1話「殺人処方箋」

Prescription : Murder / 1968

私は刑事コロンボシリーズのビデオやDVDのを所有していません。この第1話「殺人処方箋」は2010年4月9日のNHK Bs Hiでの放送で初めて見ました。

オープニングのタイトルバックが凄い!

かつて舞台劇として演じられた作品を、TV用に再アレンジして制作されたパイロット版だということです。冒頭の番組名やキャストのクレジットのデザインにはびっくりしました。時代性を物語っていますね~。それに比べ、3話「構想の死角」からはお馴染みの「右揃え・黄色のゴシック系書体(注)」という、刑事コロンボシリーズ独特のオープニング画面が定着するようです。

若々しいコロンボ

ピーターフォークは当時41歳。その後のコロンボ警部のトレードマークになる、レインコートもヨレヨレとまでは言えず、髪型もボサボサではないです。それでも後期の作品(新・刑事コロンボを含め)よりも、しっかりしたキャラクター性を感じられました。

少々冷酷に映ったか…

嫌気がさすような執拗な捜査、細かい矛盾を逃さない着眼点、さらには犯人を罠にかける「落とし」のテクニック。それらがふんだんに盛込まれています。少し冷酷な印象も残り、後の作品ではドジで人間臭い、愛されるキャラクターに傾いていったのかと思われます。
それでも見逃せないのがラストシーン…。ジョーンの供述をとろうとして、ポケットのペンを探すが見つからず、捜査員に借りている仕草が滑稽です。
→ コロンボはよく「筆記用具を忘れる」件

主犯と共犯の動機の温度差

その後のコロンボ作品にも数回採用されている「共犯モノ」、初回からそうだったのですね。共犯者の「口封じ」は各話とも重要なポイントになり、第二殺人の被害者になるケースも多いのですが、この「殺人処方箋」のコロンボは共犯者の弱さに目をつけ解決の切り札にしました。コロンボ警部の凄さは、「主犯」と「共犯」の「動機の温度差」を共犯者に示唆し、「主犯者に利用された」という背景を引き出していることです。

主犯のフレミングは共犯のジョーンに対し、ヘマしないように細心の注意を払っていますが、これは「二人の未来のための殺害計画」ではなく、実際に利を追求しているのはフレミングのみで、ジョーンは共犯者として選ばれただけだということを、見る側に伝えています。

普通の刑事ドラマではないですよ~宣言

犯行後に、フレミングが電話の上に手袋を忘れそうで、忘れなかった演出。これは視聴者に「おっと、そんなに簡単にヒントは残しませんよ」と、語っています。また、コロンボ警部がジョーンを脅して落とそうとして「じゃ本部で供述をとりましょうね」の後、拒絶されるシーン。普通の刑事ドラマなら、これらが決め手になっちゃうところ「これくらいじゃ落ちませんよ」という、意気込みを感じました。

最初は強烈なほど「豪腕刑事」の素質があった

心が揺らぐ共犯者のジョーン・ハドソン(キャサリン・ジャスティス)に「あんたが殺したも同じだ」から「あんたを落としてあいつを逮捕する、これは約束します」の連続した台詞は、シリーズを通して最も語気を荒げたシーンの一つです。

コロンボ警部の刑事哲学が見えてくる

また第1話で既に、コロンボ警部の「刑事哲学」とも思える言葉を聞くことができました。それは「いくら犯人が頭が良かったとしても、殺人については素人である。しかし自分にとってコロシは仕事。たいへんな修練を積んでいるわけです…。」というもの。た、確かに。コロンボ警部の捜査手法はそうした経験に裏付けされた、「匂いを感じて動く」のような部分が大きいのです。
ずっと後の作品40話「殺しの序曲」で、オリバー・ブラントに語る場面や、44話「攻撃命令」での言葉遊びも似たような趣で興味深いです。

計画通りにはことが運ばない

この作品を何度も見返しますと、やはり「予期せぬことが起こる」ということを、細かく描いています。キャロルが死んでいなかった、ジョーンが頻繁に電話や訪問して来ちゃう、警部が約束より早く来るなど。その度に犯行がバレるかも…とハラハラします。

