25話「権力の墓穴」

A Friend in Deed
1973[第3シーズン 25話]

ギャンブル好きが命取り…ロス警察ハルプリン次長

財産目当てに妻を殺害するロス警察の上司マーク・ハルプリン次長。キャラクターは素晴らしいけど、殺人動機が弱い。隣の2軒で連続殺人が起きれば、相当厳しく捜査されるのが予想される中で、よく犯行に及んだと感心します。しかも、自分の現在の地位・名誉を全て失うだけの価値がある殺人なのか?警察の上層部がギャンブルに溺れることも大問題。

本物のワルの匂いが…

隣人のコールドウェルが奥さんを死なせてしまったことが、事の発端になりますが、それを知った直後に、自分の妻もついでに殺して、二人の共犯で罪を闇に葬る計画をした…というのがね~あくどいです。

見どころが満載の作品

捜査の過程で、自分に都合の良いようにコロンボに指示を出すハルプリン次長の傲慢さに、いかにも官僚的な体質が見えます。また、巧みとは言い難いですが「妻が犯人を見てしまったかもしれない」ように仕立てるのもポイント。

邦題は「けんりょくのぼけつ」?

読みの問題。「はかあな」ではなく「ぼけつ」が正解だと思われます。NHKのアナウンサーが番組紹介でそのように読んでいました。

シロとクロを嗅ぎ分ける嗅覚

他の作品でも感じますが、コロンボ警部の嗅覚は凄いです。このお話の場合、まず疑うべきは夫のコールドウェル。次に連続窃盗犯も有力に思えます。しかし、コールドウェルは証言の些細な部分からシロと判定。連続窃盗犯も「窃盗」の容疑者を狭めつつ、殺人ではシロと判定し、本題の事件解決の協力者へと導きます。このような鋭い嗅覚が身に付けば、我々の仕事にも役立つと思うのですが…。

「チャンスを得た」は、大きな勘違い

ハルプリン次長が署内でコロンボから前科者のリストを見せてもらうシーン。思いがけず決定的に有利な情報を得て、濡れ衣工作を思いつくのですが、それもコロンボ警部の仕組んだ罠だという展開は素晴らしいですね。あくまでも次長の命令に従っているだけの行動に見せています。まかれた餌にまんまと食いつかせたわけです。

シリーズ中、最も爽快なラストシーンの一つ

前科者アーティに殺人の罪をなすりつけ、その仕上げ工作の最中に自分が真犯人だということを「自らの行動で証明」してしまう場面。罪を被せられそうになるアーティの自宅(実はコロンボの部屋)で、「あなたが奥さんを殺したんです」とコロンボ警部に告げられるまで、一所懸命に証拠品を探しているハルプリン次長の必死の形相は傑作です。警察権力に対して、一石を投じたと言わんばかりの爽快なラストシーンでした。

リチャード・カイリーのハルプリン次長

リチャード・カイリー(リチャード・キーリー)はハルプリン次長役を名演したと思います。コロンボの「突っ込み」に、たじたじの様子が可愛く描かれています。

おそらくキャリア・エリートの設定で、現場バリバリのコロンボ警部の評判を良く知らなかったのでしょう。経験不足から、指紋の指摘に始まる失言を連発し、墓穴を掘ってしまいます。報告書を提出しろ!と、何度も催促するのも役人根性の表れで、笑えました。

日本語版は北村和夫さん

北村さんは俳優としてのお仕事がメインで、吹き替えは多くないようです。その中でも刑事コロンボではこの「権力の墓穴:リチャード・カイリー:ハルプリン次長」と「迷子の兵隊:ステファン・エリオット:パジェット将軍」を担当されました。

ヴァル・アヴェリー

前科者アーティ・ジェサップ(アーチー)役の俳優「ヴァル・アヴェリー」は12話「アリバイのダイヤル」で盗聴器をしかけた探偵:ダブス役として出演しています。目立たない役では5話「ホリスター将軍のコレクション」の貸しヨット屋でも出演。

高級住宅地「ベル・エア」地区

ハルプリン次長と友人ヒュー・コールドウェルらの家がある地区。「二枚のドガの絵」デイル・キングストンもご近所さんではないかと思われます(笑)
→刑事コロンボマップ:ベル・エア地区

