29話「歌声の消えた海」

Troubled Waters
1975[第4シーズン 29話]

お馴染みの俳優、ロバート・ヴォーンが登場。

中古車販売会社社長ヘイドン・ダンジガー(ロバート・ヴォーン)が登場。この俳優ロバート・ヴォーンは、0011ナポレオン・ソロというテレビ番組をよく見ていたので、最初にこの作品を見た当時(おそらく私は小学生)は、最も好きな作品のひとつでした。

人の弱みに付け込むことは「命取り」

動機は自分の浮気相手から脅迫されたというもの。今回の犯人ダンジガー氏は、コロンボシリーズの犯人の中でも抜群の「セレブ度」ではない感じ。苦労して中古車販売会社を育ててきた印象です。だから、それを失うことをとても恐れたし、脅迫には屈しないという感情も出たのでしょう。人の弱みに付け込むことは「命取り」に なりかねませんね。18話「毒のある花」21話「意識の下の映像」でも、犯人を脅迫した人が、返り討ちにあってますね。
今回のテーマが「船旅での殺人事件」ということで、まぁ壮大なスケールの中で娯楽性もたっぷりの推理モノテレビ番組~みたいになりがちですが、そんなことそっちのけで「最高傑作クラス」の充実感がありました。コロンボ夫人はアカプルコまでの客船内で一度も登場しません。しかもコロンボ警部はいつも通りのレインコート姿。この設定は疑問を持たずに受け入れるべし…ですね。

濡れ衣工作はほとんどの場合、命取りになっちゃう

29作品目ということで、コロンボ警部の貫禄具合もちょうど良い感じです。医務室で「鳥のはね」を発見したことが、ダンジガーを容疑者として絞ることの決定的な理由ですが、その他にも犯人を被害者のバンドのメンバーロイドに見せかけたい「工作」が、すべてコロンボの「引っかかり」の対象になってしまうという皮肉。
コロンボ作品で犯人が「被害者の自殺にみせかける」「第三者に濡れ衣を着せる」という行動を起こすと、ほとんど「命取り」になります。この作品では顕著ですね。

どんどん手袋が減っちゃいますよね(笑)

事件解決の道筋は大疑問。ダンジガーはコロンボ警部から「犯人は医務室から使い捨てのゴム手袋を拝借して犯行に使った。それは数を数えたから確かだ。」と、説明されているのに、同じ場所から「決め手の証拠を作るための手袋」を、もう一回拝借して濡れ衣工作をした。

ダンジガー夫人は手袋を忘れた…

ダンジガーのゴルフ用の手袋を妻ジュリアが忘れたのが、そもそもの原因。「アカプルコで買えばすむことよ」に「船中での殺人に使うつもりだったんだ」と言い返せるわけもなかったですね。

鼻歌で犯人を追いつめる珍しいシーン。

ラストシーンでは、コロンボ警部の得意技「犯人の行動から『自分が犯人でございます』と本人に言わせる」という、最もスカっとする手法が見られます。しかも、警部は鼻歌で例の「THIS OLD MAN」を歌いながら、犯人ダンジガーを追いつめます。この時の表情が最高ですね。実際のピーターフォークの鼻歌では「ダンジガーさ~ん♪」は、確認できませんでした。

スーザン・ショウ

脇役ですが、看護婦メリッサ役の女優はスーザン・ショウで、アドベンチャーファミリーにも出演。さりげない優しさが演技に出ていました。死体の検査をする場面では少し緊張した表情でしたね。とても人気が高いキャラクターです。

ロイド・ハリントンはエリック・ワグナー(笑)

濡れ衣を着せられるバンドのピアノマン「ロイド・ハリントン」役はディーン・ストックウェルで、12話の「アリバイのダイヤル」で殺害される御曹司エリック・ワグナーと同一人物です。素敵な俳優さんでした。

監督:ベン・ギャザラ
脚本:ウィリアム・ドリスキル
ヘイドン・ダンジガー:ロバート・ヴォーン
ロイド・ハリントン:ディーン・ストックウェル
客船のパーサー:バーナード・フォックス
看護婦メリッサ:スーザン・ショウ
ロザンナ・ウエルズ:プーピー・ボッカー
ギボン船長:パトリック・マクニー
加筆:2016年10月18日

