言志四録(げんししろく)

佐藤一斎(さとういっさい)
美濃国岩村藩出身の著名な儒学者。
(1772-1859)
 
言志四録(げんししろく)は四十余年にわたり記した随想録。西郷隆盛の終生の愛読書。人間の生き方、豊かな人生を送るための心構え、政治法律、学問修養、倫理道徳など、まさに多種多様。
 
▼三学戒

少(わか)くして学べば、則(すなわ)ち壮にして為(な)すことあり
壮にして学べば、則ち老いて衰えず
老いて学べば、則ち死して朽ちず
 
幼い頃から勉強しておけば、
大人になって良い仕事ができる。
大人になってから更に学べば、
老人になっても力は衰えない。
老年になってまだ学べば、
自分の死後も次の人々に引き継がれていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です