20話「野望の果て」

Candidate for Crime / 1973

動機は十分と言えそう。

上院議員候補ヘイワード氏が自分の選挙参謀ハリー・ストーン(ケン・スウォフォード)を殺害します。被害者ストーンはヘイワードの不倫の秘密を知っており「愛人と別れるように」命令したことが直接要因となっています。動機はそれだけではないのでしょう。脇役であるはずの選挙参謀が主人公である上院議員候補に対し「自分の操り人形になれ」とばかりの横柄な態度を見せています。

冒頭シーンのBGM

このどこか不気味な雰囲気のする音楽は、24話「白鳥の歌」や25話「権力の墓穴」にもアレンジを変えて使われています。印象的な曲で大好きです。

YouTube「野望の果ての冒頭シーンをパソコン演奏で再現」しました。音楽もお好きな方は、こちらもご覧ください。(*ご注意:YouTubeへのリンクは音が出ます!)

脅迫に屈しない候補者をジャッキー・クーパーが好演。

ヘイワード氏はたとえ脅迫されようとも屈せず、犯罪撲滅を訴える勇気ある候補者を演じようとしていました。脅迫犯がストーンを殺害することで「同情票と邪魔者抹殺」の一石二鳥を狙ったのでしょう。それにしても選挙前の最も大切な時期に、身近な人物を殺害してしまうというリスキーな行動に出るでしょうか?

しかし、それを納得させちゃうようなキャラクターが犯人のネルソン・ヘイワード(ジャッキー・クーパー)です。全編に彼の人間臭さ、幼稚さが描かれています。ヘイワードはコロンボの執拗な捜査に腹を立て、嫌悪感を露にします。そして愛人と本妻との板挟みで、徐々に選挙どころではなくなっていきました。

日本語版吹き替えは初代風車の弥七。

日本語版吹き替え:中谷一郎(なかたにいちろう)さんはテレビ時代劇「水戸黄門」の初代「風車の弥七」としてもお馴染みの俳優さんです。

待たされた選挙事務所での観察眼

夫人と仲睦まじい演技を見せるヘイワード。それを不愉快そうに眺めるリンダ。新調した上着を届けに来る男性。妻の秘書であるリンダと二人きりで打ち合わせをしている執務室も不自然。コロンボは待たされている間、そんなことを観察しています。

ヘイワード候補の説明は、ことごとく却下。

執務室では、コロンボの疑問を解決すべく口にした「アドバイス」が、ことごとく跳ね返され次第に追いつめられていきます。

行動がいちいちわざとらしい、ヘイワード氏。

妻の秘書に「脅迫状が届いたことを告げる」シーンは面白いです。すごくわざとらしいヘイワードの表情と口調を楽しめます。また、テレビ演説の収録場面はコロンボと奥さんの会話で気が散ってしまうヘイワードさんも可愛いです。

選挙対策室ベランダの爆竹は大減点!

ラストの自作自演の場面では、ベランダに爆竹の燃えカスが残ったはずで、これが「減点対象」となりこの作品の支持者を減らしています。たった今銃撃されたことを周囲に認めさせる工作ですが、かなり無理があります。

「野望の果て」は出演者のキャラクターが光ります。

犯人役のヘイワード氏を筆頭に、憎まれ役の参謀ハリー・ストーン、美人秘書のリンダ、夫人のビクトリアなどなど。とても魅力的な脇役が揃っています。

ジャッキー・クーパーのラストの表情は切ない

演技が軽いという評もあるようですが、刑事コロンボの犯人役で最も印象に残る人のひとりです。また彼が逮捕されるシーンではコロンボ警部の「はい。はい。はい。はい。いいえ。」という名台詞が登場します。そして「あなたを逮捕します」と言われた直後のジャッキー・クーパーの表情「目を閉じる演技」は哀愁が漂います。

初期コロンボの美人秘書の典型?

