52話「完全犯罪の誤算」

Agenda for Murder
1990[第9シーズン 52話]

政界入りを目論む弁護士オスカー・フィンチが自分の過去の汚点を知るステイプリンを殺害。フィンチは下院議員ポール・マッキーを支援し将来の司法長官を目指すが、無名時代にマッキーと共に犯した「証拠書類隠滅」をネタにステイプリンより脅迫されて犯行に至ります。

パトリック・マクグーハンが登場

犯人役のパトリック・マクグーハンはコロンボ作品中最も重要だとも言えるゲスト俳優。異常な程時間にシビアな犯人フィンチが、日本人には理解し難い下ネタジョークに大笑いしたり、タイヤを鳴らして急発進したりする場面はこっけい。このフィンチの最大の欠点が「つまみ食い」であるというのも、かなり計算された笑いどころだと感じます。

殺しの場面に血を使わないコロンボシリーズだったが…一滴だけ

殺人シーンの描き方は緊張感が漂うものでした。けど、撃たれた後に血が一滴?は若干違和感があります。それでもフィンチの工作シーンや、殺害後オフィスに戻って濡れた髪を乾かす仕草など、良く描かれていました。

新シリーズ中では最高ランクの作品

音楽の使い方も好きでした。冒頭のシーンの「デキシーランドジャズ」は印象的ですし、撃たれた時の効果音的な音楽も絶妙でした。エンディングの「命取りでした」というコロンボの言葉で画面が固まる場面など、新・刑事コロンボの作品の中ではダントツの出来だと言えます。

オスカー・フィンチの人物像は、強烈!

弁護士としての名声を博したオスカー・フィンチ。執拗につきまとうコロンボ警部に「死後硬直のアドバイス」をしたり、不敵な笑みを浮かべて自信満々に「電話じゃ人は殺せんよ」とマッキー議員に豪語したり、とても魅力的な描かれていました。

 
吹き替えは俳優の久米明さん。やはり流石です。選挙に勝利した祝賀ムードの中でコロンボ警部に「濡れちゃったズボン」と大声で指摘され、「失望したよ、キミ」という台詞を吐くあたり、最高潮です。また「下ネタジョーク」でアイリッシュのジョークは聞きたくないと答えるフィンチ氏。パトリック・マクグーハンはおそらくアイリッシュ系ではないでしょうか?自分はこの手の話には詳しくないので、勉強する必要がありそうです。

マッキー議員

ポール・マッキー下院議員役のデニス・アーント[Denis Arndt]もなかなかの好演です。表ではコロンボ警部に敬意を表しながらも、裏では「猿芝居」呼ばわりしていますね。でも、やはりそこは議員。うっとうしいサインの要求にも笑顔で応えていました。

フランク・ステイプリン

オスカー・フィンチの弱みに付け込み殺害されるフランク・ステイプリン役はルイス・ゾリック。声優さんの吹き替えもぴったりでとても良い味を出していました。

邦題「完全犯罪の誤算」について

「完全犯罪の誤算」という邦題は原題「Agenda for Murder(殺人の計画?)」とかけ離れますが惜しいですね~。フィンチ氏の「忙しさ」を表現すると思われる「Agenda」にこだわった題名が欲しかったと悔やまれます。
監督:パトリック・マクグーハン
脚本:ジェフリー・ブルーム
オスカー・フィンチ:パトリック・マクグーハン
ポール・マッキー議員:デニス・アーント
フランク・ステイプリン:ルイス・ゾリック
クレーマー刑事:ブルース・カービー
加筆:2011年2月19日

“52話「完全犯罪の誤算」” への28件の返信

  1. Vさん>フィンチ=つまみ食い ってのはすごいです。
    ツァバールさん>その場から離れる で笑いました。
    チリコンカンさん>未完の政策 は素敵です。
    みなさんに敬意を表し、2票追加します。

  2. 私もこの邦題については、違和感ありありの一人です(^^;。
    「今一歩だけに惜しかったねぇ」とか「ツメが甘かったねえ」といった犯人にかけたくなるような感想の「完全犯罪の誤算は、この作品に限らず、コロンボ作品全般に言えるわけで、敢えてこの作品に持ち出すまでも無いという印象を受けます。
    この作品が選挙をテーマに扱っていることと強いて言えば「Agenda」そのものが政治用語であること、「殺人の」や「殺意の」は他の作品でも使われていることなどから、「(完全犯罪まであと一歩だった感を加えて)未完の政策」なんてのは、どうでしょうねぇ(^^;。
    殺人事件っぽくないか(^^ゞ。
    失礼しました。

  3. フィンチは本当に頭のいい人間です。もっと周到に計画すればバレない犯行もできたんでは、と思いました。
    今まで見てきた多くの話から犯人へのアドバイスを考えてみました。
    1.手の込んだトリック殺人はやめるべし。
      (かえって手がかりを与える)
    2.自宅、被害者宅での犯行はやめるべし。
      (屋外の方が証拠を残しにくい)
    3.証拠品(銃など)の捨て場所をよく考えよ。
    (x現場近くのごみ捨て場 xエレベーターの天井)
    4.コロンボに「どうしてこうなってたんでしょうね~」と顔を見上げながら聞かれても、得意になって都合のよさそうなことをしゃべらない。「いや、まったくわかりません」と言っておく。
    5.コロンボに「じゃ、これで帰ります」と言われたら走ってその場から離れる。
    (第2、第3の質問から逃げる)
    6.小芝居にひっかかって自白しないこと。
    (あくまでシラを切れば逃げられるかも)
    7.余計なことをしないこと。
    (生徒が密造酒を作っているのを見かけても見ぬふりで)
    ついでに、殺されないためのアドバイスも
    相手をゆするときは相手に殺される状況を考えて手を打っておく。(これで今までに何人殺されたことか・・・)
    しかし
    これらを守ったら「刑事コロンボ」が作れなくなくなります。(笑)

