54話「華麗なる罠」

Uneasy Lies the Crown / 1990

楽しむ意欲を持って見たくなる作品

歯科医ウェズリー・コーマン(ジェームズ・リード)が妻の愛人である俳優アダムを殺害し、自分の妻の犯行に見せるという話。犯行計画はかなり「きわどい」です。妻や愛人がすべて自分の思い通りに行動しないと成立しません。しかしこれは、新・刑事コロンボシリーズの中では私が好きな作品の一つ。刑事コロンボは旧作の45作のみだ、と断言してしまうと楽しめません。

古典的な作品との共通点

コメンテーターさんからの情報で、この作品の脚本は「旧シリーズのために書かれた」ものだということです。犯人の職業に特化した犯行。「転落回避」「報復」「金銭問題」などを一挙に解決できる殺人動機。「アダムが歯医者に通院」「転落した車のギアがニュートラル」「シャツのポケットに不倫相手夫妻の名入マッチ」「残っていた毒の濃度」「リディアの、2〜3分でもう‥発言」など面白い手がかりも満載。「緊急ボタンの解説」を競馬場のラウンジで、勝手に回線をつなぎかえ実演したことは驚きですが(笑)

ギャンブル好きが祟ってしまう

ただしストーリー全体を冷静に見直すと、犯人のウェズリーは今後この華麗なる家族と一緒にどうやって余生をすごそうと思っているのか?大疑問です。相変わらずのギャンブル好き、殺人犯人となった妻、自分に愛想を尽かした義父。馬鹿は死ななきゃ直らない…と言った感想です。犯人が「頭が良い」というコロンボ作品の理想からは外れました。

奥さまは魔女のダーリン!

ディック・サージェント奥さまは魔女のダーリン役ディック・サージェントが脇役で出演していますが、カミさんと一緒に見ていて「これ誰だっけ?」と一緒に楽しめたことは良い思い出になりそうです。同じくポーカー仲間のナンシー・ウォーカーなどの有名人は、ウェズリーの歯科医院に通ってたようです。

ジョンソン先生はスティーヴン・ギルボーン

スティーヴン・ギルボーン検死医のジョージ・ジョンソン先生は「スティーヴン・ギルボーン(Steven Gilborn)」。この「華麗なる罠」の他、56話「殺人講義」、57話「犯罪警報」58話「影なき殺人者」と立て続けに登場します。とても素敵な俳優さんですよね。

同じく鑑識のおじさん

モーガン・ジョーンズ鑑識のおじさん「モーガン・ジョーンズ」は、この「華麗なる罠」の他に51話「だまされたコロンボ」、56話「殺人講義」にも同役で出演していてちょっと気になる俳優さんです。

なんで、バーニーズ・ビーナリーが駄目だったか?

バーニーズ・ビーナリー2話の「死者の身代金」で登場した「バーニーズ・ビーナリー(写真)」。今回は、ウェズリーが義弟のデイヴィッドと一緒に呼び出される際お店を決めるのに、「バーニーズ・ビーナリー、いや駄目…」と、口にしています。夜の11時だったので、もう閉店後だったのかな。

原題「Uneasy Lies the Crown」

2021年に再度調べてみたところ「Uneasy lies the head that wears a crown」はシェイクスピア「ヘンリー四世」のセリフからの引用だと思えます。「冠をいただく頭は安んぜず」で、偉大なる者には心安まる時はないと訳せるそうです。アダムの治療シーンでウェズリーが「今すぐ処置すべきは右のクラウン(かぶせ歯の意味)」と言っていまして、殺人工作につながる原題だと思えます。(2021年4月15日)

邦題「華麗なる罠」

私は「それに対し邦題の『華麗なる罠』は最低レベルのアイデアです。」と酷評を書いていました。しかし日本語ではクラウンと歯科医の関連性が分かりづらい。ヘンリー四世のセリフも馴染みが薄いので。まったく別のアングルから考えられたのでしょう。

コーマンの豪邸とマルホランド

ウェズリーとリディア夫妻の住む海岸の豪邸は、コロンボ作品で犯人の居住地などで度々登場するマリブ地区です。それに対しアダムの事故現場「マルホランド(モルホーランド)」は、マリブの付近から東西に走る峠道で、バイクや自動車事故が良く起きる場所のようです。

