26話「自縛の紐」

An Exercise in Fatality
1974[第4シーズン 26話]

健康クラブの経営者マイロ・ジャナス(ロバート・コンラッド Robert Conrad)が加盟店のオーナーであるジーン・スタッフォード(フィリップ・ブランズ)氏を殺害。

悪人マイロに、コロンボ警部が激怒!

マイロは不正な経営で私腹を肥やしていて大金を持ってスイスに高飛びする予定だったが、それをスタッフォードに見抜かれ、破滅が決定的になり殺してしまいます。かなりの悪人が迎えた結末ということですが、「激怒するコロンボ警部」を見ることもできます。

激怒する直前の成り行きを何度も繰り返し見ましたが、必然性は感じませんでした。スタッフォード夫人(コリン・ウィルコックス)に対する同情が引金となっていますが、その割には背景を描ききれていない気がします。コロンボ警部は15話「溶ける糸」でも激怒しますが、こちらは納得できました。

ほのぼの笑えるシーン

事件のカギを握るルイス・レーシー氏(ダレル・ツワーリング=23話「愛情の計算」にも出演)の元勤務先トライコン工業社の受付嬢とのやりとりは笑えます。70年代のコンピュータはあんなに巨大だったのですね。これは「トータルデータ検索システム」だそうで…凄い。このシーンはTV版ではカットされたようです。

エド・マクレディ

トライコン工業社の警備員は「エド・マクレディ」で、その後の新シリーズで多数出演してる俳優さんです。ちょい役ばかりですがとても印象に残る素敵な俳優さんです。

 

少し納得しかねるシーンなど…

コロンボは病院で子どもとお母さんの会話を見た時に「自縛の紐」のトリックを暴きますが、「そうか、わかった!」的な描き方であまり好きではありません。もう少しさり気ない演出をしてくれたらな~って思いました。決め手の他に「着替えを知っているのは犯人である証拠」だと力説する場面は、かなり迫力あるシーンです。よく聞かないと意味が分かりませんが、それでも論理の筋立てや話し口調など、犯人を「落とす」パワーは並々ならぬものを感じました。

邦題「自縛の紐」考察

タイトル「自縛の紐」は、上手い邦題だと思いますが「決め手のまんま」。これも15話「溶ける糸」との共通点です。最初にこの作品を見た当時は小学生だったでしょうか、「自爆」だと思っていました。原題はAn Exercise in Fatalityで直訳は「死の中のエクササイズ」と出ました。他でも詳しく語りますが、コロンボシリーズの邦題には「△△の☆☆」というスタイルがたいへん多く、△△の部分にこのような普通に使われない名詞「自縛」を用いたことは、興味深いですね。

少し寂しげな表情が印象的な秘書ジェシカ

マイロ・ジャナスの秘書で愛人のジェシカ・コンロイ(グレッチェン・コーベット)は20話「野望の果て」に出てくるヘイワード夫人の秘書のリンダ(ティシャ・スターリング)と雰囲気が似ていました。

でもジェシカはマイロ・ジャナスに対し、リンダのように絶対的な信頼を寄せている感じではなく、常に戸惑いのような表情を見せていました。
 

口笛で、THIS OLD MAN♪

また、コロンボ警部が海岸を歩くシーンでは、ピーターフォークの「THIS OLD MAN」の鼻歌が吹き替え無しで披露されています。
「THIS OLD MAN」について
マリブビーチにあるマイロ・ジャナス邸
マイロ・ジャナスはマリブビーチに住んでいて、なんとご近所に「指輪の爪あと」の探偵のブリマー邸もあります。

怒りながらも、犯人を追い込んでゆく?

