28話「祝砲の挽歌」

By Dawn’s Early Light
1974[第4シーズン 28話]

作品の持った雰囲気がとても好きです。絵的な美しさ、兵学校という閉鎖された特殊なシチュエーション。他にも軍隊ものの作品はありますが、この「祝砲の挽歌」には及びません。

パトリック・マッグーハンの存在感

犯人役のパトリック・マッグーハンの存在感は抜群です。ヘインズ陸軍幼年学校の理事長ヘインズを殺害した後も「厳しい校長先生:ラムフォード大佐」が、正義(?)を貫いて生きる様を、美しく演じています。

事件が起こる背景

陸軍幼年学校の劣等生にその罪をきせる行動と相反し擁護するような言葉も…。厳しいが故に学校で孤立してしまう立場も…。生徒たちの「自供」により殺人を暴かれてしまう下りも…。流れるようにつながっています。また、学校の平面図から「陸軍幼年学校」が「男女共学のキャンパス」に改築される計画があったことを見破るあたり、コロンボ警部の着眼は流石です。

冒頭の演出も見事

廊下をこそこそと進んで行くと、砲弾の工作をしている背中が見えてくる。予め準備した材料を丁寧に加工する手元。冷静ながらも…汗がしたたる表情。丁寧に指紋を拭き取る。火薬を流すために蛇口を振り回す。外に出た時、初めてタイトルクレジットの文字が表示され、微かなドラムロールでBGMが始まる。砲台での準備を終え、後に大きな意味を持つ「りんご酒」を見つける。6分30秒を過ぎた頃、軍隊ラッパの音と共に台詞付きのドラマがスタートします。6分30秒以上台詞は一切なし、音楽もごく小さい。冒頭シーンを見ただけでこの作品がどれほど凄いかを直感します。

ラムフォード大佐

ラムフォード大佐は、自分の保身のために殺人を犯したとは思えません。むしろ間違った方向を向き始めたアメリカに対し「NO」と言いたかったのでは?私は戦争擁護の立場ではありません。ただ大佐の気持ちを考えただけです。

スプリンガー候補生

落第生のスプリンガー候補生(マーク・ホイーラー)の反抗的な態度やエピソードも上手く描かれています。彼が「大砲の誤爆は自分の責任であるはずがない」「不可能だもん*」と語る場面も印象的です。
*=実は掃除当番をさぼっている。

シロとクロを見分ける着眼点

コロンボ警部が容疑者を「ラムフォード大佐」に絞る場面は、大佐がボロ布を最初に見た時に言及を避けたのに対し、スプリンガー候補生はためらうこと無く「大砲の清掃用の布」と答えたことにあるでしょうか。ラムフォード大佐は事故の原因をスプリンガーの不始末として片付けることを前提として、この犯行計画を始めたわけであり、自分の計画どおりに進む捜査に対し、すこしだけためらいの感情が出たのでしょうか。
また、ラムフォード大佐は凛とした振る舞いの中でも、沈着冷静に計画を実行しています。被害者ヘインズとの口論の最中に、少しだけドアを開けておき、ヘインズが自ら「式典で祝砲を撃つ役目を引き受けた」成り行きを秘書に聞かせるよう工夫しています。本来なら大佐が爆死していた可能性もあることで、自分が容疑者のラインから外れるという計算です。

とばっちりを食らうルーミス大尉

注目すべき場面は、食堂でふざけている生徒を「突然のように声を荒げて叱る」大佐の態度。スプリンガー候補生についての会話中に、コロンボ警部はスプリンガーを犯人ではないと確信している。むしろ自分が疑われている‥と気付くのです。ご機嫌斜めな大佐の「リンゴ酒密造犯捜査命令」を受けるルーミス大尉のリアクションは、少し不本意そうで興味深いです。

日本語吹き替え:佐野浅夫さん

ラムフォード大佐の吹き替え「佐野浅夫」さんは素敵でしたが、ミラー当番兵(靴が汚れていた生徒)を再度呼び出して説教するシーンからしばらくの間、別の声優になっていました。佐野浅夫さんとは似ていない声で、この部分がとても残念でした。初期放送版ではカットされていたのでしょうね。重要な場面だと思いますが放送時間の関係でしょうね。

祝砲の挽歌

原題は「By Dawn’s Early Light」で直訳は「夜明けの明りで」という感じ。「挽歌」とは中国で葬送の時に柩(ひつぎ)をひく者が歌った歌で、エンディングに歌とともに訓練する響きも通じて、納得の邦題です。

クレーマー刑事が登場

後の作品でも活躍する「クレーマー刑事」が初登場。やる気があるんだか…どうだか…わかんない感じがとても良いですね。

モーガン候補生はクレーマー刑事の息子!

