47話「狂ったシナリオ」

Murder, Smoke and Shadows
1989[第8シーズン 47話]

若き天才監督アレックス・ブレイディ(フィッシャー・スティーブンス)が、かつての友人レニー・フィッシャー(ジェフ・ペリー)を殺害。ブレイディが無名時代に自分の妹を見殺しにしたことの復讐にきたためです。広大な映画スタジオが舞台ということでスケール感もあり、エンタテインメント性もあります。新リーズでは好きな作品です。

フィッシャー・スティーブンスはグッド

犯人アレックス・ブレイディ役のフィッシャー・スティーブンスには存在感を感じました。年齢こそ若いですが、天才映画監督ということで、犯人の風格は出ていました。

犯人ゲストスターと、コロンボ警部の年齢関係が逆転

ブレイディの描き方は面白いです。自分は「映画の天才」だと思っているのに、一見無能に映る中年の刑事に次々に「ボロ」を出します。おそらく計画的な殺人ではなかっため、彼自身かなり悔やまれる犯行状況だったと推測されます。新・刑事コロンボからは、このように犯人と警部の年齢関係が逆転し、かつてのように「コロンボ君」と警部を呼べるような犯人は極めて少なくなります。

成功者の転落劇は健在

ポイントは主人公が世間が羨む典型的な成功者に見えて、実はすでに将来が破綻している状況であることです。周囲の人間から疎まれ、協力者はささやかな「あやかりたい願望」で、すり寄ってくる人くらい。あげくの果てに、秘書のおばさんローズ(ナン・マーティン=Nan Martin 良い女優さんでした)や元恋人の女優にまで裏切られ引導を渡されてしまいます。

エンディングはかつてのコロンボ風ではない…でも許す!

エンディングの演出は、もうかつての刑事コロンボではありませんね。ハリウッド映画のようでした。だとしても面白かったですよ。警官が俳優になって、犯人と秘書の会話の証人になるってのは、よく考えたな~って感心です。しかもその布石が前に犯人が仕組んだ演出劇への報復だったということで、爽快な最後でした。
刑事コロンボの面白さは、一度見ただけでは決してすべてを楽しめないことかもしれません。その点では、この「狂ったシナリオ」にもあてはまります。最初に見た時はブレイディが仕組んだ「大芝居」に出演の警備員の態度が不自然だとは気付きませんでした。

モリー・ヘーガン

アレックス・ブレイディの元恋人で、ラストでブレディを裏切る女優ルース・ジャニガン役の「モリー・ヘーガン」は、 63話「4時02分の銃声」で、犯人のフィールディング・チェイスの娘ビクトリア役でも出演しました。

 

老けたバーク刑事B

41話「死者のメッセージ」43話「秒読みの殺人」などで活躍したバーク刑事B「ジェローム・グアルディノ」が登場。ちょっと老けたかな〜、でも相変わらずの無能ぶりでした(笑)

監督:ジェームズ・フローリー
脚本:リチャード・アラン・シモンズ
アレックス・ブレイディ:フィッシャー・スティーヴンス
レニー・フィッシャー:ジェフ・ペリー
ローズ・ウォーカー:ナン・マーティン
ルース・ジャニガン:モリー・ヘイガン
バーク刑事:ジェローム・グアルディノ
加筆:2015年5月1日

“47話「狂ったシナリオ」” への15件の返信

  1. 舞台が撮影所ということもあり、撮影所、特殊撮影の様子や、ファンタジックな音楽で、独特な雰囲気を醸し出していますね。

    アレックスは、いささかオーバーリアクション気味でしたが、全体の雰囲気に上手くはまっていて魅力的でした。眼鏡にジーンズ、メガホンを持って撮影所を駆け回る姿は若き日のスピルバーグ監督を思わせます。旧シリーズの「構想の死角」(’71)で監督をした時が25才、まさにこんな様子だったのかもしれません。ピーター・フォーク氏はよくご存知だったはずです。

    完全犯罪とは程遠いミスの連発でした。でもそんな事はどうでもいいという気になるくらい、軽快な展開で最後まで楽しめました。

  2. 刑事コロンボはまだ合わせて20作ぐらいしか見てないのですが
    その中でイチバン好きなのがこの話です(次が「溶ける糸」カナ?)
    冒頭の殺人シーン、コロンボさんの登場シーン、その後の展開、登場人物の会話も含めて
    ドコか全部幻想的で、いい意味で現実から少し浮き上がってるカンジがタマラナイです。
    クリームソーダの飲み残しから事件の入り口の部分まで一気に進むコロンボさんの推理の冴えっぷり!グラスたたき割った後にもう一回入ってくるのもイイです(笑)
    犯人の著書が捜査のファーストコンタクトのキッカケになるトコロや、勝手に現場にあるモノで遊んじゃうトコロとか、「策謀の結末」をちょっと意識してるような気がして、新シリーズへの意気込みを感じるような気がします。
    そして自分が思うままにしてきたはずの世界にブレイディが裏切られていく、最後の十数分がほんとうに見ごたえがあってスキです。
    最後はハデすぎる、という意見も多いですが、
    今回の幻想的なドラマにはふつうに証拠を出すより、あのぐらいの大がかりさがあってるような気がします。(モリーの復讐にもなってマスし)
    「旧」の緊迫感もスキなのですが、個人的には「新」の、穏やかでユーモアのセンスたっぷりなコロンボさん、80年代~90年代はじめのアメリカのフンイキ、音楽や映像、ストーリー全体のそこはかとない開放感がスキで
    その「新」の良さがスゴく出た回だった気がします。