この作品「野望の果て」の脇役ヘイワード夫人の秘書のリンダ(ティシャ・スターリング Tisha Sterling)は、コロンボ作品に登場する若い美女像の典型のように感じます。その後に登場する26話「自縛の紐」の犯人マイロ・ジャナスの秘書ジェシカ・コンロイにも共通点を感じました。

真面目で正直者だから…

コロンボの執拗な聞き込みに対して「何も知りません、失礼します。」と、一刻も早く立ち去ろうとしますが、ヘイワードの人格性について聞かれると力説してしまい、益々疑われてしまうのです。

刑事コロンボで最も素敵な「犯人の奥様」の一人

ヘイワード夫人はジョアンヌ・リンヴィル(Joanne Linville)で、シリーズ中で最も素敵な「犯人の奥様」だったと思えます。夫の選挙活動の手伝いから、不倫疑惑の浮上、殺人犯人へと転落するまでの心の動きをよく表現していました。

テレビ演説でのカメラ撮りのシーン

テレビ演説でのカメラ撮りでの彼女とコロンボ警部とのやりとりは楽しく描かれていましたね。コロンボから「ハリー・ストーンが頑丈な腕時計を所有していた」と…テントの柱でコツンと音を立てられ、ビクッとする仕草が可愛かったです。その他のシーンでも、夫の行動に疑惑を感じつつも、愛は失っていない妻の心情がよく出ていました。

ヘイワード夫人の親友はミシンのおばちゃん

コロンボファンの方より教えていただいた情報ですが、ヘイワード夫人の親友「ルーシー」は24話「白鳥の歌」で「ミシンのおばちゃん」と同一人物「ルシール・メレディス(Lucille Meredith)」さんです。

まさか奥様まで殺害?

自宅の(びっくり)バースデイパーティの冒頭シーン。まさか奥様までついでに殺してしまうのか?と思わせる効果的なシーンでした。その後、明るくなった部屋で「奥様に会うためにそんなに手数をかける‥」のセリフがルシール・メレディスさんです。

なんで名前が違うの…?

ヘイワード氏の警備を担当したバーノン刑事は、11話「悪の温室」でグローバー刑事として登場していましたね。両役とも良い味を出していたと思います。演じるのは「ロバート・カーンズ」という俳優さん、この人は大好きです。
参照:「ロス警察の気になる同僚たち」

ヘイワード候補の護衛の責任者

ヘイワード候補の護衛の責任者で、殺害されたのがストーンだと分かると、その捜査をコロンボに任せる上司は俳優「リジス・コーディック」。この人は前作の19話「別れのワイン」でエイドリアンの友人ルイスを演じています。

ロハス刑事

前半で選挙対策室の駐車場から立ち去るヘーワード(本当はストーン)の車を追いかけ、跳ねられそうになるのがロハス刑事:ジェイ・バレラです。その後は2度と失敗しないよう、ギラギラした目つきでヘイワードに張り付いて護衛する姿がとても印象的。この人は33話「ハッサン・サラーの反逆」でオルテガ警部として再登場しています。

チャドウィック紳士服店

チャドウィック紳士服店のマネージャーは名優ヴィトー・スコッティ。犯人のネルソン・ヘイワード氏の行き付けの紳士服店で、コロンボ警部が自分もボウリング祭り用のジャケットを作って欲しいと依頼し、軽くあしらわれるシーン。仕上がりの期日を告げられて態度を一転するのがこっけい。

ジュード・フェアズ

コロンボ警部が運転中に検問される際に登場する若い方の警官役のジュード・フェアズは26話「自縛の紐」で健康クラブの清掃員:マーフィとして再登場しています。愛嬌のある表情が素敵です。ワイパーのぎこちない動きに唖然としてました(笑)

同行の警察官も可愛いおじさん

ジュード・フェアズと共にコロンボ警部の車を検問する警察官は「サンディー・ケニオン」。必ず車を修理するように警告します。時間稼ぎのようなシーンですが、この後「車を整備に出しヒントを得る」ことにつながっています。

