葉隠(はがくれ)

「葉隠」(はがくれ)は、江戸時代中期(1716年ごろ)に出された肥前国鍋島藩藩士、山本常朝(つねとも・出家後じょうちょう)の武士としての心得について見解を「武士道」という用語で説明した言葉を田代陣基(つらもと)が筆録した。
 
「恋の至極は忍ぶ恋と見立て候」
「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」
 

  • 全11巻。葉可久礼とも書く。
  • 同時代に著された大道寺友山『武道初心集』とも共通するところが多い
  • 鍋島藩祖である鍋島直茂を武士の理想像として提示している
  • 処世術のマニュアル本としての一面もある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です