24話「白鳥の歌」

Swan Song / 1973

犯人役にカントリー歌手として有名な「ジョニー・キャッシュ」を起用。自分は吹き替え版を見たので、演技の良し悪しはわかりません。犯人であるカントリー歌手トミー・ブラウンよりも、被害者である妻のエドナ(アイダ・ルピノ)の方が悪人であるため、少し悲しさが漂う作品。

刑事コロンボの一つのパターン、犯人に対する同情も表現[41話「死者のメッセージ」など]されています。さらにはラストシーンで、「自分が犯人でございます」と犯人自身に言わせるパターン[9話「パイルD-3の壁」25話「権力の墓穴」など多数]も登場し、楽しめる作品だと思います。

音楽家魂を感じます…「ギターは壊したくない」が「命がけの殺人トリックを敢行」

ポイントは2つだと感じました。1つめは歌手トミー・ブラウンが「自分のギターは助かるようにセスナに載せなかった」こと。ギターを演奏する人なら、この気持ちが分かると思うんです。楽器というのは世界に同じものが二つと無いんですよね。

もう1つは、自家用セスナを墜落させるという大技です。自分の命の保証も無いというかなりリスキーな殺害方法です。しかも、同乗していたコーラスガールのメアリーアン(ボニー・ヴァン・ダイク)も一緒に殺してしまいます。口封じの意味もあるでしょうが、こりゃ罪が重いです。

テーマ曲は「I saw the light」

トミーは「I saw the light〜 I saw the light〜」と歌います。このブログの訪問者さんの書き込みがヒントで気づきました。トミーはラストシーンで、コロンボ警部の車のヘッドライトに照らされます。まさに「I saw the light〜私は光を見た」なのでしょうね!流石です。(加筆:2013年9月24日)

悪妻役はアイダ・ルピノ

被害者のエドナ夫人は8話「死の方程式」でバックナー社長夫人を演じる「アイダ・ルピノ」。犯人のトミー・ブラウンは、飛行機の整備士のジェフに優しく接します、それを邪魔しようとするエドナ夫人。この夫妻の関係をかいま見る瞬間でした。
妻からまるで強制労働のようにライブステージを押し付けられ、しかもギャラのすべてを十字軍に寄付。逆らえば過去を暴くと脅迫されるという始末。それでもトミーは妻を殺害した後、懲りずに新しいコーラスガールのティナ(ジャニット・バルドウィン)に手を出そうとしてます。ティナはあまり乗り気でない雰囲気ですが、そこを強引に迫る様には、悪人というより動物的なパワーを感じました。

ヴィトー・スコッティ

本題とはあまり関係ない葬式のシーンでは葬儀屋グリンデル役で刑事コロンボシリーズに何度も出演した脇役の名優「ヴィトー・スコッティ」が出演しています。(初期TVバージョンではカット)

ニック・ソールカントはソレル・ブーク

またこれは嬉しい発見だったのですが、後半に登場するレコード会社プロデューサー(または編曲者?大きな丸形のサングラスの人)は40話「殺しの序曲」で拳銃で撃たれて死ぬバーティ役の「ソレル・ブーク」でした。

パングボーンは重要人物

セスナ墜落事故の捜査班の指揮をとる専門家のパングボーン氏は「ジョン・デナー」。37話「さらば提督」のオーティス・スワンソン(提督)を演じている重要人物です。ダンディで存在感がありますね、やはり只者ではありません。

墜落現場のカメラマン

同じく墜落現場でコロンボに文句を言うカメラマンは「マイケル・ラリー2」。有名なエキストラ俳優と同名なので2です。このラリー2は何と、27話「逆転の構図」のラストシーンに立ち会う警官と同一人物。その他、もう一回出演しています。

ミシンのおばちゃん

コロンボファンの方より教えていただいた情報ですが、「ミシンのおばちゃん」の役で良い味を出している女優さん「ルシール・メレディス(Lucille Meredith)」は、第20話「野望の果て」でヘイワード夫人の親友「ルーシー」と同一人物です。

二人にバルビタールを飲ませたことが命取りになったか?