ガゾリンスタンドの整備士

コロンボの車を修理した整備士は、ジェームス・G・リチャードソン。修理費が高いだの、変装して捜査か?だの、楽しい会話のシーンです。事件当夜にはガソリンが売り切れて、店を早仕舞いしたという重要な証言を得て、高い修理代が帳消しになりました。

テレビのアナウンサー

選挙速報のテレビ番組のアンサウンサーは、「クリート・ロバーツ」で俳優というより実際にアナリスト的に活躍されていた方のようです。5話「ホリスター将軍のコレクション」でもアナウンサーとしてテレビに写っています。

監督:ボリス・セイガル
脚本:アービング・パールバーグ 他
原案:ラリー・コーエン
ネルソン・ヘイワード:ジャッキー・クーパー
ビクトリア・ヘイワード:ジョアンヌ・リンヴィル
リンダ・ジョンソン:ティシャ・スターリング
ハリー・ストーン:ケン・スウォフォード
紳士服店主チャドウィック:ヴィトー・スコッティ
バーノン刑事:ロバート・カーンズ
ビクトリアの友人ルーシー:ルシール・メレディス
ビクトリアの友人:ダイアン・ ターレイ・トラヴィス
歯医者メレンチョ:マリオ・ガロ

加筆:2020年7月26日

“20話「野望の果て」” への94件の返信

  1. 犯人の奥様ヘイワード夫人が印象に残るエピソードでした。
    夫の浮気を疑い、酒浸りの自暴自棄の毎日を送っていたところから、選挙活動を通して夫の愛を再確認、自信を取り戻して生き生きとしていく過程が、見ていてちょっとツラかったです。
    誰かに必要とされているって、こんなに人を変えるんですね。

    翻って夫のヘイワードですが、ジャッキー・クーパーがあまりにも善い人、笑顔が可愛くて、いまいちピンときませんでした。秘書のリンダとはまるで親子みたいで、不倫カップルには見えなかったですし。
    ロス・マーティンとか、ロバート・ヴォーン、パトリック・オニールあたりが演じたら、もっとハマったのではないかなぁと思いました。

    1. ぼろんこさん
      すみません、訂正お願いします。
      夫と秘書の浮気→夫の浮気
      夫人は、浮気相手がリンダというのは気が付いていなかったようですね。
      それだけが救い?だったかも(笑)

    2. いやいや、政治家という職業の犯人なのに、動機が完全に個人的で、共犯なしの完全な単独犯という潔さが、この回の重要な魅力ですよ。地位を悪用して他人を動かす、という権力犯罪の卑劣さがない。周囲の人も善人ばかりで、視聴者も温かい感じに包まれる。むしろ被害者が高圧的で、視聴者にも不快感を持たせるように誘導しているので、犯人に嫌悪感が起こらない。そんなに冷徹でも狡猾でもなさそうな人が、不器用ながら完全犯罪に奮闘するという筋が、視聴者を魅了するのです。手口のアラも、むしろ好人物っぽい人にやらせたほうが自然で、説得力がある。
      あと、候補者が犯人という筋なので、党派がさっぱりわからず、すごく抽象的に演出してましたね。民主党か共和党か全然わからないように。
      私には、ジャッキー・クーパーの魅力を充分に引き出した傑作回だと思います。

      1. わたしはヘイワードの打算的なところが目についてしまいました。気持ちはすっかり離れているにも関わらず、選挙活動のために夫人を利用しているんですから。
        なので、ジャッキー・クーパーさんのような邪気の無い笑顔を見ると「?」がついてしまったんです。あくまでも個人的な印象なので、ご容赦ください。

        シリーズ初の選挙ものでしたね。アメリカのキャンペーンの盛り上がりぶりは凄いですね。時代はかなり遡りますが、アメリカ人の生活を覗けるのもこのシリーズの楽しみの1つです。

  2. これは未見のエピソードでしたが、自作自演の脅迫状等で自身をヒーロー化しようとする姿勢にはあまり共感できませんね。人柄的には好きなタイプだけにちょっぴり残念。
    素敵な奥様をもっと大事にすればいいのにと思いながら、やや薄味な印象でした。

