伊藤若冲

伊藤若冲は江戸時代中期の日本画家で、細密画法で知られます。
特に「動植綵絵」が好きですね。
ごちゃっとした中に、絶妙のバランス、リズム、パワーを感じます。
 
デザインを志すのなら、西洋画より、
日本画を勉強すべきだと、かねてより思っています。
北斎、広重、光琳、写楽、そして若冲などなど。
世界に類を見ない「グラフィックデザイナーの祖」の
技から学ぶことができます。
 
伊藤若冲は、絵を描くこと以外、
ほとんどの欲望や煩悩を打ち消して生きていたそうです。
若冲の作品は、そうでなければ描けない…
と感心させられるものばかり。
一歩でも良いから彼に近づきたいと思うのです。