ブログ読者さんからのご意見を検証しました。隙をついて飛行機から飛び降りれば「バルビタール:睡眠効果のある薬物」は不要だったと。
積み込んだはずの魔法瓶が見つからない疑惑、死体を解剖され大量のバルビタールが検出された疑惑。コロンボはこの「バルビタールと関係のありそうな魔法瓶」を、草の根を分けてでも探すという作戦を匂わせて、犯人を捕獲しました。

しかも…この魔法瓶は、22話「第三の終章」でグリーンリーフが取り調べを受ける警察で使われていたものと同一でした!(加筆:2017年12月22日)

礼拝(れいはい or らいはい)について

これもブログ読者さんからのご意見をもとに調査しました。劇中に出てくる礼拝(らいはい)という表現について、仏教においてのみ「らいはい」、それ以外は「れいはい」と発音するようです。ですので厳密には間違って使われています。(加筆:2017年12月22日)

ロケ地

セスナ機墜落の調査現場:Nichols Canyon Road(PC)

監督:ニコラス・コラサント
脚本:デビッド・レイフェル
トミー・ブラウン:ジョニー・キャッシュ
妻エドナ:アイダ・ルピノ
メアリ・アン:ボニー・ヴァン・ダイク
レコード会社プロデューサー、ニック・ソールカント:ソレル・ブーク
葬儀屋:グリンデル:ヴィトー・スコッティ

加筆:2020年7月27日

“24話「白鳥の歌」” への88件の返信

  1. この白鳥の歌も何度見たことでしょう。
    いつも聞き取れないのですが、
    「特製チリの肉」は何肉とおっしゃていますか。

    何度再生しても聞き取れなくて気になっています。

    1. こんばんは。
      “Squirrel meet”と聞こえました。
      (リス肉は)私は食べたことがないのですが、果たしてどんな味なんでしょうね(^^)

      1. ざんぱの さま
        教えてくださりありがとうございます。
        録画を確認してくださったのですね。

        リス肉ですか。
        リス肉は美味しいそうです。
        木の実を食べているからお肉も臭くないそうです。

        リス
        コロンボも一瞬、顔が曇りましたもの。

        1. 私もRoseさんと同じで初めは何の肉か聞き取れませんでしたが繰り返し聞き「リス」と分かりました。
          絶品のチリコンカンがリス肉と知らされた時のあのコロンボの表情が良いですね。

  2. このエピソードは印象に残っております。
    皆さんの感想も参考になるものばかりで納得です。
    トミーの過去の汚点は永久に消えませんが、だからといってエドナの搾取が100%肯定されるとも思えない。
    ワルにも三分の理で、人生をやり直したいという気持ちがあったのでしょうか。
    もう一度刑務所から人生やり直しというわけですが、ラストの余韻は悪くない作品だったと思います。

  3. 友人にジョニー・キャッシュファンがいるので、今回の放送のことを話したところ、「ジョニーの命日は9/12だから、ベストのタイミングの放送だね」と言ってました。

  4. いつも、映像を見て、ここのコメントを見させてもらってから
    もう一度見ています。

    何度見ても名作です。
    パイルD-3の壁と似た終わり方で大好きな作品です。

    今回も何点か面白いシーンを見つけました。
    ライブ終了後、ファンが楽屋に押しかけますが、それを
    エドナ夫人が追い返したとき、ファンの一人が「〇〇はばぁ」
    とののしってますね。ますます悪女ぶりが強調されるシーン
    でした。

    それと、コロンボが軍隊に出向き、トミー・ブラウンの従軍時
    代の話を聞きに行きますが、その際に電話を借りてかけるシー
    ン。受話器にフックみたいな肩に引っ掛けられるような道具が
    ついてますね。これなら電話を掛けながら両手が使えます。
    今となっては、使うことのない道具ですが。全て、軍隊は合理
    的だなぁと思いましたね。

  5. 私も猫まんまさんに同感です。
    名作とか、犯人に同情するという感想をお持ちの方には申し訳ないのですが、私にはそうは思えませんでした。
    性犯罪、しかも未成年者に対する、はダメですよ。話中には他にも少女に色目を使うシーンが複数あり、気持ち悪くて仕方ありませんでした。
    あと、ラストでコロンボが、あなたは自首すると思ってました(=いい人だから)といったセリフがありましたが、そんな描写はありましたでしょうか?

    被害者のメアリーアンは確かに美少女ですが、その感情のない、無機質な表情が気になりました。
    トミーの性的志向の犠牲となり、金のためにエドナに利用され、もはや感情も殺されたような…挙げ句に口封じに殺されてしまう。可哀想すぎますよ。同情すべきは彼女に、ではないでしょうか。
    趣のあるラストは、大スタージョニー・キャッシュへの配慮、との見方のようですが、そんな大スターになぜロリコンの性犯罪者の役をあてたのか、理解に苦しみます。イメージ悪すぎないですか。
    アメリカでは、日本よりもずっと性犯罪に厳しく、しかも低年齢者に対するものは下等中の下等。刑務所で他の受刑者に知られたらリンチされ死に至ることも珍しくないと聞いたことがあります。(看守も黙認らしい)
    時代が違うんですかね。。