ウェズリーとリディア夫妻の住む海岸の豪邸

監督:アラン・J・レヴィ
脚本:スティーブン・ボチコ

ウェズリー・コーマン:ジェームズ・リード(声:菅生隆之)
ホレス:ポール・バーク(声:大塚周夫)
リディア:ジョー・アンダーソン(声:佐々木優子)

加筆:2022年11月1日

“54話「華麗なる罠」” への107件の返信

  1. 大好きな『奥様は魔女』のダーリンが!!しかもダーリン役の俳優さん役で!この話は DICK SARGENT が登場しているというだけで何杯もおかわりできるくらい好きです。(むしろそこだけなのか?笑)個人的には初代ダーリンの DICK YORK さんの方が癖がなくて好みですが、2代目の方がダーリンのキャラクターとしては合ってたように思います。
    義父役の声優は大塚周夫さん。私にとっての大塚さんと言えば何と言ってもあの”ネズミ男”のちょっとつぶれて鼻にかかった嫌らしい話し方という印象が強いのですが、こんな知的で渋い役もやられるのですね。ご子息大塚明夫さんは、よくアテレコ現場に遊びにいらしていたそうで、今ではお父さんより渋い立派なイケボ声優さんです。

  2. うん。これは良かったな。
    新作「も」良かった、のではなく、旧作と合わせてもトップ10に入るほど良かった。
    トリックや動機も無理がなかった、歯医者なら考え付きそうだし。
    旧作のシナリオという情報もありましたけど、いかにもコロンボ的だった。
    一点、キズにもならないキズですが、
    最後は、義父の実演を犯人が止めて犯行を認める、というストーリー。
    だったら犠牲者は、俳優ではなく犯人の実弟とかにすれば、
    これ以上の遺体損壊を避けたい、という理由ができるのではないか、と思います。

  3. 以前の書き込みにもあるように、ポーカーのシーンの特別ゲストが米国テレビドラマ世代に懐かしいところが一番印象的なのは今回の視聴でも変わらず。登場人物は既に他の方々もご指摘のようにブルジョアのクズばかり(苦笑)で感情移入できない。やはりあまり好きにはなれませんね。
     歯科医が犯人、という設定でその技術、特性を利用したトリックというのは、昔から、ミステリー小説には結構ありましたね。前のコメントで「合わない差し歯」というタイトルを提案しましたが今回は「偽りの冠」なんていかがでしょうか。

  4. どんな邦題がいいかな…と考えながら観ました。
    「偽りの冠」とか「堕ちた王冠」とかどうでしょう⁉︎

    1. コロンボ作品やポワロ作品を観ているとよく感じるのですが、昔放送されていた古畑任三郎は、明らかにコロンボ作品等からヒントを得ているなって思うことがありますね。この作品に出てくるマッチ、確か、古畑任三郎ではイチローさんがゲスト犯人の回で同じようなのがありました。私は初期の作品の方が圧倒的に好きですが、新シリーズではこの作品は好きな方です。

      1. 三谷さんはコロンボとクリスティとビリー・ワイルダーに多大な影響受けてらっしゃいますもんね。
        クリスティは「人がどんな風に騙されるか」ということに精通していて、叙述トリックを仕掛ける天才でした。
        名探偵モンクにもクリスティトリックはいくつか見受けられるし、コン・ゲーム映画の基礎も 辿れば
        クリスティか?と思うことも(笑)。

        コロンボ作品で昔のミステリを思い起こさせるのは
        「二つの顔」です。

        クリスチアナ・ブランドの「血兄弟」が仲の悪い双子の話で。
        「招かれざる客たちのビュッフェ」という短編集の一編ですが
        イヂワルさ全開の作品集なので、スパイシー好みの方にはオススメします。

  5. ポール・バークの映画出演歴に「華麗なる賭け」があります。原題は「THE THOMAS CROWN AFFAIR」。CROWNつながりもありこの邦題が発想されたのかもしれません。

