37話「さらば提督」

Last Salute to the Commodore / 1976

完全に倒叙でない刑事コロンボ作品です。普通に考えれば面白い作品なのかもしれませんが、保守的な刑事コロンボファンの場合、受け入れ難いでしょうね~。

ロバート・ヴォーン

死体遺棄の犯人として、29話「歌声の消えた海」のロバート・ヴォーンが再登板。今回は、いつもに増して馴れ馴れしく接近してくるコロンボ警部にタジタジな感じでした。

フレッド・ドレイパー

18話「毒のある花」31話「5時30分の目撃者」等に出演のフレッド・ドレイパーがスワニー・スワンソン役で登場。また、お馴染みの「クレーマー刑事:ブルース・カーヴィ」が重要な役を務めるなど、華やかでした。

シオドア・アルビンスキー刑事

でも、事件解決編で新米エリート刑事のシオドア・アルビンスキー:デニス・デューガン(なぜか通称マック)と一緒に、声高に説明をし出すシーンは、日本のサスペンス劇場顔負けの演出で楽しめました(笑)。

ブログ訪問者さんからの情報(1)

この「デニス・デューガン」は、その後の作品63話「4時02分の銃声」で監督をつとめています。さらには(1973年 – 1987年の間)「ジョイス・ヴァン・パタン」の夫だったそうです。彼女は27話「逆転の構図」、39話「黄金のバックル」に出演している重鎮女優ですね。

執事のタナーを発見!

弁護士の老紳士ケタリングは。13話「ロンドンの傘」でサー・ロジャーの執事タナーを演じた俳優「ウィルフリッド・ハイド=ホワイト」でした。アリバイの証言内容など、ちょっと一癖ある人物を好演しています。

金太郎あめのような俳優

それは「ジョン・フィネガン」。今回はガードマンの役で出てました。調べてみたら合計12回出演しているようです。おそらくコロンボシリーズ最多出演(クレジット数)の俳優と考えて間違いないでしょう。

最終回的な匂いの漂う作品

ラストシーンのクレーマー刑事との会話「やめたんじゃないですか?」「まだまだ。まだやめられませんよ。もうちょい、やらせてもらうよ」。と煙草の話に引っ掛けた台詞があります。これは本作品が最終回になる予定であったと伝えられるが「ピーターフォークはやる気満々」という意思表示に映ります。「カミさんも乗せてやろうと思って…せめてこのボートに」と海に去って行くコロンボ警部でした。しかし…残念なことに、BGMの「THIS OLD MAN」のメロディが間違っているんです!

後の第6シーズンに秀作が続く!

しかし本作が意外に好評だったのか? 第6シーズン以降の8作品が制作されることになりました。その中には41話「死者のメッセージ」43話「秒読みの殺人」など私の好きな作品も含まれています。

ブログ訪問者さんから情報(2)

37話「さらば提督」のチャーリー・クレイ邸と、55話「マリブビーチ殺人事件」のテレサ・ゴーレン邸は同じでした。
 

クレイ邸テレサ邸
 

左:チャーリー・クレイ邸 右:テレサ・ゴーレン邸

周囲が車寄せの道に囲まれた円形の花壇が印象的な豪邸です。マリブビーチというロサンゼルス中心から西の方向に位置します。おそらく近くには「マイロ・ジャナス」「ブリマー」「マックス・バーシーニ」「フィールディング・チェイス」などの有名人が住んでいました。実在の「ピーター・フォーク」の家も近かったようです。
 

提督はジョン・デナー

提督役の俳優さんはジョン・デナーで、24話「白鳥の歌」のパング・ボーンも演じています。
 
監督:パトリック・マクグーハン
脚本:ジャクソン・ギリス
提督:ジョンデナー
チャーリー・クレイ:ロバート・ヴォーン
ジョアンナ・クレイ:ダイアン・ベイカー
スワニー・スワンソン:フレッド・ドレイパー
ケタリング:ウィルフリッド・ハイド=ホワイト
クレーマー刑事:ブルース・カーヴィ
シオドア・アルビンスキー刑事:デニス・デューガン
加筆:2019年8月17日 
 

“37話「さらば提督」” への30件の返信

  1. パトリック・マクグーハン監督作品。犯人探し物に挑戦した意欲はまだよいとしても、マクグーハンの演出がことごとく空回りした駄作に終わってしまいました。禁煙に取り組み不機嫌なコロンボの登場シーンは面白くないし、港の騒音の中大声で会話するシーンは、見ていていらいらします。 室内に容疑者を集め犯人を探りあてる時計のトリックも、パッとせず。ロスのゴージャスなヨットハーバーの風景と、アル中を好演したダイアン・ベイカーがせめてもの救いかと思いました。

  2. 提督役のJohn Dehnerさん、24話の墜落現場の現場検証している人ですよね。
    事件記者コルチャックではベテラン刑事役で出演してますね。

  3. 最初のほう、パーティがおしまいになる場面でたちあがって帰ってしまったのはあの船の看護婦さんではないでしょうか?オレンジのチェックのブラウスの女性です。ダンジガーさんとツーショットです。

    1. オレンジ色に白のドットの女性。似ていますけど、29話「歌声の消えた海」の看護婦メリッサ「スーザン・ショウ」ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.