64話「死を呼ぶジグソー」

Undercover
1994

「初夜に消えた花嫁」と同様です。インターネットでこの「死を呼ぶジグソー」と「初夜に消えた花嫁」の情報を探してみますと、やはり諸事情により、自分が理想とする刑事コロンボ路線の作品が作りにくい状況だったようですね。また、この作が好きだとおっしゃる方も意外と多くいらっしゃるようです。
▼追記予定(BS2での再放送を見た後に書こうと思います)
2011年1月にもう一度見直しました。「初夜に消えた花嫁」は相変わらず理解不能でしたが、この64話「死を呼ぶジグソー」はピーター・フォークが、俳優ピーター・フォーク=コロンボという、世界中に知られた固定イメージがある中で、俳優としてこんなこともやりたかったという願望を一気に披露した作品だと感じました。(あくまでも私感です)
イタリア系であることを強調しています。が、フォーク自身はイタリア系ではありません。しかしイタリアン・マフィアの格好良さに憧れている風の表現がありました。他の作品にも出てきます。また、少しアクション映画めいた暴力シーンも含まれます。そして「お金のために生きているのではない」という哲学も。新・刑事コロンボシリーズと、旧作の大きな違いは新しくなるにつれ「フォークがコロンボを私物化」するようになってきた…ことも大きいです。

シェラ・デニス

おぉ、ここにもシェラ・デニスが出てきましたね。忘れていました。シェラ・デニスはピーター・フォークの奥様として有名な女優さんですが、50話「殺意のキャンバス」58話「影なき殺人者」64話「死を呼ぶジグソー」66話「殺意の斬れ味」と、新シリーズだけでも4回出演しています。

シェラ・デニス

原作:エド・マクベイン
監督:ヴィンセント・マクヴィティ
アーヴィング・クラッチ:エド・ベグリー・ジュニア
モー・ワインバーグ:バート・ヤング
ブラウン刑事:ハリソン・ペイジ
ジェラルディン・ファーガソン:シェラ・デニス
ドロシア・マクナリー:タイン・デイリー
加筆:2017年12月23日

“64話「死を呼ぶジグソー」” への12件の返信

  1. けんさん、コメントはお読みしていましたが、お返事が遅くなりました。私の好きなベスト10、ありがとうございます。人気投票に加えます。

  2. この作品、数回観たのですが…いつも途中で挫折してしまいます。なぜか?多分、わからなくなってしまうのかと。トレモニさんが整理されていますので、参考に再度挑戦してみようかと思います。あと、コロンボ警部の出で立ちが馴染めずにいます。私的にはいつものコートに艶のない靴でなければ魅力が半減してしまう感がありました。アロハシャツや手術着は素敵でしたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.