    1. お返事が遅くなりました。この作品の良さを上手に表現されていて、素敵なコメントでした。この作品に1票加算します。

  3. 「死者のメッセージ」において、コロンボは「あたしゃ人間が大好きです。
    今まで出会った殺人犯の何人かさえ好きになったほど」と言っています。
    コロンボは、はじめは事件解決のために容疑者を理解しようとします。
    その人柄、人生、価値観、仕事、生活環境、対人関係など。
    そして殺害動機を見極め、方法、チャンスの落とし込みをします。
    こういう一連の過程の中で、容疑者の人柄を好きになってしまい、
    事件解決の手段としてではなく、コロンボが人間として容疑者の世界へ
    入っていきます。その空気感は観ていてとても心地よく、刑事コロンボの
    ドラマの魅力です。コロンボは容疑者の世界へ入って、同じステージで
    最後の対決をする。コロンボが容疑者のある部分に心酔しているからこそ、
    容疑者にとっても散り際は良いものになり易くなります。
    コロンボが容疑者の世界へ入っていくことが、徐々に形骸化していって、
    単に事件解決のためだけに重きを置いているように思えます。
    悪くいえば、何か勝ち誇っているようにも見えるので、とても残念です。
    その空気感は空虚であり、刑事コロンボの魅力を無くすものです。

  4. アレックスの捜査かく乱作戦は、あまりにもお粗末すぎます。
    殺されたレニーが一時期ロスにいて、あの女優と付き合っていたとか、
    麻薬に絡んでいたとか、いろいろなサプライズが唐突に出てきた。
    ストーリーとしては、アレックスが追い詰められた末の苦し紛れの
    一策ではあると理解は出来ます。
    ただ、もう一歩詰めれば、コロンボ監督による反撃芝居へ連動するために
    どうしても必要なツナギだったと分かります。
    あまりにも無理くりなツナギで、呆れかえってしまいます。

  5. コロンボとアレックスの初対面のシーンは、ホント笑えます。
    コロンボ特有の、何度も引き返して来て話を重ねるというペースには、
    アレックスは、なかなか慣れそうにありませんでしたし、
    相当イライラしていました。
    コロンボのこのペースのとり方は、容疑者へ対する戦術の一つです。
    容疑者の反応を見て、容疑の濃淡を計るのでしょう。
    でも、例えば容疑者以外からの事情聴取で、相手にペースを握られたり
    乱されたりすると、コロンボは途端に感情を露骨に表わします。
    例えば「二枚のドガの絵」では、トレーシーの彼氏と思われる写真を
    見せてもらうシーンで、おばさんにペースを握られ相当迷惑そうでした。
    ある意味、ジコチューですよ。
    秘書のローズを巻き込んで、アレックスの買収工作を決定的証拠とする。
    そして、それを聞いていた証人まで用意して、言った言わないという
    ガードを打ち砕くという落としでした。だが、しかし、そこまでするん
    だったら、ローズとアレックスの会話を録音しておけば、もっと強力な
    証拠になったはずです。なんだか、おかしな芝居がかった終わり方で、
    呆れていいかどうか?。
    制作サイドの立場になってみると、
    アレックスは、レニーが麻薬に絡んだ行動をとっていたかのごとくの
    芝居をコロンボに見せつけるという捜査かく乱作戦に出た。そこで、
    コロンボの反攻作戦としては、女優のルースや秘書のローズに一芝居を
    打たせ、決定的証拠を捉えた。
    言い方を変えれば、コロンボの方が役者が一枚上、いや”監督が一枚上”
    だったとして締めくくりたかったのでしょう。
    なんとも回りくどくて呆れる締めだな。

  6. みなさん、楽しいコメントありがとうございます。実は私、この作品はかなりお気に入りです。人間関係も面白いし、哲学も感じますし。
     
    ふきかえふぁんさん>とても興味深いコメントを頂き、ありがとうございます。スピルバーグ…ランディス…ウェルズ…キューブリックの流れ、たいへん感銘しました。私はあまり詳しくないのですが、それでも、それらの雰囲気は十分感じ取れます。この作品に1票加えます。
     
    「佐々木優子」さんですね!覚えます。モリー・ヘイガンはコロンボ作品でその存在を知ったのですが、素敵な女優さんだと思います。私にとっては特に好みの女性像?というわけではないのですが、他に無い魅力を発している方だと思います。

