26話「自縛の紐」

An Exercise in Fatality / 1974
健康クラブの経営者マイロ・ジャナス(ロバート・コンラッド Robert Conrad)が加盟店のオーナーであるジーン・スタッフォード(フィリップ・ブランズ)氏を殺害。スタッフォードは憎まれっ子的なキャラだが、マイロを「お前、泥棒だな」と強烈に非難(笑)

悪人マイロに、コロンボ警部が激怒!

マイロは不正な経営で私腹を肥やしていて大金を持ってスイスに高飛びする予定だったが、それをスタッフォードに見抜かれ、破滅が決定的になり殺してしまいます。かなりの悪人が迎えた結末ということですが、この作品では「激怒するコロンボ警部」を見ることもできます。
激怒する直前の成り行きを何度も繰り返し見ましたが、必然性は感じませんでした。スタッフォード夫人(コリン・ウィルコックス)に対する同情が引金となっていますが、その割には背景を描ききれていない気がします。コロンボ警部は15話「溶ける糸」でも激怒しますが、こちらは納得できました。

ほのぼの笑えるシーン

ルイス・レーシーの元勤務先トライコン工業社の受付嬢(スーザン・ジャコビー)とのやりとりは笑えます。70年代のコンピュータはあんなに巨大だったのですね。これは「トータルデータ検索システム」だそうで…凄い。残念ながらこのシーンは短いバージョンではカットされたようです。

ルイス・レーシー

事件のカギを握るルイス・レーシー氏(ダレル・ツワーリング)。トライコン工業社のコンピュータを駆使して探しただけに、印象的な役柄に仕上がっています。

エド・マクレディ

トライコン工業社の警備員は「エド・マクレディ」で、その後の新シリーズで多数出演してる俳優さんです。ちょい役ばかりですがとても印象に残る素敵な俳優さんです。ちょっと見逃せませんよ〜ぜひチェックしてください。

少し納得しかねるシーンなど…

コロンボは病院で子どもとお母さんの会話を見た時に「自縛の紐」のトリックを暴きますが、「そうか、わかった!」的な描き方であまり好きではありません。もう少しさり気ない演出をしてくれたらな~って思いました。決め手の他に「着替えを知っているのは犯人である証拠」だと力説する場面は、かなり迫力あるシーンです。よく聞かないと意味が分かりませんが、それでも論理の筋立てや話し口調など、犯人を「落とす」パワーは並々ならぬものを感じました。

邦題「自縛の紐」考察

タイトル「自縛の紐」は、上手い邦題だと思いますが「決め手のまんま」。これも15話「溶ける糸」との共通点です。最初にこの作品を見た当時は小学生だったでしょうか、「自爆」だと思っていました。原題はAn Exercise in Fatalityで直訳は「死の中のエクササイズ」と出ました。他でも詳しく語りますが、コロンボシリーズの邦題には「△△の☆☆」というスタイルがたいへん多く、△△の部分にこのような普通に使われない名詞「自縛」を用いたことは、興味深いですね。

少し寂しげな表情が印象的な秘書ジェシカ

マイロ・ジャナスの秘書で愛人のジェシカ・コンロイ(グレッチェン・コーベット)は20話「野望の果て」に出てくるヘイワード夫人の秘書のリンダ(ティシャ・スターリング)と雰囲気が似ていました。でもこのジェシカがマイロに「今日のあなたは元気がない」というシーン、割と元気だったと思ったが(笑)

口笛で、THIS OLD MAN♪

また、コロンボ警部が海岸を歩くシーンでは、ピーターフォークの「THIS OLD MAN」の鼻歌が吹き替え無しで披露されています。
「THIS OLD MAN」について
マリブビーチにあるマイロ・ジャナス邸
マイロ・ジャナスはマリブビーチに住んでいて、なんとご近所に「指輪の爪あと」の探偵のブリマー邸もあります。

怒りながらも、犯人を追い込んでゆく?

以前『美しいコロンボ劇にはなっていません。美しく感じないもっと大きな理由は「激怒するコロンボ警部」です。』と書きましたが、そうでもなかったです。もう一度見直すと『怒りながらも、犯人を追い込んでゆく』ように感じました。『スタッフォード夫人の緊急入院』で怒ったことも、不要なシチュエーションとまで言えませんね。また、冒頭からコロンボ警部は不機嫌な雰囲気で登場しているのも面白い(早朝に呼び出されてとのこと)です、このような登場シーンは多いですね。

清掃員のマーフィ

健康クラブの清掃員:マーフィ(ジュード・フェアズ)が素敵です。コロンボの捜査に迷惑そうに応対するが徐々に協力的に転じ、茶色の靴底の推理では「たいしたもんだわ」と感心していました。このジュード・フェアズは20話「野望の果て」コロンボ警部が運転中に検問される際に登場する若い方の警官の俳優と同一人物です。

秘密組織が毒を盛った?

