25話「権力の墓穴」

A Friend in Deed / 1973

ギャンブル好きが命取り…ロス警察ハルプリン次長

財産目当てに妻を殺害するロス警察の上司マーク・ハルプリン次長。キャラクターは素晴らしいけど、殺人動機が弱い。隣の2軒で連続殺人が起きれば、相当厳しく捜査されるのが予想される中で、よく犯行に及んだと感心します。しかも、自分の現在の地位・名誉を全て失うだけの価値がある殺人なのか?警察の上層部がギャンブルに溺れることも大問題。

本物のワルの匂いが…

隣人のコールドウェルが奥さんを死なせてしまったことが、事の発端になりますが、それを知った直後に、自分の妻もついでに殺して、二人の共犯で罪を闇に葬る計画をした…というのがね~あくどいです。

見どころが満載の作品

捜査の過程で、自分に都合の良いようにコロンボに指示を出すハルプリン次長の傲慢さに、いかにも官僚的な体質が見えます。また、巧みとは言い難いですが「妻が犯人を見てしまったかもしれない」ように仕立てるのもポイント。

邦題は「けんりょくのぼけつ」?

読みの問題。「はかあな」ではなく「ぼけつ」が正解だと思われます。NHKのアナウンサーが番組紹介でそのように読んでいました。

シロとクロを嗅ぎ分ける嗅覚

他の作品でも感じますが、コロンボ警部の嗅覚は凄いです。このお話の場合、まず疑うべきは夫のコールドウェル。次に連続窃盗犯も有力に思えます。しかし、コールドウェルは証言の些細な部分からシロと判定。連続窃盗犯も「窃盗」の容疑者を狭めつつ、殺人ではシロと判定し、本題の事件解決の協力者へと導きます。このような鋭い嗅覚が身に付けば、我々の仕事にも役立つと思うのですが…。

「チャンスを得た」は、大きな勘違い

ハルプリン次長が署内でコロンボから前科者のリストを見せてもらうシーン。思いがけず決定的に有利な情報を得て、濡れ衣工作を思いつくのですが、それもコロンボ警部の仕組んだ罠だという展開は素晴らしいですね。あくまでも次長の命令に従っているだけの行動に見せています。まかれた餌にまんまと食いつかせたわけです。

シリーズ中、最も爽快なラストシーンの一つ

前科者アーティに殺人の罪をなすりつけ、その仕上げ工作の最中に自分が真犯人だということを「自らの行動で証明」してしまう場面。罪を被せられそうになるアーティの自宅(実はコロンボの部屋)で、「あなたが奥さんを殺したんです」とコロンボ警部に告げられるまで、一所懸命に証拠品を探しているハルプリン次長の必死の形相は傑作です。警察権力に対して、一石を投じたと言わんばかりの爽快なラストシーンでした。

リチャード・カイリーのハルプリン次長

リチャード・カイリー(リチャード・キーリー)はハルプリン次長役を名演したと思います。コロンボの「突っ込み」に、たじたじの様子が可愛く描かれています。

おそらくキャリア・エリートの設定で、現場バリバリのコロンボ警部の評判を良く知らなかったのでしょう。経験不足から、指紋の指摘に始まる失言を連発し、墓穴を掘ってしまいます。報告書を提出しろ!と、何度も催促するのも役人根性の表れで、笑えました。

日本語版は北村和夫さん

北村さんは俳優としてのお仕事がメインで、吹き替えは多くないようです。その中でも刑事コロンボではこの「権力の墓穴:リチャード・カイリー:ハルプリン次長」と「迷子の兵隊:ステファン・エリオット:パジェット将軍」を担当されました。

ヴァル・アヴェリー

前科者アーティ・ジェサップ(アーチー)役の俳優「ヴァル・アヴェリー」は12話「アリバイのダイヤル」で盗聴器をしかけた探偵:ダブス役として出演しています。目立たない役では5話「ホリスター将軍のコレクション」の貸しヨット屋でも出演。

高級住宅地「ベル・エア」地区

ハルプリン次長と友人ヒュー・コールドウェルらの家がある地区。「二枚のドガの絵」デイル・キングストンもご近所さんではないかと思われます(笑)
→刑事コロンボマップ:ベル・エア地区

監督:ベン・ギャザラ
脚本:ピーター・S・フィッシャー
マーク・ハルプリン:リチャード・カイリー
アーティ・ジェサップ:ヴァル・アヴェリー
コードウェル:マイケル・マクガイア
ハルプリン夫人:ローズマリー・マーフィー
ダフィ警部ジョン・フィネガン
加筆:2017年12月26日

“25話「権力の墓穴」” への57件の返信

  1. アーティーさんが、何ともいいなぁ
    (コロンボのイミテーションリングを見て)
    「アンタ、詐欺でもやろうってのかい?」
    (警察手帳を見せられて)
    「オレの鼻も効かなくなったもんだ...」
    そして
    「オレはシャム猫が大嫌いだ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿はできません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.