監督:ベン・ギャザラ
脚本:ピーター・S・フィッシャー
マーク・ハルプリン:リチャード・カイリー
アーティ・ジェサップ:ヴァル・アヴェリー
コードウェル:マイケル・マクガイア
ハルプリン夫人:ローズマリー・マーフィー
ダフィ警部ジョン・フィネガン
加筆:2017年12月26日

“25話「権力の墓穴」” への29件の返信

  1. 解釈不足かもしれませんが、私には次長の妻殺しの動機が弱いとは思えませんでした。
    次長は常々「妻が死ねばいいのに、いつか殺してやりたい」と考えていたと思います。
    妻とのやりとりの中でそれが伺えました。今年の女性に選ばれたことに嫌味を言うとか、莫大な財産を私に贈与した方が・・・とか。
    ギャンブル狂いの男にとって、妻の莫大な財産をそっくり自分が相続するなんて夢のような話でしょうし、
    それ以前に、妻の莫大な財産が見も知らない前科者や娼婦に施されていること自体、我慢ならなかったと思います。
    (「どこの馬の骨かわからない奴にやらずに俺によこせよ」と思ってたでしょう)
    ギャンブルに狂っていればお金への執着は尋常じゃないと思います。
    次長は、これまでずっと妻への殺意を温めていた(?)ように思えたので、動機が薄いとは思えませんでした。
    この話の犯人は「慈善事業に熱心な妻を疎んで妻の財産を狙うギャンブル狂い男」「警察幹部でありながら殺人を泥棒の居直りに偽装し、友人の弱みを握って利用する男」
    という、歴代犯人の中でも1・2位を争う悪人に思えます。(あまり上手く説明できないのですが)

  2. アーチーのキャラがいいですね!
    上司が犯人という設定やラストもよかったです!
    中期の作品の中では『祝砲の挽歌』に次いで気に入りました。
    次長が自分の奥さんを浴槽で殺したときは「なんで!」と思ってしまいましたが、その点を除けば個人的には見やすく楽しめる作品だと思いました。
    刑事コロンボはなんと言ってもコロンボのキャラクターが好きですし、作品としても全体的に好きですが、倒叙法や犯人の追いつめ方、ラストのはめ方など全体の流れが基本的に同じなので、順に多くの作品を見ていくとマンネリ化してきて少し物足りなさも感じてしまいます。
    なので、『祝砲の挽歌』のように環境が変わっていて生徒がたくさん出てきたり、本作のように犯人が上司でムショ上がりの悪に協力してもらったり…というふうな、「犯人がいろいろな職業の成功者」を超える登場人物のバラエティーによって新鮮さが生まれ、個人的には楽しめるのだと思います。

  3. 当初「次長」と訳されてしまったので、我々はハルプリン氏をNo.2と思い込んでしまいがちですが、ひょっとしたらこの人、ヒラの公安委員だったかも知れませんよ。
    例えば香港警察は、トップがCommissionerでその次がDeputy Commissionerさらにその下がSenior Assistant CommissionerとAssistant Commissionerと続きます。でもUSAは大違いで、例えばNY市警はトップがCommissionerその次がFirst Deputy Commissionerさらにその下にDeputy Commissionerが10人以上もいるんだそうな。
    LA市警の公式サイトを今見ると、トップはCommissioner Presidentその次がCommissioner Vice Presidentその下がただのCommissionerで、Deputyという職は、少なくとも現在はありません。
    香港警察の場合は全員が警視から昇進してきた警察官(だから公式サイトの写真がみんな制服)ですが、ロス警察のコミッショナーたちは全員が市長に政治任用された文民で、サイトの写真は全員私服。おそらくハルプリン氏は、就任して日が浅く、コロンボの実績を全然知らなかったのでしょう。

