31話「5時30分の目撃者」

A Deadly State of Mind
1975[第4シーズン 31話]

精神科医のマーク・コリアーが愛人ナディアの夫カール・ドナーを殺害。計画殺人ではなく、妻との愛人関係に気付いたカールが二人の密会現場に居合わせてしまったためです。このような展開上、私の好きな刑事コロンボのストーリーは望めませんでした。

ジョージ・ハミルトン

犯人役のゲストスター「ジョージ・ハミルトン」は日本でも有名な俳優さんですね。後の57話「犯罪警報」にも犯人役として出演しています。独特な色気を持った俳優さんです。

犯行を愛人のナディアに目撃されているので、コリアーにとってはかなり不利な状況でした。強盗による犯行に見せようと努力しますが、状況証拠やナディアの曖昧な供述による矛盾をコロンボ警部に見抜かれて、どんどん追いつめられてゆきます。

また出た、コロンボ警部の大芝居

状況証拠は十分でも、決め手が無い。コロンボ警部は「偽の目撃者」を仕立てます。コリアーは「自分は5時30分にドナー邸に居なかった」と跳ね返せば、良かったのでしょうが、人の心理を読むコロンボ作戦はまんまと成功します。不利な状況にある人間は「正当な部分は主張したがる」ということです。これは27話「逆転の構図」でポール・ガレスコが犯したミスと似ていますね。

おぉ、マーチソン博士!

「偽の目撃者」であるデビッド・モリス(兄)は、18話「毒のある花」でマーチソン博士を演じたフレッド・ドレイパー。兄弟が並んだ場面で、眼鏡を外した瞬間に「おぉ、マーチソン博士」と叫んでしまいました。日本語版は「永井一郎さん(サザエさんの磯野波平役で有名)」

おぉ、パジェット将軍!

また被害者のカール・ドナーはステファン・エリオットで、この作品より14年後、49話「迷子の兵隊」でパジェット将軍を演じています。カール・ドナーの日本語版は「大平透さん(ハクション大魔王)」

犯罪警報のウェイド・アンダースで復帰

ゲストスターのジョージ・ハミルトンはこの16年後(1991年)の57話「犯罪警報」に再登場します。エリオット(パジェット将軍)の変貌ぶりを考えると、「犯罪警報」のハミルトンは「流石、若作り!」と拍手を贈りたくなります。

脇役としてはボーデン医師のカレン・マッコーンも素敵でした。コリアーから「勤勉に働け」と叱咤された場面、コロンボ警部から「殺人事件について質問しているんですよ!」と叱られた場面など印象的です。

コロンボ警部、またまた大ショック

クレーマー刑事「ブルース・カーヴィ」も光っていました。愛人ナディアの飛び降り自殺(実際には殺害された)の現場でカール・ドナーの所持品を発見した際の「コロンボ警部、またまた大ショック」は最高です。しかも、別の着眼点に夢中のコロンボ警部に無視されていました。

ランズバーグ先生とコリアー先生は同僚だ!

31話「5時30分の目撃者」の精神科医コリアー先生と、32話「忘れられたスター」の外科医ランズバーグ先生の病院は同じでした!詳しくは「廊下に色ラインが描いてある病院」をご覧ください。
監督:ハーヴェイ・ハート
脚本:ピーター・S・フィッシャー
マーク・コリアー:ジョージ・ハミルトン
ナディア・ドナー:レスリー・アン・ウォーレン
ボーデン博士:カレン・マッコーン
カール・ドナー:スティーブン・エリオット
クレイマー刑事:ブルース・カービー
デヴィッド・モリス:フレッド・ドレイパー
加筆:2012年12月27日
※2010年06月24日に、コメントを頂きました。フレッド・ドレイパーはやはり「兄:デビッド・モリス」で間違いないと思うのですが…。
兄=デビッド・モリス(フレッド・ドレイパー)「偽の目撃者」
弟=ダニエル・モリス(ジャック・マニング)「真の目撃者(目が不自由)」です。
M.Sさま、コメントありがとうございました。(お名前はイニシャルとし、メールアドレスは削除しました)

“31話「5時30分の目撃者」” への14件の返信

  1. すぴっつ様
    即教えて頂き感激です。
    なるほどですね。「壊滅的な精神状態」
    とっても納得しました。やっぱり原題の方がどれも面白いですね。(なんて分かってないくせに...)
    シリーズも終わってからずいぶんと経つというのに、今頃また片っ端から作品を見ています。それが何故か前より面白い。意味が分かる。何故かしら??

  2. 今井節子さん、
    僕は英語不得意なのですが、以前コロンボの研究サイトで確か直訳は『壊滅的な精神状態』と書いてありました。

  3. 独特なムードが最高のエピソードのひとつで、全体にほとばしる緊張感がたまりません。
    また、マティーニのグラスの位置、カーペットに落ちていたライター石、コリアーが事件当夜だけマッチを使っていたこと、といった分散配置された事象から、ナディアが嘘の証言をしたこととタバコを吸う第三者がいたことを導き出す推理の過程も十分楽しめます。
    さらに、珍しく犯人に対してちらりと敵意をのぞかせるコロンボの姿が見られる港での対決は、シリーズでも屈指の名シーンといえるのではないでしょうか(「じゃあ僕は最有力の容疑者ってわけか?」「容疑者って言葉は弱すぎますね」)。
    そしてジョージ・ハミルトン氏演じるマーク・コリアーというクールでハンサムな犯人像を創り上げた点も特筆すべでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.