    なお余談ですが、ヘイワード夫人役のジョアンヌ・リンヴィルさんもスタートレックに出ています。第3シーズンの「透明宇宙船」というエピソードでなんとロミュラン艦隊司令官役を野性的+妖艶な感じで演じております。

  3. ぼろんこさん、こんにちは。
    初めてコメントいたします。再放送の後など、町田暁雄氏のムックと合わせて楽しんで読んでおります。

    この『野望の果て』ですが、活気ある雰囲気で多くの詰め手を用いた、オチの微妙さを除けば優れたミステリだと思いました。
    唯一気になったのが、犯人が自宅から電話をかけるくだりなんですが、警察の捜査でどこからかけられたか分からないものなのでしょうか?
    当時の技術では市外か市内かを分別するので精一杯だったのかな。

    1. たぶん、当時の技術でも何番から何番にいつどれだけ掛けた、は識別できたはずです。そうじゃないと電話料金を請求できない。基本料金だけで市内は掛け放題だったのか? だとしても、「二つの顔」のラスト、コロンボが兄弟の通話記録を突きつけてるのが説明できない。
      ここが大きなマイナス点なんです。「構想の死角」以来、電話が掛けられた場所を誤認させないと成立しない、素人ならまだしも警察当局なら簡単に調べがつくはずの点に知らん顔をしている手口が多い。ミステリーというのは模倣犯防止のために故意にアラを仕込むことがある、と聞いたことがありますが、やはり「担当がコロンボでなくても、現実にやったら間違いなくバレる」手口であることが製作陣には必要だったのかも知れません。

      1. 通話記録というと「アリバイのダイヤル」も気になります。
        コロンボは録音テープの中に、あるはずの時計のベルの音が無いということを、ハンロンのアリバイを崩す決め手にしています。しかし電話局の通話記録を調べれば、公衆電話からの通話だと判明して、専用ボックスに居たというハンロンの証言は嘘ということは簡単に見破れたでしょうね。

        「模倣犯防止のために故意にアラを仕込む」というのは知りませんでした。
        確かにこういった犯罪ドラマを模倣するリスクがゼロとは言えないですものね。

  4. 20話 野望の果て に
    犯人役がアクの強そうな政治家って感じにぴったりの俳優さんで面白く見ました。
    車の整備士の気のよさそうな兄ちゃんが長髪でああ80年代L.Aって感じでした。
    あと女優さんたちのドレスの着方が随分ルーズだと思うのですが、これも時代でしょうか。

  5. 自宅から警察に電話する必要は有ったのかな。
    別荘が人里離れたところにあるから、発見は遅れるのだろうけど。

    爆竹をさすがにバルコニーに放置はしないと考えました。
    外に捨ててから部屋の中に戻ったのだろうと。
    皆が入ってくるまでに、自然な位置に戻るのは難しいよね。
    爆発する瞬間に外に向かって投げたのかな。

    ヘイワード氏がそんなに頭脳明晰では無いという演出なのですね。
    でもでも最後のキレは最高ですね~。

    1. 自宅から警察に電話する必要は、ないですね(笑)
      でもヘイワード氏としては、脅迫犯の仕業であること、
      自分のアリバイを強調したいことなど、考えが巡りますね〜。
      それと爆竹ですが(これは拘ります:笑)、
      爆竹は爆発すると、原型をとどめず紙の破片などが散乱します。
      爆発する瞬間に投げていません(無理っぽいけど)。床で爆発しています。
      でも「最後のキレ」が爽快なので、好きです!

  6. 殺人現場で、コロンボはあっちをウロウロこっちをウロウロして、上司を呆れさせていますが、
    このシーンで上司の話を聞いている刑事の一人は、「パイルD-3の壁」で建築局の行列のシーンで、
    コロンボのすぐ後ろに並んでいる人と同一人物に見えます。
    「パイルD-3の壁」コメント欄での私の書き込み(2020年5月28日)もご覧ください。

    1. 上司の話を聞いている刑事=建築局の行列のコロンボの後ろの人
      確かに同一人物です!
      俳優の名前などは、現在わかっていませんが、
      とても嬉しい発見でした。ありがとうございます!

