42話「美食の報酬」

Murder Under Glass / 1978

ジェラード はあまり聡明ではない…

料理評論家のポール・ジェラード氏がレストランのオーナー、ヴィットリオ・ロッシ(マイケル・V・ガッツォ)を殺害。テレビ番組やCMでも有名なジェラードが、その名声を利用してレストランの評価を思いのままに操っていることに腹を立てたビットリオの口を封じたのです。

ジェラード はあまり聡明ではない…

犯人のジェラードは(ルイ・ジュールダン)「頭脳明晰」というよりむしろ脳天気なキャラクターの人物で、切れ味は感じませんでした。ワインによる毒殺が判明した瞬間、ワインオープナーが怪しまれることも当然の成り行きと思えます。

美食の国、日本とイタリアが大きく扱われた作品

初期のコロンボ作品と、新刑事コロンボの中間のようなテイストです。刑事コロンボ作品中、最も「日本」が大きく扱われた作品。「日本」とともに、イタリアンレストランが舞台いということで、イタリアンな雰囲気も全体に漂います。それと、コロンボ警部は食べているシーンが多いですね。

日本人「小津氏」

登場人物の日本人「小津氏」。映画監督の小津安二郎を連想させるし「OZ」と発音され、アメリカ人にも親しみやすかったのでしょう。襟には「福壽」と書かれています。俳優のマコ岩松氏。この時、ふぐ刺しを食べるコロンボの箸使いは、下手で笑えます。

刑事というと、警視庁の方ですか?

ブログ読者さんのご指摘によると、英語では「警視庁」とは言っておらず「lieutenant」警部補と言っているようです。翻訳家の誤訳ではないか?ということです。面白い発見ですね。

あなたの才能は素晴らしいが、後はてんでイケません

ラストシーンは、なかなか印象的でした。ジェラードはコロンボ警部の「誘い」にのる形で「いっそのこと、コロンボを殺してしまえ」と第二殺人計画を思い立ちます。それが、コロンボの狙いでもあっただけに悔しさもひとしおだったでしょう。この後のコロンボの台詞「証拠ってのは、こういうヤツを言うんです」と、ジェラードの仕掛けた毒入りのワイングラスを指差すあたり、爽快です。一連の会話の中で「お互いの才能を評価する」反面、人間としては好きでない、という言葉の応酬があります。ジェラードの方は腹いせ的ですがコロンボ警部の「あなたの才能は素晴らしいが、後はてんでイケません」の台詞は、殺人という短絡的な解決方法に走った犯人に対し「人間失格」の判決を下す裁判官のように見えました。

後のコロンボの「カミさん」シェラ・デニスが再登場

ジェラード氏の秘書イブ・プルマー役で、シェラ・デニスが出演しています。新シリーズと比較するとやはり若いですね~。吹き替えの声優も「若い女性風」の声で、後に新刑事コロンボに数多く登場する際の声とは異なります。ジェラード氏の自宅で小津氏と同席するシーン、松竹梅と書かれた派手なオレンジ色のハッピを着ているのはこっけい。

不思議なキャラクターのバーク刑事

コロンボ警部は初対面の2分後に、犯人はジェラード氏であると疑ったと名言していますが、この時居合わせたのが40話「殺しの序曲」にも登場するバーク刑事(トッド・マーティン)。画面にいるだけで存在感を感じる素敵な俳優さん。

ヴィットリオはマイケル・V・ガッツォ

マイケル・V・ガッツォはゴッドファーザーPART IIなどにも出演した俳優さん。「美食の報酬」では、豪快なイタリア人シェフを名演しています。毒に苦しんで絶命するシーンは印象的です。日本語版吹き替えは藤岡重慶さん「あしたのジョー」のおっつぁん「丹下段平」役でも有名ですね〜。

レストラン振興協会の女性会長はロバート・カルプの元カミさん

葬式のシーンで支払済の小切手を破って、コロンボから目をつけられたメアリー・チョーイはフランス・ニュイエン。彼女は1967年〜3年間ロバート・カルプの奥さんでした。