レイ・フレミングのマンションの風景は「絵」

レイ・フレミングのマンションの窓から見える風景は完璧に「絵」です。古い時代のテレビドラマや映画の笑えるワンシーンですね。フレミングが妻を殺害した後、窓ガラスを割って強盗の仕業に見せかけるシーンで、風景に自分の影が映っています。その他にもアカプルコの釣りのシーンも、もちろん海(背景)とガッツリ合成していますよね。

ジョーン・ハドソン邸は「スタール邸」

ジョーン・ハドソン邸は、有名な「スタール邸」で自称「大部屋女優」のハドソンさんにしては、とてつもない豪邸です。「構想の死角」ケン・フランクリン邸「アリバイのダイヤル」のエリック・ワーグナー邸は、よく確認してみましたら、別の豪邸でした。
→刑事コロンボマップ(PC):スタール邸

トミーの自供

トミーの自供は決定的なシーンではないが、場面転換としては効果的です。コロンボが本件の捜査から外されるまでの経緯として、気分が入れ替わって気持ちよいですね。

タイトル文字など

注:2話「死者の身代金」は1話と比較し、今後シリーズ化されたデザインかなりに近いものになっていますが、文字は白色でエクステンデッド・ブラック(横長で極太)書体ではありません。

監督:リチャード・アーヴィング
脚本:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク
レイ・フレミング:ジーン・バリー
ジョーン・ハドソン:キャサリン・ジャスティス
キャロル・フレミング:ニナ・フォック
加筆:2020年7月4日

“1話「殺人処方箋」” への122件の返信

  1. 声優つながりでいうと吹き替えの俳優さん、水戸黄門や必殺シリーズでの悪役で出演されてた方が吹き替え担当されてるケースが多いですね。佐野浅雄さん
    西沢利明さん田口計さん草薙幸二郎さん外山高士さん、犯人以外でも横森久さん等キリがないです。

      1. 声優さんでなく敢えてベテラン俳優さんを起用するNHKの「拘り」ですよねえ。NHKアニメの名探偵ポアロが里見浩太朗、ミスマープルが八千草薫の吹き替えだったときはぶっ飛びました。

  2. このドラマの吹き替え版に関してやはり一番の聴きどころは
    小池朝雄さんの声ですね。
    小池さんの声が聴きたくてコロンボを観てる、みたいなところはあります。時代劇の悪役のイメージとは違う小池さんの声は本当に素晴らしい。

    1. 79年には映画『蘇える金狼』に悪徳企業の幹部役で出ているんですよね。コロンボで人気があった時期です。主人公松田優作にボコボコにやられちゃうんで、コロンボファンは見ていて忍びなかった。

      1. 役員の中でも下っ端で、ピストルで朝倉(松田優作)殺しを命ぜられます。
        でも、安全装置を外さないで撃ったので発砲せず、朝倉に逆襲される、と。
        ピストル下手まで真似しなくて良いのに(笑)

        1. いやいや、79年ごろの小池さんといえば、「Gメン’75」第204話の城西警察署長でしょう。もう黒岩部長刑事は西部署に転勤してしまったのか、徳吉刑事は既に私立探偵を開業してしまっているのか、頼れる部下がいなかったと見えて、陰謀に嵌められて一時はピストル自殺をやりかけるという強烈な役ですが、今その演技を観ると、どうもコロンボと声の調子が違う。コロンボの演技はわざわざ声を作っていたというのは本当のようですね。

          1. 小池さん、結構、地味目な風貌なのに、「仁義なき戦い」、「徳川いれずみ師・責め地獄」なんて、スゴイ存在感ですよね。

            1. 小池朝雄に目を付けたNHKは慧眼ですね。一方で、ピーターフォークの高めの声とは合わないという趣旨の記事を読んだ記憶があります。クリスティの翻訳で有名な詩人の田村隆一さんだったかなあ。

    2. 小池氏=コロンボのイメージを利用した逆転現象が
      1982年正月SPドラマ「天国と地獄の美女」(原作:江戸川乱歩)。
      大富豪と瓜二つの貧乏な男(伊東四朗二役)のすり替えを
      後者の不倫相手を演じる小池氏が計画する。当初から無理のある計画、
      後から生じてくる想定外の事態に再三、弱腰になる男をコロンボがたきつけ、
      執念深く冷徹に犯行を重ねているような錯覚を覚えてしまいます。
      特に最初の誘拐が失敗して富豪の左目を傷つけてしまった時には、
      「片目ぐらい、どうってことないだろう」と嘯き替え玉の左目を潰す!
      また、この一件による義眼がキーアイテムになる等、ピーター・フォークが
      片目義眼の俳優であった事を意識していたと思われます。

