46話「汚れた超能力」

Columbo Goes to the Guillotine
1989[第8シーズン 46話]

初期シリーズから一転、高インパクト重視な印象

超能力者、エリオット・ブレークは、かつてウガンダの刑務所で裏切られたマジシャンのマックス・ダイソンをダイソン自作のギロチン装置で殺害。
テーマ・殺害方法・解決シーンなどは、これまでの刑事コロンボシリーズと比較し、やり過ぎと思えるほど劇的です。これも、新シリーズのスタートを強烈に印象づけたい狙いでしょうか。

ピーター・フォークの日本語吹き替えは石田太郎さん

約10年の休暇(?)から復帰したコロンボ警部、日本語吹き替えは人気を博した小池朝雄さんから石田太郎さんにバトンタッチ。賛否両論あると思いますが、私にはそれほどの違和感も無く、馴染むことができました。

コロンボシリーズの醍醐味「心理戦」は健在

超能力者であれば、ダイソンがどのような心境で死に至ったか読み取れるであろうと相談を持ちかける警部。そこでブレークは「自殺であった」と示唆しますが、これがかえって自分への容疑を濃くしちゃってますね。発言の直後「自殺のはずがない」とコロンボ警部から一蹴されています。その理由を次々に見せられて、ブレークは一気にマズい立場に追いやられていました。

 
自殺でないと否定されたブレークは、事故だったと方針転換し、苦しい状況に拍車がかかります。コロンボ警部は「マイナスドライバーの矛盾」などにより「殺人」だと断定しながらも、ブレークに「自殺説」「事故説」を口にさせ、心理的に追い込んでいったのでしょう。

マックス・ダイソンは素敵だった

マックス・ダイソン(アンソニー・ザーブ)。は素敵でした。犯人のエリオット・ブレーク(アンソニー・アンドリュース)も悪くないのですが、42話「美食の報酬」のポール・ジェラードと似た印象で風格に欠けました。配役が逆でも面白かった?などと書いては失礼でしょうか。

アロヨとフリードライブ

ブレークのいかさまトリックを暴く時に使った地図は全ページ「アロヨとフリードライブ」だった。この「アロヨ」はロサンゼルス北東のパサデナ近くにある。しかし、例の地図とは地形が違う…気がします。→コロンボマップ
 

エンディングはユニークにまとめる

これは新シリーズの特長と言えるかも知れません。旧シリーズでは割と「スカッと決めておいて、コロンボ警部自身は少し後ろめたい表情をして止まる」パターンの方が多かった気がします。今回は特に「血なまぐさい」展開でしたので、最後だけは口元が緩むような終わり方にしたのでしょう。
 

エリオットブレイクの吹き替えは野沢那智さん

野沢那智さんは、8話「死の方程式」で犯人のロジャー・スタンフォードを演じて以来2度目の犯人役。私は少し演技が大袈裟かな…と感じてしまいますが、ブログゲストの方々などには好評です。
 
監督:レオ・ペン
脚本:ウィリアム・リード・ウッドフィールド
エリオット・ブレーク:アンソニー・アンドリュース(野沢那智)
マックス・ダイソン:アンソニー・ザーブ
 
加筆:2015年12月4日
 
加筆:2010年10月11日(2010年9月のBS2での再放送を見た後、書き直しています)
さらに2015年のBS-TBSの再放送を見て加筆しています。こうして、コツコツ続けています。
 

“46話「汚れた超能力」” への21件の返信

  1. はじめまして。先日CSにて字幕で観ました。自殺者心理にちょっと違和感がありました。同級生の母が自殺してまして、その同級生から聞いた話しでは死亡願望は前触れなく突然襲っくるようです。
    食事の支度もして、献立にも盛り付けにも気を遣っても、食事中に自殺願望に襲われたり、食べ始めるまでは機嫌が良かったりしても突然絶望したり。
    「これから自殺を考えている人が、生ハムなんて買いますかね」・・普通にあると思います。
    全て分かった上での揺さぶりとも取れなくもないですが、着眼点が稚拙な感じがしました。ちょっと脚本家さんの取材不足の感じがしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.