54話「華麗なる罠」

Uneasy Lies the Crown / 1990

楽しむ意欲を持って見よう!さすれば救われる

歯科医ウェズリー・コーマン(ジェームズ・リード)が妻の愛人である俳優アダムを殺害し、自分の妻の犯行に見せるという話。犯行計画はかなり「きわどい」です。妻や愛人がすべて自分の思い通りに行動しないと成立しませんね。細かな容疑ポイント「車の転落原因」「ポケットのマッチ」など、もっと膨らませるのかな~。
とは言っても駄作揃いの新・刑事コロンボシリーズの中では、秀作の一つと言えるかも知れません。刑事コロンボは45作だ、と断言してしまうと楽しめない作品です。

奥さまは魔女のダーリン!

奥さまは魔女のダーリン役ディック・サージェントが脇役で出演していますが、カミさんと一緒に見ていて「これ誰だっけ?」と一緒に楽しめたことは良い思い出になりそうです。

初期作品には少ない犯人像「馬鹿は死ななきゃ直らない」

ただしストーリー全体を冷静に見直すと、犯人のウェズリーは今後この華麗なる家族と一緒にどうやって余生をすごそうと思っているのか?大疑問です。相変わらずのギャンブル好き、殺人犯人となった妻、自分に愛想を尽かした義父。馬鹿は死ななきゃ直らない…と言った感想です。犯人が「頭が良い」というコロンボ作品の理想からは大きく外れました。

不安な嘘クラウン?

原題は「Uneasy Lies the Crown」は「不安な嘘クラウン」と直訳されました。邦題の「華麗なる罠」は最低レベルのアイデアです。それと比較し「不安な嘘クラウン」は殺害方法と謎解きを引っ掛けたもので、やはり原題を重んじた方が良かったきがします。新・刑事コロンボの作品の中にはこのような「つまらない邦題」が多いですね。作品自体はもっと面白い気がします。
▲と書いたのですが…
直訳は「不安定な状態に歯冠はある」とするのがニュアンス通りで、背景設定からみても、ぴったりの原題とも言えるようです。これを上手に邦題に結びつけられなかった…のでしょうね。(2014年4月18日)

ジョンソン先生はスティーヴン・ギルボーン

検死医のジョージ・ジョンソン先生は「スティーヴン・ギルボーン(Steven Gilborn)」。この「華麗なる罠」の他、56話「殺人講義」、57話「犯罪警報」58話「影なき殺人者」と立て続けに登場します。とても素敵な俳優さんですよね。

同じく鑑識のおじさん

鑑識のおじさん「モーガン・ジョーンズ」も、。この「華麗なる罠」の他に51話「だまされたコロンボ」、56話「殺人講義」にも同役で出演していてちょっと気になる俳優さんです。

なんで、バーニーズ・ビーナリーが駄目だったか?

2話の「死者の身代金」で登場した「バーニーズ・ビーナリー(写真)」。今回は、ウェズリーが義弟のデイヴィッドと一緒に呼び出される際お店を決めるのに、「バーニーズ・ビーナリー、いや駄目…」と、口にしています。夜の11時だったので、もう閉店後だったのかな。

監督:アラン・J・レヴィ
脚本:スティーブン・ボチコ
出演:ジェームズ・リード、ボール・バーク etc.
加筆:2014年4月18日
 
 

“54話「華麗なる罠」” への57件の返信

  1. バーニーズ・ビーナリーはシェフが変わってチリが好みの味でなくなったってネタが前になかったでしたっけ

  2. こんばんは、初めてコメントいたします。
    どうやらこの話は賛否両論あるようですが、わたしは新シリーズの中でも好きな方ですね。
    ご存知のようにこの話は元々旧シリーズのために書かれた脚本、ある職業のプロがそのスキルを駆使して完全犯罪を企てるというコロンボシリーズの面白みに溢れていると思います。
    そこでこの話を書いたスティーブン・ボチコのコロンボ作品を見返すと面白い共通点に気づきました。『構想の死角』、『もう一つの鍵』、『パイルDー3の壁』、『黒のエチュード』、そして『華麗なる罠』これらはボチコ単独での脚本作ですが、犯人たちの富や名声は才能や権力を持った他者の力によるものという点が共通しています。このように脚本家によって犯人の傾向などを分析できないかと思うのですが、よければご意見をお伺いできないでしょうか?

