53話「かみさんよ、安らかに」

Rest in Peace, Mrs. Columbo
1990

殴られるコロンボ警部でした

この作品は決して私の好きな「刑事コロンボ」ではありません。解決手段で、刑事コロンボシリーズ特有の「ひっかけ技」を持ち出していますが、犯人から「人でなし」と殴られる場面も登場しました。2話「死者の身代金」でも、レスリーの娘マーガレットに殴られたのですが、今回はもっとリアルでした。

賛否両論が激しく分かれる

ストーリー展開は一般的なコロンボ作品ではありません。葬式の出席者の回想シーンが繋がっていて、これまでにない独特の味を醸しています。

意外と支持される作品でもある…

一般的なコロンボ作品とは異なる…という点は、発言を撤回できないのですが、この作品がお好きだという方が割と多いのは事実です。コロンボ警部が「かみさんを愛している」風のラストシーンは、私も好きです。62話「恋に落ちたコロンボ」でも、同様の雰囲気を味わえますね。

ラモンが作るチリは最高だった…

コロンボ警部は補佐役の刑事と一緒に入った「行き着けのレストラン」でチリを注文しますが、いつものシェフ「ラモン」がメキシコに帰ってしまったため味が変わってしまい、店にクレームをつけています。果たして、ラモンは「ティモシー・ケリー」なのでしょうか?

ロザンナ・ホフマンが再登場

家を買うお客さんの役で「二枚のドガの絵」の美術学校生トレーシー・オコーナー(ロザンナ・ホフマン)が出演しているとの情報を得ました。前作より約20年後の彼女…次回この点にも注目して見たいです。

トライコン工業の警備員が再登場

26話「自縛の紐」のトライコン工業のエレベーターの警備員を演じた「エド・マクレディ」が後半の葬儀場面で登場する刑事(車に乗ってくる)役で16年ぶりに再登場しています。

ヘレン・シェイヴァー

ビビアンを演じる女優ヘレン・シェイヴァーは、本作の5年前に「ビビアンの旅立ち」という映画に主演しています。何かの縁を感じますね。
監督:ヴィンセント・マケヴィティ
脚本:ピーター・S・フィッシャー
ビビアン・ドミートリー:ヘレン・シェイヴァー
加筆:2017年12月24日

“53話「かみさんよ、安らかに」” への35件の返信

  1. みなさん、深いコメント!ありがとうございます。「かみさんよ、安らかに」もう一回見たくなりました、今後研究を深め加筆します!

  2.  BS-TBSの放送はまた「殺人処方箋」から、週末飛び飛びに再開するようです。
     この回が引っ掛かっている方は是非、NHK-BSプレミアム土曜午後放送の『名探偵ポワロ・杉の柩(ひつぎ)』をご覧下さい。犯人逮捕の様子、犯人の吹替が酷似しています。
     10月15日土曜16時00分からです!未見の意欲的なファンにはネタバレになっちゃったかなー。

  3. 初めまして
    最近、コンプリートBOXを買って鑑賞していまして。
    そこのレストランで出て来た「ガーニ」って何だろうって事が
    どーも頭に引っかかってしまいましてね。
    まあただの付け合わせの事だったんですが。
    調べているうちにたまたまこのブログを見付けてコメントなんかを読ませて頂きました。
    コロンボ愛に溢れたとても良いブログですね!
    それで、そのレストランでの会話
    そのお話の女性は、あなたが本で読まれた実例は、本当に復讐を行ったのなら、
    その責任は被害者本人にあったことを本人に伝えたはずですよ。
    そうしなければ満足感は無いでしょう。お分かりですか?
    の部分なんですが、勘違いされる方も多いかもと思いまして。
    ここで言う被害者とはチャーリー・チェンバース
    ヴィヴィアンが犯人なら、チャーリーに
    「夫はお前のせい死んだ。お前が悪いのだ」と夫の復讐である事を伝えたはず
    と言っているのです。
    それは転じて、復讐の対象であるコロンボを殺す時
    自分が復讐の為にチャーリーを殺した。
    奥さんはあんたを苦しめる為に殺した。
    そしてあんたも復讐の為に殺すのだ。
    と告白するはずだと忠告しているのです。
    これは冒頭のヴィヴィアンのモノローグのセリフ
    「何故こうなったか分からないでしょう?いずれ私からよく説明してあげる。
     でもその時はあんたには何も出来ないの」
    に繋がっているわけです。
    その言葉の意味を理解したのでコロンボは
    「はい。はい先生。よく分かりました。完璧に!」
    と言ったわけです。
    ヴィヴィアンを騙して自白させようと決意した瞬間です。
    そして精神科医は、成功を祈ってグラスを上げるのです。
    今回の犯人は、不正と殺人を犯して捕まった夫が刑期中に心臓発作で死んだ事を
    不正を告発したチャーリーと捕まえたコロンボのせいにするという身勝手な人物。
    自分の復讐が思った通りにいかなくなった時、
    罵りながら暴力を振るうのも当然の行動の様に思います。
    とても素晴らしい脚本だと思いました。

  4. 否定的なご批判も多いこの作品ですが、個人的には嫌いじゃありません(^^)。
    ぼろんこさんが冒頭でご紹介されているように、この作品は一般的なコロンボ作品のように殺人から解決まで、時系列的には描かれておらず、ラストシーンに近い葬式のシーンと参列者の回想シーンのエピソードを繋げています。
    こういう編集の妙を見せてくれる作品は、コロンボでは珍しく、近年の海外ドラマではよく見られる手法です。
    ただ、コロンボ作品ならではの「ワザ」を見せてくれるなら、各回想シーンで1つか2つの疑問点を残して置いて、それを最後の謎解きシーンで一気に解決してくれるような、「ネタ」を仕込んで置いても良かったような気がします。
    例えば一見、本編とは無縁のようなコロンボの小用があって、カミさんへ連絡を取ろうとするが、それが様々な事情で繋がらない。話が進むにつれて、ひょっとしてカミさんに何かあったのでは?・・・と、思わせておいてラストシーンの電話で事件と共に解決・・・・とか。
    ちなみに作品タイトルと葬式のシーンでカミさんの「死」を連想させますが、風邪で寝込んでいた事情からすれば、「Rest in Peace」は「安らかに」ではなく、「(静かに)おやすみ」的な意味合いが強く、見事引っ掛けられましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.