35話「闘牛士の栄光」

A Matter of Honor
1975[第6シーズン 35話]

メキシコの元闘牛士である英雄ルイス・モントーヤが、自分の経営する牧場の長年の相棒エクトールを殺害。

海外ロケ作品

海外ロケ「メキシコ旅行」で展開され、29話「歌声の消えた海」の続編のような位置づけの作品。モントーヤがエクトールを殺害するシーンと、コロンボ警部が登場する交通事故シーンをうまく関連づけています。このシーンでは、メキシコという土地で、全く言葉が通じないシチュエーションをとても楽しく描いていました。

英雄ルイス・モントーヤ

ルイス・モントーヤ役のリカルド・モンタルバンは風格たっぷりで良かったですね。モントーヤが足に大けがをし、闘牛士を引退したいきさつを話すシーンでは、彼の顔が徐々にクローズアップされ、かつての栄光をいかに誇らしく思っているかが伝わってきます。

ただ、解決編では「メキシコの英雄的闘牛士の心情が理解できなければ納得できない」オチだったですね。コロンボ作品中では「かなりきれいな殺害動機」と言えるかも知れませんが、私のようなコロンボファンには、すこし物足りなかったです。

リカルド・モンタルバン

リカルド・モンタルバンは、映画「猿の惑星」シリーズでサーカスの団長「アーマンド」を演じています。また、テレビドラマ「宇宙大作戦」・映画「スタートレックII カーンの逆襲」でカーンを演じています。

雰囲気重視でも、スッキリしないラスト

ラストシーンも、決定的な証拠を突きつける、または犯人に「自分が犯人と認めざるを得ない」言動に誘導するというタイプではなく、スッキリしたものではありません。しかも、解決後の「解説」シーンが、いかにもそれらしくて残念でした。それでも、この感覚(誇りを大切にする)は名作の呼び声高き19話「別れのワイン」に通じるかもしれません。

牧童ミゲル が可愛い

本筋ではない話題に触れますと、牧場で働くミゲル「エミリオ・フェルナンデス」は、とても可愛いかったです。茶目っ気たっぷりで、笑顔が素敵な俳優さんでしたね。

メキシコ人の国民性をかいま見る

また捜査に同行した地元警察のサンチェス警部や農場監督のデルガドとの会話で「仕事に頑張りすぎるヤツは間抜けだ」という主旨の会話があり、とても興味深いものでした。日本人なんか、ほぼ国民全員が「間抜け」呼ばわりされると確信します。

監督:テッド・ポスト
脚本:ブラッド・ラドニッツ
ルイス・モントーヤ:リカルド・モンタルバン
サンチェス警部:ペドロ・アルメンダリス・ジュニア
ミゲル:エミリオ・フェルナンデス

加筆:2017年12月22日

“35話「闘牛士の栄光」” への27件の返信

  1. 先ほどまでBSで「奪われた旋律」を観ていてふとコメントしたくなり、始めての書き込みです。「奪われた旋律」とは全く関係ありませんが、この「闘牛士の栄光」でコロンボの手帳ケースがクローズアップされてファーストネームが「フランク」と確認できるとの情報がありますが事実でしょうか? ご存知の方はおられますでしょうか?
    コロンボにはいくつかの謎があり、コロンボの名前、家族構成、飼い犬の名前などうんちくとして知りたいと思います。

  2. 昔はきっちりアリバイを解いていくエピソードが好きでしたが、年を取ってからは本作のようなエピソードが好きになりましたね。
    今日BS-TSBで闘牛士の栄光とルーサン警部の犯罪を続けてやってるんですが、トレッキーとしてはカーン役のリカルド・モンタルバンとカーク船長役のウィリアム・シャトナーが続けてゲスト出演だったのがなんだか嬉しかったですw

  3. 殺害動機を最後まで隠すというギミックが実に効果的です。いつもと毛色はだいぶ違いますが、これはこれでありな快作といえるのではないでしょうか。
    新シリーズになるとひねりが強すぎて本来のシリーズの面白さを侵食してしまっていると評される作品が多いようですが、その点、旧シリーズはそのさじ加減が絶妙だと思います。
    サンチェス警部やミゲルといった人々の存在も楽しく、大好きなエピソードです。

  4. こんばんは。
    とても良いドラマでした。
    誇り高き闘牛士モントーヤが、牛を前に立ち竦む無様な姿を、エクトールただ一人に見られたため、彼を殺害した。
    しかし再び立ち竦むところを、今度は大勢の人間に見られたため、モントーヤの心に、すべて終わったという感情が湧き上がったのだと思う。
    私はその寂しさをドーンと受け止めました。
    最後にコロンボに向かって数回うなずくところは、コロンボに対する敬意と「負けたよ」という気持ちでしょうか。
    もはや、証拠が弱いとか些細なことをやり取りして、醜い姿を重ねる気はないでしょう。元英雄ですから。
    おまけですが牛のマリネロ君、攻撃の前に、左足、右足と、地面を後ろに蹴って威嚇のポーズしちゃって、なかなかの役者でした。

  5. 現在BS-TBSで再放送されており、40年ぶり(笑)に見ております。
    こちらのサイト、丁寧に解説されており、恐れ入るばかりです。
    このエピソード、確かに決定的な証拠がありません。
    以下私見ですが、コロンボの場合、
    1.最後のクライマックスでようやく発見した決定的な証拠を提示するパターン
    2.カマをかけて犯人にボロを出させるパターン
    3.“殺人を犯してまでも隠したい真実=動機”を解明するパターン
    に大別されると思います。
    「闘牛士の栄光」は最後のパターンで、動機が明らかにされることにより、(表現が適切ではないかもしれませんが)隠蔽のために行なった殺人行為に意味が無くなってしまう訳です。
    これに限らず、コロンボの場合、犯人は名士が多いため、完全に証拠が揃わなくても観念するケースが多いですよね。
    当時小学校高学年だった私、派手な展開やラストのキレ味ばかりに気を取られていましたが、50歳を過ぎた今見直すと、最初にコロンボが『おやっ?』と思うシーンや、地道に矛盾点を追っていく姿に惹かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.