15話「溶ける糸」

A Stitch in Crime / 1973

ご存知、スタートレックのMr.スポックの登場

心臓外科医のバリー・メイフィールド(レナード・ニモイ)が看護婦で手術助手のシャロンを殺害。私にとっては‥かの有名な「Mr.スポック」の登場ということで、全コロンボ作品の中で最も記憶に深く刻まれた作品でした。

日本語吹替版

吹き替えがテレビてお馴染みのMr.スポックの声(久松保夫さん)だったらな~って、欲もありますが。久松保夫さんは、ホリスター将軍役をされましたね。

コロンボシリーズ中「最悪の人物」

私の印象としては「動機不十分」です。がしかし、それを上回るメイフィールドの悪人像は強烈です。自分を信頼してくれている恩師ハイデマン博士を殺害しようと計画。しかし、そのトリックを手術助手のシャロンに見抜かれそうになると一転、シャロンを殺害。この殺害が予期せぬ行動となり、コロンボ警部に矛盾を次々に暴かれてゆきます。そして、そのシャロン殺害をハリー・アレキザンダーなる元麻薬常習者の犯行に見せかけるため、アレキザンダーを殺害するという、凄まじい殺人鬼ぶりです。

「非論理的」って台詞すら出なかったが…冷静沈着なMr.スポック。

その犯行がすべて「沈着冷静で論理的?」に淡々と行われます。スタートレックでのMr.スポックとイメージがダブって、より一層ストーリーを引き締めていますね。しかしその冷静さが、コロンボ警部の目に止まり容疑者と特定され、しかも未遂に終わるハイデマン博士殺害計画の証拠を、博士の体内より引き出させてしまうという…コロンボファンにとっては美味しすぎる展開。そしてラストシーンも、この作品に相応しく「完璧に楽しめる」ものだったと言えるでしょう。

コロンボと犯人の対決を堪能できる作品

この「溶ける糸」では犯人の冷酷な連続殺人に対し、コロンボ警部が心からの怒りをぶちまけ「対決」宣言し、ラストシーンを向かえます。「コロンボ警部」対「頭脳明晰な犯人」という刑事コロンボシリーズの最大の醍醐味が最も良く表現された作品の一つです。この雰囲気(犯行後にも裏付け工作などをする…etc.)を持った作品としては、16話「断たれた音」も大好きです。
その反面、6話「二枚のドガの絵」20話「野望の果て」26話「権力の墓穴」などは、犯人が「少し間抜けで滑稽に感じる」「よせば良いのに…自分から罠にハマって来る」もので、別の意味で楽しめる作品です。

アン・フランシスが好演

殺害された手術助手のシャロン・マーチン役はアン・フランシスで8話「死の方程式」の秘書ビショップ役と同一人物。口元のほくろが印象的なセクシー女優(?)ですが、今回は真面目な人柄の役を演じています。

ゆで卵が大好きなコロンボ警部

余談ですが、このお話の中でコロンボ警部が持参のゆで卵を殺人に使われた凶器で割って食べるシーンは人気が高いと聞きます。実はこれはこの朝「2個目のゆで卵」で、1個目は車のボンネット付近で割って食べています。その後のシーンでメイフィールド医師から「胃薬」をもらいますが、おそらくゆで卵の食べ過ぎが原因ではないでしょうか?

このシーンに登場する刑事

このシーンに登場する刑事はビクター・ミランという俳優さんで、ラテン系なお顔で印象に残りますが、この人は19話「別れのワイン」のテレビニュースで解説するお医者さんにそっくりです。

ニタ・タルボットも可愛い

看護師シャロンの友人「マーシャ・ダルトン(演:ニタ・タルボット)」が可愛かったです。コロンボ警部やメイフィールド医師とのやりとりは、微笑を誘いますね。

決め手となった溶ける糸

メイフィールドが「コロンボのポケットで見つかった溶ける糸」に見覚えが無い…としらを切った場合は?という質問コメントを頂き加筆します。
糸には…
ハイデマン博士の血液が付着している。
染色して溶けない糸に見せかけている。
メイフィールド医師がコロンボのポケットに糸を放り入れた…ことは認めなくても、糸の存在が決定的証拠となりそうです。だからメイフィールドは、溶ける糸を処分したかった。その一時的な隠し場所が、コロンボのポケットというわけです。もしハイデマン博士が溶ける糸の影響で死亡すれば検死解剖により、メイフィールド医師が殺害目的に使用したことはバレてしまいます。リスク覚悟で溶ける前に体内から取り出そうと決めたわけです。
 
監督:ハイ・アヴァーバック
脚本:シリル・ヘンドリックス
バリー・メイフィールド医師:レナード・ニモイ
シャロン・マーチン看護婦:アン・フランシス
ハイデマン博士:ウィル・ギア
マーシャ・ダルトン:ニタ・タルボット
ハリー・アレキザンダー:ジャレッド・マーティン
 
