プジョー・403の日本版?日産「フィガロ」。

1991年に日産自動車が発売した「フィガロ(Figaro )」は、コロンボ警部の愛車「プジョー・403コンバーチブル」の可愛さに通じるものです。専門的には「ハードトップ」と「ソフトトップ」の違いなどはあるでしょうが。

日産「フィガロ」
日産「フィガロ」

日産自動車は1980年代後半から、「Be-1」「パオ」「フィガロ」と立て続けにユニークな車を発売していました。その中でもこの「フィガロ」のデザインは特に好きでした。「フィガロ」という車名は、イタリアやフランスを連想させます。モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」の主人公の男性の名前でもあります。

さてこの日産自動車「フィガロ」は現在も中古車市場で見つけることができ、およそ100万円代後半〜買うことができるようです。状態の良い個体やレアなものは300万円〜500万円の高値をつけていました。これはすごいことだと思います

2021年はちょうど発売から30年を迎えるわけですね!この先もずっと残って欲しい車だと思います。刑事コロンボもそうですが、ファンを持つということは素敵です。

“プジョー・403の日本版?日産「フィガロ」。” への2件の返信

  1. はじめまして。
    刑事コロンボが好きすぎて、繰り返し観ています。
    車もFIGAROに乗っています。

コメントを残す

  • 名前の記入は必須となりました。(ただいま本機能は停止しています。)
  • 投稿後30分以内であれば、誤字などを修正できます。(ただいま本機能は停止しています。)
  • 日本語が含まれない投稿はできません。
  • リンクが含まれる投稿は、ぼろんこの承認後に掲載されます。

日本語が含まれない投稿はできません。リンクが含まれる投稿は承認待ちとなります。

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
Don’t comment here in bad manner.
I hope you understand that this site is very important for me,
like you have your important things too. Thank you for your understanding.