以前『美しいコロンボ劇にはなっていません。美しく感じないもっと大きな理由は「激怒するコロンボ警部」です。』と書きましたが、そうでもなかったです。もう一度見直すと『怒りながらも、犯人を追い込んでゆく』ように感じました。『スタッフォード夫人の緊急入院』で怒ったことも、不要なシチュエーションとまで言えませんね。また、冒頭からコロンボ警部は不機嫌な雰囲気で登場しているのも面白い(早朝に呼び出されてとのこと)です、このような登場シーンは多いですね。

清掃員のマーフィ

健康クラブの清掃員:マーフィ(ジュード・フェアズ)が素敵です。コロンボの捜査に迷惑そうに応対するが徐々に協力的に転じ、茶色の靴底の推理では「たいしたもんだわ」と感心していました。

ジュード・フェアズ

このジュード・フェアズは20話「野望の果て」コロンボ警部が運転中に検問される際に登場する若い方の警官の俳優と同一人物です。

監督:バーナード・L・コワルスキー
脚本:ピーター・S・フィッシャー
原案:ラリー・コーエン
マイロ・ジャナス:ロバート・コンラッド
ジェシカ・コンロイ:グレッチェン・コルベルト
ジーン・スタッフォード:フィリップ・ブランズ
アル・マーフィ:ジュード・フェアズ
 
加筆:2015年3月9日
*作品のエンディングに関し、賛否の激しい解釈については記載を削除しました。
 

“26話「自縛の紐」” への54件の返信

  1. コロンボがお得意の罠を使うことなく、小さな証拠の積み上げで犯人を観念させる手法で、結末は自分としては納得できました。録音テープのトリックは、第2作「死者の身代金」でも出てきましたか?当時39歳のロバート・コンラッドが30代に見える53歳を好演し、魅力的な秘書ジェシカ(グレッチェン・コーベット)や被害者の妻ルース(コリン・パクストン)などがしっかりと脇を固め、第4シーズン開幕にふさわしい名作に仕上がっています。コロンボが海岸での激走やジムでのワークアウトで大汗をかいたり、ルースがレストランで立ち上がりざまマイロにワインをぶっかけたりと面白いシーンも盛りだくさんです。ただし、トライコンでの受付嬢とのやりとりはさすがに長すぎました(カットされていたのであれば、正解です)。Keiさんご指摘のように、ルースのベッドサイドにいた医師は「黒のエチュード」の獣医(マイケル・フォックス)かと思って調べたのですが、証拠がつかめませんでした。他人の空似でしょうか?

    1. 楽しいコメント!ありがとうございます。私は「マイロ・ジャナスが一人で持ち上げることができないほどの重さのバーベルの下敷きになった」ことが、とても興味深かったですね。医師のことは、再度確認します。

  2. このエピソードのエンディングは、色々なご意見があるようですね。
    確かに初めの一回では、意味が良く分からなくて、戻って見直しました。

    トレーニング室に残っていた足跡は土足なのに、スタッドフォードは運動靴を履いて死んでいた。
    運動靴の紐の結び方が逆方向なので、犯人が履かせて結んだと思われる。建物の戸締まりをした第三者が最後に見た時にスーツ姿だったのに、トレーニングウェアを着ていたことから、犯人が着せたことも考えられる。

    しかし、マイロは彼がトレーニングウェアに着替えたことを電話で聞いたと主張していて、犯人しか知り得ない情報を何故その日の夜に知っているんですか?ということで、あえなく御用ということでしょうか。

    靴紐の結び方というシンプルなところに着眼して、事件の解決を導いたところが見所なんですね。

    このエピソードは、明るくてポップなオープニングとエンディングの曲、当時のスポーツクラブの様子(器具がとてもシンプルです)、スポーツをしたり、激情するコロンボ等々、とても個性的で楽しめました。

  3. この話の決め手が議論の対象になってしまうのは、まず前段階であるコロンボ刑部の靴紐の推理が推論の類である部分と
    (確かに自分で試してみればあの靴紐はおかしいですが絶対におかしいという程ではない)
    それにより「被害者がトレーニングをしていたのは犯人の偽装工作であったのが証明された以上、
    『トレーナーに着替えた』と言う証言は犯人にしか知りえない情報」というロジックがちょっと弱い所ですね。
    (ロジカルな証明が好きなので個人的には結構納得しているし、コロンボシリーズの好きな決め手の一つですが)

    まぁ倒叙ミステリーでこの手のロジカルな犯行の証明はどうやっても納得感が乏しくなってしまうんですよ。
    何故ならばそれまで犯人が散々状況証拠に反論してきたのに、前段階が推論の決め手に納得しちゃうのですからね。
    古畑任三郎のさんま回の「花瓶と水差し」とかもよくこの手の議論が生まれてますし仕方ないのかなと思います。

