22話「第三の終章」

Publish or Perish
1974[第3シーズン 22話]

出版社社長のライリー・グリーンリーフは、契約がもつれたことを恨み、お抱えの売れっ子小説家マロリーを殺害。

グリーンリーフの悪態が炸裂!

コロンボ作品の中でもスピルバーグ監督が手がけたとして有名な3話「構想の死角」に続き、ジャック・キャシディが犯人役ライリー・グリーンリーフとして再登板。前作以上とも言える圧倒的な存在感です。

特に第一殺人のアリバイ工作のために、バーで管を巻くシーンでの台詞「臭せ~店だ。お前もこの店もドブの臭いがする」は、絶好調でした!でも、泥酔し車をぶつけた相手のご婦人に「そんな顔じゃ、整形手術をした方が良いよ」は、言い過ぎ!ドラマの中の台詞としては節度を欠いています。

ジョン・デイビス・チャンドラーのパワー

第二殺人で被害者となる共犯のエディ・ケーン(ジョン・デイビス・チャンドラー)のキャラは強烈。数々の映画作品に出演されている俳優さんのようです。この「第三の終章」では、ジャック・キャシディ以外のすべての出演俳優を吹き飛ばすパワーを感じました。

エディ・ケーンは橋爪功さん

そのエディ・ケーンの日本語吹き替えは橋爪功さん。日本のミステリードラマなどで数多く刑事役を演じています。(本作とは関係ないけど)

見逃しがちな些細なシーンに、凄さが隠されている…「犯人を捕らえる罠工作」

殺人現場の初期捜査で、コロンボ警部がコーヒーやベティデイビズの映画の話をしながら「カギが合わない」ことを発見する場面。殺人とは無関係の話に気をとられるとポイントを外します。ここを見逃すな!という場面はその後、先述した通りグリーンリーフへの疑惑を抱くコロンボが、「カギ屋に立ち寄っているシーン」数秒のカットで、ウインドウ看板の文字を見なければ、単に「道を尋ねている」くらいにしか気に止めないのですが、このとき既に「グリーンリーフがカギに対する疑惑を解消するために、動く可能性がある」と睨み、細工(カギの交換を発注)をしているのです!

人間コロンボを垣間見るシーン

本筋とは関係がありませんが、高級レストランでのシーン。駐車係に「あのクルマは盗まれないから大丈夫」と移動サービスを拒否され、「チリを注文する場面」では店員に、メニューに無いチリを無理矢理注文し、さらにケチャップや塩を要求(自分の味にこだわる姿勢?)したりして笑えます。21話「意識の下の映像」で、ノリスの食べ残したキャビアを食べた後の「うまいよ!」という小池朝雄さんの台詞も絶品でした。
支払い時に高額な請求をされ笑いを誘います。乱暴に計算しますと、チリが6ドルで1800円、追加請求のアイスティが75セントで225円となり、アイスティの方は高級レストランにしては、極端に安い?のかもね(笑)

気になる女優「マリエット・ハートレイ」

ニール出版の秘書アイリーン役のマリエット・ハートレイは41話「死者のメッセージ」でも犯人アビゲイル・ミッチェルの秘書ベロニカを演じています。見た瞬間に目が止まるような不思議な魅力のある女優さんです。

アラン・マロリー役は本物の小説家

アラン・マロリーを演じたミッキー・スピレインは、ハードボイルド探偵小説「マイク・ハマー」シリーズで知られる有名な小説家です。

クレーマー刑事が登場か?

マロリーの部屋の現場検証で「クレーマー」の名前を呼ぶが、後に相棒刑事となる「ジョージ・クレーマー」ではなく、黒人のクレーマー。現場の写真を撮影しているので鑑識かもね。

監督:ロバート・バトラー
脚本:ピーター・S・フィッシャー
ライリー・グリーンリーフ:ジャック・キャシディ
エディ・ケーン:ジョン・デイビス・チャンドラー
アイリーン・マクリー:マリエット・ハートレイ
アラン・マロリー:ミッキー・スピレイン
 
