24話「白鳥の歌」

Swan Song / 1973

犯人役にカントリー歌手として有名な「ジョニー・キャッシュ」を起用。自分は吹き替え版を見たので、演技の良し悪しはわかりません。犯人であるカントリー歌手トミー・ブラウンよりも、被害者である妻のエドナ(アイダ・ルピノ)の方が悪人であるため、少し悲しさが漂う作品。
刑事コロンボの一つのパターン、犯人に対する同情も表現[41話「死者のメッセージ」など]されています。さらにはラストシーンで、「自分が犯人でございます」と犯人自身に言わせるパターン[9話「パイルD-3の壁」25話「権力の墓穴」など多数]も登場し、楽しめる作品だと思います。

音楽家魂を感じます…「ギターは壊したくない」が「命がけの殺人トリックを敢行」

ポイントは2つだと感じました。1つめは歌手トミー・ブラウンが「自分のギターは助かるようにセスナに載せなかった」こと。ギターを演奏する人なら、この気持ちが分かると思うんです。楽器というのは世界に同じものが二つと無いんですよね。
もう1つは、自家用セスナを墜落させるという大技です。自分の命の保証も無いというかなりリスキーな殺害方法です。しかも、同乗していたコーラスガールのメアリーアンも一緒に殺してしまいます。口封じの意味もあるでしょうが、こりゃ罪が重いです。

テーマ曲は「I saw the light」

トミーは「I saw the light〜 I saw the light〜」と歌います。このブログの訪問者さんの書き込みがヒントで気づきました。トミーはラストシーンで、コロンボ警部の車のヘッドライトに照らされます。まさに「I saw the light〜私は光を見た」なのでしょうね!流石です。(加筆:2013年9月24日)

悪妻役はアイダ・ルピノ

被害者のエドナ夫人は8話「死の方程式」でバックナー社長夫人を演じる「アイダ・ルピノ」。犯人のトミー・ブラウンは、飛行機の整備士のジェフに優しく接します、それを邪魔しようとするエドナ夫人。この夫妻の関係をかいま見る瞬間でした。

妻からまるで強制労働のようにライブステージを押し付けられ、しかもギャラのすべてを十字軍に寄付。逆らえば過去を暴くと脅迫されるという始末。それでもトミーは妻を殺害した後、懲りずに新しいコーラスガールのティナに手を出そうとしてます。ティナはあまり乗り気でない雰囲気ですが、そこを強引に迫る様には、悪人というより動物的なパワーを感じました。

ヴィトー・スコッティ

本題とはあまり関係ない葬式のシーンでは葬儀屋グリンデル役で刑事コロンボシリーズに何度も出演した脇役の名優「ヴィトー・スコッティ」が出演しています。(初期TVバージョンではカット)

ニック・ソールカントはソレル・ブーク

またこれは嬉しい発見だったのですが、後半に登場するレコード会社プロデューサー(または編曲者?大きな丸形のサングラスの人)は40話「殺しの序曲」で拳銃で撃たれて死ぬバーティ役の「ソレル・ブーク」でした。

ミシンのおばちゃん

コロンボファンの方より教えていただいた情報ですが、「ミシンのおばちゃん」の役で良い味を出している女優さん「ルシール・メレディス(Lucille Meredith)」は、第20話「野望の果て」でヘイワード夫人の親友「ルーシー」と同一人物です。

二人にバルビタールを飲ませたことが命取りになったか?

ブログ読者さんからのご意見を検証しました。隙をついて飛行機から飛び降りれば「バルビタール:睡眠効果のある薬物」は不要だったと。
積み込んだはずの魔法瓶が見つからない疑惑、死体を解剖され大量のバルビタールが検出された疑惑。コロンボはこの「バルビタールと関係のありそうな魔法瓶」を、草の根を分けてでも探すという作戦を匂わせて、犯人を捕獲しました。
しかも…この魔法瓶は、22話「第三の終章」でグリーンリーフが取り調べを受ける警察で使われていたものと同一でした!(加筆:2017年12月22日)

礼拝(れいはい or らいはい)について

これもブログ読者さんからのご意見をもとに調査しました。劇中に出てくる礼拝(らいはい)という表現について、仏教においてのみ「らいはい」、それ以外は「れいはい」と発音するようです。ですので厳密には間違って使われています。(加筆:2017年12月22日)

ロケ地

セスナ機墜落の調査現場:Nichols Canyon Road
監督:ニコラス・コラサント
脚本:デビッド・レイフェル
トミー・ブラウン:ジョニー・キャッシュ
妻エドナ:アイダ・ルピノ
メアリ・アン:ボニー・ヴァン・ダイク
レコード会社プロデューサー、ニック・ソールカント:ソレル・ブーク
加筆:2017年12月22日

“24話「白鳥の歌」” への52件の返信

  1. 珍しく原題と邦題が同じ話でした。自由を求めて、殺人まで犯してようやく人生の光が見えてきたところで、ぼろんこさんご指摘のヘッドライト光を見たというのは皮肉でしたね。ミシンおばちゃんや飛行機整備士など出演者のキャラが立っていて、面白かったですが、一番のボスキャラはジョニーキャッシュでした。彼の略歴を見ると、空軍入隊経験があつたり、薬物で捕まったりと配役に通じるものがありますし、本質は善人であるというオチも、まさにジョニーキャッシュのためのシナリオだったと思います。日本でリメイクするとしたら誰が適任か考えてみました。大御所、演歌のサブちゃん、ロックンローラーの永ちゃん、見た目から松崎しげる?結局どなたもあんなに女の子だけにモテるはずないので、結局、チャゲアスの飛鳥が適任かなと思いました。捕まっちゃいましたし、確かデビュー当時黒のアコギ弾いてたと思います。

  2. 初めまして。

    旧コロンボでさえ、まだ、未見のものも10作品以上あるんですが、今のところ、私は、白鳥の歌が、作品中で一番好きです。
    なんか、犯人が憎めないし、ラストシーンのコロンボさんの
    「これだけの歌を歌える人に悪い人はいません。」
    あの一言、感動です。
    仮に、私が犯人の立場だったら、泣いちゃうかも(笑い)?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.