36話「魔術師の幻想」

Now You See Him / 1976

ジャック・キャシディ

大魔術師のサンティーニは、自分の隠された過去をネタに恐喝する魔術クラブのオーナーを殺害。サンティーニ役は、刑事コロンボの犯人役の巨匠「ジャック・キャシディ」が三度目の登場です。過去の作品、3話「構想の死角」、22話「第三の終章」と比べても、今回はもっとも良い味を出していたように思えました。

魔術王サンティーニ

ジャック・キャシディの手品の腕前がなかなかのモノです。場面がつなげてある箇所もありますし、仕掛けが見えそうになっているシーンも確かにありますが、それにしてもお見事。スターとしての風格が漂うサンティーニ。ユーモアもたっぷりで、ジャック・キャシディのハマり役だたっと言えます。

ボブ・ディシー

強力な脇役として、ウイルソン刑事「ボブ・ディシー」も再登場しました。11話「悪の温室」とほぼ同じテイストで、抜群の存在感でした。刑事役としてこのように、印象深く配置されることは稀で、やはり別格ということでしょう。

ウイルソン刑事に手柄を譲る?

この「魔術師の幻想」は、今回(2010年の再放送)初めて見たということはあり得ないはず。過去に印象が薄かった割には、かなり良い出来映えだと思いました。俳優陣も良いし、ストーリーも面白かったですね。一番重要な謎解きの場面で、ウイルソン刑事に手柄を譲る(譲りそうになる)のも面白い展開です。

文明の利器が決め手になるパターン。

リボン式タイプライターが証拠になったり(これは犯人の大きな見落とし)、小さなスピーカーから聴こえる声を実際の人間の声と間違えるだろうか?とか、いくつかの疑問が残りましたが、とても楽しめる作品に仕上がっています。

ロバート・ロジア

ブランドフォード役のロバート・ロジアも、素敵でした。大忙しの厨房で「おふくろが来てキスしても気付きませんぜ」は金言。ラストシーンの直前ではサンティーニが殺人犯人だと知らされていたのでしょう、少し冷ややかな態度でした。

サッカリー

サッカリー役のジョージ・スパーダコスは、40話「殺しの序曲」のワグナー役でも出演しています。

手品ショップの店主

その他、意外と効いていた役者さんが、手品ショップの店主「セイヤー・デヴィッド:Thayer David」。吹き替えの声優さんの良さもありますが、良い味でした。

伝説のちょい役俳優「マイケル・ラリー」

刑事コロンボシリーズに何十回もちょい役で出演している「マイケル・ラリー」。今回は実名「マイクル・ラリー」として出演しています。サンティーニの友人で、元ヨーロッパ随一の綱渡りの名人の老人の役です。

シンシア・サイクスが人気

サンティーニの娘デラ役シンシア・サイクスは男性コロンボファンに人気が高いようです1954年生まれということで当時は22才…さすがに若いですね。ミスアメリカコンテストでファイナリスト10人に選出されたことがあるそうです。

ハッ、ホッ という奇妙な台詞

サンティーニのショウを見に来たコロンボ警部は、こっそり控え室に忍び込み水槽の幻想の仕掛けを見破ります。その場面で「あの手錠外はお見事でした、流石、名人ですな~ハッ」という、妙な台詞がありますが、これは英語バージョンも同じでした。
ブログのゲストさんのお話:「英語の表現としては、さほど奇妙なものではありません」とのことでした。参考にさせて頂きます。

新調されたコートが、何とも…

新調されたコロンボのコートが滑稽。まるで銀河鉄道999に出てくる、車掌さんのようにも見えました。この1回きりで、またもとのヨレヨレのコートに戻りますが、素晴らしい味付けだと感心します。

監督:ハーヴェイ・ハート
脚本:マイケル・スローン
グレート・サンティーニ:ジャック・キャシディ
デラ(サンティーニの娘):シンシア・サイクス
フレデリック・ウィルソン刑事:ボブ・ディシー
ブランドフォード:ロバート・ロジア
ジェシー・ジェローム:ネヘミア・パーソフ
加筆:2020年1月18日

“36話「魔術師の幻想」” への51件の返信

  1. サンティーニがコロンボからワシントンのファーストネームを聞かれて、吹替えでは、米大統領にかけて”ジョージ”とこたえていました。英語では”マーサ”と答えていたので、調べるとジョージワシントン大統領夫人の名前でした。例えるなら安倍なにさんですか?と聞かれて、”昭恵です”と女性の名前で答えたようなもので、コロンボを相当コケにしたことになりますね。

  2. やたら汗をかくオーナーだと思っていたら、汗が解決の糸口。それに気がつくのが、愛着のレインコートを取りに戻る途中。汗をかいた職員が冷水機で水分補給するリアリティ。奥さんからのプレゼントの気に入っていないコートの前振りと絡めて、よく出来たシナリオだなと感心しました。

  3. こんばんは。

    >「おふくろが来てキスしても気付きませんぜ」

    ロバート・ロジア。
    「愛と青春の旅だち」では主人公(リチャード・ギア)の父親(元水兵。売春婦に溺れる生活破綻者。)役。
    「オーバー・ザ・トップ」では主人公(スタローン)の義父(上流階級)役。
    いろいろな役を演じる役者さん。いいですねー!

  4. はじめまして。
    手品ショップの店主を演じた人。
    どこかで見た人だと思ったら、シルベスター・スタローンの「ロッキー」でプロモーターを演じた人なんですね。すごく印象に残る役者さんです。
    残念ながら「ロッキー」の2年後に51歳の若さで逝去・・・。

    1. 手品ショップの店主、いいですよね〜。
      この人と、別れのワインの「ワインの専門家」も、大好きですよ。

  5. 名優ジャック・キャシディ最後の犯人役で、ほぼ遺作といってもよい本作では、 彼の気品、誇り、カリスマ性、そしてプロの手品師さながらの器用さが遺憾無く発揮されました 。結末のタイプライターの弱さがあまり気にならないほど彼の名演が光ります。最高の見せ場は、コロンボが舞台に上がって、サンティーニに手錠をかけてチャレンジするのに対し、見事に答えてみせるシーンかと思いました。ウィルソンとコロンボのかけあいや新しいコートを気に入らないコロンボなど楽しい場面が多いです。

    1. おっしゃる通りですね。その時代ならではの「文明の利器」が犯人特定の決めてになったとして、それは当然のプロットですものね。後日、本文に加筆修正したいと思っています。

  6. これ好きです。
    数当てゲームの種明かしには思わず「ああそうか」と声を出してしまいました。
    サンティニの魔術も素晴らしい。
    ただ娘可愛そうです。いい子なのにあの歌手と上手くやるしかないよなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.