  3. 初めまして、初投稿させていただきます。小生、中学生くらいから刑事コロンボを観ているものです。私自身の好みは脚本の秀逸さや俳優さん達の名演に加えて声優さんの名演にも酔っている者です。日本人の声って特徴のある人が多いような気がします。

  4. ぼろんこさんのコメントのとおり、刑事哲学~「いくら犯人が頭が良かったとしても、殺人については素人である。しかし自分にとってコロシは仕事。たいへんな修練を積んでいるわけです…。」というもの・・・・
    コロンボの仕事に取り組む姿勢をうかがい知る重要なものですね。
    たいへん共感しており、何度観ても惚れ惚れします。

    ハドソン宅のシーンに出てくる効果音(文字ではうまく形容できませんが)の狙いが解るとウレシイところです。

      1. コロンボ(小池朝雄さん版)大好きです!その中で、別れのワイン・忘れられたスター・殺人処方箋が特に好きな作品です♪何度見てもまったく飽きない。声優陣がまた堪らないですね。

    1. 毎日毎日、仕事終わりの22時にコロンボに会えるの楽しみに
      してる。。。。自分が滑稽です
      あの、コロンボの目の鋭さがたまりません。

  5. もしもジョーンからの電話でフレミングが「すいませんが私はフレミングです!フランクリンではございません!」と間違い電話にしておけば犯行は大成功だったのかも知れない?
    しかし彼は頻繁にコロンボが自宅や職場に来るとは夢想だにしなかった?!

  6. 【原題解釈】
    Prescription:Murder
    直訳すると、「処方=殺人」。
    おなじみの「Mission:Impossible(任務名=不可能)」と原題の構造は一緒。
    フレミング医師にとって、採れる措置(処方)は夫人を殺すことしかなかったという意味ですかね。

      1. いつもお世話になっております。
        録画した刑事コロンボを吹き替えで見た後、こちらの内容を参考にして英語+字幕で観る、その後部分的にスロー再生というのが習慣になっています。
        さて、この殺人処方箋という日本語のタイトル、実にストレートで良い題名だと思っています。

        早速、英語の:(コロン)の使い方も復習しましたが、Prescription:Murderということは(処方箋 ⇒ 妻を殺害)お~怖い。
        フレミング氏は自分にこのような処方箋を与えたわけですね。

        この「殺人処方箋」、精悍なコロンボ氏の姿が実に新鮮でした。

        ついでに、TVシリーズから大好きだった「スパイ大作戦”Mission:Impossible”」も意味としては、「任務:実行不可能」ということですね。
        「お早うフェルプス君、失敗しても知らないけど今回も頑張ってね」という雰囲気、よくわかりました。
        あらためてワクワクしてきます。

  7. またまた再放送ですね。またまた見ます。
    第一作目、奥さんが亡くなる直前の最後の言葉は
    「ご主人の名前」でした。
    「レイ」…(に殺された…)と続くのだったでしょうね。
    ダイイング・メッセージ!

    1. 初めまして。
      このシーンは好きですね。最期の言葉が良い様に?誤解される。
      ラディゲの「肉体の悪魔」のラストシーンを連想しました。

      少年と人妻が不倫し、人妻は少年の子を産み、少年と同じ名前を付ける。
      しかし、産後の肥立ちが悪く、人妻は亡くなる。
      最期の言葉は、少年の名前。
      旦那はこれを「自分の子供の名前を呼んだ」と誤解し、子供を幸せにする決心をする。

      なんとも苦い味わいがあります。

  8. ぼろんこ様
    初めてコメントします。
    殺人処方箋初めて観ました。
    今までテレビ放送でいくつか観てきたコロンボに比べて、荒々しく犯人を捲し立てる感じにびっくりしました。
    でも、「うちのカミさん」のくだりは一作目からあったんですね〜
    これから毎週水曜日が楽しみです。

