28話「祝砲の挽歌」

By Dawn’s Early Light / 1974

作品の持った雰囲気がとても好きです。絵的な美しさ、兵学校という閉鎖された特殊なシチュエーション。他にも軍隊ものの作品はありますが、この「祝砲の挽歌」には及びません。

パトリック・マッグーハンの存在感

犯人役のパトリック・マッグーハンの存在感は抜群です。ヘインズ陸軍幼年学校の理事長ヘインズを殺害した後も「厳しい校長先生:ラムフォード大佐」が、正義(?)を貫いて生きる様を、美しく演じています。

事件が起こる背景

陸軍幼年学校の劣等生にその罪をきせる行動と相反し擁護するような言葉も…。厳しいが故に学校で孤立してしまう立場も…。生徒たちの「自供」により殺人を暴かれてしまう下りも…。流れるようにつながっています。また、学校の平面図から「陸軍幼年学校」が「男女共学のキャンパス」に改築される計画があったことを見破るあたり、コロンボ警部の着眼は流石です。

冒頭の演出も見事

廊下をこそこそと進んで行くと、砲弾の工作をしている背中が見えてくる。予め準備した材料を丁寧に加工する手元。冷静ながらも…汗がしたたる表情。丁寧に指紋を拭き取る。火薬を流すために蛇口を振り回す。外に出た時、初めてタイトルクレジットの文字が表示され、微かなドラムロールでBGMが始まる。砲台での準備を終え、後に大きな意味を持つ「りんご酒」を見つける。6分30秒を過ぎた頃、軍隊ラッパの音と共に台詞付きのドラマがスタートします。6分30秒以上台詞は一切なし、音楽もごく小さい。冒頭シーンを見ただけでこの作品がどれほど凄いかを直感します。

ラムフォード大佐

ラムフォード大佐は、自分の保身のために殺人を犯したとは思えません。むしろ間違った方向を向き始めたアメリカに対し「NO」と言いたかったのでは?私は戦争擁護の立場ではありません。ただ大佐の気持ちを考えただけです。

スプリンガー候補生

落第生のスプリンガー候補生(マーク・ホイーラー)の反抗的な態度やエピソードも上手く描かれています。彼が「大砲の誤爆は自分の責任であるはずがない」「不可能だもん*」と語る場面も印象的です。
*=実は掃除当番をさぼっている。

シロとクロを見分ける着眼点

コロンボ警部が容疑者を「ラムフォード大佐」に絞る場面は、大佐がボロ布を最初に見た時に言及を避けたのに対し、スプリンガー候補生はためらうこと無く「大砲の清掃用の布」と答えたことにあるでしょうか。ラムフォード大佐は事故の原因をスプリンガーの不始末として片付けることを前提として、この犯行計画を始めたわけであり、自分の計画どおりに進む捜査に対し、すこしだけためらいの感情が出たのでしょうか。

自ら祝砲を撃つ役目を引き受けた

また、ラムフォード大佐は凛とした振る舞いの中でも、沈着冷静に計画を実行しています。被害者ヘインズ(トム・シムコックス)との口論の最中に、少しだけドアを開けておき、ヘインズが自ら「式典で祝砲を撃つ役目を引き受けた」成り行きを秘書に聞かせるよう工夫しています。本来なら大佐が爆死していた可能性もあることで、自分が容疑者のラインから外れるという計算です。

マドリン・シェアウッド

秘書の役はマドリン・シェアウッド。メガネの上から覗き見るような表情が印象的な女優さんでした。ちょっと気が強そうな感じ。美人秘書という観点ではなくても、とても楽しいキャラクターだと思います。

とばっちりを食らうルーミス大尉

注目すべき場面は、食堂でふざけている生徒を「突然のように声を荒げて叱る」大佐の態度。スプリンガー候補生についての会話中に、コロンボ警部はスプリンガーを犯人ではないと確信している。むしろ自分が疑われている‥と気付くのです。ご機嫌斜めな大佐の「リンゴ酒密造犯捜査命令」を受けるルーミス大尉(バー・デベニング)のリアクションは、少し不本意そうで興味深いです。

日本語吹き替え:佐野浅夫さん

ラムフォード大佐の吹き替え「佐野浅夫」さんは素敵でしたが、ミラー当番兵(靴が汚れていた生徒)を再度呼び出して説教するシーンからしばらくの間、別の声優になっていました。佐野浅夫さんとは似ていない声で、この部分がとても残念でした。初期放送版ではカットされていたのでしょうね。重要な場面だと思いますが放送時間の関係でしょうね。