  4. 2度目のコメント残しです(`_´)ゞ
    私の好みは、犯人が悪役の方が好きなのでこの権力の墓穴の次長やハッサンサラーが悪に徹してくれていてラストもスッキリするので好きです。
    ただ、上記にもぼろんこさんが書いた通り殺人のリスクが高すぎます。
    お金の為とはいえ妻を殺す動機が薄く、夫婦仲がそこまで不仲に見えません。良妻です。
    口うるさい逆転の構図の妻タイプなら動機も分かります。(次長が不仲では無いから犯人リストから外されると考えそれを逆手に取っての犯罪かもしれないですが。)
    ただ、それを踏まえても警察のキャリアならもう少し手の込んだやり方があったのでは?と思います。
    お風呂で殺害→プールに投げ込む→検視で泡成分→殺害場所はお風呂→その時間は、次長家に居る時間だ。
    穴だらけで、もったい無いです。

  5. ハルプリン夫妻それまでの関係は、どうなっていたのだろう?。
    奥さんの立場で想像してみる。
    刑事コロンボにおいては、殺人犯と被害者の間には葛藤や相容れない利害関係
    があり、その一挙解決のために殺人事件を引き起こす。よって双方の背景は
    必ず描かれている。しかしながら、ハルプリン事件の場合は、コールドウェル
    事件の玉突き衝突のようなものだ。ハルプリン夫妻の関係が悪化していたワケ
    でもないので、ハルプリンの奥さんの周辺事情などは描かれていない。
    ハルプリンの奥さんは、とても人格者の風がある。それなのに、夫の浅はかな
    エゴで殺された。それ仕舞いでは、とても浮かばれないだろう。
    最初マークは、奥さんの寛大さや温かく人を迎え入れる優しさに惹かれた。
    マークにも、何らかの魅力があったのだろう。奥さんは、夫の仕事がらや
    交友関係の事情もあって、慈善事業に目覚める。子供が出来なかったことも
    あって、それは加速した。マークは、奥さんに莫大な財産があり、それを
    自分からすれば価値の無いところへつぎ込むことに不満を持っていて、事ある
    ごとに嫌味を言うようになる。しかし奥さんの寛大さは、それも受け容れ許す。
    マークの不満は、やがて賭けごとへのめり込む要因になった。夫婦の危機は
    何度かあった。しかし奥さんとしては、警察幹部の妻という立場が慈善事業
    を推し進める上ではかなり有利だった。つまり事業の認定を受けやすい
    ことに加えて、補助金や寄付金を得やすいのだ。そのコストだと割り切って、
    賭け事で負けた分も負担するようになる。マークも自分の立場を利用して、
    慈善事業に便宜を図るべく手を回す。(立場利用はお得意で、それが高じて
    今回の失態になるのだが)
    マークからすれば、これ以上不満の持って行きどころが無くなり、辛うじて、
    夫婦の関係の均衡が取れたかたちだ。その均衡を崩す玉突き衝突だった。

  6. >>マオマオさん
    わたしの解釈ですが・・・・、
    ロス市警内の人間関係によるのだと思います。
    コロンボの息のかかった範囲、次長の息のかかった人間関係や部下などが
    想定できますので、コロンボの判断で少なくとも次長の息のかかった関係
    には知らせてはいないでしょう。そうしないと、うまくいかないですから。
    ただアーティの住所を偽装するために、同僚警部には明かして協力を
    取り付けていたことでしょう。
    次長は高学歴のキャリア組で現場を知らない。コロンボはたたき上げ刑事で
    現場主体です。それにより、次長の判断の甘さが随所に表れています。
    次長は、今回とんでもない事をしでかしたワケですが、そういう傾向が
    あるのなら、これ以前でも、自分の権力のサジ加減で、損得勘定を元に
    便宜などを図っていたかも知れません。いきなり、こういう犯罪を突発で
    というのは考えにくいですから。更に、常々官僚的・高圧的であったなら、
    現場組からは疎まれていたことでしょう。一方コロンボは、現場組からは
    一目も二目も置かれる存在でしょう。そういう勢力範囲を見極めて
    コロンボから的確な協力要請があったものと思われます。

  7. ちょっと質問なんですが、アーティをバーで逮捕する段取りというのは、他の警察関係者もコロンボから真意を聞いて罠にはめるために演じていたということなんでしょうか?バーでは逮捕されていましたが、ラストシーンではアーティは拘束されずにあーパートに現れましたからね。あと、作品にはないシーンですが、他の警察関係者がコロンボに事前に真犯人を告げられたときには、さぞかしビックリしたのでしょうね(笑)
    ひょっとしたら信じてもらえなかったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.