14話「偶像のレクイエム」

Requiem for a Falling Star / 1973

往年の大女優であるノーラ・チャンドラーが長年パートナーとして秘書を務めたジーン・デービスを車ごと爆破して殺害。

シリーズきっての大スター役

原題を私風に直訳すると「落ち目スターの葬送曲」となり、邦題よりもストーリーを素直に言い表す言葉になります。偶像のレクイエムは、今ひとつ…絵が浮かばない邦題かもしれません。

子役時代から一世を風靡し、映画界に君臨して来た銀幕の女王で、刑事コロンボのゲストスターが演じる犯人役の中でも、格別のスター度だと認識した方が良いかも知れません。コロンボ警部も劇中で何度か家に電話して「自分が今、どこにいるか?わかるか?ノーラ・チャンドラーのバンガローだよ」と、自慢気でした。
→偶像のレクイエムのロケ現場

メル・ファーラーは凄いのだ

ゴシップ記事作家のジェリー・パークスを演じた俳優「メル・ファーラー」は、何とあの大女優「オードリー・ヘプバーン」と14年間の結結婚生活を送っているのだ!本作の制作時期にはすでに離婚しています。それを知って、もう一度見てください。

過去の共演者の名前に驚くなかれ

1956年公開の超有名な映画を2本紹介します。1本目は「十戒」。主演:チャールトン・ヘストン、共演:ユル・ブリンナー、アン・バクスター。アンはラメセスの王妃「ネフレテリ」役。2本目はトルストイの小説を映画化した「戦争と平和」。主演:オードリー・ヘプバーン 、ヘンリー・フォンダ 、メル・ファーラー。とてつもないキャスティングですね。筆者はどちらも見ました!

本当は誰を殺したかったのか、分からない…

14話という初期作品なのですが、倒叙法(最初から犯人が分かっている)を原則としながらも「本当は誰を殺したかったのか、分からない…」という興味深いストリー展開となっています。おそらくこの作品を見た人の多くは、ゴシップ記事作家の「ジェリー・パークス」を殺そうとして誤って秘書を殺してしまった…と思ったでしょう。でも、もしそうであれば生き残ったパークスが「ノーラが自分を殺そうとしていた」と告発すれば、一気に容疑が固まるわけです。この二人の「くされ縁的な不利害関係」が前提として、物語は考えられていて、非常に「深い」ものを感じました。

大女優が演じ続けていたもの

その背景には「ノーラが12年前に当時の夫を殺してしまった」ことも隠れているので、話がさらに複雑になり、ちょっとボケちゃってるのかも。ただ単に「往年の大女優が誇りを守るために殺人を犯した」だけでも、充分ストーリー展開できる気がしました。12年前にすでに殺人を犯していて、その後何喰わぬ顔でスターを演じていた…大女優?というオチでしょうか。

*********************

2020年に、久々に再見して‥

ノーラは盗み聞きにより、今夜がパークスの誕生日で、秘書のジーン(ピパ・スコット)と一緒に過ごす約束を知っていた。「ドロシーを誘って音楽会(8時スタート)」は、ジーンの嘘だったのだ。(午後6時:まだ明るい)

今夜パークスは書店でのサイン会があり、その後ふたりは一緒に過ごすつもりだった。ジーンは約束ようにパーティの準備ができないことを、書店のパークスに伝えに行く。その隙にノーラはジーンの車のタイヤをパンクさせる。(午後8時少し前か:もうけっこう暗い!)

パークス邸に着いたパークスの車を爆破(午後9時ちかいはず)事故が起きた後、警察がノーラの居場所をやっと突き止めて、レストランに現れた。エビの注文を変えたいくらいなので、まだ食事は始まって間もない。(午後10時ちかいはず)となると株主(ケビン・マッカーシー)との食事会のスタートが、遅すぎないですか?お店お雰囲気では7時台に感じますよね?

パークスの証言では本屋でジーンに会った点、まだお使いを何も済ませていなかった様子。このシーンがもっと明るかったら、良かったかもね!同じ夜の出来事とは思えない。

考えられるシナリオ‥

パークスとジーンの二人とも死んでもらわないと、リスキーな証人が残ってしまいます。先にジーンを殺す。パークスはずる賢いからノーラを犯人としてしまうより、もっと本格的に恐喝してくると踏んだ。(本当にはジーンを愛していないから)そして時期をずらして、パークスを殺す。

車が全部違う‥

ジーンの殺害に使った車が濃いグリーンメタリック(に見える)、ノーラの車が褐色のメタリック、パークスを跳ねた車がブルーメタリック(に見える)。

結局、考え出したら夜も眠れなくなりそうです(笑)

*********************

愛車プジョーの汚れ方が尋常でない

セレブな犯人たちは、こぞってこの車を「ボロ車」と見下しますが、大女優:ノーラ・チャンドラーがこの「愛車プジョー・403コンバーチブル」に同乗したのは奇跡かもしれません。しかもこの時のボディの汚れ具合は尋常ではありません。どう見ても演出上、わざと汚しています(笑)

Tクラブ会員とは?

Tクラブとはフリーメーソンの外郭団体「シュライン」を意味するそうです。
 
監督:リチャード・クワイン
脚本:ジャクソン・ギリス
ノーラ・チャンドラー:アン・バクスター
ジェリー・パークス:メル・ファーラー

加筆:2020年7月4日

“14話「偶像のレクイエム」” への27件の返信

  1. 【原題解釈】
    Requiem for a Falling Star
    直訳すると、「流れ星への死者ミサ曲」。
    Falling Starは「流れ星」のことですが、落ち目のスタア役者と引っ掛けているのですね。
    ここでは、Forgotten Ladyではありません。
    邦題の「偶像」は「idol」の訳語ですから、大女優をアイドルと呼ぶには違和感があるかも。

  2. 衣装デザイナーの役が、イーディス ヘッドさんで過去に8回 アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞しているみたいです。
    シーンで映っていたアカデミー賞のトロフィーは、本物かもしれません。

  3. 久しぶりに「偶像のレクイエム」を見ました。
    これまで、ジーンを殺した動機が分からないなぁと思っていました
    ところ、今回の放送で
    「夫を瓶で殴って殺して庭に埋めた。ジーンはそれを知っていた」
    と最後に告白しますね。
    ジーンとパークが結婚すれば、絶対にパークが真実を知ることに
    なると思ったのでしょう。

    今回は、全作品をゆっくりと観られるので、なるほどポイントが
    多いですね。

  4. お邪魔します。
    秘書の殺害は人違いなのかと思わせながら、実は違っていたのですね。
    本作はパイルD-3の壁と指輪の爪あとをミックスしたような、実に凝った展開でした。
    主人公と相手役は有名どころでゲストが懐かしい顔のケヴィン・マッカーシー(トワイライトゾーン他)。ハリウッドの内幕物という味わいもあって、楽しめる作品でした。
    ところで、
    主人公とゴシップ記者が待ち合わせをするガーデンレストランみたいな場所はどこなのでしょう?
    現在は存在しないお店かもしれませんが、途中にあるサインには”CATCH YOUR OWN DINNER”となっているので、釣り上げた魚をそのまま料理してくれるお店のようですが、お洒落な感じがします。

    最後に、これまでご迷惑になるような投稿はしていないと思うのですが、あなたは投稿できませんというメッセージが表示されます。
    念のため今後は投稿を控えるようにいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.