  7. テントのポールにぶつけられても壊れなかった腕時計には「SEIKO」のロゴが(録画を静止画像にして初めてわかったんですが)。他の回で犯人がマージャンを嗜んでいる設定だったり、フグ毒が凶器だったり、海辺の捜査でコロンボが唐突に「日本はあっちの方角かい?」と言い出したりと、あたかも当時の日本での高視聴率を意識したかのような設定や場面がシーズンが進むと次第に増えていくような気がするのは私だけでしょうか?(子供の頃の曖昧な記憶なので違ってたらごめんなさい)

    1. アメリカ人的発想では麻雀は中国のお遊びだと思います。日本人の視聴率を意識したと言うより、アメリカにおける日本の経済的プレゼンス(良きにつけ悪しきにつけ)が無視できない時代に差し掛かってきたから自然と日本の話題が出たというのが真相ではないでしょうか。

      1. 他国にも配給している番組ですから、仰る通り「ロスの日常における日本」を演出したまでであって、日本の視聴者を第一に意識したわけではないわけですね。ありがとうございました。

    2. プラムさま
      私もコロンボの揺さぶりが佳境となるあの場面が気に入っています。例の腕時計が時計店で借りてきたものならば、“カチーン”とやって壊れないにしても傷になって売り物にならなくなったのではないでしょうか。あのアトそのまま返却したのか、それともロス市警が買い取ったのか気になると夜も眠れなくなってしまいます。笑
      (SEIKOの海外モデルならば、当時としてもそれ程高額ではなかったかとは思いますが・・・)
      刑事も「因果な商売」ですが、投稿者も「因果な商売」です。

      1. 作品を見返しますと冒頭近くのシーンで、ハリー・ストーンは「カチーンの時計」とそっくりなのを着用していますね

        1. と言いますか‥殺害現場でヘイワードがその頑丈な腕時計を外していますね。すみません、そうでした。

  8. ビッキーさんの声、なんとなく岸恵子さんを連想しました。
    終盤のホテルで、ヘイワードさんとリンダさんが親しげにいるところに鉢合わせたビッキーさん。
    「二人で投票に行くんでしょ?」
    私は「(リンダと)投票に行くんでしょ」の意味に取ってしまいました。
    となると当然返答は
    「何言ってるんだ?君と行くに決まってるじゃないか。さあ早く支度くして」
    浮気バレバレ

    1. 私には「二人で投票に行くんでしょ?」はヘイワードと自分(夫人)と聞こえました。
      ヘイワードが夫人の秘書(リンダ)に用事を言いつけているので不満気ですよね。

  9. さっきBS放送見終わりました。相変わらず、面白かったです。
    ところで、ふと気付いたんですが、「短パン」のこと。
    往年の名子役ジャッキー・クーパーの映像を見ますと、ほぼ全て「短パン」ですね。
    多分このセリフ、内輪のギャグ(もしくはオマージュ)じゃないでしょうか。
    放映当時には子役のジャッキー・クーパーを知る人も多かったはず。 違うかな〜

    1. 英語の原音でコロンボはなんと言っているのか、調べてみると、
      “You know, my brother is 38,
      and he’s still got his sneakers
      from high school, you know.”
      「弟は38になるんですがね、高校生時代のスニーカーをまだ持ってるんですよ」だそうです。

  10. いやあ、この歯医者コント(笑)調子よくやってますけど、実にリアルにやってますねえ、こっちの口ん中気持ち悪くなる位(笑)。それから選挙運動の描写もいかにもそれっぽい。そこが通算20話目にしてこれまでの上流階級のゴージャスさとはひと味違う、新味を出した演出かもしれませんね。一方車の検問から整備士とのやり取り、今でも笑える。特に「変装中ですか?」後の私の大好きなシスターの「ご変装中でしたのね」につながっているのかな?。