“29話「歌声の消えた海」” への37件の返信

  1. 刑事コロンボ歌声の消えた海プーピーボッカーは他に出ている作品は?今はなにをしているのかな。役名歌手 ロザンナウエルズ

  2. コロンボ研究本によると、コロンボは手術用の手袋を拝借していたはずです。恐らくラストに使われたのは、その手袋でしょう。コロンボは予め手袋をひっくり返して、自分の指紋を付けたのです。つまり、本当はやってはいけない証拠の捏造です。^_^
    そうと気付かないダンジガーさん~♪はあっさり自白してしまった訳です。当然裁判だときつくなりますが、鉛筆の粉で指紋を取ると、「大事な証拠が台無しになる」ので、捏造も判定出来なくなるのではないかと。

  3. こんばんは、はじめまして。関西在住の青二才yamato(24歳)ともうします。
    刑事コロンボも0011・ナポレオンソロも親父から教えてもらいました。どちらも60年代から始まった海外ドラマの代表格です。小池朝雄さん(コロンボ警部)、野沢那智さん(イリヤ・クリヤキン)も実に素晴らしいキャスティングでした。ロバート・ヴォーン氏も大好きで「荒野の七人」も「スーパーマン3・電子の要塞」も何度も観てます。ちなみに僕は彼と同じ誕生日です。
    ところでコロンボ警部ではありませんが一つ気になることがありました。それは本編のキャスティングに船長役のパトリック・マクニー氏の名前が無かったことです。パトリック・マクニー氏と言えばドラマ「おしゃれマル秘探偵」や「007・美しき獲物たち」などが有名ですがことにロバート・ヴォーン氏とはテレビ映画「0011・ナポレオンソロ2」で共演されていることからも加筆すべきなのではと…しかし僕のような若輩者がしゃしゃり出てきてのぶしつけなコメントにお気を悪くされたらすいません。暑い時期ですので熱中症などにはお気をつけて下さいませ。どうも失礼いたしました。

  4. 二度目のコメント、失礼します。
    実は恥ずかしながら一番最初に観たときは手袋をめぐる流れに少し頭が混乱してしまいました。ここでぼくなりに整理してみます。
    はじめ、ダンジガーは革手袋で犯行を行う計画だったが、妻が荷造りし忘れてしまった。
    →仕方なく、医務室から拝借したゴム手袋で代用。犯行後、ゴム手袋がずっと手許にあってはまずいのであまり深く考えず海に捨てる。拳銃はロイドを陥れるためにわざと残す。
    →船員でもバンドのメンバーでもない自分は疑われるはずはない、と考えていたが、落ちていた羽毛をきっかけにコロンボに目を付けられる。
    →さらに、拳銃は見つかったのに手袋がないという致命的な矛盾を突かれる。
    →じわじわと証拠を集めたコロンボはダンジガーに、管理されていたゴム手袋がひとつ足りないことを伝え、「ロイドが犯人ならば彼が盗んだはずだ」と吹き込む。
    →ダンジガーはその罠に飛びつき、再度手袋を盗んで証拠を捏造する。
    →そして、手袋に付いた指紋が決定的証拠となり逮捕。
    こんなところでしょうか。どこか間違えていたら、教えていただけると幸いです。
    もうひとつ。rayさんのコメントから興味をもってもう一度鑑賞してみると、その緊密さを再確認できました。クライマックス、ダンジガーが船の避難訓練ですぐ見つかるように手袋をホースの間に隠しておくくだりもそうですが、硝煙反応をでっちあげるために船内のマジック・ショーで使われた銃を利用する点など、本当に無駄のない造りです。

  5. はじめまして。
    丁度昨日BSで再放送していましたが、最後のかかっていたメキシコの曲のタイトルがわかる方いらっしゃいますか?
    最後のクレジットの時もかかっているのですが、トランペットが旋律の速い曲です。
    ネットで調べても出てこないし、どなたかおわかりになりましたらご教授お願いします。
    今、仕事で丁度この曲と向き合っているので、原曲が知りたくて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.