43話「秒読みの殺人」

Make Me a Perfect Murder
1977[第7シーズン 43話]

テレビ局の女性プロデューサー:ケイ・フリーストン(トリッシュ・バン・ディーバー)は、支社長であり恋人でもあるマーク(ローレンス・ラッキンビル)を殺害。

「秒読みの殺人」は名作です

この「秒読みの殺人」という作品、小学生時代にも間違いなく見ていました。しかしながら、27話「逆転の構図」や32話「忘れられたスター」ほど、強烈な印象は残っておらず、少しノーマーク的な作品でした。今回、再放送を拝見し、見事な作品であることを再認識しました、名作と言って間違いないでしょう。

刑事コロンボ的ストーリー展開を感じる

犯人役の女優や、脇役俳優の良さ云々はさておき、正当派「刑事コロンボ的ストーリー展開」が色濃く、ほとんどのシーンで無駄が無く(注)、密度の濃い作品となっています。コロンボ警部の「落としのテクニック」も、期待通り炸裂してくれています。

トリッシュ・バン・ディーバー

もう一つの側面「犯人役ゲストスター」の影響力は、他の傑作と比較し線は細めです。犯人のケイは美しく描かれていますが、突出した存在であったとは感じません。それ以上に、テレビ業界という厳しい環境において、人間が壊れてゆく様を見せてくれたと思います。

出世欲の強い女性の立場

その反面、心理の描写には鋭いものを感じます。殺意、焦り、意思の強靭さなど、通常の女性では表現しづらい心の揺れを、見事に表現しています。出世欲の強い女性が、組織のトップにのし上がる過程で、仕事を愛する気持ちよりも、成功したい願望が心を支配している様子がうかがえます。周囲の男性たちは、それを好ましく思っていませんでしたね。
それと対比し、同性愛を連想させる描写もありました。女優バレリーとの関係がそれです。初期のコロンボでは扱われなかった題材でしょう。ディレクターの男性が女性的なども、類似した観点です。

終わったら、ほっとすると言うが…

犯行を認める場面で、終わったらほっとすると言うが…その逆だ。と心境を語るケイ。まだ負けたわけじゃない、きっと這い上がってみせる…という意欲をみせました、女は強い。

フィルムチェンジをアリバイに用いたトリック

本作品「秒読みの殺人」では映写時に、フィルムのリールを切り替えるタイミングを画面右隅に表示されるパンチによって、見極める‥というテクニックが焦点となっていて、邦題「秒読みの殺人」に結びつけています。それに対し、21話「意識の下の映像」で映写技師のロジャー・ホワイトは、小銭をリール中心に挟み込んで、それが落ちたら交換のタイミングだと語っています。テレビ局の映写機は最新設備で、小銭を挟めない(カバーで覆われている)タイプでしたね。

特に印象的なシーン「エレベータの中で…」

エレベータの天井に見えた「凶器の拳銃」を、犯人ケイが何とかしてそれを下に落とそうとするシーンは、秒読みの殺人で最も印象に残る場面です。身長が低い彼女が必死になっている様子がスリル満点に描かれています。しかも、その行為そのものが、コロンボ警部が仕掛けた罠だと気付かされ、完敗を認めるのも素晴らしかったです。

パトリック・オニール

テレビ局のお偉方の役で、パトリック・オニールが登場。彼は名作と呼ばれる9話「パイルD-3の壁」で犯人のエリオット・マーカムを演じています。今回もさすがの演技でした。

テレビを修理するクレイマー刑事

なぜかテレビを修理する人の役で、すっかり顔なじみのはずの「ブルース・カーヴィ」が登場。う、どう考えても不自然な起用だと思えますが、これはブルース・カーヴィが「ジョン・フィネガン」同様、特別な俳優扱いだったことを伺い知れます。

撮影所(ロケ地)のモニター室では…

ケイはコロンボ警部に追い回され、ヒステリックに叫んでしまいます。メリーゴーラウンドの音楽と目まぐるしく切り替わる画面が印象的ですが、録画して何度も見られる時代となっては、このような強烈なシーンより、静かな場面の方がありがたいですね。同じような意味で「黄金のバックル」の、ジェニーが死体を発見して叫びそうになるシーンも、早送りしたくなります。(笑)
 
注)テレビ局のモニター室でコロンボ警部が、画面に模様(パターンのようなもの)を写して喜んでいるシーンは、不要でしょうかね~。冒頭で「鼻歌を歌いながら自動車事故を起こすシーン」は、無駄と言い難い楽しいシーンでした。 
 
監督:ジェームズ・フローリー
脚本:ロバート・ブリーズ
ケイ・フリーストン:トリッシュ・ヴァン・ディヴァー
フラナガン:パトリック・オニール
マーク:ローレンス・ラッキンビル
ウォルター:ジェームズ・マクイーチン
 
