3話「構想の死角」

Murder by the Book
1971[第1シーズン 3話]

カメラワークやライティングがスピルバーグ的?

演出が若き日のスピルバーグ監督というのは有名ですね。絵作りという着眼点で見ると、他の作品と大きな違いを感じます。まずは、構図の大胆さです。俳優同士の顔がくっつきそうになる程、近くで会話していたり、女優の横顔のシルエットでその場面を深く印象づけたりしています。全体的に画面が暗めなのも特長だと思います。特に夜のシーンでは、不気味な程に室内を暗くし、手前の人物の影が話し相手に重なって不気味な効果を出しています。

作家ケン・フランクリンの怪

犯人の作家ケン・フランクリン(ジャック・キャシディ)が共著の相棒作家、ジム・フェリスを殺害。動機は、ジムがケンとのコンビ解消を言い出したことにあります。実はケンは小説が全く書けないのです。

これまでに発表した人気小説「メルビル夫人」シリーズは、すべてがジムによる作品だというのです。私はものを創る立場なので、このような生き方は理解し難いですね。それにしてもよく今までコンビが継続したものだと。ケンは、コンビを解消すると、収入源を失うとともに「小説が書けないこと」が世間にばれます。どちらかが死んだ場合に、多額の生命保険が受け取れるようにしていたことも殺害の大きな動機です。

ウソが本当に思えてくる

この事件の背景には「ウソをつき続けていると、そのうち本当になってしまう」という教訓が見えてきました。ケンは主に、インタビューやPRを引き受け、賞賛を浴びているうちに、いつしか「自分が本物の作家である」と思ってしまうようになったのではないでしょうか。
決着の付け方としては「スカっとした切れ味」ではなかった気がします。それでも印象に残る作品のひとつです。コロンボから第二殺人のお粗末さを指摘されたケンは、第一殺人の優れたアイデアも自分によるものであると主張し、ひきかえに罪を認めまました。小説が書けない作家を演じ続けるより、1作でも優れた小説を書く努力をすべきだった。
ちなみに次作の4話「指輪の爪あと」では、明瞭な「コロンボの罠」によりスッキリ解決しています。構想の死角のゲスト俳優ジャック・キャシディは、22話「第三の終章」36話「魔術師の幻想」でも犯人役を演じていて、刑事コロンボシリーズでロバート・カルプと並ぶ最重要人物の一人です。

バーバラ・コルビーは迫真の演技

第二殺人の被害者ラサンカ夫人(バーバラ・コルビー)は迫真の演技でした。この後のコロンボ作品にも、犯行を見破る→恐喝→殺される という人が多く出て来ます。やはり金は人生を豊かにするものと考えてしまうのでしょうね。それが命取りでした。

ケン・フランクリン邸は「スタール邸」

ケン・フランクリン邸は、有名な「スタール邸」で、この他にも「殺人処方箋」ジョーン・ハドソン邸「アリバイのダイヤル」のエリック・ワーグナー邸としても登場します。
→刑事コロンボマップ:スタール邸

刑事コロンボマップ

その他にもネットで調べましたら「構想の死角」のロケ現場らしき場所のヒントがありました。英語のサイトを参照していますので、真偽ははかりかねますが…。
→刑事コロンボマップ:ケン・フランクリンの湖の別荘
→刑事コロンボマップ:ケンとジムの事務所
 
 
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:スティーブン・ボチコ
ケン・フランクリン:ジャック・キャシディ
リリー・ラ・サンカ:バーバラ・コルビー
ジム・フェリス:マーティン・ミルナー
妻ジョアンナ:ローズマリー・フォーサイス
加筆:2013年10月08日

“3話「構想の死角」” への37件の返信

  1. 期待してたわりには凡庸な作品でした。
    ケンがコロンボにジワリジワリ追い詰められるって感じなところがなかったですし。
    コロンボもコロンボで怪しいと思ったら
    ケンを付けとけばあの雑貨店の女が死ぬこともなかったのでは?
    車も店の前に横付けしてたしバレバレじゃないですか。
    ワインの瓶も湖にすてちゃうし。
    同じような終わり方だったら殺しの序曲の方が全然上だと思いました。
    たぶんスピルバーグが監督っていうのが
    順位を底上げしてるのだと思う。
    キャシディ作品なら魔術師の方が断然上だしちょっと期待外れでした。

  2. 初めまして
    ケンがラサンカ夫人に渡した著書のタイトルが「殺人処方箋」ですね。
    これはコロンボ第1話のタイトルですよ。
    ということは、ジムとケンのモチーフはリンクとレヴィンソンなのかもしれません。

  3. ぼろんこさんご指摘のように初期の作品は恐喝者が殺されるパタンが多いすね。
    またあらためて見ると初期の作品はコロンボの犯人に対する言葉遣いがキツイです。
    最後のオチと言うかツメが甘いですね。
    それほど「膝を打つ」展開ではありません。
    この程度で自分の罪を認めてしまう犯人はどうかしてるなあ。

  4. BSスペシャル投票第8位。スピルバーグの出世「前」作wとして名高い本作ですが今改めてみると、後のリアルとブラックユーモアの共存した演出の片りんが伺えるのかな?あの、せっせとオムレツ作りながら安否を気遣う「変さ」。ラサンカ夫人のスピルバーグならでは?のグロテスクな描写。一方で状況証拠の数々(長距離電話の通話記録etc.)は思うに視聴者に見せるだけで説明は「観れば分かる人には分かるから不要」とカットした、と今回はあえて断言しておきましょう。
    さて、昔から問題になるラストの自供ですが、コロンボがジムの妻にケンが犯人だとぶつけて、二人のことを何でも話してくれと依頼し、それをじいっと聞き入る場面が挿入されています。これは、話を聴いたコロンボが、こうやればケンのプライドが刺激されて絶対自供する、とする方に賭けた、伏線シーンだ、つまりコロンボが仕掛けたと今回は断言その2(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.