祝砲の挽歌

原題は「By Dawn’s Early Light」で直訳は「夜明けの明りで」という感じ。「挽歌」とは中国で葬送の時に柩(ひつぎ)をひく者が歌った歌で、エンディングに歌とともに訓練する響きも通じて、納得の邦題です。これについては、ブログゲストさんが詳しく解説してくれていますので、ぜひお読みください。

クレーマー刑事が登場

後の作品でも活躍する「クレーマー刑事」が初登場。やる気があるんだか…どうだか…わかんない感じがとても良いですね。コロンボ警部の部下は総じて「早く家に帰りたい」人が多いです。

モーガン候補生はクレーマー刑事の息子!

ヘインズ陸軍幼年学校のトイレで、高校時代の彼女の思い出話をする相手「モーガン候補生」は「ブルーノ・カービー」で、クレーマー刑事を演じる「ブルース・カービー」の息子。父ブルースは2012年現在存命だが、息子ブルーノは2006年に57歳の若さでこの世を去っています。

ヘインズ陸軍幼年学校

「ヘインズ陸軍幼年学校」はサウスカロライナ州チャールストンがロケ地だということです。ですので海外ロケに匹敵するほどの作品スケールが感じられるわけです。

監督:ハーヴェイ・ハート
脚本:ハワード・バーク
ラムフォード大佐:パトリック・マクグーハン
スプリンガ―候補生:マーク・ホイーラー
クレイマー刑事:ブルース・カービー
ルーミス大尉:バー・デベニング
ウィリアム・ヘインズ:トム・シムコックス
モーガン候補生:ブルーノ・カービー

加筆:2020年7月26日

“28話「祝砲の挽歌」” への102件の返信

  1. ぼろんこ様、初めてコメントさせて頂きます かなり前から拝見していたのですが… 私の一位は「別れのワイン」ですけど、ゲストで一番はやはりマクグーハンさんです ところで秘書のマドリン・シェアウッドさん、吹き替えは高橋和枝さんだったんですね 先週放送のBSで観た時、最後のテロップで発見しました 「ルーシーショー」のルーシー・カーマイケルとか、鉄人28号の金田正太郎、快獣ブースカとか、ほんで何と言っても磯野カツオ君の声優ですよね 放送時は全く気が付かなかったのは、言い方が違っていたかと 聴き返すと確かに高橋氏と分かりました 何度も観たはずだったのに、気が付かなかったなんて… 

  2. 名作ですね~。
    軍隊に限らず規律の有る組織は、見ていて清々しいですね。
    私もそういう組織の端くれに居たので、整列とか分列行進とか見るとニヤニヤしますね。
    米国の良家の子弟は、ああいう私立学校に送り込まれて規律と国家への忠誠を
    叩きこまれるのですね。学費高そう。
    その中で自由と規律のせめぎあいを体感し、自律性を養っていく・・。
    米国エリートの奥深さを垣間見た気がします。
    生徒はエリートだから女子学生にモテるのですね。
    自分が中高生の時に、刑事に対して対等に会話が出来たかどうか。
    もちろんコロンボの人柄も有るのでしょうが。
    モーガン候補生がコロンボに「楽しむというのはちょっと違うんじゃないでしょうか」
    スプリンガー候補生がラムフォード大佐にコロンボの印象を尋ねられ
    「自分は意見を持っていません」
    外出先を問われて「それは言いたくありません」
    こういう受け答えが出来るように教育されるのですね。羨ましいです。
    日本の2世政治家とは出来が違う。
    もちろん私は軍国主義でも米国礼賛でもないですが・・。例外も居るしね。

    ラムフォードは大佐(Colonel)ですね。
    予備役として民間の校長を務めているのでしょうか。
    米国陸軍では大佐は旅団長を務めますね。旅団は1,500~6,000名程度。
    生徒数に対応した将校が校長を務めるのでしょうか。
    ルーミス大尉は若いから、また現役に戻ったりするのでしょうね。

  3. はじめまして。 いつも放映後、作品の余韻に浸りたくて、お邪魔させて頂いてます。 皆さんのコメントであらためてロジックを理解したり、見落としに気づいたり、復習になっています。
    私の楽しみ方の一つは、コロンボが、犯人の目星がついた瞬間の表情を見つける事です。

