15話「溶ける糸」

A Stitch in Crime
1973[第7シーズン 15話]

ご存知、スタートレックのMr.スポックの登場

心臓外科医のバリー・メイフィールド(レナード・ニモイ)が看護婦で手術助手のシャロンを殺害。私にとっては‥かの有名な「Mr.スポック」の登場ということで、全コロンボ作品の中で最も記憶に深く刻まれた作品でした。

日本語吹替版

吹き替えがテレビてお馴染みのMr.スポックの声(久松保夫さん)だったらな~って、欲もありますが。

コロンボシリーズ中「最悪の人物」

私の印象としては「動機不十分」です。がしかし、それを上回るメイフィールドの悪人像は強烈です。自分を信頼してくれている恩師ハイデマン博士を殺害しようと計画。しかし、そのトリックを手術助手のシャロンに見抜かれそうになると一転、シャロンを殺害。この殺害が予期せぬ行動となり、コロンボ警部に矛盾を次々に暴かれてゆきます。そして、そのシャロン殺害をハリー・アレキザンダーなる元麻薬常習者の犯行に見せかけるため、アレキザンダーを殺害するという、凄まじい殺人鬼ぶりです。

「非論理的」って台詞すら出なかったが…冷静沈着なMr.スポック。

その犯行がすべて「沈着冷静で論理的?」に淡々と行われます。スタートレックでのMr.スポックとイメージがダブって、より一層ストーリーを引き締めていますね。しかしその冷静さが、コロンボ警部の目に止まり容疑者と特定され、しかも未遂に終わるハイデマン博士殺害計画の証拠を、博士の体内より引き出させてしまうという…コロンボファンにとっては美味しすぎる展開。そしてラストシーンも、この作品に相応しく「完璧に楽しめる」ものだったと言えるでしょう。

コロンボと犯人の対決を堪能できる作品

この「溶ける糸」では犯人の冷酷な連続殺人に対し、コロンボ警部が心からの怒りをぶちまけ「対決」宣言し、ラストシーンを向かえます。「コロンボ警部」対「頭脳明晰な犯人」という刑事コロンボシリーズの最大の醍醐味が最も良く表現された作品の一つです。この雰囲気(犯行後にも裏付け工作などをする…etc.)を持った作品としては、16話「断たれた音」も大好きです。
その反面、6話「二枚のドガの絵」20話「野望の果て」26話「権力の墓穴」などは、犯人が「少し間抜けで滑稽に感じる」「よせば良いのに…自分から罠にハマって来る」もので、別の意味で楽しめる作品です。

アン・フランシスが好演

殺害された手術助手のシャロン・マーチン役はアン・フランシスで8話「死の方程式」の秘書ビショップ役と同一人物。口元のほくろが印象的なセクシー女優(?)ですが、今回は真面目な人柄の役を演じています。

ゆで卵が大好きなコロンボ警部

余談ですが、このお話の中でコロンボ警部が持参のゆで卵を殺人に使われた凶器で割って食べるシーンは人気が高いと聞きます。実はこれはこの朝「2個目のゆで卵」で、1個目は車のボンネット付近で割って食べています。その後のシーンでメイフィールド医師から「胃薬」をもらいますが、おそらくゆで卵の食べ過ぎが原因ではないでしょうか?

ニタ・タルボットも可愛い

看護師シャロンの友人「マーシャ・ダルトン(演:ニタ・タルボット)」が可愛かったです。コロンボ警部やメイフィールド医師とのやりとりは、微笑を誘いますね。

決め手となった溶ける糸

メイフィールドが「コロンボのポケットで見つかった溶ける糸」に見覚えが無い…としらを切った場合は?という質問コメントを頂き加筆します。
糸には…
ハイデマン博士の血液が付着している。
染色して溶けない糸に見せかけている。
メイフィールド医師がコロンボのポケットに糸を放り入れた…ことは認めなくても、糸の存在が決定的証拠となりそうです。だからメイフィールドは、溶ける糸を処分したかった。その一時的な隠し場所が、コロンボのポケットというわけです。もしハイデマン博士が溶ける糸の影響で死亡すれば検死解剖により、メイフィールド医師が殺害目的に使用したことはバレてしまいます。リスク覚悟で溶ける前に体内から取り出そうと決めたわけです。
 
