19話「別れのワイン」

Any Old Port in a Storm
1973[第3シーズン 19話]
ワイン醸造会社経営者のエイドリアン・カッシーニ(ドナルド・プレザンス)は、父の遺産を受け継ぎ、腹違いの弟リックはワイン醸造会社を受け継ぐ。しかし、弟リックは経営には無関心で、実質上の経営者である兄を差し置いて、大手(量販)酒造会社にワイナリーを売却することを告白。

ワインとワイン作りをこよなく愛する兄エイドリアンは逆上し、リックを殴打してしまう。兄は「金にしか興味の無い低能で下品な弟」とリックを見下し…、殺された弟リックは「飲めもしない程の高額ワインを買っている道楽者」と兄エイドリアンを変人扱い。この兄弟の対比も面白く描かれます。

作品としての品格を感じる「別れのワイン」

ストーリーは終止美しく展開しています。イタリア風のBGMを多用した他に、不規則に聞こえる「鐘のような音」がとても印象的で、特にエイドリアンの犯行隠避(いんぴ)の場面で多用されます。犯人のエイドリアンは決して悪人ではなく、怒りにまぎれて殺人を犯した。このまま罪を背負って「美しくない」余生を送るのも、喜ばしいことではないと感じています。その点では、後の作品28話「祝砲の挽歌」のラムフォード大佐の心情にも類似点を感じました。

ジュリー・ハリスは可憐

秘書のカレン(ジュリー・ハリス)は清楚で美しく描かれていました。そのカレンが話の後半で一転し、エイドリアンを脅迫するのは、とても面白い展開でした。「つまらない理由で結婚するカップルはいくらでもいる。」と、彼に結婚を迫るシーンは哲学的です。

犯行のトリックが分かり難いという意見もあります。

エイドリアンがニューヨークに発った時点で、殴打されたリックがまだ生きていた点などを見逃すと、全く意味がわからないので、犯行を暴くトリックとしては決して簡単なものでは無いですね。また、エイドリアンはワインのテイスティング(味見)においては、人並みはずれた能力を持っていて、ニューユークへの往路の機中で「このワインはマズい」という表情をしたのも見逃せません。

飲酒に寛容な当時のアメリカ社会

「別れのワイン」と言う邦題の意味はラストシーンで見られます。コロンボ警部は「飲酒運転:注1」に相当しますが、1970年代のアメリカは飲酒には寛容だったようですね。多くの作品・シーンで「一杯やるかね?」の台詞が登場します。11話「悪の温室」では事情聴取に訪れたコロンボ警部に対し、キャシーの愛人ケンは「酒でも出してもてなすよ」と言っていますが、これは今日の日本ではあり得ないです。

「別れのワイン」は刑事コロンボシリーズの最高傑作か?

この「別れのワイン」という作品は、コロンボシリーズの中で最高傑作であるとの呼び声が高いです。作品評を集めたサイトでは、数多くの意見が交わされています。概ね「作品としての品格や味わい」において非常に評価が高く、多くの人の支持を集めています。犯人役のドナルド・プレザンスが醸す高貴な雰囲気も好印象で、他の作品と別格であるとも感じさせます。題材がワインであることも、この作品の風格を持ち上げています。様々な意味で、この作品は味わい深いのです。
→人気作品ランキング
もちろん、私の考える「刑事コロンボシリーズの醍醐味」は、味わい深いことだけに終始しません。4話「指輪の爪あと」6話「二枚のドガの絵」15話「溶ける糸」などに登場する「憎たらしいほど強烈な犯人像」も見逃せませんよね。
注1:当時のカリフォルニア州では罪にあたらないとの記載を見つけました。実際のところはわかりません。

長年の聞き間違いが、2013年5月1日に解決いたしました。

おそらくチチアンにも、この美しい赤は出せなかったでしょう。もし試みたとしても、失敗したでしょう。という、名台詞で始まる19話「別れのワイン」。この「チチアン」が「○キアン」と聞こえてしまったのが原因で、意味がイマイチ理解できませんでした。

 
 

チチアンはルネサンスのイタリア人画家だ。

現在は「ティツィアーノ・ヴェチェッリオ」と呼ばれます。かつてはチチアン、ティシアンと呼ばれていたそうです。赤毛の女性を多く描いたことから、この場面で引用されたのだと思われます。

チチアン→ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

事件現場でニックの車について語る警官

煙草をくわえたコロンボ警部に「火を着けましょうか?」と話しかけ「いや節煙中で、くわえてるだけ」と断られた。その直後にやはり吸いたくなった警部から「マッチ持ってる?」と聞かれて「いえ、持ってません」と応じている!噛み合ってない二人の会話が笑えます。

