16話「断たれた音」

The Most Dangerous Match
1973[第2シーズン 16話]

チェスのチャンピオンである「エメット・クレイトン」だが、かつてのチャンピオン「トムリン・デューディック」氏が復帰し、自分に挑戦して来たことに恐怖し、夢にうなされる有様。対決前夜にレストランで二人きりで勝負するが、あえなく敗北したクレイトンはデューデックの殺害を決意します。密会対決での敗北に、二人の実力差の大きさを思い知ったためです。

最高級の犯人役:ローレンス・ハーヴェイ

犯人役のローレンス・ハーヴェイは、全コロンボ作品中最高級の存在感を見せてくれました。作品としてもかなり好きです。短期間に犯行を計画したクレイトンですが、そこはやはり抜群の記憶力に裏付けされています。

しかし、それを上回るコロンボ警部の「着眼点」には恐れ入ります。「便せんでなくメモ用紙」「入れ歯なのに歯ブラシ」など、被害者をよく知らなければ気がつかない点を見逃しません。さらに「ボールペンのインク」への着眼は流石だと言えます。

卑怯な勝負師

冒頭の夢のシーンでもわかるように、クレイトンは自分の今の地位「チェスのチャンピオン」からの陥落を非常に恐れ、半ばノイローゼ気味になっています。自分は将棋が好きで名人戦など良くテレビで観戦するのですが、勝負ごとには必ず勝者と敗者ができるわけで、負けた時の潔さも含めた品格を問われる分野でもあると思います。クレイトンはそれを逸脱していました。今回の挑戦者トムリン・デューディック氏は、好敵手とて堂々と闘った結果に破れたとしても十分納得できた相手であったはずです。

頭が良く、自信過剰な犯人との対決劇

ストーリー展開の中で、しつこいコロンボ警部と頭脳明晰な犯人とのやりとりも、刑事コロンボシリーズ中で最高評価に近い醍醐味を与えてくれました。それにしてもクレイトン氏はもちろん相当な頭脳の持ち主ではありますが、棋士としてはかなり「短気で怒りっぽい」性格ですね。将棋などのテレビ中継を見る限り、戦いの後はどちらが勝者・敗者であるか見分けられないこともあるほど、棋士はあまり本当の感情を出さないものですが、これは日本人特有なのでしょうか。

名台詞「縦から見ても、横から見ても」

この話で興味深い展開となってい最大の要因は「殺そうと思ったが失敗した」点につきるかと思います。なぜ失敗したか?はラストシーンに集約されます。解決編では、決定的な物的証拠を見せるには至りませんが「縦から見ても、横から見ても、耳の聴こえない人物が犯人である」という、コロンボの警部の名台詞で結ばせたことで、この作品の品格を決定的に高めてくれていると感心します。

元チェス王座のトムリン・デューディック

トムリン・デューディック役のジャック・クリューシェンは最高級の被害者役を演じてくれました。勝負師としての厳しさと人間としての弱さ(御馳走好き)、それでいて茶目っ気もあります。

対戦前夜の非公式戦の後、落ち込むクレイトンの部屋から去る時の仕草に「それほど落ち込まなくても…」という思いも見られます。これは、デューディックはクレイトンほど「勝つことが全て」とは感じていないことを表現しているのでしょうか?

デューディック氏はチェコ人?

デューディック氏はチェコ人(当時の国名ではチェコスロバキア)であったと何かの文献で読みました。当時の世界情勢で「東側の国名」をあえて台詞に入れなかったのでしょうね。側近(コーチと呼ばれていた)ベロスキー氏(ロイド・ボックナー)の「階級」発言などから、当時の共産主義国の厳格な姿勢も感じ取れて面白かったです。

逆・筆記用具忘れ!

普段筆記用具を忘れて人から借りる癖があるコロンボですが、今回は何と、記憶力抜群のクレイトンがボールペンを忘れ、それをコロンボが本人に届けます。しかも…こっそり「試し書き」をしてから返すところが流石。
→コロンボはよく「筆記用具を忘れる」件

獣医ドクター・ベンソン が可愛い

獣医のドクター・ベンソン(俳優:マイケル・フォックス*Michael J. Foxではないですよ)は、今回も良い味を出してくれています。10話の「黒のエチュード」ではクラシック好き、今回はバックギャモンでコロンボ警部と遊んでいます。

参照:刑事コロンボの脇役俳優
 
監督:エドワード・M・エイブラムス
脚本:ジャクソン・ギリス
エメット・クレイトン:ローレンス・ハーヴェイ
トムリン・デューディック:ジャック・クリューシェン
ベロスキー:ロイド・ボックナー
獣医ドクター・ベンソン:マイケル・フォックス
粉砕機の作業員:ジョン・フィネガンス
 
加筆:2015年10月21日

“16話「断たれた音」” への26件の返信

  1. トラモさん、古畑任三郎との共通点を見つけるのは楽しいですよね!ぼくは「動く死体」(堺正章さんが犯人)と似ていると思いました。裏の通路でのクライマックス、古畑の「これがわからなかったんです」「犯人は〇〇以外にいないんです」のセリフなど被る部分が見られます。

  2. みなさん、コメントありがとうございます。いろいろご意見があって、楽しく読んでおります。「rickyさん」の「この作品ほど、殺された人が気の毒なものはない」というご意見、面白いですね。ほんと同感です。

  3. 初めまして、宜しくお願いします。
    最後の場面でなぜ耳の聞こえない人が犯人だといいきれるのか私には理解出来ませんでした、すべての状況証拠があやふやで自白無し中途半端な気がしました。

  4. ぼろんこさん、こんばんわ。
    三谷幸喜はコロンボがすごい好きで、古畑任三郎の中にもコロンボのネタがちりばめられてますが。
    この作品内でも、被害者がまだ生きてて犯人がヒヤヒヤしてる中、ドッグの件でお医者さんとやりとりするくだりは、古畑任三郎の小堺一機の回を彷彿とさせるものがありますね!あらためて、コロンボの影響力を感じました。

  5. 作品を見終わって、思わず検索してしまったのですが(他の方の感想が見てみたくて)、この作品ほど、殺された人が気の毒なものはなかったです!! トムリンさんが、すっごくいい人だったので。 亡くなった時ショックでした、「いいおじいちゃんなのに…殺さないでー!」って思ってしまいました、犯人に対してすごく腹が立ちました(笑)、そういう意味で印象的な作品です。

  6. >2度目、コロンボと犯人とがコロンボカーに乗って行くのは、病院からなので、問題ないと思いますよ。
    もちろん病院からでは遠いのでしょうが、
    コロンボと犯人との会話をよく聞いてください。
    ホテルの入り口から大通りを経由して、車でかなりの距離を走っている
    感じを受けます。その距離を肥満で病み上がりのデューディック氏
    が歩いて行ったのかな?。歩けないことはないけど。
    テレビなので時間も空間もカットできますが、最初ホテルから小走りで
    レストランへ行くときは、距離として短く感じたものですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.