    1. ウェズリー・コーマン:ジェームズ・リード(声:弥永和子)
      →声:菅生隆之

  6. ぼろんこさん、いつもありがとうございます。
    皆さんのコメントもとても勉強になります。

    細かいことを気にしなければ、おもしろい作品でしたね。
    どうでもいいことですが、私が気になったのは…
    ・マルガリータが上手に作れる以外に取り柄のないリディア。アダムはどこに惹かれたの?
    ・心臓が弱いのに自宅プールで一人で泳ぐリディア。泳いでいるうちにもし心臓発作が起きたら誰に助けてもらうの?
    ・ウェズリーとリディアの豪邸。あの2人では維持できないのに、使用人の姿が見えないのはなぜ?
    ・カンヌに行く前日の映画スターのアダム。歯医者のリスケに簡単に応じるくらいスケジュールががら空きなの?
    ・カンヌの前に歯の治療をしておこうとしているアダム。痛そうな左の歯ではなく、痛くなさそうな右の歯のほうが深刻だから治療するという説明に、なぜあっさり納得?
    ・あの時代のアメリカのお金持ちって、自分たちの名前入りのマッチを作ってお客に配っていたの?
    ・患者に有名人が多いウェズリー。ギャンブル依存症だけど、歯医者としての腕は良かったの?

    新シリーズになって9作目。見る側として石田太郎さんの吹替にようやく慣れてきました。石田さんも肩の力が抜けてのびのびと吹き替えているように聞こえました。

  7. ジョー・アンダーソンについて、どこかで観た気がした訳ですが、
    この方はジリアン・アンダーソン(X-ファイル:ダナ・スカリー)でしょうか?
    似ている方なのかな。

    ページを拝見してましたら、
    【ウェズリー・コーマン:ジェームズ・リード(声:弥永和子)】
    の記述に、一瞬ビックリしたついでに投稿させて頂きました。

  8. ぼろんこさんやコメンテーターさんの感想、つっこみや他作品とのトリビアなど、皆さん刑事コロンボの大ファンの心温まるブログで、いつも作品を見終わった後、開いて楽しませて頂いています。さて、コロンボが最後に仕組んでいる青くなる変化は最初に見た子供の頃は「リトマスだ!」と思っていたのですが、今日見てみて、BTB(ブロームチモールブルー)溶液かなとやっと気づきました。
    陶器のクラウンや勿論ジギタリスは全く関係なくクラウンの裏に乗せたのは洗濯石鹸で、やや茶色がかったスポイト液がBTB溶液でしょう。法医学のジョンソン先生が「なにが陶とジギタリスだ」と種明かしを少ししてくれています。
    最初観てから40年位経ってます。が「華麗なる罠」がストンと腑に落ちました。

  9.  3話「構想の死角」のコメント欄に、最近おそらく実名で投稿されていらっしゃる方のように、スティーブン・ポチコの脚本作品が特にお好きなコロンボ・ファンがいらっしゃり、私も同じくポチコ作品は好きなのですが、本作を、その名誉ある、ポチコの脚本とクレジットしてしまって良かったのでしょうか?
     本作は、旧シリーズ第4シーズン用に書かれ、ピーター・フォークが難色を示したため没となったポチコが書いたシナリオ(1974/5/9:初稿)がベースになっていて、日本では1979年に『謀殺のカルテ』として、そのポチコの脚本から小説化されたものが出版されていますが(後に『カリブ海殺人事件』に改題)、ポチコ版の前には、もう1冊、もっとシンプルな内容で、登場人物の名前もまったく違う初稿シナリオが残っているそうで、その表紙には、かの『サイコの脚本家』、ジョゼフ・ステファノの名前が記されており、完成までの複雑な経緯が想像されるといいます。
     ウィリアム・リンクによれば、今回の制作はポチコの預かり知らぬ形で行われ、90分枠用だったシナリオを120分枠用に引き伸ばしたのは、ストーリー監修のウッドフィールドであったそうです。全体的に間延びした印象があるのはそのせいのようです。リンクはまた、質の高いシナリオを入手することに気付いたフォークがこれを復活させたのだろう、とも述べているとのこと。このポチコのオルジナル・シナリオは『署長マクミラン』にも転用されているそうですね。
     いずれにしても、このように脚本家が与り知らぬところで、一度、放送では没シナリオになったシナルオが間延び方向に改変させられて、もし勝手に使用されていたとなると、日本の昔のTBS月曜20時の時代劇『水戸黄門』『大岡越前』『江戸を斬る』だったら、原作者・脚本家として数多くの回にクレジットされていた、共同ペンネーム「葉村 彰子」名を使用したでしょうね(笑)。
     その本作、少し距離を置きながら「コロンボ愛」を心に抱いて鑑賞すれば、大物ゲストが多数友情出演?したりして、何かと楽しめるシーンが多いですね。
    ※(シナリオの経緯についての参考文献 『刑事コロンボ完全捜査記録』別冊宝島 2006/8/10発行)

