60話「初夜に消えた花嫁」

No Time to Die / 1992

この作品は私のような古典的コロンボファンにとっては、許されざる類(たぐい)のお話なのですが、意外と高く評価する人も存在するのです。これは面白い現象です。

賛否両論あります

激しく賛否両論が出ます。酷評が多いのですが、この作品が好きだという意見も頂きます。例えば18話「毒のある花」、22話「第三の終章」など、比較的「賛否どっちも少ない」作品より話題になるみたいです。

何年かかろうと、深く分析したい作品

私のコロンボ作品の鑑賞回数としては、この「初夜に消えた花嫁」と「死を呼ぶジグソー」が最も少ないです。どうしても好きな作品を中心に記事を書きがちですが、この作品もいつか深く探求して記事を書き上げるつもりです。

監督:アラン・J・レビイ
原作:エド・マクベイン
脚本:ロバート・バン・スコイク

アンディ:トーマス・カラブロ(大塚芳忠)
メリッサ:ジョアンナ・ゴーイング(佐々木優子)
ストラッサー:ダニエル・マクドナルド(谷口節)

加筆:2020年8月18日

“60話「初夜に消えた花嫁」” への82件の返信

  1. 『初夜に消えた花嫁』は40年来見続けている私の記憶の中に、妙に残っている作品です。確かに本来のコロンボぽくないですが、コロンボのいつもの独断専行(笑)の捜査ではなく、地道に組織捜査する一警察官として中間管理職としての真面目な一面(笑)が見られて楽しかったです。
    親族が出てくるというのも、「お、ついに出た?」という感じで楽しみました。いつも「うちの甥っ子が」と言っているけど、プレゼントの話とか聞いてると中学生くらいな感じなので、いきなり結婚、しかも同業者、いったい甥っ子何人いるんだ、とか。特に、カミさんについて冒頭のパーティーでコロンボが自分の結婚パーティーの時の思い出を語る言葉は、夫婦愛にあふれていて胸が詰まりました。月の光のようだったとか、どれだけ愛してるの・・・
    パーティーシーンは、最後にみんなで見送るときに歌ったお祝いソングなんかも、興味深かったです。コロンボでは海兵隊の訓練時の歌とか、普段の彼のハミングとか、歌がよく出てきますよね。そういうところでアメリカ文化が感じられるも楽しみの一つですね。
    最後のシーンは、拳銃を発射することも携行することも普段徹底的に避けていたコロンボなので、拳銃構えて突入はあり得ないし、最後も「『あ~、殺しちゃったの?』って言う?」と思ったくらいで、困った顔だけでなくもう一声って感じでした。殺人課で長年やってきたからこそ、殺しには嫌悪感を持っているはずなので、ある種の敗北感は残ったのではないかと。
    いずれにせよ、エド・マクベインの脚本(うまく使いこなせているかはさておき)といい、いつもと違う味わいのコロンボも悪くない、と思いました。

  2. 前年の「羊たちの沈黙」の大ヒットを意識した
    「コロンボでそれっぽいものをやってみようか」
    という企画意図以上の物は感じられませんでした…
    話の流れに特に意外性もなく
    視聴者的にはシロだとわかりきってる容疑者をただ追い回し空振りし
    捜査も目撃者や関係者に写真を見せて
    時間をかけてつめていくだけ
    5分10分の再現ドキュメンタリーで済みそうな
    コロンボとしてもドラマとしても楽しめない内容でした…

コメントを残す

  • 名前の記入は必須となりました。(ただいま本機能は停止しています。)
  • 投稿後30分以内であれば、誤字などを修正できます。(ただいま本機能は停止しています。)
  • 日本語が含まれない投稿はできません。
  • リンクが含まれる投稿は、ぼろんこの承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿はできません。リンクが含まれる投稿は承認待ちとなります。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
Don’t comment here in bad manner.
I hope you understand that this site is very important for me,
like you have your important things too. Thank you for your understanding.