42話「美食の報酬」

Murder Under Glass
1978[第7シーズン 42話]

料理評論家のポール・ジェラード氏がレストランのオーナー、ヴィットリオ・ロッシを殺害。テレビ番組やCMでも有名なジェラードが、その名声を利用してレストランの評価を思いのままに操っていることに腹を立てたビットリオの口を封じたのです。

ジェラード はあまり聡明ではない…

犯人のジェラードは(ルイ・ジュールダン)「頭脳明晰」というよりむしろ脳天気なキャラクターの人物で、切れ味は感じませんでした。ワインによる毒殺が判明した瞬間、ワインオープナーが怪しまれることも当然の成り行きと思えます。

美食の国、日本とイタリアが大きく扱われた作品

初期のコロンボ作品と、新刑事コロンボの中間のようなテイストです。刑事コロンボ作品中、最も「日本」が大きく扱われた作品。「日本」とともに、イタリアンレストランが舞台いということで、イタリアンな雰囲気も全体に漂います。それと、コロンボ警部は食べているシーンが多いですね。

日本人「小津氏」

登場人物の日本人「小津氏」。映画監督の小津安二郎を連想させるし「OZ」と発音され、アメリカ人にも親しみやすかったのでしょう。襟には「福壽」と書かれています。俳優のマコ岩松氏。この時、ふぐ刺しを食べるコロンボの箸使いは、下手で笑えます。

刑事というと、警視庁の方ですか?

ブログ読者さんのご指摘によると、英語では「警視庁」とは言っておらず「lieutenant」警部補と言っているようです。翻訳家の誤訳ではないか?ということです。面白い発見ですね。

あなたの才能は素晴らしいが、後はてんでイケません

ラストシーンは、なかなか印象的でした。ジェラードはコロンボ警部の「誘い」にのる形で「いっそのこと、コロンボを殺してしまえ」と第二殺人計画を思い立ちます。それが、コロンボの狙いでもあっただけに悔しさもひとしおだったでしょう。この後のコロンボの台詞「証拠ってのは、こういうヤツを言うんです」と、ジェラードの仕掛けた毒入りのワイングラスを指差すあたり、爽快です。一連の会話の中で「お互いの才能を評価する」反面、人間としては好きでない、という言葉の応酬があります。ジェラードの方は腹いせ的ですがコロンボ警部の「あなたの才能は素晴らしいが、後はてんでイケません」の台詞は、殺人という短絡的な解決方法に走った犯人に対し「人間失格」の判決を下す裁判官のように見えました。

後のコロンボの「カミさん」シェラ・デニスが再登場

ジェラード氏の秘書イブ・プルマー役で、シェラ・デニスが出演しています。新シリーズと比較するとやはり若いですね~。吹き替えの声優も「若い女性風」の声で、後に新刑事コロンボに数多く登場する際の声とは異なります。

ジェラード氏の自宅で小津氏と同席するシーン、松竹梅と書かれた派手なオレンジ色のハッピを着ているのはこっけい。

不思議なキャラクターのバーク刑事

コロンボ警部は初対面の2分後に、犯人はジェラード氏であると疑ったと名言していますが、この時居合わせたのが40話「殺しの序曲」にも登場するバーク刑事(トッド・マーティン)。画面にいるだけで存在感を感じる素敵な俳優さん。

ヴィットリオはマイケル・V・ガッツォ

マイケル・V・ガッツォはゴッドファーザーPART IIなどにも出演した俳優さん。「美食の報酬」では、豪快なイタリア人シェフを名演しています。毒に苦しんで絶命するシーンは印象的です。日本語版吹き替えは藤岡重慶さん「あしたのジョー」のおっつぁん「丹下段平」役でも有名ですね〜。

レストラン振興協会の女性会長はロバート・カルプの元カミさん

葬式のシーンで支払済の小切手を破って、コロンボから目をつけられたメアリー・チョーイはフランス・ニュイエン。彼女は1967年〜3年間ロバート・カルプの奥さんでした。

監督:ジョナサン・デミ
脚本:ロバート・バン・スコヤック
ポール・ジェラード:ルイ・ジュールダン
イブ・プルマー:シェラ・デニス
バーク刑事:トッド・マーティン
 
加筆:2017年12月22日

“42話「美食の報酬」” への33件の返信

  1. 今、再度見直してるのですが
    疑問がありましてコロンボさんワイングラス🍷をすり替えたと言いましたが何度見てもすり替えれて無いと思うのですが。デザインがあるグラスをコンロの上にポールが置くのですがそのグラスをコロンボさんはテーブルまで持っていってます。ポールは自分の入れたグラスを持ってテーブルに着いてる。いつコロンボさんワイングラスすり替えたんでしょうか。肉をワインで焼き直す時ですかね(*´・ω・`)b

  2. 皆さんのコメント読んでから コメントしました
    みんなそうしてるのかな?

    BSプレミアム
    刑事コロンボ人気投票ベスト19位
    おめでとうございます

    管理人の ぼろんこさん 他 のかたはあんまり好きなほうの作品ではないとコメント書かれてましたが
    私は好きなほうの作品です(笑)(* ̄∇ ̄*)

    日本を題材にしてるので
    アメリカのひとは 1978年でもまだこんな風に日本を見てるんだと 滑稽な作品ではあるけどそれも含めて楽しんで見てしまいます

    あとは 厨房の料理が美味しそうで良い

    コロンボのコック帽姿がとっても可愛い(*≧з≦)

    ピーターフォークの奥様シェラのオレンジ色の法被が 合わせが逆になってたのが残念でしたが
    河豚刺が出てたので 食べてみたい
    河豚刺は食べたことないんです

    あと
    耳に残った言葉

    コロンボが 被害者の甥マリオにイタリア語で
    何度も『アサシーノ』って連呼する場面

    あれって 英語でいうアサシン だったんですね
    最近やっと気がつきました

    料理が美味しそうなので見てしまう そういう作品です

  3. 今回はコロンボさんがキッチンに立つ姿が印象的でした。

    出てくるケーキがなんとも美味しそう(笑)
    吹替が小池朝雄さんも去ることながら
    藤岡重慶さんも懐かしいところです。
    コロンボのフォーマル、キッチンスタイルや芸者などの日本演出が多彩で楽しめました。来週も楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.