14話「偶像のレクイエム」

Requiem for a Falling Star
1973[第2シーズン 14話]

往年の大女優であるノーラ・チャンドラーが長年パートナーとして秘書を務めたジーン・デービスを車ごと爆破して殺害。

シリーズきっての大スター役

原題を私風に直訳すると「落ち目スターの葬送曲」となり、邦題よりもストーリーを素直に言い表す言葉になります。偶像のレクイエムは、今ひとつ…絵が浮かばない邦題かもしれません。

子役時代から一世を風靡し、映画界に君臨して来た銀幕の女王で、刑事コロンボのゲストスターが演じる犯人役の中でも、格別のスター度だと認識した方が良いかも知れません。コロンボ警部も劇中で何度か家に電話して「自分が今、どこにいるか?わかるか?ノーラ・チャンドラーのバンガローだよ」と、自慢気でした。
→偶像のレクイエムのロケ現場

メル・ファーラーは凄いのだ

ゴシップ記事作家のジェリー・パークスを演じた俳優「メル・ファーラー」は、何とあの大女優「オードリー・ヘプバーン」と14年間の結結婚生活を送っているのだ!本作の制作時期にはすでに離婚しています。それを知って、もう一度見てください。

過去の共演者の名前に驚くなかれ

1956年公開の超有名な映画を2本紹介します。1本目は「十戒」。主演:チャールトン・ヘストン、共演:ユル・ブリンナー、アン・バクスター。アンはラメセスの王妃「ネフレテリ」役。2本目はトルストイの小説を映画化した「戦争と平和」。主演:オードリー・ヘプバーン 、ヘンリー・フォンダ 、メル・ファーラー。とてつもないキャスティングですね。筆者はどちらも見ました!

本当は誰を殺したかったのか、分からない…

14話という初期作品なのですが、倒叙法(最初から犯人が分かっている)を原則としながらも「本当は誰を殺したかったのか、分からない…」という興味深いストリー展開となっています。おそらくこの作品を見た人の多くは、ゴシップ記事作家の「ジェリー・パークス」を殺そうとして誤って秘書を殺してしまった…と思ったでしょう。でも、もしそうであれば生き残ったパークスが「ノーラが自分を殺そうとしていた」と告発すれば、一気に容疑が固まるわけです。この二人の「くされ縁的な不利害関係」が前提として、物語は考えられていて、非常に「深い」ものを感じました。

大女優が演じ続けていたもの

その背景には「ノーラ が12年前に当時の夫を殺してしまった」ことも隠れているので、話がさらに複雑になり、ちょっとボケちゃってるのかも。ただ単に「往年の大女優が誇りを守るために殺人を犯した」だけでも、充分ストーリー展開できる気がしました。12年前にすでに殺人を犯していて、その後何喰わぬ顔でスターを演じていた…大女優?というオチでしょうか。
ストーリー展開の要所にドラマ撮影の場面が登場します。一瞬「本編(刑事コロンボ)の一場面」と錯覚させるようなな使い方をしていて、これは見る側を「はっ」とさせました。
コロンボ警部が「テレビなどを見ていて、事件解決のヒントを得る」ことは数回ありますが、あまりスッキりしないことが多い気がします。もちろん時代背景も考慮すべきですが。類似作品としては10話「黒のエチュード」30話「ビデオテープの証言」など。

愛車プジョーの汚れ方が尋常でない

セレブな犯人たちは、こぞってこの車を「ボロ車」と見下しますが、大女優:ノーラ・チャンドラーがこの「愛車プジョー・403コンバーチブル」に同乗したのは奇跡かもしれません。しかもこの時のボディの汚れ具合は尋常ではありません。どう見ても演出上、わざと汚しています(笑)

Tクラブ会員とは?

Tクラブとはフリーメーソンの外郭団体「シュライン」を意味するそうです。
 
監督:リチャード・クワイン
脚本:ジャクソン・ギリス
ノーラ・チャンドラー:アン・バクスター
ジェリー・パークス:メル・ファーラー
加筆:2017年12月22日

“14話「偶像のレクイエム」” への13件の返信

  1. 「白鳥の歌」のトミーの言葉。
    トミー:コロンボくん、君は実に抜群の想像力の持ち主だな、はっはっは。
    これは、この「偶像のレクイエム」でこそ表現され評価されるべき言葉だ。
    特に、ノーラのバンガローでTVを観たことで、ノーラが夫を装った偽装工作を
    したことに勘づくということは、なんというか、普通はあり得ない。
    コロンボが見る世間や人物、もっと言えば自然や世界は、普通の凡人とは違って
    見えているのではなかろうか。
    コロンボの頭の中では、まず容疑者の見当を付けるだろう。それを主軸に、
    色々な矛盾とその解決、状況証拠、仮説、動機、チャンス、方法、容疑者の過去、
    人生や価値観、クセ、対人関係、・・・・色々なものがいっぱい詰まっている。
    バンガローでTVを観たことで、それらの点が、一気に線となり面となった。
    その面となった仮説の証明で最後を飾った。
    過去の殺人が今回の殺人動機へと繋がっているものとして「黄金のバックル」
    がありました。

  2. 以前見たときは気がつきませんでしたが、あの衣装さんはアン・バクスターが出演した「イヴの総て」でアカデミー衣裳デザイン賞を受賞したイーディス・ヘッドご本人なんですね。友情出演といったところでしょうか。
    アン・バクスターは「イヴの総て」で、のし上がっていく大女優の付き人役をやっていました。今回は大女優が付き人を・・・キャスティング時には意識してたんでしょうね。今度イヴの総ても観てみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.