18話「毒のある花」

Lovely but Lethal
1973[第3シーズン 18話]

化粧品会社「ビューティー・マーク社」の女社長であるビベカ・スコットが、自社の研究者カールを殺害。人間の普遍的な願望「若返り」に愛憎が絡んだ面白い作品です。

ゲストスターのヴェラ・マイルズは素敵

犯人役のビベカ(ヴェラ・マイルズ)さんが素敵です。まさに「毒のある花」を連想させます。それに犯行解明のカギとなる「毒ヅタ」を引っ掛けた邦題だと思えます。日本語版吹き替えの伊藤幸子さんも良かったです。

容疑者の第一候補に立候補

犯行が計画的でなかったこともあり、些細な矛盾点を次々に暴露されます。まずはコロンボ警部との初対面で、「警察に隠すことは無い」と断言しながら、メモ書きが黒い眉毛のペンシルにより書かれた時に誤摩化そうとして、さっそく容疑者の第一候補に立候補していました。ホクロの付け方について突っ込まれ、自分から進んで釈明していましたね。

なんと、クレイマー刑事が研究員で出演!

失敗した研究の残骸を焼却する係の男性。どこかで見たことのある俳優ですね。その後何度もコロンボシリーズに出演する「クレイマー刑事:ブルース・カーヴィ」です。今回はちょい役でしたが、愛嬌があって素敵な俳優です。→クレイマー刑事

しつこいコロンボにうんざり…

コロンボ警部の「しつこい聞き込み」も炸裂しています。容疑者を褒めながら接近し、お得意のカミさん話、化粧品会社の人間関係の話など、まわりくどい話術で犯人をどんどん追い込んでゆきます。投げ矢の的の話など、嫌味まじりの話題も多かったですね。

ビベカは崖っぷちの連続でも、したたか

今回のお話は殺人と同時に社運もかかっていて、ビベカ(女社長)は大きな不安と期待の両方を背負って、混乱していました。自分の犯行だと感づいたラング化粧品の秘書シャリー電話する際のに「声色」や、彼女に接する時の「したたかな女の演技」も見逃せません。
 

異彩を放つシアン・バーバラ・アレン

シャリーを演じた「シアン・バーバラ・アレン」という女優は、とても印象に残りました。登場シーン(風変わりなドレスも不思議)から何か含みのある表情で、重要な登場人物であることを予感させます。やはり刑事コロンボの脇役はすごいですね。

大物俳優が出演

殺されるゲストスターとして「マーティン・シーン」(地獄の黙示録等)が出演していることは有名。出来れば…犯人役も見たかった。息子さんはご存知「チャーリー・シーン」(プラトーン等)という超セレブ父子。

ビンセント・プライス

ラング社長役の「ビンセント・プライス」も良い味を出しています。言葉の節々にひねた性格が表れます。6話「二枚のドガの絵」の弁護士役「ドン・アメチー」と良く似た風貌ですが別人でした。

マーチソン博士

マーチソン博士役:フレッド・ドレイパーが素敵でした。特にビベカ社長を「女王陛下」と呼んで服従したり、「薬の調査を誰にも言わないで」と念を押され、「言ったことがあるかね?」と答えた場面は心に残りました。

覚えたい脇役のひとり「フレッド・ドレイパー」

この俳優さん「フレッド・ドレイパー」は37話「さらば提督」でスワニー・スワンソン役で出演しています。またちょい役では、31話「5時30分の目撃者」で目撃者のお兄さんのデビッド・モリス、38話「ルーサン警部の犯罪」ジョセフでも出演。気付きにくいが、その他にも出演作があります。
 
そしてラストでは、警察の家宅捜査を察知し、身の危険を感じたビベカが大切な「奇跡の薬」を海に放り投げてしまうシーン。その後、計画がすべて台無しになったことで、感情をむき出しにし悪態をさらします。女性が犯人役の作品としては7話「もう一つの鍵」よりも楽しめる作品だと思います。

マーティン・シーンの吹き替えは伊武雅之さん

現在の芸名は「伊武雅刀(いぶまさとう)」さんです。伊武さんは宇宙戦艦ヤマトのデスラー総統の声も担当。私は「スネークマンショー」というコメディ作品のファンでもあった。刑事コロンボではこの役の他に、白鳥の歌(ルーク・バスケット)、ビデオテープの証言(バクスター、バンクス巡査)、黄金のバックル(時計店の店員)秒読みの殺人(ジョナサン)などがある。*ウィキペディア参照

マッサージ師のオルガ

マーチソン博士の場面で登場するマッサージ師の金髪の女性「オルガ」は女優シャロン・ヨハンセンで、13話「ロンドンの傘」の劇団員(稽古中にメモをとる、葬儀で泣いている)の女性と同一だと思われます。

 
監督:ヤノット・シュワルツ
脚本:ジャクソン・ギリス
ビベカ・スコット:ヴェラ・マイルズ
カール・レーシング:マーティン・シーン
ラング社長:ヴィンセント・プライス
シャリー・ブレイン:シアン・バーバラ・アレン
マーチソン博士:フレッド・ドレイパー
刑事:ジョン・フィネガン
オルガ:シャロン・ヨハンセン
加筆:2016年5月4日

“18話「毒のある花」” への15件の返信

  1. すぴっつさん>そうなんですよね、この作品は人気も低めです。私は結構すきな部類です。
    papermoonさん>ヒッチコックの名作「間違われた男」見てみたいです。
    ヴォロージャさん>たしかに!今さらながら、ダフィとはクレジットされておらず、記事を書いた当時は「きっとダフィ」みたいに書いていました。今後検証し、書き直します。

  2. ジョン・フィネガンの役は、ダフィ警部ではないのでは?
    IMDbでも、この回の役は単に「Sergeant」で、名無しの巡査部長になってます。窃盗犯担当の老練というダフィ警部の役回りを考えても、ここで殺人課のコロンボの下で巡査部長してるのは不自然でしょう。この後昇進したと考えられなくもありませんが、別人と考えたほうが自然でしょうね。コルベット本部長みたいに。

  3. ぼろんこさんこんばんわ
    犯人役ヴェラマイルズはヒッチコックの名作「間違われた男」の主人公ヘンリーフォンダの奥さん役でも素敵でした。86歳でご存命らしく嬉しく思います。

  4. 比較的初期にしては少し地味な位置づけの回のようですね。そんなに出来が悪いとは思いませんが。眉墨のペンのメモに着目したコロンボの推理はなかなか冴えています。問題なのはやはりオチの弱さでしょうか。驚きと説得力がともに欠けている気がします。「ホリスター将軍のコレクション」や「もう一つの鍵」と同様、ここがもう少し良ければ傑作になりえたと思っています。
    あとヴィヴェカをもっと悪女に設定した方が話が盛り上がったかもしれません。

  5. カール・レッシングは、捨てられた昔の女から共同経営者という
    立場の承認を得た末に、それへ対してキッパリと断るという、
    長年の恨みを晴らした格好だが、なんとも情けない仕返しだなあ。
    シャリーは目力があって、なかなか印象的です。
    美容体操の事務所をなぜ家宅捜索するのかが分かりません。
    捜索場所なら、会社事務所や自宅なども必要でしょう。
    最後は、手のかぶれが証拠ですか。調べれば同じ場所でのかぶれで
    あることが分かるという。証拠の積み上げ感は薄く、多少唐突な
    終わり方ではありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.