25話「権力の墓穴」

A Friend in Deed
1973[第3シーズン 25話]

ギャンブル好きが命取り…ロス警察ハルプリン次長

財産目当てに妻を殺害するロス警察の上司マーク・ハルプリン次長。キャラクターは素晴らしいけど、殺人動機が弱い。隣の2軒で連続殺人が起きれば、相当厳しく捜査されるのが予想される中で、よく犯行に及んだと感心します。しかも、自分の現在の地位・名誉を全て失うだけの価値がある殺人なのか?警察の上層部がギャンブルに溺れることも大問題。

本物のワルの匂いが…

隣人のコールドウェルが奥さんを死なせてしまったことが、事の発端になりますが、それを知った直後に、自分の妻もついでに殺して、二人の共犯で罪を闇に葬る計画をした…というのがね~あくどいです。

見どころが満載の作品

捜査の過程で、自分に都合の良いようにコロンボに指示を出すハルプリン次長の傲慢さに、いかにも官僚的な体質が見えます。また、巧みとは言い難いですが「妻が犯人を見てしまったかもしれない」ように仕立てるのもポイント。

邦題は「けんりょくのぼけつ」?

読みの問題。「はかあな」ではなく「ぼけつ」が正解だと思われます。NHKのアナウンサーが番組紹介でそのように読んでいました。

シロとクロを嗅ぎ分ける嗅覚

他の作品でも感じますが、コロンボ警部の嗅覚は凄いです。このお話の場合、まず疑うべきは夫のコールドウェル。次に連続窃盗犯も有力に思えます。しかし、コールドウェルは証言の些細な部分からシロと判定。連続窃盗犯も「窃盗」の容疑者を狭めつつ、殺人ではシロと判定し、本題の事件解決の協力者へと導きます。このような鋭い嗅覚が身に付けば、我々の仕事にも役立つと思うのですが…。

「チャンスを得た」は、大きな勘違い

ハルプリン次長が署内でコロンボから前科者のリストを見せてもらうシーン。思いがけず決定的に有利な情報を得て、濡れ衣工作を思いつくのですが、それもコロンボ警部の仕組んだ罠だという展開は素晴らしいですね。あくまでも次長の命令に従っているだけの行動に見せています。まかれた餌にまんまと食いつかせたわけです。

シリーズ中、最も爽快なラストシーンの一つ

前科者アーティに殺人の罪をなすりつけ、その仕上げ工作の最中に自分が真犯人だということを「自らの行動で証明」してしまう場面。罪を被せられそうになるアーティの自宅(実はコロンボの部屋)で、「あなたが奥さんを殺したんです」とコロンボ警部に告げられるまで、一所懸命に証拠品を探しているハルプリン次長の必死の形相は傑作です。警察権力に対して、一石を投じたと言わんばかりの爽快なラストシーンでした。

リチャード・カイリーのハルプリン次長

リチャード・カイリー(リチャード・キーリー)はハルプリン次長役を名演したと思います。コロンボの「突っ込み」に、たじたじの様子が可愛く描かれています。

おそらくキャリア・エリートの設定で、現場バリバリのコロンボ警部の評判を良く知らなかったのでしょう。経験不足から、指紋の指摘に始まる失言を連発し、墓穴を掘ってしまいます。報告書を提出しろ!と、何度も催促するのも役人根性の表れで、笑えました。

日本語版は北村和夫さん

北村さんは俳優としてのお仕事がメインで、吹き替えは多くないようです。その中でも刑事コロンボではこの「権力の墓穴:リチャード・カイリー:ハルプリン次長」と「迷子の兵隊:ステファン・エリオット:パジェット将軍」を担当されました。

ヴァル・アヴェリー

前科者アーティ・ジェサップ(アーチー)役の俳優「ヴァル・アヴェリー」は12話「アリバイのダイヤル」で盗聴器をしかけた探偵:ダブス役として出演しています。目立たない役では5話「ホリスター将軍のコレクション」の貸しヨット屋でも出演。

高級住宅地「ベル・エア」地区

ハルプリン次長と友人ヒュー・コールドウェルらの家がある地区。「二枚のドガの絵」デイル・キングストンもご近所さんではないかと思われます(笑)
→刑事コロンボマップ:ベル・エア地区

監督:ベン・ギャザラ
脚本:ピーター・S・フィッシャー
マーク・ハルプリン:リチャード・カイリー
アーティ・ジェサップ:ヴァル・アヴェリー
コードウェル:マイケル・マクガイア
ハルプリン夫人:ローズマリー・マーフィー
ダフィ警部ジョン・フィネガン
加筆:2017年12月26日