    少し疑問に思った事があります。
    それは、犯人がマメに部屋の灯りを消す(あるいは消させる)シーンが三回もあり、この几帳面さが後々ボロを出すきっかけになるのでは?と思わせるような演出があったが、結局何も関係なかった点です。
    一回目は犯行後、燭台や銀食器などを鞄に詰め、洗面所に洗濯物袋を取りに行った後洗面室の電気を消すシーン。
    二回目は変装を終えたジョーンと部屋を出て行く時にジョーンに電気を消すように指示するシーン。
    この二つに関しては、夜中に物取り強盗が押し入って殺されたというシナリオなのだから、その犯人がご丁寧に電気を消して行くのは不自然なのです。
    三回目は、コロンボがフレミングのオフィスでバーボンを飲みながら架空の犯人像の話をした後、先に部屋を出るフレミングがコロンボに部屋の電気を消して出るように指示するシーン。
    もしかして、他のシナリオがあったのかもしれないな〜と思いました。
    ぼろんこ様はどう思われますか?

    1. かつさん、コメントありがとうございます。
      これから毎週水曜日が楽しみ!ですね〜私もです。
      さて、「マメに部屋の灯りを消す」の洞察、素晴らしいですね!
      確かにカチッカチッと、小気味よく電気を消すシーンがありました。
      窃盗犯が電気を消すという点は矛盾(無駄)かもしれませんが、
      留守中であることを継続するためには、電気を消した方が良いし
      犯人の心理になると、やはり消したくなるのが心情(犯行を隠したい)かも…。
       
      それとは別に、フレミングの自信満々の様子、完全犯罪が着々と進む様子などを
      リズミカルに描いているようにも映りました。それはそれで良い気がします。
       
      かつさんのコメントを読んで感心したことは、犯人の心理になって
      ドラマを見ていることです。
      刑事コロンボは倒叙法「最初から犯人がわかってしまう」もので、
      犯人を推理するより、むしろ犯人の気持ちになって「犯行がバレたくない」
      スリルを楽しむものだと思います。
       
      ぜひこれからも、刑事コロンボをお楽しみください。

    2. かつさん、ぼろんこさん今晩は。
      カミさんのお話があったのでお邪魔します。
      『黒のエチュード』のところで さっきコメント残したのですが
      NHKでの放映が1972 8,27に多分この『殺人処方箋』で始まって10年余り。そして日本テレビで1983年?からコロンボ作品を放送していくことになってときに、吹き替えし直した作品が『黒のエチュード』と『殺人処方箋』の2作品
      ●『殺人処方箋』の吹き替えの録り直しの理由は、初収録から11年経ってコロンボのイメージが変わってしまったことだそうです
      ●そして旧版(NHK)の時は飯嶋永昭訳
      ●新版(日本テレビ/DVD)は額田やえ子訳
      なので カミさんという言葉がこの『殺人処方箋』では聴けて 、そのあとの『死者の身代金』~『パイル-3の壁』までは 女房とか妻とか色々言い方が安定してない理由はそんなところから来ています(多分(笑))

      1. 因みに
        精神分析医レイ・フレミング役ジーン・バリーの吹き替えですが
        ●1972年NHK版は瑳川哲朗さん…大江戸捜査網の井坂十蔵役で人気を博していた頃収録
        ●1983年日本テレビ版は若山弦蔵さん…ジーン・バリーやショーン・コネリーの吹き替えが当たり役

        私は若山弦蔵バージョンしか観たことがないので、小池朝雄さんのコロンボも年期の入ったもののほうしか聴いたことがない。

        若いコロンボに違和感があるのは 見た目に反して小池さんの声が熟成コロンボだからかもしれません(笑)

        大好きな作品です
        コロンボはここから始まった

  9. やっぱりピーター・フォーク若いですねえw。久し振りの全篇定期放映の予定らしい?ので改めて私が訴えたいのはw、「コロンボ」の魅力はリアリティじゃあありません、逆にツッコミどころが多い、「いじりがいがある」ところです。タイトな演出でリアルなミステリードラマは「いい作品だった」で終わってしまいます。

