9話「パイルD-3の壁」

Blueprint for Murder
1972[第1シーズン 9話]
私は小学生の頃に初めて刑事コロンボシリーズを見て、それ以来のコロンボファンなのだが、第1シーズンの中で最も記憶に残っていたのがこのパイルD-3の壁。建築家のエリオット・マーカム(パトリック・オニール)が出資者のウィリアムソン氏を殺害し、しかも「死んだように見せない」要するに「生存しているが行方不明」に見せるというお話。
→エリオット・マーカムの事務所

大胆な死体遺棄計画

原題の「Blueprint for Murder」にはパイルという単語が入っておらず、ぼろんこ風に訳すと「殺人の青写真」といった感じ。邦題「パイルD-3の壁」は一見、殺害のトリックを題名にしてしまっている気がするが、むしろそれよりも最後にコロンボ警部が語った「一度捜査された場所に、遺体を隠そうとした」という、犯人エリオット・マーカムの「恐るべき大胆な死体遺棄計画」が見どころだったのでしょう。

緊張感の漂う掘り起こしシーン

工事現場でパイルを掘り起こすシーンでコロンボ警部が缶コーヒーのようなものを飲み干す場面には、リアルさを感じます。しかし、マーカムの言動から死体遺棄計画を察知したコロンボ警部は、その作戦に乗じた形で一度パイルを掘り起こし、まんまと罠にかかった「演技をしていた」というのです。それを承知でもう一度見てみると面白いです。
→工事現場だと思われる場所

わかりやすい手掛かりが…

今回は、割と分かりやすい「容疑者特定」のヒントもあります。ウィリアムソンシティの一件で、建築家マーカムと出資者ウィリアムソンの仲が抜き差しならぬ状況だった証人が複数存在します。カーラジオの不思議を発見したことは、コロンボ警部ならではの観察眼ですが、殺人(死体遺棄)行為の最中、被害者の車のカーラジオを自分の好きな音楽にチューニングし直すことは不自然で、視聴者にわかりやすくストーリー展開させるために必要だったと想像できます。

無駄だとは思わせないシーン

また、遺体移送中の車が高速道路でパンクし、白バイ警官にトランクを開けられそうになり困る場面は、ラストの解決シーンに向かう中では無意味にも感じますが、犯人の「あとは遺体を捜査後のパイルに埋め直せばすべて終わる…」という、最後の大仕事を前にした心情を描いているのでしょう。

犯人を捕獲するエンディングは見事

ラストシーンは圧巻です。「指輪の爪あと」「白鳥の歌」でも同じ手法です。暗い中で犯人が決定的な行動を起こす最中に、スポットライト(車のヘッドライト)などが突然照射され、獲物を捕らえるというもの。この効果は絶大で、度肝を抜かれた犯人は、潔く観念します。(指輪の爪あとのブリマーは、それでも抵抗しようと試みましたが…)

建築局では待たされたあげく…

建築局で待たされるシーンはとてもユニーク。技術課ではさらに長い行列がでいていて。その果てにお昼休み。少ない台詞で淡々と描かれますが、楽しいです。

ジャニス・ペイジ

被害者ウィリアムソン氏(フォレスト・タッカー)の前妻ゴールディ役のジャニス・ペイジはとても印象に残りました。犯人エリオット・マーカム役のパトリック・オニールは、43作「秒読みの殺人」にもフラナガン役で出演しています。

パメラ・オースティン

若い奥様役はパメラ・オースティン(当時31才)で、ジャニス・ペイジ(当時50才)と比べると確かに若い。それでもペイジは50才にしては若く見えますね。

ジョン・フィネガン

現場監督のカール(赤いヘルメット)はジョン・フィネガンで、ダフィー警部や新シリーズの「バーニーの店」オーナーなども演じる名脇役です。

エリオット・マーカムが聴いていたクラシック音楽

マーカムの事務所で血染めの帽子について思案する場面では、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を聴いていました。特に第2楽章が印象的。その他、モーツァルトのピアノ四重奏曲第1番-第1楽章、ベートーベンの弦楽四重奏曲第1番-第1楽章も使用されているらしいです。これらは今後確認します。

監督:ピーター・フォーク
脚本:スティーブン・ボチコ
エリオット・マーカム:パトリック・オニール
ウィリアムソン:フォレスト・タッカー
前妻ゴールディ:ジャニス・ペイジ
妻ジェニファー:パメラ・オースティン
カール:ジョン・フィネガン
 
加筆:2015年3月9日 

“9話「パイルD-3の壁」” への22件の返信

  1. 個人的には、マーカムのキャラクターもいいと思いますし、ゴールディのキャラ、コロンボとの相性がとても好きです。
    役所で待たされるシーンは、背景で流されている雑音によって、長くぼんやりした時間が上手く表現されていると思いました。
    マーカムが白バイに冷やりとする場面も、筋としては無くていいはずなのに、何故かあったほうがいいように思え、不思議でした。
    コロンボが干しぶどうをつまんでいるのもおもしろかったです。
    ただ、個人的には犯人逮捕後、コロンボが問わず語りをしすぎるのが嫌でした。これは確か「愛情の計算」でも同じでした。
    なぜ工事現場に現れるとわかったか、なぜわざわざパイルを掘り返したかという点は説明しなければならないのでわかりますが、遺体をどこに隠していたか聞いたり(実際問題として考えれば理解できますが…)、音楽の話をぶり返したり、マーカムが車に乗ってからも不必要にガッついて喋っており、カッコよさが半減している気が…。
    「指輪の爪あと」で少年時代のイタズラの話をし、排気口にジャガイモをつめて車を修理に出させるように仕向けたことを「暗に示す」演出のほうが個人的には好きでした。

  2. カーステは牧場から空港に車を走らせている時、その後の計画を色々集中して考える為、ついついクラシックチャンネルに合わせてしまったと私は考察しました。(長い間練った殺人計画では無いので)
    ところで、ゴールディがマッサージの後ガウンに着替えるシーンで、ガウンの帯結びのNGあるの知ってますか?この手の推理ドラマってNGなんて許され無いように思いますが、案外チェック甘いんですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.