加筆:2020年7月4日(5年ぶりの加筆)

“15話「溶ける糸」” への89件の返信

  1. 再手術で糸はあんな風に取り出しませんね
    ズタズタにカットします
    だいたい周りで皆が監視している奴らの目は
    節穴ですかね
    作品としては最低の部類ですね

    1. とにかく、メイフィールドの右の頬の傷跡と
      シャロンのホクロが対照的な印象でした・・・

      コロンボ刑事・・早食い過ぎるし(笑)

    2. まず頭脳明晰な医師が縫合糸を手術現場に落とすかなと疑問に思いました。あとメイフィールドを疑ってるシャロンがメイフィールドの気配が感じるところで電話するのも無用心過ぎる。これだけ本人に疑惑をぶつければ、命を狙われると用心すべきだったよ。何度も見てるので良い作品ですが、細かいことが気になって来ました。

  2. いろいろ突っ込み所がありましたが、私は一番邦題が良くないと思います。これでは、コロンボが突き止める前に、我々が犯人の秘密を知ってしまいますので。

  3. 初めてコメントします。
    この「溶ける糸」は指折りに好きなエピソード(他は「祝砲の挽歌」や「殺しの序曲」がお気に入りです)なので、今週のBS放送を楽しみにしてました。
    シャロンはなぜメイフィールドを嫌っていたか、明確な理由は語られてませんでしたが、今回見ていて「こりゃ生理的に嫌いになりそう」って尊大さを感じました。
    コロンボもその利己的な(あれはサイコパスですよね……)殺人鬼ぶりだけでなく、あの尊大さへの嫌悪感から、あの珍しい激怒ぶりに繋がったんでしょうね。(何割かは、ハイデマン先生の体内から溶ける糸を取り出させるよう誘導した節もありますが)

      1. ホントに。
         パーティーを開くようなビヘビアは感じられません。
         この回は病院内の絵ばかりなので、カラフルにするために差し込まれたシーンだと分析します。

  4. すごく良かったです!人気作品なのが判ります。
    実はもう毎週水曜日が待ち遠しくなりました。ちょっと前までコロンボの捜査スタイルが気に入らなかったのですが、ここのところというか漸くコロンボの良さが判るようになりました。それから正義を貫き独自の方法で真実を突き止めて行く為のこのスタイルなんだと納得しました。
    私はドラマ版のポアロが好きでして、彼独自の人との対応の仕方があって、容疑者周辺にいる人達の本音や心の奥底を引き出すのが彼は上手いんですね。
    コロンボもポアロとは性格や引き出し方は違うけど、同じように周辺から証言をとりながら犯人を追い詰め、直接言葉や行動で犯人と相対する姿勢に痺れました!

      1. 返信ありがとうございます。
        ポアロも初めは好きじゃありませんでした。
        やや自信過剰ですしね、コロンボの方が人間臭さを感じますが、ちょっとコートや髪の臭いが気になります(笑)

          1. ドラマと原作とが違う作品もありますから、どうか嫌いにならないでください。1930年代のイギリスを見るのも楽しみ方の一つです。映画版のピーター・ユスチノフのでかいポアロもいいですよ。もちろんアルバート・フィニーも。

  5. メイフィールド先生、咄嗟にコロンボのポケットに糸を隠すって、スリ名人級のテクニック!
    その前に髪の毛に手をやると、髪全体がズレたような気が!?
     
    マーシャさんは凄く良い人
    でも絶対、男で身を持ち崩すか、オレオレ詐欺に引っかかってそう(笑)

      1. マーシャとコロンボの会話で、くしゃみが止まらないコロンボに「水を何回かに分けて飲めば止まる」と言って、実際に止まるというシーンがありますが、あの対処法は、私の経験上ではくしゃみではなく「しゃっくり」だったので、見ていて若干の違和感がありました。若いころ、しゃっくりが止まらない時に、母親か誰かに「水をゆっくり飲めば止まるよ」と言われ、実際に止まった経験があるからで、それ以降も実践していました。
        米国ではあれは常識なんでしょうか。

  6. 印象に残っているのは
    警部が寝不足のため『コーヒーないかな?』っと言うセリフと
    代わりにオレンジジュースを飲むシーンです。
    凶器のバールで茹でタマゴを割るシーンも印象に残ってます。
    しかし、昔は病院内、病室でも火のついた葉巻を持っていれたのですね。
    今ではホントに考えられないですね。
    メイフィールド医師はすごい凶悪犯なのですが、ニモイさんがクールに演じているので、そう感じさせないです。