加筆:2017年12月22日
 

“22話「第三の終章」” への17件の返信

  1. みなさんコメントありがとうございます。賛否両論あるようですね。もう一度見たくなりまいした。

  2. 殺されたアラン・マロリーを演じているのはハードボイルド探偵小説「マイク・ハマー」シリーズの作者、ミッキー・スピレインです
    ココまでどなたも言及しておられないので・・・・

  3. 駄作中の駄作。
    序盤の犯行部分をとばしてコロンボ登場から見ると顕著に分かる。
    ここまで来ると名探偵コナンのようなアニメ並のこじつけと発想で
    コロンボは名探偵というよりエスパー状態。
    トリックを見破り推理を昇華するのではなく単純に当たりをつけた相手に罠を仕込んで反応を見る、
    結果当たればOKだと推理モノとしては脚本がチープすぎる。

  4. 非常に複雑なプロットで、75分版のエピソードの中ではミステリーとして屈指の密度です。
    犯行がバレて脅してきた人物を殺害するというパターンではなく、第二の殺人も計画のうちだったというのは「二枚のドガの絵」以来ですが、本作では更に巧妙な犯行計画だといえるでしょう。
    そのトリッキーな殺人が、鍵の交換というコロンボの罠、そしてエディが書いたように偽装した小説の結末がつい最近変更されたものだったという些細な事実から暴かれる解決編は非常に見応えがあります。
    あと、原題の「PUBLISH OR PERISH」もいいですが、邦題の「第三の終章」もなかなか意味深で洒落ていますね。

  5. 最初にグリーンリーフを呼び入れた取調室に置いてあったポットは、
    「白鳥の歌」で睡眠薬を入れたコーヒーポットと同じです。
    赤地に同じ模様ですから。
    ジャック・キャシディは「構想の死角」のときと違って、
    ずいぶん素直そうです。
    コロンボは、中盤まではグリーンリーフが主犯とは思ってなかったのかな?。
    ニール出版への事情聴取のとき、グリーンリーフへ罪を着せたがっている
    心当たりを聞いている。
    最後、ネルソン・ヘイワード事件のことを引っ張ってきていました。
    「構想の死角」のときには「殺人処方箋」を引っ張ってきていた。
    映画会社の意向で、マロリーは主人公を殺すことが出来なかった。
    会社や世間の意向が、エピソードの筋書きを変える傾向があるということ。
    そういうことが、刑事コロンボにもあったのかどうか?。
    「白鳥の歌」あたりは怪しいな。
    ジャック・キャシディの犯人役は、必ず警官監視の元の現場に現れて
    泥を吐きます。今回は、現場の廊下に煙草の吸殻をポイ捨てしていた。
    「構想の死角」ではビルの出口専用から入って行くし。ったく。
    ◆グリーンリーフは、なぜ観念したかの検証
    マロリーは3週間前に鍵を付け替えた。(keyB)
    グリーンリーフから渡された犯人持参の鍵(keyA)は合わないものだった。
    マロリー殺害の翌日、鍵(keyC)へ付け替える。
    新しい鍵(keyB)の持ち主が犯人と想定された。
    グリーンリーフは、鍵(keyB)と思い込んで鍵(keyC)を入手する。
     →エディの持ち物へ
    多少入り込んでいるが、犯人の引っかけ方は「権力の墓穴」とソックリだ。
    鍵(keyB)が重要だと聞いているのは、グリーンリーフでしょう!って。
    ここまででは、決定的証拠ではない。単に不思議だなで終わってしまう。
    去年6月、エディからグリーンリーフへ送られてきたという梗概がある。
    原稿サービス社の青年からグリーンリーフは口述筆記の原稿を受け取っていた。
    しかし、梗概の最後には先週変更したばかりの結末が書かれている。
    この一連の流れから、グリーンリーフ自身が梗概を捏造した証拠になる。
    これでマロリー殺し主犯、エディ殺し実行犯になりますか?。

  6. タップおばさん>この作品をもう一度見ましたが、橋爪の吹き替えは流石にうまいです。
     
    トレモニ>「ジャック・キャシディは、反省しない犯人」ですね、まさに。それに対し「ロバート・カルプは、反省する犯人」でしょうか(笑)
     
    富士子さん>Tシャツが臭い件:ぼくもクスって笑いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.