“25話「権力の墓穴」” への40件の返信

  1. 間違いなく傑作と思いました。ロス警察の責任者が主犯で、コロンボとの間でスリリングな知恵比べが展開され、98分が長く感じられません。自分の上司とも言える相手で、非常にやりにくかったはずで、最後はおまえは首(バッジを外せ)となるのですが、自分の推理と捜査をつらぬくコロンボの妥協しない姿勢には脱帽です。コロンボの捜査の本気度が極めて高く、ハルプリンの車に火のついた葉巻を落として慌てる場面を除けば、概ねユーモラスなシーンは封印されていました。ハルプリンの登場は彼がカシノでダイスに興じているシーンで、視聴者はその後に初めて彼が市警の高官とわかるので、悪徳警察官としての強烈な印象をもたらす効果に成功しています。コロンボの仕掛けた罠は、これまでのどのエピソードと比較しても最高に高度なもので、結末は全く予想できませんでした。ところでハルプリンは市警のコミッショナー(委員長?)ということですが、マスコミに捜査方針を説明するなど、実際にはチーフ(本部長)のような役回りをしているのかなと思われました。

  2. ぼろんこさま
    昨日、AXNミステリー(旧称ミステリーチャンネル)でこれを放映していました。ぼろんこさんのおっしゃるとおり、最後のシーンが圧巻のエピソードです(同様のトリックは、後の新コロンボ「殺人講義」でも2番煎じで使われました)。が、1点だけ重大な欠陥があると思います。署長の奥さんの死亡時刻が、夜ではないということは、死後硬直の状態を調べればすぐにわかってしまうはず。この点だけがいつもひっかかるエピソードです。
    「権力の墓穴」の読み方については、最初に白黒で見たときから、「ぼけつ」の読み方を疑ったこともありません。

  3. ぼろんこさん今晩は

    『墓穴』という言葉
    これだけだと どうなんだろ 『はかあな』なのでは?
    墓穴を掘る という繋がりだと 『ぼけつ』なんでしょうけどね
    ぼろんこさんも 読み方 コメントしてましてけど 私的には 『はかあな』と読みたくなっちゃいますね

    それと

    これは今回の放映で見て あっ ❗と思ってたのですが
    子供の時に見た記憶で
    犯人?が暗い部屋の中を 階段で降りたりするシーン が残ってるんですど いつの話なのかわからなかったのですが

    権力の墓穴

    はもしかしたら 記憶に残ってる子どもの時に見たコロンボ作品なのかも と思いました

    ではでは

  4. ひとつ引っかかる事があるのです、何故コールドウェルの殺人を次長は隠蔽工作したのか、単に友人関係だからするのか、奥さんが若い男達と浮気狂いになっている事に同情していたという理由だけで警察次長自ら果敢に隠蔽工作をやるのか、そもそもコールドウェルは殺人を犯した後直ぐに警察幹部に相談したのか、そして次長は何故コールドウェルが自首するのを直ぐ様やめさせて自ら隠蔽工作をしたのか、何故次長は単に早めに帰って、普通の会話をして入浴中の妻を何の前触れもなく殺したのか、アーティのコールドウェルに対する行為は恐喝に当たらないのか、どちら様かヒントでも構いませんので教えて頂けませんか?

    1. 私も昨日初めて見たので、これが正解か確証は無いのですが…おそらくこういうことではないかと。

      次長は、元々ギャンブル好きで、常々慈善事業にお金を寄付している妻を苦々しく思っており、殺意を持っていたと思われます。
      そこへ隣人のコールドウェルが殺人をしてしまったと相談してきたのを利用し、隠蔽工作してやることで、自分の妻を殺害する時に協力させたのです。

      アーチーのやったことは恐喝ですが、これはコロンボが捜査に協力してもらうために指示したことなので、罪は問われないでしょう。また、その前の三件の窃盗事件については罪を問われるでしょうが、コロンボの捜査に協力したことで、刑期が短くなるなど考慮してもらえるかもしれません。

      1. ありがとうございます!例えばはじめの方で例えば次長がギャンブルでボロ負けしてコールドウェルに建て替え貰うとかの場面があれば、もう少しわかりやすくなったかな?

      2. あ、すみません、立て替えて貰う、でした。あと次長がボロ負けした後、奥さんに完膚無きまでに罵られる場面もあればより一層かな?

        1. そうですね。冒頭で、次長はギャンブルに負けている様子は無かったし、何故コールドウェルに加担しているのか、理由が描かれないまま、物語が進行しているので分かりづらいかもしれませんね。

          コロンボシリーズは子供の頃観てはいましたが、ほとんど忘れていました。今こうして1つ1つ観ていくとその魅力を再発見出来て、とても楽しいです。

          またこちらのブログのおかげで、感想を述べたり、皆さんの感想や解釈を読んでまた考えたり、質疑応答も出来るので、楽しみ倍増です。
          ぼろんこさん、ありがとうございます !

    2. 元々妻を始末したくてしょうがなかったかった副総監。でも完全犯罪となると難易度が高く躊躇する。
      そんなところへ旧知の仲であるコードウェル氏から突発的な動機で妻を殺してしまったと打ち明けられる

      「ちょうど良かった!これは使えるぞ!」と閃いたんでしょう!なので利用して、協力させることにしたのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.