  7.  はじめまして。昨今映画番組や長尺海外ドラマでは面白い知識を教えてくれる解説が付きませんので、BSで『コロンボ』の放送がある度こちらのサイトを拝見しておりました。今夜「狂ったシナリオ」がBS-TBSで放送されていますが、どぉ~しても言いたい事があったので書き込みます。
     アレックス・ブレイディのような新進気鋭天才鬼才映画監督と言えば80年代はまず間違い無くコロンボ初期の「構想の死角」を演出したスティーヴン・スピルバーグのことで、アレックスのモデルをスピルバーグとみる視聴者は多いようです。「このフィルムは捏造だよ粒子は粗いし合成痕も見える」なんて実にオタッキーな台詞が出て来ますがスピルバーグもそういう撮影技術に非常にのめり込むひとだそうです。大コケした『1941』ではルーマという自走式クレーンに夢中になったんだとか。スター映画監督達の唯我独尊ぶりに対する視覚効果、音響効果スタッフのブーイングも少なくありません。スピルバーグについても同じような話が様々あります。
     事件の発端となる撮影時の死亡事故から忌避する展開は『トワイライト・ゾーン』劇場版のジョン・ランディス監督のパートでヴィク・モローが亡くなった経緯を思い起こさせます。スピルバーグ配下のお目付け役が現場に居たのに、事故が起こると彼は逃げてしまい、スピルバーグとの関係を断ち切ってしまった。アレックスもスピルバーグ同様立ち回りや工作が巧みで、もみ消し行動にも通じるものがあります。
     その他海岸に車列の画は「攻撃命令」の回でも言及がある映画『市民ケーン』で観たような。『ケーン』の監督はやはり天才鬼才小生意気若造のオーソン・ウェルズで、キーワードとなる橇はスピルバーグの所有物とか。あっちこっちで意図的な繋がりを感じられます。
     また「スタンリー」という映写技師が出て来たりシュトラウスの「美しく青きドナウ」が流れる辺り、やはり天才鬼才スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』へのオマージュもあるようです。
     劇中”ACM”という社名が登場します。これを逆に並べると”MCA”。『コロンボ』の製作会社=ユニヴァーサルの親会社名になります。イタズラですね。こんな知識で再見時の面白さがどれだけ上がるか…
     ルース・ジャーニガン役のモリー・ヘイガンについて、「4時02分の銃声」でも声優が佐々木優子さんという組み合わせは同じです。新『コロンボ』ではカナメになるような所で佐々木さんは5回くらい起用されており、演出の左近允さんのお気に入りだったようです。私も佐々木さんの声大好きです。
     なお、石田太郎さんは生前BS11の「柳家喬太郎の粋ダネ!」に出演(2010年)された際、新シリーズのコロンボについて「仏様が手の上で転がすように、犯人を追い詰めて行く」という、住職でもあった石田さんらしい表現をされていました。コロンボ愛好家のどなたか御覧になっていないかしら。
     長文失礼致しましたっ!

  8. このエピソードは、違和感てんこもりです。
    コロンボは、いきなり犯人の事務所に現れたので、あまりに話が出来過ぎだと
    思った。それは、死体のあった現場に落ちていた本に書かれた電話番号などに
    よって犯人の事務所に現れたのだった。そしてトラベラーズチェックで被害者
    の身元確認です。唐突感があるものの、死体の身元が分からなければ話は
    始まりませんから仕方ないです。
    コロンボがアレックスを犯人だと思い始めた”時”が分かりにくい。
    一度話が出来過ぎだと思い始めると、出てくるストーリーが臭い内容に思えて
    くる。そして、いきなり犯行現場にたどり着くという・・・。
    コレ何ですかねえ?。
    確かにコロンボでは、コロンボがストーリーの裏で行っているだろう様々な
    調査や犯人以外への聞き込みなどは省略されることが多い。
    決定打は、ローズおばさんを買収したことですかね。それを見ていた証人多数?。
    ローズおばさんの脅しは、別れのワインの秘書のカレンの脅しに似ています。
    重役からの突き放しは、秒読みの殺人にも似ていますね。
    結局、犯人は観念したんですか?。シマリの無い終局でした。

  9. 葉月2さんありがとうございます。「遊園地のBGMのような音楽」ですね、私も大好きなポイントです。

  10. 撮影所というアイテムをとことん使った見ごたえあるシーンの連続で、飽きのこない回。
    しかし犯人は、
    いきあたりばったりな殺人故に、早々に目を付けられたり、物証がぞろぞろ出たり、
    逃げ切れる感ゼロでした。

  11. いつもコロンボ作品を見るとぼろんこさんのブログでおさらいさせていただいています。
    友人を罠に誘い出して殺害するシーンはちょっぴり怖いですが、どこか遊園地のBGMのような音楽もプラスされ、幻想的な演出が自分は結構好きでした。
    コロンボが映写されている映像に驚くシーンは茶目っ気がありますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.