    1.  海外のサイトなどで接した情報によると、旧シリーズの初期に、ピーター・フォークの母親のMadelineが息子およびリンクとレビンソンと食事をした際、今後どんなストーリーが用意されているのかを尋ねたそうです。その際にこの作品が紹介されると、「歯医者が犯人というストーリーは視聴者には受けないだろう」と母親が言い、息子フォークもそう思うようになった、ということでした。
       真偽のほどはわかりませんが、当時フォークがこの脚本を高くは買っていなかったことは確かなようで、最初に映像化された「署長マクミラン」の”Affair of the Heart”(1977年)と、「華麗なる罠」の両方を見たという海外サイトの筆者は、前者の方が「コロンボ」のリメイクよりずっと出来がよいが、それでも優れた作品とは言い難い、という感想を書いていました。ボチコ原案だから傑作、とは必ずしも保証されるとは限らない、といえるのかもしれません。また”Shooting Columbo”という本によると、再度の書き直しを求めたのはピーター・フォークで、これは当然「マクミラン」と違いを出そうとしてのことでしょうが、結果は逆に一層弱いストーリーになってしまったようです。
       また、小説「カリブ海殺人事件」は、私も文庫本で読みました。内容は忘れましたが、かなりおもしろく読め、映像化されなかったのがもったいない、と思ったのを覚えています。ただ、二見書房のノベライズは、どれも日本人の”訳者”による創作が相当入っていることを知っていたので、これもどこまで本来の脚本に沿ったものなのかは疑問ですね。まだ文庫本は家のどこかにあるはずなので、探して読み、映像版と比べてみたいとも思います。

      1.  「署長マクミラン」の”Affair of the Heart”(1977年)は、監督をジャッキー・クーパー(「野望の果て」の犯人役)が担当しているそうですね。何とかして、映像版を観たいものです。
         しかし、新シリーズ全体を通じて、それほどまでに脚本に恵まれなかったのは何故なんだろうと、考え込んでしまいます。

  10. いつも記事やコメント楽しく拝見させて頂いております。
    今回は犯人よりも妻や父親、弟が死体遺棄や証拠隠滅に手を貸す(妻に至っては不貞を働いていた)のに何事もなく退場していたのが引っかかりました。
    またアダムは職業柄でも女性との噂が耐えないので結婚してもギャンブルに耐えられない奥さんが結婚生活に耐えられるのか?と疑問に思いました。
    今回の受付の女性が少しの出番でしたがとても可愛いのとピノキオが最後勝ったのかが気になるお話でした。
    (犯行については犯人の腕が良すぎて真面目に歯科医として働くべきだったのではないかなと思いました。ギャンブルは怖いですね。)

    1. 本当にピノキオの結果が、気になりましたよね~
      この作品は
      私も好きで五回位見ました。
      コロンボの鼻歌も久々でした😃🎵

コメントを残す

  • 名前をご記入ください。匿名のの場合は非掲載になります。
  • 日本語が含まれない投稿はできません。
  • リンクが含まれる投稿は、ぼろんこの承認後に掲載されます。
  • 著作物(書籍など)からの文章の引用などは、なるべくお控えください。詳しくは「ブログ刑事ぼろんこの考え方」をご覧ください。

日本語が含まれない投稿はできません。リンクが含まれる投稿は承認待ちとなります。

コメント投稿のガイドライン(2022.09.04)

  • 著作物(書籍など)からの文章の引用などは、なるべくお控えください。
  • ブログ管理者の判断により、コメントの全文が承認されない場合もございます。
  • 詳しくは「ブログ刑事ぼろんこの考え方」をご覧ください。
どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
Don’t comment here in bad manner.
I hope you understand that this site is very important for me,
like you have your important things too. Thank you for your understanding.