  10. ぼろんこ さま
    このコロンボのパイロット版は、いろいろな面で、私の大好きなコロンボです。ご指摘のように、冒頭のクレジットの出し方などは第2話以降と比較すると独特で、フレミングが精神科医なので、心理テストのロールシャッハテストのイメージを駆使、音楽は、ジャズ・フュージョン界の巨匠、デイブ・グルーシンの作曲という豪華版。(確か、鬼警部アイアンサイドのテーマ曲も、デイブだったと記憶しています。) 犯人役は、ジーン・バリーで、どなたかも言っていた「バークにおまかせ」の後、「ネーム・オブ・ザ・ゲーム」という社会派ドラマシリーズで主役を務めていた人気俳優で(これも若山弦蔵さんが吹き替えていて、とっても素敵)、私は大好きでした。奥さん役のニナ・フォッシュも、この手の役にぴったしの女優さん。夜中過ぎに帰宅したフレミングに、無一文で放り出し、医者として仕事できなくしてやる、と脅迫していたのに、2人の旅行を計画していたと聞いたとたん、真に受けてしまう妻を見事に演じていました。 ピーター・フォークは、ぼろんこさんが、このパイロット版では少し冷酷なイメージと言っていますが、本当ですね。立ち居振る舞いもそうですし、ピーターの顔つきも、どちらかというと、「殺人会社」で殺し屋を演じていた時のイメージが少し残っている感じです。特に、ジョーンの仕事場まで押し掛けて行って、自白を迫るあたりは。そういえば、この時コロンボが持ち歩いていたカバン、2話以降には出てこなかった気がします。中盤、嘘の自供をするトミー役の俳優は、シドニー・ポワチエの「夜の捜査線」では本当の犯人役でしたね。

    1. 楽しいコメントをありがとうございます。奥が深い作品ですもんね。デイブ・グルーシン〜若山弦蔵、すごいですよね。

  11. 30周年記念を有線で全話行っていたようで、全て録画しようと思いましたが2時間番組で大変数も多いみたいなので断念しました。20話ぐらいまで一応残していますので頑張って観れたらいいなと思っています。検索でこのブログを見つけて嬉しいです、ありがとうございます。

    コロンボ若い~。別人かと思いました。
    共犯の女の方が落とせると思ったんですよね、結構、コロンボってネチネチしてますね。ありゃあ、堪りません。
    試作話からペンを忘れるのですか。私物なのか貸与なのか、知りませんが、これも、とぼけるフリでしょうか。

  12. こんにちは!また来ちゃいました。
    コロンボ若いな~と思ったけど41歳だったんですね。もっと若く見えました。
    女優役の女優さんがすごく綺麗で、アップになるとベールがかかっているようで?一段と綺麗でした。昔の女優さんは品がありますね。見晴らしの良いプール付きの豪邸もステキです。と、本筋とはあまり関係ないところで(笑)、楽しみました。

    1. 見晴らしの良いプール付きの豪邸。きっとあれはハリウッドの高台にあるんでしょう。分不相応な豪邸です。

  13. 大部屋女優のジョーン・ハドソンはなぜあんな大豪邸に住んでいるのでしょうか。レイモンドが買い与えたのでしょうか。

    1. 遅レスですが、最後のハドソン偽装死?シーンのために
      「プール付きの部屋」に住んでいる必要があったのではないでしょうか。

  14. 久々に「殺人処方箋」観ました。
    前にも見たはずなのですが、この歳になると記憶がクリアされており、途中までは初めて見た話かと思いました。ヤバイな…

    コロンボを見ると必ずこのサイトを見て復習?しております。
    窓ガラスを割って強盗の仕業に見せかけるシーンで、風景に自分の影が映りこんでる箇所は改めて確認させてもらいました。
    (笑)
    よくあんな所まで気づきましたね〜!
    尊敬です。

    1. 1年半越しのお返事になり、恐縮です。
      フレミングのマンションって、開放感がないですよね?
      それで気づいたんです。

  15. 素晴らしいブログを本当にどうも有難うございます。私ども、米国北東部、ボストン在住です。妻も私も小学校の頃からコロンボのファンでしたが、ボストン美術館でドガの絵を見た後で、そういえば2枚のドガの絵なんて作品があったね、なんて話をしたのをきっかけに、近くの図書館でコロンボシリーズのDVDを借りてきて、何十年かぶりかに、第1作から見ることにしました。ピーターフォークの声は小池朝雄と全然雰囲気が違うので、違和感でしたが、そのうちきっと慣れてくるのでしょう。殺人処方箋では、若いコロンボが声を荒らげて、たたみかけるようにジョーンを威嚇するので、驚きました。結末がジョーンの自白に頼るところは、きれいなどんでんがえしを期待した妻としてはちょっと物足りなかったようです。