  4. はじめまして。
    マクグーハンの鋭い眼光は四作品のどれでも際立っていましたが、特に「仮面の男」は、コロンボ最大の難敵にして好敵手といえるかと思います。
    ちなみに「フィンチ」とはアトリ科の小鳥で、日本にも多く生息していますが、「つまみ食い」=ついばむことが命取りになったこのストーリーのラストを暗示しているのでしょう。

  5. フィンチは、ステイプリンとの電話の途中で完全犯罪による殺害を決意する。
    そのプランの準備に要する時間を算定し、電話の途中で訪問時間の変更まで
    やってのけた。電話の後で、数秒の間、沈思黙考していた。頭の中では、
    目まぐるしく回転していたのだ。この数秒で、完全犯罪のリスク算定と
    安全プラン立案の間を行き来し練り終えた。そして行動あるのみ。
    フィンチの裁判における弁護風景を観てみたかった。
    「死者の身代金」のレスリーや「影なき殺人者」クライトンの弁護と
    比較してみるのも興味深い。
    同じ風貌、葬儀屋のプリンスさん。「復讐を抱いて眠れ」は、
    突発衝動的犯行だったので、顔には動揺の色が濃く出ていた。
    今回は周到な計画で完全犯罪を目指していたので、落ち着いていました。
    フィンチは、ステイプリンからの電話の途中で割り込み電話=キャッチフォン
    があったと言ったが、その通話記録は調べたのか?。また手抜きか?。
    もし調べていたら、ウソの一角が崩れたのにね。
    自殺ではあり得ないステイプリンによるジョークのファックス。
    名作「忘れられたスター」でヘンリーが死ぬ間際に読んでいた他愛もない
    本と同じ。双方、自殺する前ではあり得ないことだった。
    マッキー議員を巻き込むことまで、フィンチの当初のプランにあった
    とは驚きだ。最悪時のスベリ止めという方が正解かな。そうは言っても、
    追い詰められた末のねつ造アリバイの追加公表というべきか。
    共犯ではないが、マッキー議員も一枚絡んできた。
    コロンボの最も得意とするシチュエーションが2つも揃った!。
    こうなると、もう、煮るか焼くか?コロンボの料理を待つだけだ。
    ここは、チーズの噛み痕に頼るのではなく、いつもの反間計を用いた方が
    おもしろく展開したはず。マッキー議員が当夜どこに居たのかもあわせて
    捜査すべきでした。それが明確になれば、フィンチとマッキー議員による
    ウソも明らかだ。それをマッキー議員に突き付け慌てふためかせて、
    証言を引き出して逮捕すべきでした。
    そもそもの殺害動機には、自己の栄達を妨げる過去を封印したいという
    想いが強くありました。そこを突いての逮捕であれば、動機と直接ひも付き、
    唐突感は無くなるはずで、興味深いエンディングになるはずだった。
    それが、チーズの噛み痕ですか。なんというか・・・。
    チーズの噛み痕が逮捕の理由だが、それはステイプリン宅へ行ったことを
    認めれば済む話でしょう。もちろん隠していたことは怪しさ満点です。
    だが公表していたら、必ず疑われるので、それを恐れて隠したと言えば
    良いだけ。つまりステイプリン宅へ行って、その要求をハッキリ断った
    ので、ステイプリンは自殺したのだと言い張れば逃げおおせるのです。
    それはさておき、、
    フィンチもコロンボと同じで、ところ構わずつまみ食いのクセがある。
    それが命取りでしたね。

  6. ぼろんこさん、初めまして。私も小学生の頃、家族と観て以来のコロンボファンのひとりです。現在放映中のエピソード毎に、ぼろんこさんのブログで勉強させていただいております。
    ところで昨日の完全犯罪の誤算で、マッキー議員の部屋でアンティークの椅子に座りながら、以前知り合いのご婦人の所で座って壊したとコロンボ警部が話されていました。このご婦人はアビゲイル ミッチェルのことなのでしょうか?死者のメッセージでは、壊しはしなかったものの相当ギコギコ音をたてていたのが印象的でしたので、もしやと思った次第です。

  7. 「祝砲の挽歌」「仮面の男」「復讐を抱いて眠れ」
    そして「完全犯罪の誤算」どれもこれも、ホント面白くありません。
    長年かけて積み上げてきた地位や名誉を一瞬で失うのに、
    なぜ悲壮感が無いのか?。全く理解不能。
    この犯人が反省しているならまだしも、その色は全くなし。
    大根役者!。

  8. 状況証拠の積み上げは状況証拠に過ぎず、犯人は動揺すらしない。
    結局、ガムの噛み痕という、それまでの状況証拠や流れとは脈絡のない
    唐突な決め手にガッカリした。これは、ルーサン警部の犯罪で、
    空砲の弾の指紋を証拠にした唐突な終わり方と同じでした。
    マクグーハンのキャラですかね?、いつも全然動揺しませんね。
    そのあたり、いつも面白くありません。
    議員(共犯ではないが)を落とし味方に引き入れ犯人を落とすという、
    殺人処方箋や大当たりの死、殺意の斬れ味などで行った反間の計を
    使って追いつめて、ガムの噛み痕はオマケ程度にすれば良かった。
    ガムの噛み痕は単発証拠である。しかし議員を犯人逮捕に関係づけると
    いうのは、犯行動機の根底にある自己栄達と直接的に繋がるので、
    唐突感は無くなるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.