51話「だまされたコロンボ」

Columbo Cries Wolf / 1989

邦題「だまされたコロンボ」は、てんでイケません

「だまされたコロンボ」という邦題が残念。原題は「Columbo Cries Wolf」で「狼少年コロンボ」といったところ。これでも残念。「コロンボ」がタイトルになるようではね~、困ったものです。

バチェラーズ・ワールド

有名雑誌「バチェラーズ・ワールド」の共同経営者が仕組んだが失踪劇が実は狂言で、コロンボが騙されてしまいます。前半で容疑者となるスターカメラマン「ショーン・ブラントリー」は自身満々で憎らしい程ですが、実はもう一人の経営者ダイアン・ハンターに手玉に取られ、結局彼女を本当に殺してしまいます。

ダイアン・ハンターはディードル・ホール

共犯で被害者のダイアン役:ディードル・ホールは今回のテーマ「雑誌モデル業界」らしく美しい女性でした。この女優さん、23話「愛情の計算」のちょい役「研究所の受付嬢」役で出演しています。セリフも大写しもないのですが、なぜかクレジットされています。

イアン・ブキャナンは印象的

犯人ショーン・ブラントリー役のイアン・ブキャナン(声:中尾隆聖さんはテレビ版「あしのジョー2」のカーロス・リベラ)は小憎らしい役を好演しています。ゲストスターが微妙な存在の新シリーズの中では、かなり良い感じでした。

コスナー役:マーク・マーゴリス

運転手コスナー役のマーク・マーゴリスは、カッコ良かったです。この作品、新シリーズの中ではキャストが良かった気がしますね。

外見の美醜がクローズアップされた作品

モデル役のレベッカ・スターブも美しく描かれていました。グラビアモデルたちがコロンボ警部を、まるで汚いものを見るように見下していた様子も興味深いです。やはり外見に自信がある人間はそうでない人間を馬鹿にしているのでしょうね。

カメラマンという職業としては、イマイチ

私の感想では、このように外見の美しさをテーマにした作品はあまり好きではありません。今回は犯人がスチールカメラマンだったのですが、彼の職業そのものにはスポットは当たりませんでした。むしろ、モデル業界の華やかさが前面に出ていましたね。同じ成功者でも、その道の一流としての主人公の方が魅力は上回る気がしています。

懐かしい面々が登場する、豪華なキャスティング

クレーマー刑事が登場か!

記者会見の場面で、クレーマー刑事「ブルース・カービー」が出演しています。最後にお目にかかった37話「さらば提督」から早13年ですが、若々しいですね!ノンクレジットで、クレーマー刑事だとは断言できませんが、そう思っても良いでしょう。

大出世?いや、別人?

さらには、コロンボシリーズの名脇役として有名な「ジョン・フィネガン」がロス警察の本部長として登場。これは「ダフィ警部」のその後であるとは言い難いですが。(笑)

名前だけ再登場、こっちは本当に出世してた

13話「ロンドンの傘」で登場した、ロンドン警視庁の「ダーク刑事部長」が名前だけ再登場しています。部長から局長に出世してます!この作品を見て「ロンドンの傘」を見ていない人は少ないと思いますが、念のために説明しました。

旧作の焼き直し的な作品

後半の展開はスピーディで、ひょっとしたらこの後半だけでも十分作品ができたかも知れませんが、旧作の焼き直し的にも見えコロンボ作品中、最も長く感じるものの一つでした。成功者が保身のために人を殺すという、コロンボ作品の原点みたいな部分は好きです。

追記:BS Hiで「パイルD-3の壁」放送を見て

旧作の焼き直しと先述しました。9話の「パイルD-3の壁」がその作品です。パイルD-3の壁は数十年前にNHKの放送で見て、その後小説本まで読みました。パイルD-3の壁では、犯人マーカムの作戦に「引っかかった振りをした」コロンボ警部だったはずですが、そのずっと後の事件で「本当に引っかかっちゃう」のは不自然ですかね~。

哀愁を感じるエンディング

それでも、エンディングはカッコ良いですね。ピタっと決まった印象です。「GOTCHA」は「ガッチャ」と発音し「わかった!」みたいに使われる口語表現。一説によると「ガッチャマン」の語源でもあると言います。(他の説もあります)

監督:ダリル・デューク
脚本:ウィリアム・リード・ウッドフィールド
ショーン・ブラントリー:イアン・ブキャナン
ダイアン・ハンター:ディードル・ホール
クレーマー刑事:ブルース・カービー
本部長:ジョン・フィネガン

加筆:2020年7月26日加筆
 

“51話「だまされたコロンボ」” への30件の返信

  1. はじめまして。
    オープニングのキャストの名前が出てくるシーンで、「ALAN SCARFE」が表示されているカット。
    手前の水着美女たちに目が行ってしまいますが、左奥を見てみるとコロンボの姿が!
    恐らくは別シーンから切り取ったものを使いまわしたものと思われますが、小ネタ発見でした笑

    1. オープニングのコロンボ今、見つけました!笑
      初期のころのコロンボは水着姿の女性を見ると恥ずかしそうに眼をそらしていましたが、この時のコロンボはちょっと嬉しそうにチラ見してますねw

  2. 完全に騙されました。今までに無かったパターンでしたね。ストーリーとしては斬新だったと思います。
    また90年代初頭の雰囲気が良く出ていて、懐しかったです。当時最先端のポケットベルが、ラストで効果的に使われていました。イアン・ブキャナンの悪党ぶり、ニヤニヤ笑いも個性的でしたし、新シリーズの中では力作に入るのではないでしょうか。

    しかし、ハイレグ水着美女のオンパレードにはちょっと閉口しました。モデル達を十把一絡げに扱っていて、軽薄さだけが強調されてる感じがしました。
    新シリーズに入ってから、この手の派手な演出が多い…しかもそれが良い方向に働かず、逆効果になってしまってるように思えます。

    最後にイアン・ブキャナンについて。皆さんのコメントを見ると、田原俊彦、柳澤慎吾に似ている(笑)というご意見が出ていますね。私は、ジョン・トラボルタに似ているなぁと思って観ていました。(彼もゲストスターとして出演してもらいたかったです)

    1. シャツの第一ボタンまでしっかり留める、80年代着こなしですね。
      この着こなしの元祖は、矢沢永吉さんらしいという説が。
      ショーンの声、どかこで聞いたな?と思ってたら、カーロス・リベラでしたか。
      「あしたのジョー」史上最高の伊達男。
      後楽園球場での、あまりにも美しい殴り合い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.