利用される?活用される?

言葉のお勉強。
「利用」と「活用」の違いは何でしょう?
 
学術的な答えは自分で探してください。(笑)ここでは、あくまでも僕の持論として話を進めます。「利」とは即ち利益。利用=何かを用いて利益を得ること。「活」とは活かすこと。活用=何かを用いてそれを活かすこと。言葉の響きとして、「利用する・される」は非常にイメージが悪い。逆に「活用する・される」は、イメージが悪くない。
 
僕は永年この「利用される」という言葉について考え続けてきました。僕は仕事が忙しくほとんど休めません。デザインの勉強、最新IT技術の勉強‥。様々な技術や知識を蓄え、持ち前のデザインセンスにも磨きをかけてきました。
 
それで毎回、最高の仕事ができるよう、お客様に喜んで頂けるよう、一心不乱に働いてきました。でも、ここ数年で、それらの仕事に無償という価値判断をされたり、仕事として着陸出来なくなったり…。そんなことが起きはじめたのです。
 
同じような苦しみを味わっている、若いクリーエーターも多いのでは?(笑)
 
また、こうしたスキルを持つが故、周囲から頼られて、ますます休めなくなる。メールアドレスをPCに設置するなどという、全くクリエイティブと無縁な分野で時間を失うことも多くあります。
 
僕はその高いスキルを「利用されている」と感じるようになりました。悲しい考えですが人間の心とは弱いものです。しかし最近気付いたことがあるのです。僕は「利用されている」のではなく「活用されている」と考え直したら、どうなのか?
 
目の前の霧が…さ〜〜〜っと、晴れてゆく気持ちです。そうか僕は、培ったその技術を世の中に活かしてもらっているのだと。
 
最後に武田鉄矢さん「母に捧げるバラード」の一説を引用します。これはまだ「利用されている」感覚に苦しんでいた頃、自分を戒めるためにつぶやいたものです。でも今は、もう少し大人の階段を上れた気分ですね(笑)
 
「人間働いて、働いて、働き抜いて、もう遊びたいとか、休みたいとか思うたら、一度でも思うたら、はよ死ね。それが人間ぞ。それが男ぞ。おまえも故郷をすてて都へ出てゆく限りは、帰ってくるときは輝く日本の星となって帰ってこい。」
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です