加筆:2015年3月7日

“43話「秒読みの殺人」” への46件の返信

  1. はじめまして。
    刑事コロンボについて語れるブログをぼろんこさんが提供していただいてありがとうございます。皆さんのメッセージも関心して読んでます。
    BSで刑事コロンボがあっているのを今年になり気付いて見ています。
    コロンボを見たのは小学生の時なので細かなところはわからないまま親と一緒にコロンボの捜査を「すごいな〜」と思いながらみてました。この歳になり改めて見ると、コロンボの捜査や推理の凄さだけでなく、コロンボの人間性や登場人物たちの隠れた苦悩、ドラマの演出とか台本?訳?の面白さなど別の面白さに気づいて凄く楽しく見てます。もっと早くBS放送気付けば良かった(T ^ T)

    この回は最後のシーン、ケイの仕事現場にコロンボがやって来て、そこにあるメリーゴーランドで「双頭の鷲のもとに」が必要以上にガンガン大きな音でかかってなんか聴き苦しいなぁと思って見ていると、ケイがコロンボが来た事に気付いてモニターを見ていたら変な波形がビヨーンビヨーンと出てきて全てのモニターが制御できなくなって‥‥というシーンがありました。
    そこなんか、私が追い詰められ焦った気持ちになりました。あまりドラマや映画を見ない私ですので的を射ない解釈でしょうが、ケイの気持ちを音と映像で演出してるのかなと思いました。
    これからの放送が楽しみです♪( ´θ`)

    1. メリーゴーランドで「双頭の鷲のもとに」のシーン、からの印象は同感です。見ている側もイライラさせるような演出ですね。

  2. たしかにこれだけ判断ミスが連続すると、ケイのLA支社長はムリ筋だったと思わざるを得ませんね。被害者は見る目があったのです。それはともかく、この作品はダウトが多いです。冒頭、事件が起きる前にも関わらず支社ビルの窓ガラスにコロンボのプジョーが駐車してあるのが映っています。またエレベーターの天井にある拳銃をケイが背伸びして取ろうとするシーンでも、ラジカセから折り取ったアンテナの先が折れ曲がっていたかと思うと次にはまっすぐに戻っていたりします。このフィルムの編集にもケイが係わっていたのでミスが多いのかも??

    1. 事件の起こる朝ですね、テレビ局のガラスにコロンボの愛車が映っています。これは面白いですね!!
      アンテナのことは大目に見ましょう。

  3. 刑事コロンボは、ディレクターから演出まで様々な人間が関与していて、作品によって多少雰囲気が違います。この作品は、緊張感、重さが感じられる演出になっていると思います。単なる頭脳戦というよりは、心理戦。敢えて言うなら、拳銃の隠し場所、コロンボの追求に思わず反応してしまうところ等々、ややつっこみどころも多く、頭脳戦というには稚拙。しかし、名作であるのはやはり、この作品の雰囲気にあると思います。ドラマ性が高く、今のドラマや映画にはない人間性の描写が秀逸です。愛すべき作品だと思います。

  4. 先日のBSで放送されたものを見ました。
    以前このサイトで、何か重大な誤訳か何かを存在すると聞いた覚えがあったのですが思い出せないでいたところ、改めてコメントを見て思い出せました。
    2015年11月29日のけいさんのコメントを確認して改めて該当箇所を日本語音声・英語音声で聞いてみましたが、英語音声ではボソッとコロンボと刑事が言葉を交わしてるのがわかるくらいで、聞き取れるような会話はされてないようでした。
    けいさんの仰る音声も、DVDや放送によっては編集で消されてしまったのかな?と想像してみたり。。

    しかしあの際の身ぶりを見ると、エレベーターの上部から見つかったという事を話している事は間違いなさそうですね。うーん、幻の(?)セリフをぜひ聞いてみたいところです。

  5. 全体が重い雰囲気なので、皆さんの解釈が分かれる作品なんだと思います。
    犯人はヴァレリーとお互い支えあっていました。同性愛というより、共依存に近いかも。しかし犯人ケイは、自分のドラマを放送するため、どう考えても生放送は無理なヴァレリーを推します。まんまと差し替えますが、楽しいバラエティの時間にあのドラマじゃ、たいていの人はチャンネル変えますよ。

    ケイは、恋人にされてイヤだったことを、友人にして踏み台にした。殺人の動機自体は同情しないでもないが、自分を頼った人に絶望を突きつけた点は、裁判で不利になるでしょう。

    ヴァレリーが薬物依存から立ち直るか、そこら辺が気になります。難しいでしょうが。

  6. BSスペシャル投票第13位。しかし観る度に発見があるものです。今回は昨今国際的話題となった #metoo 運動を想起したので仕事にも恋にも全力の女性の野心、哀愁、男性スタッフの視線、に見入りました。また、うがち過ぎかもしれませんがマークの「君は決断ができない」以前は、そうは見えないなあ、と思っていたのですが、そのケイが下した決断が、ダンサーのバレリーの件、ドラマ「ザ・プロフェッショナル」といい、何より殺人といいことごとく失敗だった。そして挫折。失意。対照的にコロンボのむち打ちを巡るとっても妙な会話。調整室の変な映像。アメリカ人はあれをどういう風に観てたんだろうなど。やはりインパクトがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.