  16. 殺人処方箋、初めて視聴しました。
    第一作にして、すでに主要なコンセプトは確立されている感があり、名作とはそういうものなのかと納得しました。あとはバリエーションをつけていくだけで、充分なのですね。(ジャンルは違いますが、水戸黄門のように)

    このエピソードですでにコロンボは優れた推理力があると同時に、犯人にひと芝居打ったり、心理戦で揺さぶりをかける手法にも長けているのが分かります。

    それがしばしばわざとらしい印象を与える時もありますが、証拠による立証が難しい場合、致し方無いかなとも思います。(もちろん実際の警察がこの手法を使えるかは、疑問です)

    今回、最後のひと芝居は必要だったのでしょうか?前日のコロンボの聞き取りで、愛人はかなり精神的に追い詰められていたので、翌日、警察に自白してしまえばそれで一件落着だと思うのですが。(犯人と愛人の共犯関係を崩すという効果はありましたけど)

    ドラマ的に面白くなっているから、あまり深く考えず、楽しめばいいのかな(笑)

    1. 「最後のひと芝居」は必要です(笑)
      これが、この後のコロンボの名作にも繋がっていったのだと思います。

      1. 横から失礼します。
        舞台版では最後の一芝居がもっと優しいものになっています。
        私はそっちの方が好きです。

        1. 舞台版(1962年)について全く知らなかったので、ネットで調べてみました。びっくりしました。コロンボ役があの「風と共に去りぬ」のトーマス・ミッチェル、犯人のフレミング医師役が「第3の男」のジョセフ・コットンだったんですね。なんて贅沢な配役なんでしょう!
          あとコロンボの特徴であるコート、葉巻などはすでにミッチェル氏のときに採用していて、ピーター・フォーク氏はそれを踏襲していったとのこと。

          ラストのひと芝居は、ご指摘の通り随分違っていますね。舞台版は、犯人は心底愛人が自殺してしまったことを悲しみ、彼女をつけ回していたコロンボを責め、自首する決心をする、そのあと愛人(実は自殺していない)はその愛の深さに気づくというロマンチックな展開。

          テレビ版では犯人をもっと単純に悪者にしてしまったという感じですね。しかし元々妻を殺害したのは愛人と一緒になるためだったのでは?というところに矛盾が生じます。

          しかし舞台版のオリジナルがあっての変更だったということが分かると合点がいきました。ありがとうございます。

  17. この回の一番気に入っているところはジーンバリー、いわゆるバークにまかせろのバーク役だったジーンバリーにやはり若山弦蔵さんを吹き替えに起用した点、やはり若山さんは上手い!この犯人が若山弦蔵さんの吹き替えで魅力的になってしまうんだな!艶っぽいんだな、これが!流石の小池朝雄さんも若山弦蔵には負けた!って感じだな。いつも声優感想で恐縮です。

  18. 第1回目のコロンボさん若いですね。
    何十年目かにこの作品を今見てオープニング、こんなに斬新だったんだですね。
    途中病院のシーンからコロンボさんと犯人の声優が変わったのでびっくりしました。最後の声優のテロップも無かったのですが犯人は麦人さんでコロンボさんは石田太郎さんでもない感じなので誰なのでしょうか。犯人を追い詰める姿勢は最初から変わらないのですね。犯人がしたことと同じ事をして落とすとは。

    1. ちなみに麦人さんはスパイ大作戦のジムフェルプス役だったピーターグレイブでに関して、若山弦蔵さんが吹き替えしていない箇所をショートリリーフ的に吹き替えされてました、ミニミニ情報で恐縮です。

      1. 貴重な情報ありがとうございます。
        麦人さんは私にしますれば
        スタートレックのピカード艦長が一番でしてあの病院のシーンは一瞬スタートレックシリーズに出てくるコロンボ風のホログラムの様に見えて楽しめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.