか、色っぽいサックスの曲が多く
    ガッカリしました・・・

  17. ちょびはなさん「初期の傑作の多くを見損ねた」のですね。でも、また再放送はあります。近年、何度もありました。それがわかればまたお伝えします。

小笠原功雄 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.