23話「愛情の計算」

Mind Over Mayhem / 1974

こんな話、実際にありそう

人工頭脳学調査研究所所長のケーヒル博士が、息子の研究論文の不正を知った同僚のニコルソン博士(リュー・エアーズ)を殺害。学会の論文に関しては、日本でも2014年に「スタップ細胞」大事件が起きました。

初期の駄作?と言っては…お終い。

初期の作品においては、イマイチ納得のゆかない代表作です。近未来を描いたSF作品のようなシチュエーションもあり、こっけいな感じが漂います。もちろんその主役は「MM7」なるロボットです。当時の最先端な描き方ですが、時の流れとともに現実離れしました。

上手く行かない時もあります

脚本陣にはスティーブン・ボチコ、ディーン・ハーグローブ、ローランド・キビーと名を連ねていますが、ちょっと投げ出したくなった?かも。このような連名は名作にも見られることから、決して悪いことではないようですが。

フライデーではなく、ロビー。

ロボットMM7は「私の場合」宇宙家族ロビンソンに出てくる「フライデー」が目に浮かびましたが、そうではなく映画「禁断の惑星」に登場した「ロビー」です。お恥ずかしながら、禁断の惑星は未見でしてピンときませんでした。それと、犯行解明に一役買う天才少年「スティーブン・スペルバーグ」くん。主人公(この場合犯人役のホセ・ファーラー)を圧倒する存在感で、へんてこな感じでした。

不思議な味:ロバート・ウォーカー

犯人の息子にして、研究論文をパクったニール・ケーヒル役のロバート・ウォーカーは、意外と?と言いますか、すごく印象的でした。ひょろっとした感じで、登場シーンから、妙に「ひっかかりました」ね~。

愛情の計算?

Mind Over Mayhemは直訳「騒乱についての心」。私は英語力が乏しく、これ以上言及しませんが邦題「愛情の計算」はひねり出した結論でしょうか。確かにコロンボシリーズ中、人のために(依頼されたケース:22話「第三の終章」などを除く)殺害することは稀です。
 
張本人のご子息ニールも事実を知らないのですし。しかし息子のために「殺し」を実行したというより、ケーヒル博士自身の名誉を汚さぬために犯行に及んだとも考えられます。むしろ、放置すれば息子が殺人犯になってしまうことから、自分の犯行を自供したことが「愛情の証」で、コンピュータを使った計画から「計算」という単語を引き出したのでしょうね。

犯人役「ホセ・フェラー」

ちょっと地味に感じてしまう、ゲストスターの「ホセ・フェラー」について調べてみました。プエルトリコ出身で「アカデミー主演男優賞」「ゴールデングローブ賞主演男優賞」なんかも受賞してるすごい俳優みたいです!また「アラビアのロレンス」でベイ将軍を演じていました。

ドッグの校長先生

威厳のある「犬の学校の校長先生?」ファーンズワースは俳優:チャールズ・マカーリー。この一癖ありそうな俳優さんは、2話「死者の身代金」の捜査員、10話「黒のエチュード」では新聞社のダーキー役でも出演しています。

ニコルソン夫人

殺害されたニコルソン博士の夫人マーガレットは女優「ジェシカ・ウォルター」。とても美しい若奥さまでした。年の差婚なのですが、ざっと計算(笑)してみますと、夫ハワード(66歳)妻マーガレット(33歳)となりました。夫は実年齢より老けて見えるか!

フィールズ巡査部長

この事件現場で活躍する刑事は、フィールズ巡査部長(ウイリアム・ブライアント)。この刑事さんは14話「偶像のレクイエム」でジェフリー刑事とて登場しています。同じようなキャラクターですので、名前も揃えて欲しかったです。

可愛いキャラ、ロス博士

小柄な研究員、ロス博士はルー・ワグナー。シャツの大きな襟が印象的です。ドアに付いた「靴がかすった跡」の高さから、死体を運んだ人物とは思えず容疑者から除外。なんとも可愛いキャラでした。

整備工のマーフ

研究所の車の整備工のマーフは、俳優:アーサー・バタニデス。コロンボには数々の自動車や飛行機の整備士が登場します。その皆んなが、人間味のある素敵なキャラクターに描かれています。彼もその中の一人ですね。

ダイアン・ターレイ・トラヴィス

冒頭シーン「人工頭脳学調査研究所所長」の「第三次世界大戦のシミュレーション」で、登場する女性研究員の女優は「ダイアン・ ターレイ・トラヴィス」で、その他のコロンボ作品にも多少出演しています。

研究所の受付嬢を見逃すな

セリフも大写しもないので絶対見逃しますが、研究所の受付嬢は女優「ディードル・ホール」で、後に51話「だまされたコロンボ」でダイアン・ハンターを演じる有名女優です。

監督:アルフ・ケリン
脚本:スティーブン・ボチコ、ディーン・ハーグローブ、ローランド・キビー

マーシャル・ケーヒル所長:ホセ・フェラー
ニール・ケーヒル:ロバート・ウォーカー
ハワード・ニコルソン博士:リュー・エアーズ
マーガレット・ニコルソン:ジェシカ・ウォルター
ロボット:ロビー
スティーブン・スペルバーグ:リー・モンゴメリー
女性研究員:ダイアン・ ターレイ・トラヴィス