    命懸けの殺人、コロンボのキレキレの捜査、脇役も個性的、コロンボのまいたエサにかからなかったか?と最後までコロンボをハラハラさせる展開など、確かに面白いのですが。。
    トミーの犯した罪が詐欺とか泥棒とか交通事故のもみ消しとかだったら良かったのに、、残念です。
    ファンの方にはごめんなさい。この作品にはマイナス一票を投じさせて頂きたいと思います。

  6. 犯人に同情されている方が多いのですね。16才の少女をレイプして口封じに殺した事をお忘れかと。自分にとってはコロンボシリーズ中最も不愉快な犯人です。どんなに素晴らしい音楽の才能を持っていても赦されることではないでしょう

    1. 同じ感想をお持ちの方がいらして安心しました。
      許せませんよね。
      もし、コロンボが真実を知っていたら、ラストは同じような優しい態度ではなかったかもしれない、と思います。

      1. そういえば、コロンボは気づいていたのでしょうか? 夫人が握っていたという、犯人の弱みとは何だったのかを具体的に。劇中で、コロンボがそれを具体的に知る場面ありましたっけ?
        朝鮮戦争に出征していたが、実はそこで民間人虐殺事件を起こしていた、今大スターとして成功している自分がそれを公表されたら、逮捕はなくても重大なイメージダウンだ、だから言いなりになるしかなかった、という筋ならもっと自然だったでしょうかね。さらに、その事件の被害者を内心ではずっと悼んでいたとか、夫人殺害後に初めて手にしたギャラの一部を韓国赤十字に寄付してたとか、そういうシーンがあればキャッシュ氏のイメージダウンなんかにはなりそうもなかったでしょうね。

    2. >16才の少女をレイプして口封じに殺した
      すみません。悪妻のインパクトが先行して夫婦間の会話、聞き逃していました。
      日本でも、これは不味すぎる…。

      1. それだと書き方が悪すぎますよね。
        16歳の時にモーテルに連れ込み関係を持った。その事をネタに妻と共に3年間に渡り強請ってきたので殺した。
        ですね。

  7. 犯人に同情します。こんな妻は殺したくなります。本当に殺しては駄目だけど。
    粗探しで恐縮ですが、自家用飛行機から飛び降りて、そのあと落ちた飛行機の近くまでたどり着くのは昼間でも不可能でしょう。夜で暗くかつ足を負傷する様に工作までしてますので、ちょっとなんぼ何でも。
    コロンボの中で好きな作品ではあります。

  8. 今回も面白い話でした。
    犯人だけどアーティストで親密なキャラなトミーにコロンボがどう攻め、詰めよるか観ていて楽しかったです。会話を聴いていると本当は友人関係を築けるのではないかと思ってしまいました。
    それはコロンボの芸だと言ってしまえばそうなのですが、ラストは犯行が確定してもトミーに友情を示してくれたのが良かったです。
    基本的に成り上がりストーリーのありがちなパターンですが、奥さんはスターに上り詰めたトミーをもう少し解放させていれば、ビジネス的な関係にシフト出来たのではないかなと。(既に結婚生活は破綻しているので)

  9. ルーク役のビル・マッキニーも良い味出してましたよね。
    特にコロンボにチリを勧めるシーン。伊武さんの声が良かったのかな。
    ぼろんこさん、脇役俳優たちヘの追加どうですか。

    本作はコロンボの引っ掛けが判りやすい脚本ですね。
    判りやすすぎると、最後のキレ感が減るのかな、とも感じました。

  10. >エドナ夫人は8話「死の方程式」でバックナー社長夫人を演じるアイダ・ルピノ
    あれ?どっかで見た人だなと思ったら納得(笑。吹き替えも同じかな?
    トミーの女癖の悪さも何ですが弱みを握って資金荒稼ぎにこき使って神の御心に
    恥じる気持ちが無い辺り、宗教が金や権力と結びついた腐敗の典型でしょうか。

    子供時分にロードショーで観た時より犯人に共感しやすくなりましたし、
    「別れのワイン」に続く共感路線でなおかつ、
    「溶ける糸」的な土壇場の知恵比べが最後のアクセントになって楽しめました。

    1. 「全米一の礼拝堂を建てる」というエドナの野望なんて、まさに金銭欲・権力欲の顕われですな。
      トミーのギャラを全部持ってちゃってますもんね。
      トミーが大譲歩して「50%にしてくれ」(これでも相当酷い)と頼んでも、受け付けず。
      江戸時代の遊郭かよ!(笑)
      また、この憎々しい役にアイダ・ルピノさんがピッタリはまって。

