15話「溶ける糸」

A Stitch in Crime
1973[第7シーズン 15話]

ご存知、スタートレックのMr.スポックの登場

心臓外科医のバリー・メイフィールド(レナード・ニモイ)が看護婦で手術助手のシャロンを殺害。私にとっては‥かの有名な「Mr.スポック」の登場ということで、全コロンボ作品の中で最も記憶に深く刻まれた作品でした。

日本語吹替版

吹き替えがテレビてお馴染みのMr.スポックの声(久松保夫さん)だったらな~って、欲もありますが。

コロンボシリーズ中「最悪の人物」

私の印象としては「動機不十分」です。がしかし、それを上回るメイフィールドの悪人像は強烈です。自分を信頼してくれている恩師ハイデマン博士を殺害しようと計画。しかし、そのトリックを手術助手のシャロンに見抜かれそうになると一転、シャロンを殺害。この殺害が予期せぬ行動となり、コロンボ警部に矛盾を次々に暴かれてゆきます。そして、そのシャロン殺害をハリー・アレキザンダーなる元麻薬常習者の犯行に見せかけるため、アレキザンダーを殺害するという、凄まじい殺人鬼ぶりです。

「非論理的」って台詞すら出なかったが…冷静沈着なMr.スポック。

その犯行がすべて「沈着冷静で論理的?」に淡々と行われます。スタートレックでのMr.スポックとイメージがダブって、より一層ストーリーを引き締めていますね。しかしその冷静さが、コロンボ警部の目に止まり容疑者と特定され、しかも未遂に終わるハイデマン博士殺害計画の証拠を、博士の体内より引き出させてしまうという…コロンボファンにとっては美味しすぎる展開。そしてラストシーンも、この作品に相応しく「完璧に楽しめる」ものだったと言えるでしょう。

コロンボと犯人の対決を堪能できる作品

この「溶ける糸」では犯人の冷酷な連続殺人に対し、コロンボ警部が心からの怒りをぶちまけ「対決」宣言し、ラストシーンを向かえます。「コロンボ警部」対「頭脳明晰な犯人」という刑事コロンボシリーズの最大の醍醐味が最も良く表現された作品の一つです。この雰囲気(犯行後にも裏付け工作などをする…etc.)を持った作品としては、16話「断たれた音」も大好きです。
その反面、6話「二枚のドガの絵」20話「野望の果て」26話「権力の墓穴」などは、犯人が「少し間抜けで滑稽に感じる」「よせば良いのに…自分から罠にハマって来る」もので、別の意味で楽しめる作品です。

アン・フランシスが好演

殺害された手術助手のシャロン・マーチン役はアン・フランシスで8話「死の方程式」の秘書ビショップ役と同一人物。口元のほくろが印象的なセクシー女優(?)ですが、今回は真面目な人柄の役を演じています。

ゆで卵が大好きなコロンボ警部

余談ですが、このお話の中でコロンボ警部が持参のゆで卵を殺人に使われた凶器で割って食べるシーンは人気が高いと聞きます。実はこれはこの朝「2個目のゆで卵」で、1個目は車のボンネット付近で割って食べています。その後のシーンでメイフィールド医師から「胃薬」をもらいますが、おそらくゆで卵の食べ過ぎが原因ではないでしょうか?

ニタ・タルボットも可愛い

看護師シャロンの友人「マーシャ・ダルトン(演:ニタ・タルボット)」が可愛かったです。コロンボ警部やメイフィールド医師とのやりとりは、微笑を誘いますね。

決め手となった溶ける糸

メイフィールドが「コロンボのポケットで見つかった溶ける糸」に見覚えが無い…としらを切った場合は?という質問コメントを頂き加筆します。
糸には…
ハイデマン博士の血液が付着している。
染色して溶けない糸に見せかけている。
メイフィールド医師がコロンボのポケットに糸を放り入れた…ことは認めなくても、糸の存在が決定的証拠となりそうです。だからメイフィールドは、溶ける糸を処分したかった。その一時的な隠し場所が、コロンボのポケットというわけです。もしハイデマン博士が溶ける糸の影響で死亡すれば検死解剖により、メイフィールド医師が殺害目的に使用したことはバレてしまいます。リスク覚悟で溶ける前に体内から取り出そうと決めたわけです。
 
監督:ハイ・アヴァーバック
脚本:シリル・ヘンドリックス
バリー・メイフィールド医師:レナード・ニモイ
シャロン・マーチン看護婦:アン・フランシス
ハイデマン博士:ウィル・ギア
マーシャ・ダルトン:ニタ・タルボット
ハリー・アレキザンダー:ジャレッド・マーティン
 
加筆:2015年3月7日 

“15話「溶ける糸」” への26件の返信

  1. 私もこのエピソードがコロンボの中でも1,2を争うくらい好きです。
    冷静沈着で計算高い人物である犯人が、結局最初の目的である犯行を
    達成出来ずに右往左往し、コロンボに追い詰められる姿は見ていて痛快でした。
    ただ、よくこのエピソードの解説で
    「冷静沈着な犯人に対して、コロンボが自分の感情を露わにする。」
    というような事が書かれていますが、私はコロンボが「怒り」を表現したのは演技だと思ってます。
    ハイデマン先生も認める頭脳明晰で普段は冷静沈着なコロンボが、
    敢えて感情的に怒ってる演技をすることによって、糸を取り出さざるえない状況に相手を追い込んでいく。
    だからこそ、最後コロンボは(既に自分の使った手である)
    「先生が感情的になる筈がない」という事に気が付けたのではないでしょうか。

  2. 二度目のコメントです。
    実は『溶ける糸』は推理ひとつひとつに傑出した要素は少なく、たとえばシャロンの死を知らせる電話を受けながらメイフィールドが時計の針を直していたこと、麻薬中毒者の犯行とするには部屋に指紋がないのが不自然なこと、ハリーは左利きなのに左腕に注射痕があったことなど、小粒なものが多いです。
    しかし、本作の美点は、特殊なドラマ展開にあります。糸のトリックを解明していく流れももちろんですが、ハイデマン博士を死なせるために犯行を重ねるというイレギュラーな構成、それに伴うメイフィールド医師の強烈な犯人像が本作を傑作に押し上げています。最後、糸を取り出したコロンボに対する表情がまた何とも言えません。弱いと書いた手がかりの数々も、ストーリーに密接に絡んでおり不満に感じさせません。

  3. BS-TBSでの再放送を見てからこのブログに巡り合い、以来楽しく拝読しています。
    メイフィールド医師の自宅でのパーティーシーンで、おやっと思ったことが…
    コロンボが到着する前、医師が招待客たちに挨拶しているシーンで、プールサイドに座った男性達が「…重要?人物の患者でね、残念ながら名前は言えないんだが、宇宙関係の工業?の大物なんだよ」と話しています。
    これって、レナード・ニモイに引っ掛けたセリフですよねぇ。
    原語で理解するほどの語学力がないので何とも言えませんが、アメリカのドラマだからありうるかな、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.