監督:ジョナサン・デミ
脚本:ロバート・バン・スコヤック
ポール・ジェラード:ルイ・ジュールダン
イブ・プルマー:シェラ・デニス
バーク刑事:トッド・マーティン
 
加筆:2020年7月26日

“42話「美食の報酬」” への46件の返信

  1. 初見当時は、フグや日本料理が出て来たり、コロンボの箸使い(笑)が面白いなあ、位の印象で観ていた記憶しかありません。改めてみると内容や、その犯人の聡明さに欠けるところが原因だったのでしょうか。
    当時の「吹き替え和訳」は味がありますね。フォーチュンクッキーを「恋の辻占」とは!今ならそのままフォーチュンクッキーで済ませそうです(笑)時代でしょうか。
    そんな「吹き替え和訳」に注目するのも楽しそうです。
    (本筋がらみの感想ではなく恐縮です;汗)

  2. マコ岩松氏についてコメントします。彼の演技を最初に観たのはマイケル・クライトンの「ライジング・サン」なのですが日系企業のトップを好演していました。「美食の報酬」を初めて観たのはそれから相当年数が経ってからでしたが、ファンの役者が出てくるだけで楽しくなりました。
    「黒のエチュード」の使用人パット・モリタ氏についても以下同文です。
    付け足しですが、このブログで本作の監督がジョナサン・デミと知りました。できればジェラートとコロンボとが対峙する最後の場面はもう少しなんとかして欲しかったですね。

  3. 第1話から毎日1話観続けて42日目、ここまで来ました。いつも、1話観終わってから、該当エピソードの貴ブログを拝見するのをセットでとても楽しみにしています。
    さて、私はニューヨーク在住で、英語版で観ているのですが、日本語吹き替え版で小津さんが「警視庁の方ですか?」とおっしゃっているらしい箇所は、映画では「Lieutenantというと、米軍(American Army)の方ですか?」と言っています。Lieutenant(警部補)は、軍隊の階級を表す単語でもあるからですね。
    僭越ながらご参考まで!

    1. ニューヨークから、ありがとうございます。
      American Army!なんてね。そうですか。冗談混じりもあるのかな(笑)

  4. >英語では「警視庁」とは言っておらず「lieutenant」警部補と言っているようです。翻訳家の誤訳ではないか?ということです

    これ見たとき、私は名訳と思いました。日本人(少なくとも私)から見るとセットが和風を擬したものの違和感があるもので、この人(オズさん)が「Ozの魔法使い」というのもあって日本人かどうかはわかりにくい。そこで「警視庁」ということ語を出して日本人であることを説明強調したのだというのが見た当時の私の推理

    1. 昨夜このシーンを見返していました。日本人のコロンボファンにとっては、嬉しい場面だと思います。警部も楽しそうですしね。

  5. BSスペシャル投票第十九位。料理評論家が極めて悪役「くたばれ評論家」というエピソード(笑)ですが、後の日本でもバブル期には「グルメ評論家」が跳梁跋扈したものです。全編今観ても旨いものだらけ(笑)。それをちょびっとしか食わないのが贅沢感でしたが、これまた今観るとアメリカ社会自身がそれを反省し、日本でも「もったいない」が見直される・・・。十年ひと昔といいますが、あれからもう四十年、はっきりいってこの「変だけど楽しい」作品に、大衆風俗の変化と好不況の波を想起させられてしみじみとしてしまう(苦笑)。

  6. 冒頭でハリセンボンを包んでしたのがちゃんと日本の新聞でしたよね。
    ケーキも多分実際に食べたら日本人には甘すぎるんだろうな~と思いつつも、なんであんなにおいしそうに見えるんだろう。
    ワインすり替えはカインさんの言う通り「え!いつ!?」って感じだったけど…

  7. 今、再度見直してるのですが
    疑問がありましてコロンボさんワイングラス🍷をすり替えたと言いましたが何度見てもすり替えれて無いと思うのですが。デザインがあるグラスをコンロの上にポールが置くのですがそのグラスをコロンボさんはテーブルまで持っていってます。ポールは自分の入れたグラスを持ってテーブルに着いてる。いつコロンボさんワイングラスすり替えたんでしょうか。肉をワインで焼き直す時ですかね(*´・ω・`)b

  8. 皆さんのコメント読んでから コメントしました
    みんなそうしてるのかな?

