37話「さらば提督」

Last Salute to the Commodore / 1976[第5シーズン 37話]

完全に倒叙でない刑事コロンボ作品です。普通に考えれば面白い作品なのかもしれませんが、保守的な刑事コロンボファンの場合、受け入れ難いでしょうね~。

ロバート・ヴォーン

死体遺棄の犯人として、29話「歌声の消えた海」のロバート・ヴォーンが再登板。今回は、いつもに増して馴れ馴れしく接近してくるコロンボ警部にタジタジな感じでした。

フレッド・ドレイパー

18話「毒のある花」31話「5時30分の目撃者」等に出演のフレッド・ドレイパーがスワニー・スワンソン役で登場。また、お馴染みの「クレーマー刑事:ブルース・カーヴィ」が重要な役を務めるなど、華やかでした。

シオドア・アルビンスキー刑事

でも、事件解決編で新米エリート刑事のシオドア・アルビンスキー:デニス・デューガン(なぜか通称マック)と一緒に、声高に説明をし出すシーンは、日本のサスペンス劇場顔負けの演出で楽しめました(笑)。

ブログ訪問者さんからの情報(1)

この「デニス・デューガン」は、その後の作品63話「4時02分の銃声」で監督をつとめています。さらには(1973年 – 1987年の間)「ジョイス・ヴァン・パタン」の夫だったそうです。彼女は27話「逆転の構図」、39話「黄金のバックル」に出演している重鎮女優ですね。

執事のタナーを発見!

弁護士の老紳士ケタリングは。13話「ロンドンの傘」でサー・ロジャーの執事タナーを演じた俳優「ウィルフリッド・ハイド=ホワイト」でした。アリバイの証言内容など、ちょっと一癖ある人物を好演しています。

金太郎あめのような俳優

それは「ジョン・フィネガン」。今回はガードマンの役で出てました。調べてみたら合計12回出演しているようです。おそらくコロンボシリーズ最多出演(クレジット数)の俳優と考えて間違いないでしょう。

最終回的な匂いの漂う作品

ラストシーンのクレーマー刑事との会話「やめたんじゃないですか?」「まだまだ。まだやめられませんよ。もうちょい、やらせてもらうよ」。と煙草の話に引っ掛けた台詞があります。これは本作品が最終回になる予定であったと伝えられるが「ピーターフォークはやる気満々」という意思表示に映ります。「カミさんも乗せてやろうと思って…せめてこのボートに」と海に去って行くコロンボ警部でした。しかし…残念なことに、BGMの「THIS OLD MAN」のメロディが間違っているんです!

後の第6シーズンに秀作が続く!

しかし本作が意外に好評だったのか? 第6シーズン以降の8作品が制作されることになりました。その中には41話「死者のメッセージ」43話「秒読みの殺人」など私の好きな作品も含まれています。

ブログ訪問者さんから情報(2)

37話「さらば提督」のチャーリー・クレイ邸と、55話「マリブビーチ殺人事件」のテレサ・ゴーレン邸は同じでした。
 

クレイ邸テレサ邸
 

左:チャーリー・クレイ邸 右:テレサ・ゴーレン邸

周囲が車寄せの道に囲まれた円形の花壇が印象的な豪邸です。マリブビーチというロサンゼルス中心から西の方向に位置します。おそらく近くには「マイロ・ジャナス」「ブリマー」「マックス・バーシーニ」「フィールディング・チェイス」などの有名人が住んでいました。実在の「ピーター・フォーク」の家も近かったようです。
 
監督:パトリック・マクグーハン
脚本:ジャクソン・ギリス
チャーリー・クレイ:ロバート・ヴォーン
ジョアンナ・クレイ:ダイアン・ベイカー
スワニー・スワンソン:フレッド・ドレイパー
ケタリング:ウィルフリッド・ハイド=ホワイト
クレーマー刑事:ブルース・カーヴィ
シオドア・アルビンスキー刑事:デニス・デューガン
加筆:2017年12月22日 
 

“37話「さらば提督」” への19件の返信

  1. 最近知りましたが
    アルビンスキー刑事役のデニス・デューガンは、後に映画やドラマの監督としても活躍していったそうで、
    新シリーズの「4時02分の銃声」の監督も彼だそうです。
    そして、ep39「黄金のバックル」のゲストスター、ジョイス・ヴァン・パタンとは元夫婦だったとか。
    いろいろ知らなかった繋がりを今になって知るのもなかなか面白いです。

  2. 他の方たちのレビューにもありますが、古畑任三郎の「今、甦る死」と似た構成ながら出来は大きく劣っていると思います。他のミステリー小説では関係者を集めての謎解きはとてもワクワクするのですが、刑事コロンボでやられると逆に期待外れに感じてしまいます。物語の緊張感、犯人の魅力も乏しく、肝心の謎解きの内容も薄く思えてなりません。これが最終回になるかもしれなかったそうですが、スタッフの英断で第6、7シーズンも制作されたのは幸運なことでした。お気に入りの「殺しの序曲」、「死者のメッセージ」がなければぼくはここまでこのシリーズを好きになってはいなかったと思います。

  3. 「まさか」の一言が証拠でしょうか?。
    全体的に間の抜けた緊張感の無い穏やかな感じでしたね。
    最後の手こぎボートは、お金が無くても幸せな人生だよって
    言いたかったのでしょう。

  4. コロンボ方程式とは、やや違った数式が幾つか出てきますね。
    ・チームによる捜査進行
    ・途中まで、コロンボは間違っていたなど
    コロンボの面白さは、上流階級の知的完全犯罪を、粘り強い捜査と神経戦
    とで暴いていくところにあります。しかしこのエピソードでは、
    毒の無さそうなオッサンが急展開によって犯罪を見抜かれた格好です。
    やや拍子抜けですね。

  5. スタンさん、初めまして。「エラリー・クイーン・ミステリー」の件、初耳でした、ありがとうございます。コロンボの場合、奇抜なアイデアよりも、完成度の高さを狙った作品のほうが好きですね。

  6. 初めてコメントさせていただきます。
    異色回ということで期待していたのですが・・・
    このシリーズの魅力はコロンボが犯人に仕掛ける罠の鮮やかさにあると思うのですが、今回の罠はかなり確実性が低いと思います。これを回避されていたらと思うと・・・
    コロンボと同じくレビンソン&リンクが制作していた「エラリー・クイーン・ミステリー」シリーズが同年4月に終了しているので、そちらの没ネタだったのではないかと、うがった見方をしてしまいます。

  7. 古畑任三郎における「今、甦る死」は間違いなく傑作だと思うんですが、
    この回は駄作ですね。
    石坂浩二さんの秀逸にして細かい巧みな演技と伏線の貼り方に比べると、
    こっちの犯人は魅力に欠けすぎる。

  8. とっしーーさん、楽しんで頂けて良かったです。スワニーを演じる「フレッド・ドレイパー」は、これまで端役が多かったのですが、この作品ではついに犯人役を獲得できましたね。

  9. 追伸です。
    ラストシーンのnot yet….というセリフ。
    何かの映画のラストであったな~と思ってたら、グラディエーターのラストシーンで、奴隷の仲間がマキシマスと来世で会おう、だけどnot yet.って、言ってたんですよね~
    これも印象的なラストだったんですが、まさかリドリースコットがコロンボの影響を受けてたなんて…
    って、思うと楽しいですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.