    1. ところで整備士とのコロンボの会話、昔はあの後、コ「それ証言してもらえる?」整「勿論。役に立った?」コ「ああ、おかげで云々」というシーンがあったと思うんですけどねえ。

  11. デザインの変更など、色々ご苦労様。
    いつも楽しませて読ませてもらってます。

    テレビ見ながら投稿しますね。

    やっぱりこの作品が一番好きです(笑)愛着があるという意味で……、完成度とかそういったことはこの場合問題ではありません(汗)

    今回見て 気になったのは
    選挙参謀ストーン氏の台詞『トーマスジェファーソンも顔負けの~』のところです。

    アメリカ人なら当たり前なんでしょうけど 、どこかで聞いたことあるぞ?くらいで、誰々?という知識しかありませんので、そこが気になりました

      1. レスありがとうございます(ノ´∀`*)
        『別れのワイン』についてもコメントしたかったのですが、上手くまとまらず………そのうちにそちらについてコメントしに行きます

    1. 『トーマスジェファーソン』
      ●アメリカ合衆国第3代大統領(任期1801~1809)
      そして 1776年にアメリカが独立戦争の末 独立を勝ち取りアメリカ合衆国として新しい国家を設立したときの『独立宣言』の草稿を考えた人として(←←←ここですね今回のコロンボでストーン氏が言ってるコメント)とっても後生のアメリカ人にとって誇れる偉人だそうです。
      尚1743年に生まれた時、彼の生地はまだイギリス領バージニア植民地だった。独立する前だから当たり前ですね

      1. その当時の日本はどんな時
        ●1743年
        江戸時代8代将軍徳川吉宗が9代将軍徳川家重に家督を譲って隠居する二年前
        ●1776年
        10代将軍徳川家治の治世(田沼意次が権力を持っていた時代)
        ●1801年
        11代将軍徳川家斉の治世
        (前年1800年に伊能忠敬が蝦夷を測量)
        …つまりまだ正確な日本地図がまだない時代

        それぐらい昔の偉人についてのお話でした。

        ●●●テレビでこの回が放映された時 アメリカの独立宣言は200年くらい前の出来事ですから、
        今の日本に置き換えると 1820年くらいの出来事ですが、日本地図が出来上がったのが 1821年 すごい昔の出来事なんですね
        ★★★追記
        ストーン役ケン・スウォフォードさん……トーマスジェファーソンの肖像画のお顔と似てました。
        ふとそんなことを思ってしまいました

    2. 合衆国建国の父のひとりである大統領で、2ドル紙幣に顔が出ている偉人ですから、日本人が福沢諭吉を知っているのと同じくらい(あるいは過去の伊藤博文に喩えた方がいいか)アメリカ人には知られた人物です。日本では意外に知られていないのかしら。

  12. ブログ楽しく拝見しております。
    終わりに近い場面で、選挙のニュースを読んでいるキャスターはヴィトー・スコッティではないでしょうか。
    ビデオ持っていなくて確認できないんですが、ぱっと見あれっ、と思いまして…

    1. コロンダさん、こんばんは。選挙のニュースを読んでいるキャスターは「クリート・ロバーツ」さんです。本文をお読みください。

      1. 見落としていました。大変失礼致しました。
        ちょうどNHK BSでやってるところなので楽しみに観てみます。
        このブログも楽しみにしております。

  13. ライトがなぜ車のベッドライトに固執しているのか不思議でした。
    犯人が懐中電灯を持って突然現れても犯行が可能だと思いますが。

  14. 最近マイ・リバイバルで観直しています。 ふと思ったのですが、本作中盤に出てきた仕立屋の二人、前作「別れのワイン」中盤に出てきたソムリエ二人組と同じ俳優さんではないでしょうか?

    1. 仕立て屋の主人はコロンボ作品の名脇役「ヴィトー・スコッティ」さん。店員は「ジョージ・コンラッド」という俳優で、別れのワインの店員役の俳優、おそらく「ロバート・ドナー」とは別人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.