監督:ハイ・アヴァーバック
脚本:シリル・ヘンドリックス
バリー・メイフィールド医師:レナード・ニモイ
シャロン・マーチン看護婦:アン・フランシス
ハイデマン博士:ウィル・ギア
マーシャ・ダルトン:ニタ・タルボット
ハリー・アレキザンダー:ジャレッド・マーティン
 
加筆:2015年3月7日 

“15話「溶ける糸」” への48件の返信

  1. 結末で「絶対と思ったんですがねぇ。だって辻褄は合うでしょ。。」と言って自分の着ていた白衣(?)を脱ぎ捨てて一旦部屋の外に出て、数秒後にまた戻ってきて割烹着のポケットに入っている糸を示す。
    ここがどうにも納得いかないんだなぁ。既に糸の隠し場所に気づいていたら、一旦外に出る必要もないし、自分以外の証人にも見えるところで糸を取り出し提示するべきだし。一旦部屋の外に出てから思いついたんなら本当に白衣のポケットに入っているかどうかは大きな賭けだからあれほどの自信を持って「あなたは絶対捜索されないところに糸を隠した。それはここだ、私のポケット」とは言えないはず。
    あたしにとっちゃ最も違和感の大きい作品でしたね。

  2. ぼろんこさんの解説、わかりやすくて面白いです。
    本日久々にCSで観ました。元医療従事者の私としては刑事コロンボの中で1番の極悪人だと思いました。

  3. この話のオチの部分、犯人が溶ける糸をコロンボの白衣に隠したのを見つかったと理解していますが、それでいいのでしょう?
    そうであれば、それはハイデマン博士の体内にあった糸という事になります。
    であれば糸の影響で心臓の弁が作動しないという事になっているのであるわけで、糸は溶けかかってなければならない。
    それが白衣にあったのは溶けかかってはおらず乾燥してしっかりしたように見える糸でした。あれだったら証拠にならないのではと思いました。どうなんでしょうか。

  4. まあしかし、メイフィールド先生のワルさはエグいですね。1ミリも同情や哀れみを持てない、この犯人像にゾッとしました

  5. コロンボの犯人は社会的地位が高く金持ちばかりで逮捕後もきっと有能な弁護士をつけて裁判に挑むことでしょう。けど彼ほどの名刑事なら署内において絶大な信頼を得ていた筈ですよね。
    ならばこいつが犯人と目星をつけ報告を受けた時点で、色々と地固めするはず。ロス警察ほどの大組織がたった1人の容疑者に絞って「こいつで間違いないんだ」と調べたら、他にも必ずボロがいっぱい見つかるに違いない!
    逮捕に至った段階ではコロンボが強引すぎたり、引っかけて、などあるにせよ裁判が行われる頃には山ほど証拠が揃い、陪審員もクロと判断せざるを得ないところまで追い詰めていると思います。

  6. 確かにメイフィールド殺人未遂は動かぬ証拠が出てきました。
    ですが、シャロンとハリーの方は決定打に欠けたままです。モヤモヤが残ります。

  7. ひまぞうさん、あのシーンでのコロンボのセリフは単刀直入でした。
    I believe you killed Sharon Martin. And I believe you’re trying to kill Dr. Hiedeman.

    1. New England Mooseさん、英語のコメントは私の承認が必要なようで、なんども投稿していただき、申し訳ありませんでした。(外国からのいたずら投稿対策です)

  8. ひまぞうさん、あそこは単刀直入に
    I believe you killed Sharon Martin. And I believe you’re trying to kill Dr. Hiedeman.
    と言っています。

  9. ひまぞうさん

    副音声は次の通りです。
    I believe you killed Sharon and I believe you try to kill Dr. Heideman.
    .
     

  10. 土曜日のBSを録画で見ました。
    溶ける糸 のエピソード好きなんですよね。
    コロンボが「あたしゃねぇ!アンタが犯人だと思っている!」の激怒してのセリフのシーン
    ここが一番の見所だと思っています。副音声が無いようなので元のセリフが
    わからないのですが、なんて言ってるんでしょうか。気になります。

    あと別のエピソードでもコロンボの激怒のシーンがあったように思うんですが・・・
    思い出せません。

    1. 気になって調べたところ”自縄の紐”ではないかと。「あんたしかいないんだ!」と犯人を怒鳴りつけたのが印象に残ってました。

  11. 追記。ヒトや愛犬の予防注射すら目をそむける大の病院嫌いのコロンボが、メイフィールドの手術にはみじろぎもせず直視していたのは、プロ根性でした。

たけ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.