    BSプレミアム
    刑事コロンボ人気投票ベスト19位
    おめでとうございます

    管理人の ぼろんこさん 他 のかたはあんまり好きなほうの作品ではないとコメント書かれてましたが
    私は好きなほうの作品です(笑)(* ̄∇ ̄*)

    日本を題材にしてるので
    アメリカのひとは 1978年でもまだこんな風に日本を見てるんだと 滑稽な作品ではあるけどそれも含めて楽しんで見てしまいます

    あとは 厨房の料理が美味しそうで良い

    コロンボのコック帽姿がとっても可愛い(*≧з≦)

    ピーターフォークの奥様シェラのオレンジ色の法被が 合わせが逆になってたのが残念でしたが
    河豚刺が出てたので 食べてみたい
    河豚刺は食べたことないんです

    あと
    耳に残った言葉

    コロンボが 被害者の甥マリオにイタリア語で
    何度も『アサシーノ』って連呼する場面

    あれって 英語でいうアサシン だったんですね
    最近やっと気がつきました

    料理が美味しそうなので見てしまう そういう作品です

    1. お返事が遅くなりすみません。アサシン=刺客みたいな意味かな。見所満載の本作、1票追加しておきます!

  9. 今回はコロンボさんがキッチンに立つ姿が印象的でした。

    出てくるケーキがなんとも美味しそう(笑)
    吹替が小池朝雄さんも去ることながら
    藤岡重慶さんも懐かしいところです。
    コロンボのフォーマル、キッチンスタイルや芸者などの日本演出が多彩で楽しめました。来週も楽しみです。

  10. いくらフグ毒が猛毒でもあんなにすぐには死なないですよね?
    あと、コロンボはジェラードに背を向けて料理していたのにどうやってグラスをすり替えたんでしょうねー?
    ハリセンボンや芸者やイブが着てた変なハッピや
    当時のアメリカ人の日本に対する認識はこんなものだったんでしょうか。

  11.  このエピソードで注目すべきことは「フグ毒で殺人を犯したという設定ながら、ハリセンボンは、無毒である」というところでしょう。
     ではなぜわざわざ「ハリセンボン」を使用しのでしょう。
     どなたかのコメントにもありましたが、「日本らしさ」の演出という意味合いも考えられます。しかし私は、「実際の犯罪を防ぐ」という意味があるのではと推理します。
     もし猛毒であるトラフグやクサフグを使用し、それを映像で流したとしたら、模倣犯が出る恐れもあります。それを防ぐために「わざと無毒のハリセンボンを使用した」と鋤谷は考えるのです。
     昔読んだ由良三郎の『ミステリーを科学したら』というエッセイにも「ミステリー作家は自ら考えた犯罪手法が応用されない工夫を凝らしている」ということが書かれていました。
     大好きなコロンボシリーズが、実際の犯罪に使われたら、やはり悲しいです。それゆえ、この矛盾には、やはり目をつぶるべきだと鋤谷は思うのです。

  12. 犯罪動機を形作る背景には、矛盾があります。
    コロンボの説明では、
    ・犯人はレストラン振興協会の陰のパートナー。
    ・ヴィットリオと2,3のメンバーは、長い間犯人に大金を払ってきた。
    ・犯人はレストランの宣伝をして売り出してやれる立場。
    ・コテンコテンにけなして、潰すこともできた→武器として恐喝した。
    ・ヴィットリオは払わないと言いだし恐喝をバラすと逆襲した→殺害動機へ
    宣伝をしてもらえるのは良いことだ。広告宣伝費のつもりで払うでしょう。
    「払わなければ潰す」と恐喝されたら、その時点でメンバー間で協議して、
    告訴すれば良いだけの話です。なにも長い間、大金を払う必要はない。
    ちょっとでも恐喝めいたら、即告訴です。即ジェラードの命取りです。
    それを恨みがましく「正体をスッパ抜いてやる」なんて言わなければ
    ならなくなるまで払い続けて、我慢を溜め込む必要もないでしょう。
    元々、逆襲する腹があれば理解できますがね。