  4. 初めて書き込ませていただきます。
    所謂“刑事もの”の場合、小説、漫画、ドラマ、映画を問わず、突っ込みどころは多かれ少なかれあるのは仕方ないと思います。
    ですから私は、犯人が自白せざるを得ない決定的な要素、つまり物証もしくは“犯人しか知り得ない直接的に犯行に結びつく事実”(絶対に言い逃れの出来ないこと)による自供によって逮捕された作品に魅力を感じます。
    その観点でいうと「自縛の紐」はそれに該当するのではないでしょうか。
    この作品に関しては沢山の議論があったようですから、私の意見は差し控えますが、
    “逆トリック”や犯人の心情を利用していない点で本作は傑作だと考えています。

  5. 今回見てあれ?と思ったのは、
    スタッフォード夫人の入院先でのドクターが、
    マイケル・フォックスではないか? ということでした….
    似ているだけなのかしら。。。

    白々しく夫人の様子を気にするジャナスと対峙するコロンボが
    最高にカッコいいです。

  6. 楽しみに拝見しています。この作品で大好きな場面は、殺人現場にコロンボ宛に奥さんから電話が掛かってくるシーンのほのぼのした会話が笑えます。

  7. こんばんは、trapさん。
     
    EDですが、確かに割と毎回ごとにあって、
    各話で、それぞれ違いますよね。
     
    仮面の男では、蝶々夫人でしたから、
    必ずしも各回の、EDが、
    =テーマ曲=オリジナル=メインBGM、
    とも、限らないのでしょうが、
    お話しごとに、別のEDと思います。
     
    まあ、一番最後に流れる、ご存知、
    「NBCミステリー・ムービー」のテーマ曲が、
    事実上「刑事コロンボのテーマ」でも良いとは思うんですが。
    (少なくとも、あの曲で、
     マクロードを連想する人は、いないと思いますし。)
     
    ちなみに、「自縛の紐」の謎解きは、
    私はコロンボとしては、充分完璧で、
    詰め将棋的に、しっかり出来ていたように思います。
     
     
    「自爆の紐」と「溶ける糸」は、
    コロンボが怒った、エピソードですが、
    この二つに、共通したのは、
    「まだ助けられるかも知れない命が、目の前にあり、
     その原因となった犯人も、また目の前で、
     そ知らぬ顔で、のうのうとしている」
    点だと、思っています。
    コロンボは、
    すでに亡くなってしまった人~もう終わった事に対しては、
    「気の毒に」「かわいそうに」と、
    同情はしても怒りは見せず、わりあい理性的です。
    一方、黒のエチュードでは、
    「人は寿命まで生きるべきだ。」
    「殺しと違って自殺は悲しい」と言っていますから、
    殺しは「悲しいとは違う(許せない?憎むべき事?)」で、
    他人の命や人生を、自分の都合で、
    奪おうとしている人間の事を思うと、
    「そうはさせないぞ!」と、
    怒りが爆発するのではないかと思います。
     
    怒る事は少ないですが、興味や尊敬、好奇心、
    好き嫌い、機嫌が良い・悪いなどの感情は、
    割と素直に出す、人間的なところが、
    コロンボの魅力ですよね。

  8. こんにちは、いつもコロンボ辞典として拝見させて頂いています。
    CS連続放送で「自縛の紐」を再視聴しました。
    ラスト、あれだけの迫力で追い詰めるコロンボは確かに珍しい話でした。
    完全と思った工作に次々ボロが出て(床の踵の跡、靴の結び目、電話の細工等)最後に言い訳も尽きたマイロの顔は見ものでした。
    ラストEDの歌ですが、あれはコロンボの定番EDですか?それともこの話だけのオリジナルEDなんでしょうか?話ごとにEDの歌が違うとか。
    良く分からなかったので、御存知でしたら教えて下さい。

  9. 「自縛の紐」のエンディングはいろいろ論じられてます。しかし、もう少しドラマを俯瞰してみる必要があります。テープを使った電話のトリックやトレーニング中の事故死に見せかけたこと、床に足跡を残したこと、着替えをすると言ったこと等、稚拙な証拠を残し過ぎで、これらが言わば「自縛」なのであり、テーマである運動にちなんで、靴の「紐」と結びつけた作品なのです。つまり、本作品に関して言うとエンディングだけで論評するのは「木を見て森を見ず」と同じことなのです。

  10. マイロとジェシカはあれだけ職場でイチャイチャする仲なのに、ジェシカがマイロの家に行ったことがないという設定は不自然な気がします。パーティーの準備をするにしても酒のありかもわからないでしょうし。そもそもホームパーティーに誘う側が遅刻してくるなんてひどいですよね(笑)
    あと、マイロがスタフォード夫人を家に誘った場面は、着いてきたら殺してしまおうと思ってたのでしょうか?