  7. この作品私が言うことはいつも同じですが、重要なのは「コロンボ」vs.「スポック」であること、それこそがロマン!なのであり他のリアリティはどうでもいいのです!!(また強弁してしまったw)。
    とはいっても、この新型コロナウイルス禍の世相で白亜の巨塔の腐敗劇を観るというのもまた違いますねえ。
    マーシャとメイフィールドの会話「ベトナム帰還兵か!」これも時代ですね。ベトナム帰り、というと心身とも傷つき当時のアメリカの影の部分を象徴し映画やドラマで種々描かれている。だからハリーの容疑は死んでも死ななくてもヤク使用の証拠がでれば一発だと踏んだんでしょうね。

    1. 本文にも書いていますが、以前は「スポック感」が強烈でした。でも最近は「メイフィールド=ニモイ」みたいに感じられています。

      1. 私はスポックの笑った顔を見たことがありません
        彼が、本当にドクターなら、、私は病院から脱走
        しちゃいます(笑)

        1. ネットの方へまた参加させていただます、よろしくお願いいたします。
          溶ける糸。忘れている部分もあってNHKの放送を新鮮な気持ちで観ましたが、優れた外科医でありながら平然と殺人を犯す主人公の冷酷さがあらためて強烈な印象でした。
          吹き替えが久松氏だったら最高でしたが、その点は脳内で変換して楽しみました。

          なお、スタートレックのMr.スポックについては、(スタートレックの中で)笑っているシーンですぐ思いつくのは「タイムマシンの危機」というエピソードです。
          詳しくは触れませんが、バルカン人も恋をすることがあるのです。ラストの別れが大変切なくて好きなエピソードの一つです。
          上記の件、当方の勘違いのコメントでしたらご容赦願います。

    2. 「コロンボ」vs.「スポック」でもあるのですが、「コロンボ」vs.「七人の刑事」でもあります。あの時代の視聴者にとって、メイフィールド医師の吹き替えを担当した天田俊明と言えば、やはり「七人の刑事」でしょう。

  8. 意外な結末でした。手術室に乗り込んだ時点で万事解決と思いきや、続きがありましたね。私は観始めたとき、黒い糸とメイフィールド氏の違和感バリバリの頭が事件に関係するとにらんでたんです。手術室内で証拠が見つからなかった後、メイフィールド氏が髪の毛に触れたことでそれを確信しました。最後、コロンボが一回部屋を出た時にメイフィールド氏が再度、頭に手をやったとき、カツラを外して黒い糸を出すのか?そんな終わり方が許されるのか?と思いハラハラして観ていましたが、大ドンデン返しでした。まさか、体から取り出した直後に、糸があの状態は違和感がありましたが。それにしても2回目のゆで卵割りは最高に笑えました。

    1. ポケットから取り出された糸こそ手術で使われた糸なのに、ポケットから取り出された糸が手術で使われた糸には見えないのが、残念でした。

  9. 15話「溶ける糸」の脇役 ニタ・タルボットさんについて
    この人、同時期のアメリカのテレビドラマ「事件記者コルチャック」にも1エピソードだけ登場していますね。
    コルチャックシリーズは、主人公のカール・コルチャックに絡んだ女性は、同僚の二人を除けば、結構劇中で死んじゃう気がするんですが、タルボットさん扮するポーラ・グリフィン嬢は結構最後の方まで出ていますし、最後も死んでいません。
    それよりも、キャラがこの話のダルトン看護師さんと、ほぼ同じで、とにかく喋る、っていう感じが興味深いです。

    1. 女優ニタ・タルボット、演じるマーシャ・ダルトンのキャラクター、日本語版の吹き替え声優。どれも、とても可愛いです!

  10. 結末で「絶対と思ったんですがねぇ。だって辻褄は合うでしょ。。」と言って自分の着ていた白衣(?)を脱ぎ捨てて一旦部屋の外に出て、数秒後にまた戻ってきて割烹着のポケットに入っている糸を示す。
    ここがどうにも納得いかないんだなぁ。既に糸の隠し場所に気づいていたら、一旦外に出る必要もないし、自分以外の証人にも見えるところで糸を取り出し提示するべきだし。一旦部屋の外に出てから思いついたんなら本当に白衣のポケットに入っているかどうかは大きな賭けだからあれほどの自信を持って「あなたは絶対捜索されないところに糸を隠した。それはここだ、私のポケット」とは言えないはず。
    あたしにとっちゃ最も違和感の大きい作品でしたね。

    1. 確かに。
      少し時間が経って、コロンボが戻ってくる。その方が、良いのだけれど、それは、まぁ、放送時間の関係で、スピーディに展開します。ただ、当時リアルタイムで見ていた少年ぼろんこにとっては、そのスピーディさが爽快でもありました。

    2. 手術室はくまなく探したけど糸は見つからない。
      コロンボが説明したように、なぜかハイデマンは、あのときだけコロンボを小突いた。そこで確信したのでしょう。それを手術着を脱いで部屋を出た瞬間に気付いた。
      それに、あの場にはコロンボとハイデマンしかいないのだから、自信満々に振る舞ってもいいような気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.