ブログ読者さんからの情報で…

この警官は後の45話「策謀の結末」にも登場。何と倉庫で出会う銃の密売人になっていることを発見しました!俳優はジョン・マッキャン[John McCann]です。

監督:レオ・ペン
脚本:スタンリー・ラルフ・ロス
原案:ラリー・コーエン
エイドリアン・カッシーニ:ドナルド・プレザンス
秘書カレン:ジュリー・ハリス
弟のリック:ゲイリー・コンウェイ
警官:ジョン・マッキャン
加筆:2017年12月22日
 

●頭を殴打された弟リックはまだ生きていた
倒れたリックの様子を伺う兄エイドリアン。「即死してはいない…回復する可能性もある」と想像します。もし彼が一命を取り留めれば「ワイン工場の売却」「傷害罪あるいは殺人未遂」…きっと、全てを失うことでしょう。そこで「このままリックを確実に殺してまおう」と思い立つ。
●ニューヨーク滞在を1週間に延ばしアリバイを作る
頭部損傷で気を失っているリックをワイン貯蔵庫に閉じ込めます。手足を縛って身動きを封じ「空調設備(冷房と換気)を切り、工夫を施しリックが数日以内に確実に死ぬように工作した。ニューヨーク滞在期間を延ばしたことからも、リックが何日後に死ぬか?までは、想定できなかったと思う。「実際には2日以内に死亡」
頭部をカゴのようなもので覆い「さらに息苦しくする」
呼吸を満足に出来ないようにし(声を発することも抑える)、と思われる。そして死亡時期を遅らせる(息苦しくする、死後硬直を遅らせる効果もあったか…)」
●リックの死体を海に投げ込み、スクーバダイビング中の事故に見せかける
これにより、エイドリアンは自分のニューヨーク滞在中に、リックが事故死したと思わせた。が、コロンボ警部により様々な矛盾を見抜かれることとなるのです。
1)兄エイドリアンと弟リックの不仲。
2)死亡した18日火曜日は「大雨」が降ったのにコンバーチブル車の幌が開けられ、車が濡れた形跡もない。
3)リックが2日間生き延びたため「胃の内容物」消化されてしまった。大食漢のリックにはあまりに不自然。
4)エイドリアンが殺害2日前の日曜日に、逸品ワインのデカンタージュを友人に譲ったこと。(エイドリアンの精神状況が通常でない)
5)守衛のノーマンは、日曜日にリックが工場から出て行ったのを見ていない。
コロンボ警部はこれらの情報から、16日の日曜日に兄エイドリアンのもとを訪れた弟リックが、口論の末にリックの頭部を殴打。ニューヨーク滞在中に、貯蔵庫に閉じ込めたリックが死亡するように工作した。と、推理していると思われる。
守衛が見ていないリックの姿をカレンが「はっきり見た」と証言するのも、出来過ぎている。秘書のカレンはエイドリアンをかばっている…と思われる。しかし、決定的な証拠はない。
●気温の急上昇
ロサンジェルスが記録的な猛暑となり、大切なワインまで台無しにしてしまった。

“19話「別れのワイン」” への63件の返信

  1. 別れのワイン モンテフェスコーネ
    「エスト、エスト、エスト」ドイツ司教は叫んだんじゃなくて、呟いたのかも知れませんね。
    終着地、やっと探し当てた場所、身の置き所、安堵の場所
    今までの辛い思い出(旅(妻))に別れを言えるって事。
    モンテフェスコーネは最上級の産地ではないが、安住の地なんでしょうね。
    別れのワイン 良い邦題だと思います!

  2. 初めまして。BS-TBSでコロンボの再放送を観ているうちに堪らなくなってDVDを観直し始めましたw
    この回は皆さんおっしゃるように、犯人役のドナルド・プレザンスの魅力が大きいですね。
    吹き替えの中村俊一さん、ぴったりです☆
    ただ、昔からどうも引っ掛かっているのが、あんなにデリケートに扱っているワインの貯蔵庫の冷房(空調?)を切ってしまうことなんです。
    素人目にも「え?」って思っちゃって・・・
    キンジーさんが書いてらっしゃるように、通常の気温なら大丈夫かも、なのですが、あれだけのこだわり人間なだけに、どうにも違和感がぬぐえなくて^^;
    〝重箱つつき〟は野暮になっちゃいますが、すみませんw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.