  11. 電話でものものしく「殺人課の…」と言ってみせるシーンなど笑えるシーンが多かったですが、個人的にはやはり落ちが弱いと感じました。
    しかし、それはトレモニさんのおっしゃるように、他の作品にも実は当てはまることが、この作品の「スカッとしなさ」から多くの人が(私も含め)突き詰めて考えることによって目立つ結果となった、ということかもしれませんね。笑
    靴の跡から格闘が予想される
    電話がかかってきたが、テープの繋ぎ目から偽装だと思われる
    靴紐の結び方から他人に着替えさせられた
    運動着に着替えたことを知っているのはマイロだけ
    ということですが、単純に他の証人が嘘をついていたら?とも思いましたし、靴紐の結び方も絶対とは言えないような気がしました…
    これらが法廷でどのように受け取られるかわかりませんが、テープを切り取った件についてはかなり怪しい目で見られるでしょうね。笑
    スタッフォード氏との関係含めあらゆる状況証拠から見るとマイロが犯人だろうと思いますが、それは私たちが倒叙法で犯行を見ているからかもしれないな、と思いました。
    「自縛の紐」というタイトルは決め手となった靴紐の件だけでなく、完全なアリバイを作ろうとしてした電話、供述の内容が、結果的に自分が犯人だという決め手になってしまった、ということも表していると思います。
    個人的には秘書役の女優さんが魅力的で、スタッフォード氏の奥さんも別の意味で魅力的だなぁと思いました。
    それと、コロンボがマイロと一緒に走ったあとの息の上がった演技や吹き替えがリアルで笑えましたし、少し感心してしまいました。笑

  12. 二回目のコメント、失礼します。
    この「自縛の紐」のマイロ・ジャナスは「溶ける糸」のバリー・メイフィールドと並び、コロンボが怒りを見せた数少ない犯人として知られていますが、犯人としての格はまるで違うと思います。
    具体的にはコロンボの追及に対する反応の差にそれが表れています。モルヒネを持ち出せた人物として、遠回しに疑っていることを言われても平静を崩さないメイフィールド医師。終盤に至り怒りをぶつけられても笑ってあしらう余裕を見せ、感情的になったように見せたのも計算だった彼は間違いなくコロンボを苦戦させた名犯人だと言えます。
    それに対し、マイロは駆け引きにおいてかなり劣ります。火傷から始まり、出前の料理、電話の件、バーベルの重さと次々と矛盾を突かれるうちに目に見えて苛立ち、コロンボの怒りにもムキになって憎まれ口を叩いています。
    そのあたりから、メイフィールドが「巨悪」とすればマイロは「小悪党」というイメージなのだと考えます。こういう多彩な犯人像のコントラストを見るのも、シリーズの楽しさでしょう。

  13. そうです。
    21時の段階で会計士の状態を知っていたのは
    マイロだけです。
    19時~21時のアリバイ(パサデナにいっていた、生きている会計士と電話で話した)
    があるはずのマイロが
    会計士が運動着に着替えたのを
    知ることは不可能です。
    ・パサデナで商談
    ・会計士との電話での会話
    の二つのアリバイが成立しないと
    被害者が生きているという前提が崩れます。
    この二つのアリバイが崩壊したので
    被害者の服装の状態を
    21時の段階で唯一知っていたマイロが
    犯人ということになります。
    アリバイを完璧にしようとして墓穴ほりましたね。

  14. 初めまして、ぼろんこさん。
    いつも音読しながら貴ブログを楽しませていただいています。
    私も最後の部分の意味が一度で掴めず、何度か見直してしまいました。
    そして結果的に、以下のようになりました。
    トレーニングウェアに着替える・靴を履く
    ←自分の意思ではなく、誰かにされた行為