  13. 「美食の報酬」では、
     あなたの才能は素晴らしいが、後はてんでイケません
    「白鳥の歌」では、
     コレほどの歌が歌える人に、悪い人はいませんよ
    ええ?、トミー・ブラウンは、2人も殺しているんですよ。
    その動機は、女欲しさ、お金欲しさという単純な我欲です。
    一方、ジェラードは、ヴィットリオから破滅させると脅されていたことへの
    自己防衛のためでしょう。ジェラードとヴィットリオの関係は別にして、
    お金を払う側とレストランを評価される側とで、一応は契約が成立していた
    のでしょう。それを、後から逆恨みするなんて。
    客観的に見ても、主観的に見ても、どう見ても、上記のコロンボの評価は
    いただけません。いくらなんでも、ジェラードが浮かばれません。

  14. あんたは、たいした刑事だ。
    実に有能です。
    しかし、付き合いたいとは思わないな。
    これ、よく分かるなあ。
    今回は、でっち上げの証拠ねつ造はなかったものの、いつものコロンボは、
    逮捕の為なら手段を選ばず、場合によっては最も敏感な感情も踏みにじる。

  15. ・他の人からの情報提供あり、ジェラードがヴィットリオを恐喝していたこと、
     ヴィットリオが金銭提供拒否したことは、ほぼ見えている。
    ・ジェラードはヴィットリオと食事するつもりはなく、早々に引き上げる
     予定だった。
    ・ジェラードの注文によって、ある漁師からフグを仕入れた事の判明。
    ・新しく詰め替えたハズのカートリッジが空っぽになっていた
     →毒発覚防止のすり替えと推理→さかのぼって毒混入の状況証拠になる。
    このようにコロンボから、動機、方法、チャンスについて詳らかにされた後、
    ジェラードは「証拠が無い」と一蹴してしまう。ここまで冷静な男だった。
    だから、コロンボを毒殺しようとする必要はなかった。またも勇み足です。
    極めて珍しいことに、裁判でも逆転の可能性はありません。残念ですね。

  16. 私が一番好きな回です。ジョナサン・デミ監督の遊び心満載で楽しいですよね。
    ジュールダンさん、亡くなられたんですね。94歳くらい?でしょうか。合掌…。007オクトパシーの敵役が印象に残っています。

  17. 録画して何度も観ている思い入れのあるエピソードです。ジェラードのキザな立ち振る舞い、せりふ回しに吹き替えがピッタリはまっていて素晴らしいと思います。
    トリックの方がワインオープナーのことをよく知らないがためにわかり辛く、コロンボを同じトリックで殺そうとするのも賢いとは言えませんが、美味しそうな料理がこれでもかと登場して観ててとても楽しい作品です。あとヴィットリオやその甥のマリオ、アルバートなど脇を固める人々も魅力的です。コロンボがイタリア語を話すシーンもいいですね。

  18. 最後、犯人はコロンボを殺そうとした。
    しかし、そのアリバイ工作は、どうだったのだろうか?。
    第一の犯行は、その場にいなかったという尤もらしい強力なアリバイ
    がある。しかし仮にコロンボが目の前で死んだならば、
    捜査担当が代わったとしても、怪しまれる可能性が大きいのではないか?。
    当然、コロンボも上司に経緯を報告していただろうし。
    犯人は、あまりに軽率すぎる。それまでのコロンボの追い込みが、
    犯人に大きな軽率さを引き出したとも言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.