48話「幻の娼婦」

Sex and the Married Detective
1989

作品の良さがわかりません…

女性心理学者ジョーン・アレンビーが恋人でもあるパートナーのデービッドを殺害。2009年BS Hi(現BSプレミアム)での放送を初めてみました。私がノーマーク時代のコロンボ作品でしたね。私の好みではありませんが、もう一度見られるチャンスがあるようなので、その機会を待つこととします。
 
▼追記(BS2での再放送を見た後に)
再放送があったので、数回見直しましたが、やはりつまらなかったです。新・刑事コロンボの第8シーズンは、46話「汚れた超能力」、47話「狂ったシナリオ」、本作品、49話「迷子の兵隊」と4作品ですが、他の3作品はそれほど悪くありません。

犯人の職業設定にも苦労したのか?

今回の犯人の職業も私としては拒絶しちゃいました。当時は視聴率へのプレッシャーから様々な努力をしたのでしょうね。妖艶な絵作り・音楽…全体的にそのようなムードで描かれています。
 

見逃せないのがこのビル

番組内に登場するこのビル、65話「奇妙な助っ人」と66話「殺意の斬れ味」にも登場します。いずれも下から上に眺めるようなシーンで、同じフィルムを使い回したのでしょうか?

 
▼追記(2015年BS-TBSでの再放送を見た後に)
またまた再放送があったので、見直しましたが、やはりつまらなかったです。音楽も好きになれません…。ブログゲストから「噴水の動きに合わせて、音楽を奏でるシーンが印象的」というコメントを頂き、少しほっとしています。 
 
監督:ジェームズ・フローリー
脚本:ジェラルド・リー・ルドウィッツ
ジョーン・アレンビー:リンゼイ・クローズ
デービッド・キンケード:ステファン・マクト
 
加筆:2015年12月4日
 

“48話「幻の娼婦」” への23件の返信

  1. 楽しいコメントありがとうございます。とはいえ、好きになれない作品には変わりありませんが(笑)。みなさんの作品に対する愛のあるコメントに、共感しています。

  2. この作品スキなんですよネェ~。
    エッチな質問に照れたりチューバを吹いたりお掃除のオバさんに怒られるかわいいコロンボさんと、鋭いヒラメキと足で稼ぐ推理、そして非情なまでに犯人をゆさぶり、追いつめていくスゴみのあるコロンボさんの、キャラクターとしての大きな2つの特徴がスゴくよく出ているエピソードだと思います。
    はじめてシリーズを見たのが「新」だったせいか、セクシーなシーンも気にならずむしろ「…おぉ~!」と思いながら見てました(笑)シンディさんはなんかミョーに男心をソソるキャラクターだと思いマス(笑)
    そして、ジョーンさんにとっては復讐の「手段」だったハズのリサへの変装が、
    大きな傷がついた自分の人生のカセを外して、もうひとつの自分を(知らず知らずに)持つ「目的」に変わっていく過程が
    なんともせつなくて、心に残るエピソードですネェ。

  3. はじめて書き込みします。
    確かにいろいろ不十分な話ですが、
    「尊厳」や「侮辱」も動機の引き金になっています。しかし被害者がヒモ状態なのも、くすぶっていたんじゃないかな~
    ヒモのくせに浮気はするし…
    「浮気が許せない」だから仕返ししたい。
    それを実行していまった、想像ではなく。

    性や際どい台詞抜きにして、暖炉の前で理解しあう。これもひとつの共感型だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.