17話「二つの顔」

Double Shock
1973[第2シーズン 17話]

まさに二つの顔!

原題「Double Shock」に対し邦題「二つの顔」の示す通り、双子の兄弟デクスター・パリス(料理研究家)と兄ノーマン・パリス(銀行員)ともに「マーティン・ランドー」が、莫大な財産を持つおじを殺害します。

マーティン・ランドーと二つの大作戦

マーティン・ランドーはテレビアクションドラマ「スパイ大作戦」でローラン・ハンド役で有名な俳優さんです。同時期に「宇宙大作戦」のミスター・スポック役のオファーも来ていて、それを断わってスパイ大作戦を請けたそうです。ひとつ間違っていたら、レナード・ニモイと役者人生が入れ替わったか?と思うと面白いですね。

コロンボ的倒叙作品ではない

犯人が双子という設定を用いたお話で、殺害シーンを見せているにも関わらず、純粋な倒叙作品には仕上がっていません。見る側は「あらかじめ犯人を知っている」はずなのですが、二人が同じ顔なので真犯人が「弟デクスター」であるか「兄ノーマン」であるか、断定できないのです。

婚約者のリサの不可解?

殺されたおじクリフォード(ポール・スチュワート)のお相手リサ(ジュリー・ニューマー)は、結婚を金銭目的ではないと断言しています。本当にクリフォードおじさんに惚れていたのでしょうね。愛のカタチも様々です。

でも結果的には、この婚約が殺人事件の引金となりました、悲しいことです。リサは予め財産相続を放棄しておくべきでした。

双子犯人の不可解?

仲の悪い兄弟が手を結んで殺害を計画します。が、コロンボ警部の登場後、お互いに相棒が真犯人であるように見せかけることから「共犯」の疑いを持たれるリスクも増大しました。最終的に婚約者のリサが死亡しないと遺産が手に入らない状況になったことも致命的でした。ちょっと計画が甘かったかな~。

ペックさんが大暴れ

クリフォード家のお手伝いさん「ペック夫人」は奇麗好きで、だらしないコロンボ警部と真っ向勝負。犯人から嫌われることには慣れている(それが手法の一部)警部ですが、お手伝いさんから嫌われることには抵抗があったらしく、不本意さを露にしている演出が面白いです。

ジャネット・ノーラン

このペック夫人(ジャネット・ノーラン)は、45話「策謀の結末」にも「オコンネル財閥の女王役」で出演しています。

ティム・オコナー

第二殺人の現場に居合わせる弁護士マイケル・ハザウェイは、後の作品である39話「黄金のバックル」で殺害されたエドワード・リットンと同一人物。「うさん臭い」キャラクターが似合います。

 
監督:ロバート・バトラー
脚本:スティーブン・ボチコ、ピーター・アラン・フィールズ
デクスター・パリス、ノーマン・パリス:マーティン・ランドー
ペック夫人:ジャネット・ノーラン
マイケル・ハザウェイ:ティム・オコナー
リサ・チェンバース:ジュリー・ニューマー
クリフォード・パリス:ポール・スチュワート
加筆:2015年11月7日

“17話「二つの顔」” への29件の返信

  1. 映像作品ならではの展開で、初見の時、不思議な気持ちで見たのを覚えています。

    Colombo警部が番組内で作って(手伝って)いた料理を早速に主人に作った思い出(笑)もある作品です。
    「(テレビが)また紫…!」のセリフに、何かユーモアを感じました(笑)

  2. たしかに傑作というほどではなかったですが、個人的にはわりとよかったです。
    犯人の苦悩や人生の哀歓は描かれていませんが、最後のペック夫人の困惑や哀しみを想うと、コロンボ作品で初めて思わず泣きそうになってしまいました。ただ中年の口うるさいおばさんに見えても、長年仕えてきた使用人として、また母親代わりとしての人生の中で、いろいろな感情の機微があったんだなぁと思いました。もう立派な、人から見れば全然可愛げのない双子を、「母親」として信じていた気持ちや、長年仕えてきた屋敷の関係者がパタパタと消え、一人取り残された気持ち、そんなことが起こるとも思わず、昼ドラを楽しみに生きていた退屈に見えて平穏な生活を思うとかなり切なく、また当惑と悲しみに暮れる彼女の手を気遣うように取ろうとするコロンボがすごくカッコよく見えました。
    クリフォードのキャラもよく、作品が断然おもしろくなったと思います。リサが死ぬのは予想外でした。
    双子のやり口に関しては、ダイタクという双子漫才コンビのネタでたまたま耳にした、マレーシアのラジ兄弟という一卵性双生児の事件を思い出しました。笑
    確実にどちらかが犯人なのですが、どちらの犯行も完全には立証できず、どちらも無罪になったというものです。
    今回、誰にも見られていないですが、二人とも疑われることは想定内でしょう。しかし、どちらが犯人かという誤った推理を誘発させる筋書きだったので、ラジ兄弟の事件を思い出したのだと思います。

  3. >あじさん
     コロンボはリサに対し「入籍前だからあなたに相続権はなく、動機がない」といったわけですが、リサはすでに自分が相続権を持っていることを知っているわけです。
     事故ではなく、殺人、しかも遺産を目的としたものであろうと聞かされたからこそあのような態度となったのだと思います

  4. リサはコロンボの尋問中、急に機嫌を損ねてコロンボを部屋から追い出します。
    この時点ではリサも共犯、もしくは犯人に上手いこと言い含められているのでは、と思わせてくれて、より謎が深まり楽しいのですが、最後まで見終えてから思い出してみると、全く意味不明なシーンでした。
    何か説明ってありましたっけ?
    それは置いておいて、料理番組にコロンボがアシスタントとして引っ張り上げられたシーンは本当に楽しかった。
    あれ少しアドリブもあるのかしら、二人とも素でゲラゲラ笑っているみたいでとても楽しかった。

  5. 冒頭からペック婦人に嫌われてるコロンボ警部
    事件を解決することで汚名返上
    素晴らしいカタルシスですね

  6. このエピソードはトリックは面白いもののストーリーに魅力が乏しいという意見が多いようです。でもぼくはなかなか魅力的なエピソードと考えています。とにかくデクスターとノーマンのふたりを見事に演じ分けているランドー氏の演技がすばらしいです。他の多くのエピソードと同様に、吹き替えの滝田氏の声の演技も振るっていました。他にも料理番組や、ペック夫人とのやりとりなど愉快なシーンが目白押しです。まあ、コロンボに熱中し出した時期に初めて観たという思い出も手伝って評価が上がっている所もあるかもしれませんが。

  7. スカっとしない終わり方で、こんな証拠で殺害まで認める必要もないよ。
    ・2人いないと殺害できない
    ・電話記録で、デクスターとノーマンは頻繁に電話していた
    ・車で去った時、手を振った
    なぜこれが、直接的にデクスターとノーマンの犯行にひも付くのか?。
    コロンボが主張する犯行経緯は行間を埋める連想にしかならない。
    認めたら負けだが、認めなかったらペック夫人の応援もあって
    裁判では勝てる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.