68話「奪われた旋律」

Murder With Too Many Notes
2000[単発 68話]

サスペンス映画音楽の巨匠フィンドレー・クロフォード(ビリー・コノリー)が弟子のガブリエルを殺害。ガブリエルはクロフォードの弟子だが、実際にはクロフォード名義の作品のゴーストライターで、彼が師匠に愛想をつかし、反逆しそうになったので犯行に及んだ。

天才作曲家が実は無能で脳天気

冒頭のシーンでフィンドレーが、ガブリエルのアドバイスで、音を消した場面。ガブリエルの死後にエンディングの音楽演出で、監督からこっぱみじんに全否定される場面、どちらも「天才作曲家が実は無能」を意味していて、笑える設定でした。フィンドレーの人物像は好きでしたが、かなりヤバイ状況で鼻歌を歌いながら殺害計画を練っている姿など、大胆不敵な人物とも感じます。

容疑者特定の瞬間が見えない

しかし警部はいったいどのタイミングでクロフォード氏を犯人とにらみましたかね~。狂言ガス欠をしたくらいなので、その前ということになりますが、私はそれほど怪しく感じませんでした。

序盤が延々と続き、急に投了(負けを認める)シーン

コロンボが犯人を徐々に追いつめて行く雰囲気もなく、将棋で言えば長い序盤が延々と続き、急に投了シーン…という雰囲気。しかも、えらく楽しそうに犯行を認めているし。普通だったら認めません、殺人容疑ですから。「復讐を抱いて眠れ」も同じく、こんなにあっさり片付けないでほしい気がします。演出のパトリック・マクグーハンの好みでしょうか。
コロンボ作品のラストシーンは、犯人がじたばたしながらも完全に敗北を認ざるを得ない…ってのが美しいと思ったりしますが、今回は動機と状況証拠だけで逮捕してます。「音楽クラブのある刑務所があったら紹介してくれ」が自供ですね、楽観的な人です~。

現実逃避型の自供か?

でも何度か見るうちに気付いたのですが「クロフォードは捕まりたかった」のかも知れません。番組後半でリッター監督(チャールズ・チョフィ)に「正気か?観客が眠っていまう」とまで酷評され、「起こしてみせる」と突き返すが、おそらく全く解決策を見いだす自信はない。もう才能は枯れているのです。演奏家にもカッコつかないし、一夜で「マジック」を起こせる弟子は自分が殺してしまいました。殺人を暴かれて苦しみから逃れられたのかも。

This Old Man

最後のシーンで故ガブリエルの恋人レベッカに、ピアノを教えてもらうシーン。この音楽は刑事コロンボシリーズの劇中で頻繁に耳にします。コロンボ警部の鼻歌や、ちょっとおどけたシーンでのBGMとして多用されています。ここではコロンボは「♪おもちゃで遊ぼ」と口ずさみますが題名は「This Old Man」

またまたマクグーハンの娘

ガブリエルが転落死するその瞬間に居合わせたご婦人マーシアはパトリック・マクグーハンの次女「アン・マクグーハン」との情報が寄せられました。
原題「Murder With Too Many Notes」の直訳は「あまりに多くの音符との殺人」
監督:パトリック・マクグーハン
脚本:ジェフリー・ケーヴァ、パトリック・マクグーハン
フィンドレー・クロフォード:ビリー・コノリー
ガブリエル・マッケンリー:チャールズ・シオッフィ
レベッカ:ヒラリー・ダナー
シドニー・リッター:チャールズ・チョフィ
デガルモ刑事:リチャード・リール
加筆:2011年3月2日

“68話「奪われた旋律」” への16件の返信

  1. 私はこの作品、嫌いではありません。最後の決め手の部分は、すこし寂しいけれど。音楽を扱った作品ということで、きれいな雰囲気をもった作品です。

  2. なんでみんなそこまでリアリティにこだわるんだろう。リアリティを追究しすぎるとドラマにはならないよ。
    そんなにリアリティがいいなら現実の犯罪を観ればいいさ。

  3. この回の最大の疑問というか不満があります。
    最後、クロフォードは観念し犯行が明らかになったワケです。
    この時、目の前にいたレベッカは、恋人を殺されていながら、
    なぜ怒りを爆発させないのでしょうか?。
    眠けマナコの演技は抜群だったのに、怒る演技は不得意なのかな?。
    穏やかな最後は悪くありませんが、とても違和感が残りました。

