66話「殺意の斬れ味」

A Trace of Murder
1997[単発 66話]

キャサリンと愛人パトリックは、夫クリフォードに殺人の罪をきせるために第三者(セルツァー)を殺害するという話。

クリフォード・カルバート は強烈

まず投資家クリフォード・カルバート(バリー・コービン)のキャラが強烈、それに比較すると犯人のパトリック・キンズレーは一見弱く感じるが、実はロス警察の科学捜査班。共犯のキャサリン・カルバートは、かのシェラ・デニスということで、かなりエンタテインメント性があり楽しめる作品です。

真面目に生きてりゃ良かったのにね

キンズレーが殺人を犯す動機は、私には理解できません。キャサリンをどれほど愛していたか?というのが大きな疑問ですし、クリフォードが仮に逮捕された後、キャサリンとの仲をどのように維持しようと目論んだのでしょう?大人しく警察官としての人生を全うすべきでした。この事件以外には、全く汚点がなかったのでしょうから。

強引な偽証拠

決め手となるのはむしろ「猫の毛」じゃないでしょうかね?背中にあれほどの猫の毛が着くということも、あり得ないことだと思います。もしもそのような状況になったとしても、細心の注意を払って猫の毛を取り除くでしょうね。葉巻の切れ端を現場に残すなど、もっての他ですね。その反面、犯行現場とコンビニの位置関係の話は面白いです。

バーニーのお店ですが…

重要なシーンで使用されたバーニーのお店ですが、62話「恋に落ちたコロンボ」の時と全然別のお店に見えますね。65話「奇妙な助っ人」では全く雰囲気の異なる「明るい雰囲気の」店でした。
→バーニーの店「BARNEY’S BEANERY」

これも珍しい、コロンボ警部の事件解説

事件解決の場面は面白かったというか、痛快でしたが、最後の解説シーン(バーニーのお店)は必要だったでしょうか?路上シーンの延長で十分表現できた気がします。

どうでも良いけど調べてみた

捜査の過程で登場する被害者セルツァーの女性弁護士「ドナ・ブロック」はトレーシー・ローズと名付けられていますが、深い意味があるのか?疑問。とても美しく魅力的な女性弁護士でしたが、それだけの役でした。

何度か見直しているうちに気付きました

クリフォードの要望で弁護士を通すことになり、コロンボ・弁護士・クリフォード同席の場で、キンズレーとキャサリンが挨拶をするビル(建物)は、その前の回の「奇妙な助っ人」で牧場経営者マクベイが種馬の契約をするビルと同じです!

 
奇妙な助っ人が1995年の放送に対し、殺意の斬れ味は1997年。ビルを撮影したアングルもそっくりで、同じ日に撮影したものを使い回していると考えられます。→その後の発見で48話「幻の娼婦」(1989年)ですでに登場していること判明しました。6年前のフィルムを流用したかどうかまでは、分かりません。
 

パトリック・キンズレー

犯人のパトリック・キンズレー(デビッド・ラッシュ)の日本語吹き替えは船越英一郎さん。とても有名な俳優さんの声なのに、気付かなかった人もいたのでは?

 
監督:ヴィンセント・マケヴィティ
脚本:チャールス・キッズ
パトリック・キンズレー:デヴィッド・ラッシュ
キャサリン:シェラ・デニス
バーニー:ジョン・フィネガン
 
加筆:2013年10月8日 
 
 

“66話「殺意の斬れ味」” への23件の返信

  1. いつも楽しく拝見させて頂いてます。この作品、キンズレーとキャサリンは本当に愛し合っていたんでしょうかね…二人はお互いをいつも罵りあってばかりで。でも、コーヒーの好みや助手席のドアとか、キンズレーの優しさが共犯を見破られるきっかけになるんですよね。やっぱりそこに愛はあったのでしょうね。もっと美しく描いて欲しかったな~。
    ところで、顧問弁護士のトレーシーローズ(?)ですが、この方、ハリソンフォードのエアーフォースワンにもテロリストに殺害される副報道官の役で登場していますよね!コロンボではちょっとしか出てきませんが素敵な女優さんですね。

  2. エレベーターは「秒読みの殺人」と似ていますが、写真判定してみたところ、別の場所みたいです。

  3. 2人の関係が知らず知らずの内にコロンボにバレていたのが面白い。
    そして最後の醜い争い・・・・結局、何のために殺害したのか分からなくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.