47話「狂ったシナリオ」

Murder, Smoke and Shadows
1989[第8シーズン 47話]

若き天才監督アレックス・ブレイディ(フィッシャー・スティーブンス)が、かつての友人レニー・フィッシャー(ジェフ・ペリー)を殺害。ブレイディが無名時代に自分の妹を見殺しにしたことの復讐にきたためです。広大な映画スタジオが舞台ということでスケール感もあり、エンタテインメント性もあります。新リーズでは好きな作品です。

フィッシャー・スティーブンスはグッド

犯人アレックス・ブレイディ役のフィッシャー・スティーブンスには存在感を感じました。年齢こそ若いですが、天才映画監督ということで、犯人の風格は出ていました。

犯人ゲストスターと、コロンボ警部の年齢関係が逆転

ブレイディの描き方は面白いです。自分は「映画の天才」だと思っているのに、一見無能に映る中年の刑事に次々に「ボロ」を出します。おそらく計画的な殺人ではなかっため、彼自身かなり悔やまれる犯行状況だったと推測されます。新・刑事コロンボからは、このように犯人と警部の年齢関係が逆転し、かつてのように「コロンボ君」と警部を呼べるような犯人は極めて少なくなります。

成功者の転落劇は健在

ポイントは主人公が世間が羨む典型的な成功者に見えて、実はすでに将来が破綻している状況であることです。周囲の人間から疎まれ、協力者はささやかな「あやかりたい願望」で、すり寄ってくる人くらい。あげくの果てに、秘書のおばさんローズ(ナン・マーティン=Nan Martin 良い女優さんでした)や元恋人の女優にまで裏切られ引導を渡されてしまいます。

エンディングはかつてのコロンボ風ではない…でも許す!

エンディングの演出は、もうかつての刑事コロンボではありませんね。ハリウッド映画のようでした。だとしても面白かったですよ。警官が俳優になって、犯人と秘書の会話の証人になるってのは、よく考えたな~って感心です。しかもその布石が前に犯人が仕組んだ演出劇への報復だったということで、爽快な最後でした。
刑事コロンボの面白さは、一度見ただけでは決してすべてを楽しめないことかもしれません。その点では、この「狂ったシナリオ」にもあてはまります。最初に見た時はブレイディが仕組んだ「大芝居」に出演の警備員の態度が不自然だとは気付きませんでした。

モリー・ヘーガン

アレックス・ブレイディの元恋人で、ラストでブレディを裏切る女優ルース・ジャニガン役の「モリー・ヘーガン」は、 63話「4時02分の銃声」で、犯人のフィールディング・チェイスの娘ビクトリア役でも出演しました。

 

老けたバーク刑事B

41話「死者のメッセージ」43話「秒読みの殺人」などで活躍したバーク刑事B「ジェローム・グアルディノ」が登場。ちょっと老けたかな〜、でも相変わらずの無能ぶりでした(笑)

監督:ジェームズ・フローリー
脚本:リチャード・アラン・シモンズ
アレックス・ブレイディ:フィッシャー・スティーヴンス
レニー・フィッシャー:ジェフ・ペリー
ローズ・ウォーカー:ナン・マーティン
ルース・ジャニガン:モリー・ヘイガン
バーク刑事:ジェローム・グアルディノ
加筆:2015年5月1日

“47話「狂ったシナリオ」” への12件の返信

  1. 刑事コロンボはまだ合わせて20作ぐらいしか見てないのですが
    その中でイチバン好きなのがこの話です(次が「溶ける糸」カナ?)
    冒頭の殺人シーン、コロンボさんの登場シーン、その後の展開、登場人物の会話も含めて
    ドコか全部幻想的で、いい意味で現実から少し浮き上がってるカンジがタマラナイです。
    クリームソーダの飲み残しから事件の入り口の部分まで一気に進むコロンボさんの推理の冴えっぷり!グラスたたき割った後にもう一回入ってくるのもイイです(笑)
    犯人の著書が捜査のファーストコンタクトのキッカケになるトコロや、勝手に現場にあるモノで遊んじゃうトコロとか、「策謀の結末」をちょっと意識してるような気がして、新シリーズへの意気込みを感じるような気がします。
    そして自分が思うままにしてきたはずの世界にブレイディが裏切られていく、最後の十数分がほんとうに見ごたえがあってスキです。
    最後はハデすぎる、という意見も多いですが、
    今回の幻想的なドラマにはふつうに証拠を出すより、あのぐらいの大がかりさがあってるような気がします。(モリーの復讐にもなってマスし)
    「旧」の緊迫感もスキなのですが、個人的には「新」の、穏やかでユーモアのセンスたっぷりなコロンボさん、80年代~90年代はじめのアメリカのフンイキ、音楽や映像、ストーリー全体のそこはかとない開放感がスキで
    その「新」の良さがスゴく出た回だった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.