    すでに死体となっていた被害者に対しての行為
    ・・・つまり・・・
    死体としての被害者=運動着姿の状態
    を知っていた人物は、犯人だけだ!
    と潔く(笑)感じ取ったら、スッキリしました。
    あくまでも私の心象風景としてのスッキリ感です。
    それにしても皆様のコロンボへの愛着度が凄いですね。
    私も、弱者に徹底的に優しい彼が大好きです。
    生の歌声が、小池さんの声質より若干高めでコミカルな部分も、本作品では楽しめました。
    留守番電話に吹き込む時の、コロンボの緊張気味な態度も楽しかった!
    女性の水着姿に対して恥らう様子が、まるで少年のようで清々しく?て、思わず噴き出しました。
    ”切れ者”の彼なのに・・・!そこがまた魅力的だなぁ。と。
    頭脳の明晰さは大人(たいじん)だけど、心は子供のような初心(うぶ)さを持つ。
    犯人と初見で別れの握手の際、目ざとく見つけた傷跡を問いただした時、「火傷しちゃってね。」と言われ、コーヒーで火傷した例え話を即答でしてしまう彼の頭脳の明瞭さが、本当に気持ちいい。
    もう、数え切れませんね。どこかのシーンだけがいいのではなく、そこも、あそこも、そうそうあの場面も・・・!いいんだよねぇ。
    というのがコロンボの、この作品の魅力ですよね。
    また楽しませて頂きます!
    いつも更新を、有難うございます!

  15. 黒のっけさん、コメントありがとうございます。
    ぼろんこの推察では…
    スタッフォードが一人で
    持ち上げられない重量のバーベルの
    下敷きになって死にました。
    複数犯がそれをセットしたなら
    スタッフォードが一人で
    持ち上げられないことに
    気づくのでは?
    ということになります。

  16. 240ポンド(約108キロ)のバーベルを一人で持ち上げられる人はそうはいないというのが犯人を絞り込むのに役立つわけですが、なぜ犯行人数を一人だと決め込むのでしょうか?
    複数で持てば十分持ち上がります
    マイロ氏もその点に気が付いて言い逃れすればよかったのに
    でもそれを言い出したら倒叙型ミステリとしてお話が成り立たなくなるのでスルーしているのでしょうね
    他作品でもそうですが、犯行人数の絞り込みが全く行われないのは倒叙型の宿命と言ってもいいかもしれません

  17. マイロは「スタッフォードから『トレーニングシャツに着替えた』と聞いた」
    と供述している。前の晩、そのように聞いていて証人もいる。ヒネっくれて
    考えると言い逃れはできる。そう!靴だけは別だという考えだ。
    「靴を履き替えた」とは聞いていないということ。察するに真犯人は、どこか
    で入手した合鍵で侵入し、スタッフォードがトレーニングシャツに着替えて
    電話をし終わった直後、靴を履き替える直前を襲ったのではないかという反論
    が成り立つ。それはさておき、
    「秒読みの殺人」においてケイは、失恋、失業、逮捕という三重苦を味わい
    可哀そうだった。「狂ったシナリオ」でアレックスは、重役からの締め出し、
    人間関係破綻、逮捕という三重苦。
    しかし、この最後までチョー元気いっぱいのマイロは憎ったらしい。
    ドラマの筋書きとして重窃盗罪も判明して、仕事の関連からも総スカンで
    精神的にも同情されるくらい追い込まれるべきだった。

  18. 犯人の落ち方を大別すると、
    ◆積極的自供タイプ
    ・コロンボの追及や周囲の事情で反省して自供する気になった
    ◆自供しないタイプ
    ・決定的証拠となる物証を突き付けられた
    ・コロンボによる反間計により共犯者との間で仲たがい
    ・コロンボから動機、チャンス、方法を突き付けられ犯人の描いた
     犯罪完全性が崩されてしまい、そのショックや焦りで気持ち負け
    ・コロンボからニセ証拠やハッタリを突き付けられ、その結果の言動が
     決定的証拠になる
    この回もだが、自供しないタイプのほとんどは気持ち負けです。
    どんなに追い込まれても突っぱねれば良いだけで、物証がある以外は、
    コロンボには決定的証拠は有りません。
    ただ有罪か無罪かは陪審員が決めるので、何とも言えませんが。

ぼろんこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.