イギリス旅行記|リバプール編

ビートルズに会えた

Meet The Beatles

ヘッド埠頭のビートルズ像

ヘッド埠頭のビートルズ像

ホテルがウォーターフロント周辺にあったため、2日目の朝はさっそくヘッド埠頭に赴いた。この銅像は1963年にここで撮影された写真をもとに作られたそう。等身大よりもかなり大きく、本物のビートルズより少し太めの印象があるが、表情などはとてもよく特徴をとらえている。今やビートルズはまさしくリバプールの顔だなって感じがしました。

ヘッド埠頭のビートルズ像ヘッド埠頭のビートルズ像

マシュー・ストリート

マシュー・ストリートは狭くて短い路地。若き日のビートルズは、この通りにあるライブハウスに出演するため、頻繁にこの場所に出入りしていました。だから僕も3日間の滞在で延5回くらい来ちゃいました。嬉しかったことに数人の外国人から「あなた!ジョンみたい。」と声掛けてもらったことです。一緒に写真を写したこともありました。いつかこのページを見つけてくれないかな(笑)

マシュー・ストリートマシュー・ストリート

サージェント・ペパーズ

周辺にはキャバーンクラブなどのライブスポット、ビートルズグッズのショップ、ハードデイズナイトホテルなどが建ち並びます。写真は「サージェント・ペパーズ」という生演奏が聴けるお店です。オアシスの曲が多く演奏されていました。

マジカル・ミステリー・ツアー

リバプール市内のビートルズ観光地を、バスに乗って2時間あまりで周遊するツアーです。夢旅行で利用したバスは、残念ながら写真のようなペインティングではありませんでした。写真は翌日に出会ったものです。

マジカル・ミステリー・ツアー

マジカル・ミステリー・ツアーマジカル・ミステリー・ツアー

アルバート・ドックにチケット売り場と集合知があり主に、★ポールの家 ★ジョージの家 ☆ジョンの家 ★ストロベリー・フィールズ ★ペニーレーン ☆セントピーターズ教会 などを巡ります(★下車)。座席は満席、日本人は夢旅行の仲間3名のみ、ガイドはすべて英語で僕には10%くらいしか理解できませんでした。それでも十分楽しめますよ。

プロローグ
プロローグ

長い旅だぜ
長い旅だぜ

ビートルズ
ビートルズ

リバプール
リバプール

ハドデホテル
ハドデホテル

ペニーレーン
ペニーレーン

少年たちの家
少年たちの家

出会いの場所
出会いの場所

キャバーン
キャバーン

花のロンドン
花のロンドン

横断歩道
横断歩道

ビルの屋上
ビルの屋上

庭と温室
庭と温室

小さな教会
小さな教会

ウインブルドン
ウインブルドン

エピローグ
エピローグ