    1. なるほど。
      「犯人たちの富や名声は才能や権力を持った他者の力によるもの」は、他の作品にも共通点があるような気もしますね。
      一例ですが「死の方程式」「第三の終章」「歌声の消えた海」「ビデオテープの証言」「死者のギャンブル」など、配偶者・親族などの富や才能をあてにしている感じです。
       
      「華麗なる罠」は「ある職業のプロがそのスキルを駆使して完全犯罪を企てる」という面で、私も好きな作品のひとつです。まさにそうですね!

  3. しょーもない投稿で恐縮です(汗)みなさんのコメントがあまりに奥深く、いつもなるほど…と感心して読ませて頂いてます。
    ところで…コロンボ警部がいつも愛用している葉巻についてですが、灰はポトンと落ちないものなのでしょうか?高級なランジェリーSHOP、高級ブティック、画廊などなど。いつも、灰が気になっています。葉巻は普通のタバコと違って簡単に灰は落ちないのでしょうか?いつも、気になってます。

    1. 葉巻を吸う友人がいて、私も頂いたことがあります。いわゆるシガレット煙草の灰のように、細く垂れて落ちやすくない感じなのかな…と思います。

  4. はじめまして。いつも拝見させて頂いております。犯人のウェズリーさんは、めちゃめちゃイケメンですね!新シリーズはイケメンが多い…と思いませんか?やはり時代でしょうか。とは言え、やはりジャック・キャシディやパトリック・マクグーハンのような品格には欠けますな。

  5.  そうそう、これが「華麗なる罠」となったのは普通に考えるとおかしいので、というか、コロンボシリーズはどれWASPをイタリア移民のコロンボ(ラテン語名はコロンブス)が発見するというパターンで、どれだって、「華麗なる罠」というタイトルがふさわしいのです。
    で、これはマックイーンが出た『華麗なる賭け』がThomas Crown Affairだったからと考えています。
    つまり、Crownだったから、「華麗」つながりにしたおちうだけ。

  6. ウェズリーの家はスタール邸ではないように見えるのですがいかがでしょう。有名なガラス壁がこのエピソードでは映りませんし。
    それにしても皆さん辛口ですね。コロンボへの愛の裏返しですかね。私は今回もそれなりに楽しめました。

  7. Vさん、コメントを楽しく読ませていただきました。同じギャンブル好きでも、権力の墓穴のハルプリン次長は存在感がありました。

  8. 歯科医コーマンによる、不貞妻に殺人の濡れ衣を着せ、かつ父親の財産を奪おうという計画。コーマン、不貞を働きながら被害者面の妻、妻の父親、浮気相手の友人を裏切る俳優アダム、すべてが軽薄で好きになれないタイプの人間模様で、犯行が暴かれる爽快感もない。コロンボの旧作には、殺人事件を扱いながら特に犯人が独特の尊厳や矜持、威厳に満ちた人物像が描かれていた。れが犯人の地位とも連動していて転落のドラマを構成していたと思います。
    新コロンボになると、下品な犯人が多くなる。犯人のコーマン、殺されるアダム、どちらもイケメンなのだが、80年代後半〜90年代のダサダサのファッションのせいでちっともかっこよく見えないというのもマイナスです。
    でも犯人の軽薄さ以上に、妻とその父親がクズすぎるので、クライマックスで犯行が暴かれてもちっとも爽快感もなければ同情する気持ちにもならない。「忘れられたスター」の後味の悪さとは桁違いに、胸糞が悪くなるラストです。
    もっと犯人を「逆転の構図」のギャレスコや「白鳥の歌」のキャッシュのように、同情をさそう性格にしたら、ずっといいストーリーになったと思うんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.