65話「奇妙な助っ人」

Strange Bedfellows
1995[単発 65話]

マクベイ役のジョージ・ウェントが可愛い

牧場経営者マクベイが弟のテディを殺害。マクベイ役のジョージ・ウェントは、なかなかの存在感を見せました。大柄な体格が目につきますが、実は臆病そうでマフィアのボスに暴言を吐き付ける度胸もあったりして、とても可愛く描かれています。

また、レストランのオーナーであるロマーノを犯人に仕立てて殺害した後、「今、殺されそうになった」と警察に通報する時の顔が絶妙ですね。それにしてもマクベイさんは「スコッチ&ソーダでソーダ少なめ」を懲りずに連発するところは可愛いです。

残念な展開…でも、それが主題

「奇妙な助っ人」の邦題のごとく協力者を得て事件を解決しますが、こんな展開はこれが最初で最後。オチが「マフィアに殺されるよりも、殺人犯で刑務所に入った方がマシ」ということですが、33話「ハッサン・サラーの反逆」のイメージがちらつきましたね。さらに残念なのが、多少の暴力シーンがあり、コロンボ警部も殴られました。

捨て難い面も…

カリフォルニア尾長ネズミの話や、犯人を徐々に追い込んで行く駆け引きなど、意外と悪くない要素も多いことに気付きました。

みなさん同じビルでお仕事?

マクベイが種馬の契約をするビルは、66話「殺意の斬れ味」で、キンズレーとキャサリンが挨拶をするビルと同じです!。さらに後日発見しましたが、48話の「幻の娼婦」ですでにこのビルが登場していました。

ブリンドル刑事って?

今回ブルース・カービーは役柄ではほぼクレーマー刑事なのに、なぜか「フィル・ブリンドル刑事」として出演しています。これは「グローバー刑事=バーノン刑事」よりも深い意図を感じます。

トライコン工業の警備員が再登場

26話「自縛の紐」のトライコン工業のエレベーターの警備員を演じた「エド・マクレディ」がバーでネズミに驚いた女性を助ける男性客役で再登場しています。

→バーニーの店「BARNEY’S BEANERY」

 
監督:ヴィンセント・マケヴィティ
脚本:ローレンス・ヴァイル
グラハム・マクベイ:ジョージ・ウェント
テディ・マクベイ:ジェフ・イエーガー
ビンチェンンゾ・フォテーリ:ロッド・スタイガー
ブリンドル刑事:ブルース・カービー
加筆:2017年12月24日
 

“65話「奇妙な助っ人」” への17件の返信

  1. 前にNHK-BSで見た時は大嫌いな話だったんですが改めて見ると悪くないですね。
    犯人の追い詰められ方がいい!それだけに解決の仕方が残念・・・

  2. 驚いたことがある。ロレインさんのこと。
    「ブルーノはわたしと居たの」と、辛そうな顔をしてコロンボに告白する。
    「ママには言わないで、バージンと思っているから」
    またホテーリは「あの娘としては男と寝たとは、さぞ言い難かったことだ」
    という。
    バージンロードはバージンで歩くべきで、そういう当り前の考え方は、
    アメリカ社会に根付いていると思った。驚いたことが恥ずかしい。

  3. あんなチンピラの若造の口車で、20万ドルも賭けるなんておかしい。
    それも世間を欺いているようなマフィアなのにね。
    今日日は、裏の方々の方が遵法精神があり、表の人の方が怖いね。

  4. イタリア語問題ですが、どのエピソードか覚えていませんが、確かコロンボがイタリア語で話しているシーンがあったように記憶しています(私は吹き替えでなく原語版でシリーズを見ています)。
    ファンとしては「話せないフリをした」と考えることにして、製作サイドについては、このイタリア語の問題とか、新シリーズで「プジョーの幌を下ろしたのは今回が初めて」というセリフがあったりとか(これも犯人との会話での話題づくりと解釈しましょうか)、どうも設定の統一性のなさが時に気になりますね。
    まあ、こうしたことは多数の人が関わるシリーズものでは仕方ないのでしょうけど。

  5.  すいません、疑問に思ったので質問させていただきます。
    ご存知のようにアメリカでは長さや重さの単位はヤード・ポンド法で
    話すので、当番組の台詞も一部の例外を除いて日本語に翻訳する際に
    メートル法に直しています(「祝砲の挽歌」で事故を起こした75mm砲は
    元の英語でも「75mm」と言われていますが、これは固有名詞のようなものなので
    ヤードに直さずそのまま言っていると思われます)。
     今回はネズミの体長を調べる時に「114mm」と言っていたので、元の英語では
    どうせインチか何かで言っていると思ったのですが、コロンボがペンで
    114と書いた?ので調べてみると、元の英語でも114mmと言っているようです。
    アメリカでも科学や建築等の関係者にはメートル法でも通じるそうですが、
    一般人にはメートル法で話しても感覚的に通じないそうなので、
    今回のような状況で急にメートル法で話をするのは不自然に感じました。
    これはどのような理由によるのでしょうか。

  6. イタリア語問題に参戦します。私もシリーズ全体としてイタリア語が話せるという設定になっており、ころんぼさんのコメント通りこの回では話せないフリを貫いたのだと思います。59話の大当たりの死で話しているのに、65話で話せないのはいくらなんでも変かと。マフィアの親分もそれに気づいており、チャオの意味まで聞き返したのには呆れて、「うせろ(ゲットアウトオブヒア)」と苦笑いしながら言ったのでしょう。(吹き替えではこの親分の科白はなぜか「そうだよ」となっていました。)チャオくらい日本人でも知ってますよね。他のコロンボファンのサイトでは、コロンボ程の人物なら話せない事にして捜査に利用する設定でもおかしくないとか、イタリア語がわからないと言っている時、「お前は犯罪者、俺は警官。 同じイタリア系というんじゃない!」という目つきをしているという人もいてなるほどなあと思いました。この親分、コロンボを最後に見送るときちょっと切ない目をしています。友達になりたかったんでしょうね。つれないコロンボ警部でした。
    ところで最後のレストランでピアノを弾いているは番組最初のテーマを作曲したヘンリー・マンシーニでおそらく間違いないと思います。クレジット等にはでてきませんが

  7. 新シリーズになって、コロンボの眼力はかなり落ちたな。
    犯人との初対面で、即、犯人だという目星が付けられてない。
    ブルーノ犯人説に、やや比重があったような趣がある。
    なにせ、助っ人がいなければ犯人を捕まえられなくなった。
    脅さなければ、犯人の自供を引き出せなくなった。
    これはコロンボの老化なのか、劣化なのか?。
    いやいや、筋書きに問題がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.