あたりまえをありがたいと思う日

飯舘村Tシャツ
クライアント「セブンユニフォーム」さまの依頼で福島県飯舘村に寄贈された「あたりまえをありがたいと思う日3・11」のTシャツをデザインしました。九州に住みながらこのような機会を頂けたことは幸せなことでした。
 
企画資料を拝見しデザインのご希望をお伺いして、すぐにこのような図案が頭に浮かびました。不規則に並んだ文字が糸で縫われて繋がっている。ただそれだけで、私が福島県飯舘村に寄せたい想いが表現できました。セブンユニフォームのご担当者にもそれは伝わり、たいへん喜んで頂きました。飯舘村の方々には直接お会いできませんでしたが、デザインは気に入ってもらえたようです。
 
あたりまえをありがたいと思う日
 
以下はネットニュースより抜粋し私がリライトしました…飯舘村は当たり前の日常への感謝を忘れないように、東日本大震災が発生した3月11日を「あたりまえをありがたいと思う日」と定めました。ラオスに学校を建てたご縁があるセブンユニフォーム・本島得二社長は、このスローガンをビジュアル化したTシャツ230枚を菅野典雄・飯舘村村長に寄贈しました。村長は「着心地が良い。きょう新たな物語が生まれた」とお喜びになったそうです。
 
★関連記事(メディア掲載されました)
福島民友ニュース minyu-net.com
福島民報 minpo.jp