  11. ヴィトー・スコッティ が、登場するシーン、葬儀場は、36話「魔術師の幻想」の魔術クラブレストランでしたねぇ。初期の放送バージョンでは、カットされている場面で越えも後で吹き込んだものでしたねぇ。

      1. 似てるな〜とは、思ったことありますがね、
        実際に比較したら、同じでした!
        すごく嬉しいです。

  12. やっぱこの話好きだわ~
    リスクを取ってもあの奥さんじゃあ・・・ね
    スタア☆ジョニーキャッシュがミシン?でパラシュート縫ってたのかと
    想像してニヤニヤしちゃいました

  13. いやあ、ここまでコロナウイルス禍「巣ごもり生活」効果、コメントがかつてない賑わいですな。
    未成年者とのスキャンダルは今考えるとやはり米国ではキャリアの命取りでしょうね。こんな言い方したくないけど、日本程甘くはない。命がけのリスクを背負った動機としても十分だったかもしれない。睡眠薬を使ったのは、パラシュート装着の際にエドナに怪しまれて暴れられたらそれこそ心中のリスクがあったからかもしれません。
    葬儀屋との会話ブラックユーモア満点。「パラシュート」ネタからのユーモア、縫製のおばさん好きです(笑)、とサスペンスがせめぎあう緊張感。

  14. 結構このエピソードは好きでした。ラストのコロンボのセリフが泣かせます。
    私は犯人に同情しています。本当に嫌な奥さん。
    ジョニーキャッシュはアメリカで当時はとても有名だったようです。
    それにしてもミシンのおばちゃんは傑作ですね。

    https://www.youtube.com/watch?v=64iYiNAYXZo

    1. アーティさん、リンクがあって弾かれていいたようです。
      最後の投稿に、URLを記載しておきました。

  15. この作品のファンの方々を全て敵に回しそうですが、当初は動機もトリックも締めくくりも凡庸な印象しか持てませんでした。
    また、 「l Saw The Light」も悪い曲じゃないのに作品中では多用するあまりにいささか耳障りな感がありました。
    ところが先日「逆転の構図」のキーポイントであるサン・クエンティ刑務所でジョニー・キャッシュがライブをやっていたことでコメントしたところ”とりがみの兄貴“さんが情報を下さったりがありましてジョニー・キャッシュにシンパシーを感じたり当時の世相や芸能事情なども雰囲気を捉えられるようになりました。”とりがみの兄貴“さんに感謝です。(よかったら逆転の構図のコメントもご一読ください)
    こういうことがきっかけで興味が湧いてくるのもアリなんだとつくづく思いました。
    ホント、刑事も『因果な商売』ですが投稿者も『因果な商売』です。

  16. 珍しく原題と邦題が同じ話でした。自由を求めて、殺人まで犯してようやく人生の光が見えてきたところで、ぼろんこさんご指摘のヘッドライト光を見たというのは皮肉でしたね。ミシンおばちゃんや飛行機整備士など出演者のキャラが立っていて、面白かったですが、一番のボスキャラはジョニーキャッシュでした。彼の略歴を見ると、空軍入隊経験があつたり、薬物で捕まったりと配役に通じるものがありますし、本質は善人であるというオチも、まさにジョニーキャッシュのためのシナリオだったと思います。日本でリメイクするとしたら誰が適任か考えてみました。大御所、演歌のサブちゃん、ロックンローラーの永ちゃん、見た目から松崎しげる?結局どなたもあんなに女の子だけにモテるはずないので、結局、チャゲアスの飛鳥が適任かなと思いました。捕まっちゃいましたし、確かデビュー当時黒のアコギ弾いてたと思います。

  17. 初めまして。

    旧コロンボでさえ、まだ、未見のものも10作品以上あるんですが、今のところ、私は、白鳥の歌が、作品中で一番好きです。
    なんか、犯人が憎めないし、ラストシーンのコロンボさんの
    「これだけの歌を歌える人に悪い人はいません。」
    あの一言、感動です。
    仮に、私が犯人の立場だったら、泣いちゃうかも(笑い)?

      1. 義理の弟、ルーもなかなか面白いキャラでした。
        英語版で見ましたが、ジョニー・キャシュの演技は
        なかなかでした。
        一番の謎はパラシュートなんかどこにでもあるのに、わざわざ手作りとは。
        またセスナ172の墜落地点の近くに降下できたとは。
        魔法瓶はあの高度で投げれば粉々です。
        またベーカーズフィールド空港のサインがありましたが、サンタモニカ空港から1時間の飛行の距離です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.