ヘインズ陸軍幼年学校のトイレで、高校時代の彼女の思い出話をする相手「モーガン候補生」は「ブルーノ・カービー」で、クレーマー刑事を演じる「ブルース・カービー」の息子。父ブルースは2012年現在存命だが、息子ブルーノは2006年に57歳の若さでこの世を去っています。

ヘインズ陸軍幼年学校

「ヘインズ陸軍幼年学校」はサウスカロライナ州チャールストンがロケ地だということです。ですので海外ロケに匹敵するほどの作品スケールが感じられるわけです。
監督:ハーヴェイ・ハート
脚本:ハワード・バーク
ラムフォード大佐:パトリック・マクグーハン
スプリンガ―候補生:マーク・ホイーラー
クレイマー刑事:ブルース・カービー
ルーミス大尉:バー・デベニング
ウィリアム・ヘインズ:トム・シムコックス
モーガン候補生:ブルーノ・カービー
加筆:2015年11月7日

“28話「祝砲の挽歌」” への31件の返信

  1. 日差しのあたる、校庭のあんなど真ん中で、大佐はよくもまあ詰め物が出来た
    ものだ。秘書に抗論の模様を聞かせる偽装工作は「だまされたコロンボ」
    でも出てきました。
    クレーマー刑事が、コロンボの現場検証風景を見て「こつぁコトですよぉ~」
    と言う。つまり、クレーマー刑事はコロンボをよく知っていて、その挙動を
    見ただけで、捜査に本気を出していると分かってしまうのだろう。
    コロンボが本気になれば、周囲が見えなくなって、他の人は”置いてけぼり”に
    なってしまうからだ。
    途中、大佐の吹き替えの声が変わり過ぎで、調子くるいますね。
    コロンボとスプリンガーとの会話は、非常に興味深い。
    スプリンガーの言動から、
    ・砲身にボロを置き忘れたのはスプリンガーではない
    ・しかし、何かを隠している
    という2つの事を、コロンボは嗅ぎとっている。
    興味深いというのは、その様子を大佐へ説明しているシーンだ。
    「布の正体を一目で認めたから、それはウソでないと分かる」と言う。
    コロンボのウソ発見センサーの一端が開示された格好だ。
    これまでの刑事コロンボでは、それをコロンボの表情や言動からくみ取る
    ことしかできなかった。それが今回、そのロジックの一端が公表された
    のだ。そして、大砲の清掃は名誉ある任務で、大佐に命令されたという。
    スプリンガーは札付きなのに、なぜ名誉ある任務?・・・と、
    大佐の苦しい言い訳と相まって、この時、容疑はスプリンガーから大佐
    へと一気に傾く。
    コロンボは校内で目的場所へ行くのに、かなり方向音痴だった。
    一度方向を聞いたのも拘わらず、何度も聞き返していた。
    しかし「別れのワイン」では、方向さえ教えてもらえば勘は良いほう、
    と言っている。イタリア語もしゃべったり、しゃべれなかったりだから、
    これもアリか。
    ゼリグナイトの痕跡があるというところから、殺人事件として本格的な
    捜査になったかの如くだが、それは表面上だけで、ウソつきコロンボの内心
    では、そうではないだろう。コロンボの方向性に間違いなかったという
    確信は深まったことだろう。
    大佐「男女共学には理事会に拒否されただろう」
    コロンボ「理事1人1人にあたる必要はない?」
    大佐「・・・・・・・・・・・・・・・」
    大佐「必要と思えばやることだ」→やや捨て鉢ぎみ
    この時、すでに大佐は、半ば以上観念していた。
    最後、リンゴ酒の見える時刻と場所とを特定され最終的な観念をする。
    しかし、まったく後悔などしなかった。「あれは必要だった、わたしは
    何度でもやるだろう」大佐の公私のケジメの付け方や責任感は極めて厳しい。
    観念した後でも、マユ一つ動かさず、最後の指導にあたっていた。
    もし実際の戦場にあっては、こういう冷厳な決断力こそが戦闘を勝利に導き、
    負け戦でも被害を最小限に抑えることができるだろう。
    まったく見事な最後だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.