加筆:2020年9月1日

“23話「愛情の計算」” への70件の返信

  1. ネタバレ

    ニセのアリバイ作りの共犯者がロボットとは、いくら話術が巧みなコロンボでも落とせないなあ、と楽しみました。当時としては真剣に考えられた設定なのか、はたまた脚本家がハナっから投げているのか、いずれにしろ童心に返って受け止めました。

    もう一つ、被害者が最初に「妻が説得して」云々と言っていたので、旦那さんだけ殺しても奥さんが犯人当てちゃうじゃん、と思ったのですが、途中で守秘義務との説明。なるほどと感心しました。この奥さんの心情を想像すると、犯人が分かっているのに自分の職業の倫理観と誇りから告発できない、というジレンマがあり、ドラマとして面白いと思いました。

  2. 1970年代の最先端コンピュータ事情が満載で楽しめました。
    今ならわざわざロビィがキーを打たなくてもプログラミングでなんとかなるんでしょうかね。
    ラストが無理やりでっち上げなのは残念な気がしないでもないですが、これは親子の愛情を正にコロンボが計算してのことだと考えることにします。
    あと、前作と同じくもともと120分脚本から90分用にカットされた部分などもあり、少し不完全燃焼なところもあるのでしょう。

  3. こんにちは。
    ニール役のロバート・ウォーカーを見て、あれ?と思って調べてみたら、やはり「宇宙大作戦/セイサス星から来た少年」に出ていました。ウィリアム・シャトナーやレナード・ニモイなど、刑事コロンボにはあの番組の出演者がけっこう出ていますね。
    あと、ホセ・ファーラーは「DUNE/砂の惑星」にも出ていました。

  4. コロンボ作品の中で印象の薄いエピソードと思っていましたが、最後のシーンで犯人に差し出す葉巻が、ケーヒル所長から貰った「大事な時にいただきます」のキューバ産高級葉巻と捉えると、味わい深い作品に仕上がっているのではと思い始めました。学問的に優秀で地位を守りたい犯人でも、息子への情が優ったことにホッとした気持ちになりました。
    話変わって、ハワイにジョイスも行くからと言っていたのは、登場しない所長夫人なのかしら。

  5. 今回の一連の放送は、①まず先入観なしに見る
    ②ぼろんこサンの解説・皆さんのコメントを見てから見直す
    と、楽しんでいます。珍作でも楽しみましょうよ。
    「スティーブン・スペルバーグ(笑)」について考察してみました。
    71年のテレビ映画「激突」※大好きです! で小ブレイクはしていたでしょうが、
    世間的に有名になるのは75年の「ジョーズ」でしょうから、
    有名人の名前のもじりで笑いを取る手法では無いと思います。
    スタッフ仲間うちで出世するだろうと認められていた(?)ので、
    内輪受けとして「天才少年」の役名に使用したというところなのでしょうか。

    1. 今回も楽しく鑑賞しました。
      スティーブン・スペルバーグ⁈…思わず聴きなおしたくなりました!本家スピルバーグは刑事コロンボの初回シーズンで演出を担当していましたし、やはり天才つながりで名前をもじったんでしょうね。
      また、この子役が映画『ベン』の主役の子だったということですが、コロンボが放映されていた時代にTVの洋画劇場で観たことがありましたのでとても懐かしく思い出されます。
      それにしてもひとつの作品に当時これだけ旬な俳優さんが出演しているのですから改めて侮れませんよ、コロンボ‼️

  6. こんにちは。
    ロビー君の姿を懐かしく思いながら楽しみました。
    以前のコメントと少し重複ですが、父親の犯行を立証することは不可能と諦めて、息子を足がかりとして結果的に本ボシを落とす。結果的に、コロンボ刑事の判定勝ちというところでしょうか。
    誤った親心ながら、名優の演技力によって余韻の残るエンディングだったと思います。
    刑事コロンボのような一般のドラマでロボット(ロビー君)が共犯?というのはちょっと他に思い浮かびませんね。
    禁断の惑星といえば、アン・フランシスさんが印象深いのですが、同作に登場する宇宙船の船長がなんとレスリー・ニールセン(^^)、ついでに、その部下がリチャード・アンダーソンというわけで、楽しくなってしまいます。

    最後に、オフ会の延期、私も大変残念に思っております。
    銀座で二次会なら、もしかして某ワインバーでフルボディのカリフォルニアワインを味わえるかな?と思っておりました。

  7. 『愛情の計算』は小学生時以来40年ぶりに視聴しました。駄作ゆえに(?)再放送機会もほとんどないこの作品ですが、私にとっては子役のリー・ハーコット・モンゴメリーが出ているという一点で印象深い作品です。彼は1972年の動物パニック映画『ベン』でネズミと心を通わせる孤独な少年を演じた名子役。この作品でもあどけない顔の孤独な天才少年の役がよく合っていました。コロンボになつく姿に、心だけ小学生女子に戻って(笑)キュンキュンしました。

    1. ベン😳懐かしい〜あの映画面白かったです。めちゃマニアックな情報☺️犯人役の方の吹き替え、俳優の鈴木さん昔よくドラマに出てた方ですね。声がぴったりだなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.