    今回の「祝砲の挽歌」は、一番好きな作品です。 なんといってもゲストスターのパトリックマクグーハンの圧倒的な演技力に惹かれます。 軍人として決して崩れない態度、気高い誇りの下に潜む、犯罪がばれやしないかという恐れと生徒に罪をなすりつけた卑劣さに葛藤する内面、そういった諸々の感情を見事に眼差しと表情筋で表していました。 
     個人的には、食堂で、「スプリンガーは犯人ではない」とコロンボがほのめかした後、 後方で立ってふざけてた少年に、「ジャクソン!!」と怒鳴ったとこが好きです。ミスリードが上手く運ばず、苛立ちが垣間見えます。
     またスプリンガーが脱走からコロンボと共に戻り、晴れて容疑が晴れリリースされた後のシーンも好きです。コロンボが、「私は間違えてたかもしれない、単純にヘインズ氏が狙われたのかも」と言った後、ついに観念して、コロンボに「参った」とばかり、葉巻をすすめ、白い薔薇の話を始めるところです。コロンボも、犯人と分かりながら、優しく共感します。作品全体的にコロンボは、犯人への職業的アプローチは控えめだった気がします。

    舞台の陸軍幼年学校が醸し出す独特の世界感で、一本の映画を見てるようでした。

  4. 帽子を深くかぶったラムフォード大佐、格好いいですね。犯人であることを指摘されたあとも、生徒への指示を言うところは、教育者の気概を感じさせました。
    しかし、爆殺というのは実に凄まじい。飛散した惨状はさすがに映してませんが、それがまた大佐の残虐性よりも教育熱心な姿勢に同情させる仕組みになってます。

  5. 今回は屋外含めた校内でのシーンがほとんどでちょっとしたスケールを感じました。
    マクグーハンはこの作品でエミー賞を受賞したんでしょうか、番組欄でその様な記事を観ました。
    彼が演じた大佐は確かに立派な人には見えましたが、殺人の動機は私利私欲のためですし、コロンボ刑事と校内を生徒を監視しながら歩く姿が何故か滑稽に見えましたね。
    殺人を認めるのもあっさりし過ぎで、軍人への執着が薄くて物足りない部分でした。

  6. ヘインズが紐を引き爆死する寸前でカットが切り替わり、眉ひとつ動かさないラムフォード大佐の顔のアップ。轟音と悲鳴。もうこのカットが独特な雰囲気を持つこの作品を象徴してる。

  7. 何度見てもこの作品が好きです。他のどのエピソードにもない独特の雰囲気があります。もちろんパトリック・マクグーハンの演技は見事ですがこの作品の場合吹き替えの佐野浅夫さんの力によるところが大きいと感じます。

  8. 本作品は、最後にコロンボが決め手を突き付ける場面の「切れ」はやや物足りないものの、他作品にはあまり見られない場面の「抜け感」、犯人の凛とした雰囲気(本来の意味の確信犯)と潔さ、生徒たちへのコロンボの温かい接し方など、素晴らしい作品だと感じました。
    1つ腑に落ちなかったのは、こうした軍事の教育機関の運営トップが民間人(当学校で教育を受けたみたいですが)であること。私立学校とはいえ、少なくとも教官は本物の軍人ですよね?
    教育目的とはいえ、一定の軍事力を民間に委ねることになるし、犯行動機にもつながりましたが、国にとっては大事な軍事的教育を担う学校が民間人の一存で別目的に変えられてしまっていいのかな、と。
    アメリカのような軍事大国なら、そんな事態が無いようにしていそうなものですが、珍しくないのでしょうか。

    個人的には、大佐は生徒に罪を押し付けしようとしたものの、あのまま露見しなければ比較的穏便な処分で済ませようとしたのではないのかなと思っています。

    1. この作品は、一部をのぞいて全てこの学校の広大な敷地内で進行しますね。それが、すごく好きです。

  9. はじめまして。子供の頃からコロンボ大好きです。
    昔は多分アメリカの空気感とか豊かな感じに憧れて
    好きだったのですが、年を重ねると違う見方ができますね。
    私はクリスチャンです。当時の作品には自然に教会や礼拝が出てきますが
    今の作品には見られませんね。
    ラムフォード大佐は戦時下のまま、時が止まってしまったのかもしれないと思いました。
    陸軍幼年学校という塀の中に囲われながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.