  4.  BS-TBSで視聴終了。貸衣装屋の店員さんがアントニオという名前。出て来ましたねえ『アマデウス』ネタ。私も「金曜」で観た時は気付きませんでした。
     コロンボが指揮棒を振り回すと思い出すのは、吹奏楽部で顧問の先生に指揮棒の持ち手で叩かれたこと。体罰だーと叫ぶ気はありませんが(苦笑)
     ”BECCA/GABE”という名前の綴りと音名を掛けたメッセージはバッハ(J.S.BACH)がシのフラット・ラ・ド・シのナチュラルを続けた”B-A-C-H”と続く音形で変奏曲を作りR.シューマンの”ABEGG”さんの名前を使った変奏曲という具合に昔からある、にわかには展開出来ないアイディアと思います。当話のアイディアというか材料の根源にあったものでしょう。
     脚本家が名案と思った材料であったとしても、当話の脚本は実際にはマクグーハンがかなり書き直し、コノリーとマクグーハン監督の議論で撮影中断になりコノリーが酒を飲んで酔っ払うといったトラブルがあったそうで、飲酒のせいか常時ゴキゲンに見える犯人のキャラクターが掘り下げられない、過去の才能や名声の片鱗もうかがえないといった残念要素の数々を生んでいるようです。
     それで”This Old Man”で締め括られる結末でしょ?『Xファイル』の悪役チオフィ演じたリッター監督(吹き替えは小林勝彦さん…ダブルかつひこ笑)は最近の若いモンは…とグチっていたけれど劇中劇も随分トホホで古臭くB級な造りに見える。ゴーストライター話はスピルバーグ監督の「構想の死角」の焼き直しに見えるし、当話と同時期『ジェシカおばさんの事件簿』や『新 ペリー・メイスン』でも似たような話がありました。前者は1時間枠だし後者は主要人物を増やしアイディアをもっと詰め込んで2時間枠を支えており、両方踏まえ較べてみると当話の密度の薄さは気になるもの。エレベーターで屋上に機関銃とカメラを運んだって何時の時代の話か。これはもう「我ら老害!若いモンには負けん!」という、制作に名を連ねたピーター・フォークとマクグーハン父の自虐的メッセージじゃないかと思う程です。
     吹き替え版は翻訳家だけでなく演出家も交替した事を反映したのか、石田太郎さんのコロンボは迷走?ブレブレ?カン高く上ずるかと思えば低く意地悪くレクター博士っぽくなる場面もある。まさか“クロフォードVSレクター”という意図では(トマス・ハリスかよ)
     ただ石田さん。ラストの歌声は調子良く、もっと楽しく歌って聴かせて欲しくなる、良い場面でした。

  5. クロフォード証言:ガブに最後に会ったのは、前日夕刻バンガローで。
     当日初めて見たのは、道路に横たわる姿だという。
    レベッカ証言:当日!、指揮棒のプレゼントを渡した。
     ガブは指揮棒を持って、バンガローへ行った。
    この指揮棒は、愛の旋律が書かれた、この世に唯一無二のものだった。
    落下死が事故ではなく、睡眠薬を飲まされての他殺であることが明確に
    なった以上、バンガローから屋上までの行間を埋めることのできる人物は、
    明快な殺害動機を有するクロフォード以外にはいないことになる。
    レベッカのガブへの愛の旋律が、犯行の真相を暴きだしクロフォードを
    観念させた。

  6. 傷ついているレベッカに「では、いい夢を・・・」だって。
    このコロンボ、バッカじゃないか!。
    別の場面では、ガッツポーズなんかもしちゃってねえ。
    まさに、老化と劣化と退化が同時進行だ。
    デガルモ刑事:せいうちに似ている→ホントだ!!!
    クロフォードは、ガブ本人不注意の事故による死亡を想定して仕組んでいた。
    しかし、以下の状況から、事故死は否定された。
    ・腕の傷から睡眠薬が検出された→落下時は意識不明だった
    ・もし意識があれば、エレベータの音を気付くはず
    ・意識不明のままで転落したので、悲鳴をあげなかった
    ・2センチ大きい靴を履いていたのは、自分の意志で履いてない証拠
    ・指揮棒が地下へ落ちていたのは、事故を前提に犯人が握らせていたことが明白
    ・クロフォードがガブに最後に会ったのは、事故前日だと言う
    ・ガブは指揮棒を持って、当日クロフォードのバンガローへ行った事実がある
    動機から見れば、
    ・カギを盗みオリジナルの楽譜盗む、睡眠薬で眠らせ殺害するということには、
     共通の動機が明白。つまり、その楽曲で賞をとった人だ。
    以上、繋ぎ合わせて総合すれば、クロフォード犯行の強力な状況証拠になる。
    かなり強く説得力のある状況証拠と殺害動機によって観念した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.