スタッフォードの死因について、秘密組織が毒を盛った‥なんてジョークを飛ばす検死官は、ビクター・イゼイ。実はこの人、36話「魔術師の幻想」の鍵屋のオヤジさんと同一人物です。若い人はせっかちだとか説教する人です。

監督:バーナード・L・コワルスキー
脚本:ピーター・S・フィッシャー
原案:ラリー・コーエン
マイロ・ジャナス:ロバート・コンラッド
ジェシカ・コンロイ:グレッチェン・コルベルト
ジーン・スタッフォード:フィリップ・ブランズ
アル・マーフィ:ジュード・フェアズ
 
加筆:2020年7月26日
*作品のエンディングに関し、賛否の激しい解釈については記載を削除しました。
 

“26話「自縛の紐」” への78件の返信

  1. このエピソードは初見でした。
    冒頭、普通に事故死だと判断できるものを、殺人課のコロンボがいきなり現場に登場する理由性が無く、説明不足を感じました。このシリーズにはこういうオープニングがしばし、あるような気がします。サスペンスだから、そういう事は省略しますよ、ということなのでしょうか。
    スタッフォード夫人役の女優さんの寂しげな目が好きです。ドラマ「逃亡者」にもゲスト出演していた記憶があります。

  2. このエピソードは初めて見ましたが、犯人が犯行後に被害者に運動靴をはかせるシーンで、「あ~こっち側から結んだら、結び目が逆になるから、死んだ後で偽装のために犯人が履かせたとすぐばれちゃうよ」と思いながら見てまして、まさかこれがオチになるとは。

    これ実際の犯罪捜査でもこのあたりは初歩中の初歩のはずなので、コロンボが発見するまで誰も気づかないというのはちょっと考えにくいですね。
    とはいえそんな細かいことはどうでもよくて、トレーニングやランニングでへとへとになるコロンボとか、砂浜走った後、靴に入った砂をさりげなく犯人の家の花壇?に捨てるところとか、灰皿に置いた葉巻を帰り際にまた拾うところとか、楽しいシーンが満載の回でした。

    1. 砂をこっそり捨てたら靴紐が切れ
      マイロさん「靴紐あるよ」
      コロンボ「いやあ、結べばまだ使えますよ」と
      重要な手がかりの伏線になってますね。
      なんとも、心憎い演出

  3. ご承知と思いますが、ロバート・コンラッド氏は、今年2月8日に84才で亡くなられました。コロンボ作品の主演俳優さんで、ご存命の方のほうが少ないと思いますが、これからも繰り返し放映してほしいですし、ぼろんこさんのブログでも、ず〜っと楽しませていただきたいです。

  4. このエピソードは日テレで放映された際に石田太郎で録り直しているため
    カットされたシーンの声は銀河万丈ではなかったようですね。
    旧シリーズのフルサイズで吹き替えが統一されているのは
    小池版は「ビデオテープの証言」、石田版の「策謀の結末」ぐらいでしょうか。

  5. まずはYouTubeの「刑事ぼろんこチャンネル」登録しました!テーマの再現(特に音色の選び)に熱がこもっているのが素晴らしくて気に入ってしまいました。

    本題ですが、昨日本作「自縄の紐」を見ていてひとつ妙なことに気づきました。犯人はジムで偽装工作をしていたときも、それを終えてジムから出ていくときにも部屋の明かりを消したままだったように見えます。もちろん完全な真っ暗ではなく、撮影のための最小限の照明はありましたが、演出の意図としてはジムの明かりが点いていないということだったと思えます。実際、首を絞めた犯行現場の部屋も同じぐらいの暗さでした。

    翌日の現場検証でジムに明かりが灯されていなかったら、コロンボが真っ先に怪しみそうなポイントだと思います。「明かりを消したままトレーニングをする人は普通いないと思うんですよ」というように。

    にもかかわらず、コロンボの推理に明かりの件はまったく浮かび上がってきませんでした。もしかすると話がごちゃつかないためにシナリオの段階で削られたのかもしれないと推測してみました。ファンサイトでは既に指摘があったりするのでしょうか…?

  6. はじめまして
    ぼろんこさん教えてください
    「運動着を着ていたことは犯人しか知り得ない」というのが、証拠ということのようですが、「彼がそう言っていたんだ」としらを切ればいいだけなのでは?
    どうか解説を…..

    1. ポロンコさん、コメントありがとうございます。この件については、かねてよりファンの間で議論されてきたのです。諸説あるようです。かつては記事本文にも掲載していましたが、私は「決定的な証拠がない」派です。

      1. ありがとうございます。
        このエピソードは合点がいかず、何か謎解きしているものがないかな?と探した結果このページにたどり着きました。
        YouTube見てみたいと思います。

  7. 中盤、バディと話すコロンボの背景に映っている赤いキャンバストップのオープンカーは、ダットサンのフェアレディじゃないでしょうか? かなり車にこだわっている番組の中で、日本車が出ているならすごいこと。気になって眠れません。

    1. わざとらしいくらいに長々と映り込んでますよね。しかもセンター(笑)
      当時、ニッサンが米市場に強力にプッシュしていた”プアマンズ・ポルシェ”Zカーの先祖なんだよ、との宣伝なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.